ryzen3000に変える前に検証

もう二年前になるのか。
何かがどこかへの接触により、SSD、HDD、マザー、電源等の主要なパーツが吹っ飛んだ(非物理)事件により、丸ごと一式更新する羽目になったのは…。
その数日後に新調したintelマザーの更新と失敗(物理的)で、珍しくメインPCをintelで数年過ごすという希有な出来事はそこで終焉を見た。
立て続けに壊れるのは精神的にやられる…。

あれは確か、まだ出たばかりでご祝儀価格だったのだが、メインだけに背に腹は代えられず導入したryzen 1700とx370マザー。
それから2年。
私は、どうしてもAMDでないと駄目なようだ…。
そして、もう壊れるのはまっぴらだと、UEFIなどデフォルトで全く触らず、それどころか確認することもせずにこれまで過ごしてきた。

そんな折、最近のryzen3000シリーズが好評で好調。
メインを1700 → 3800Xに変更したいと考えるようになってきた。
最近のソフトならマルチスレッドがかなり結果に反映されるようになってきているが、それでもシングルでの演算のみというのも僅かばかりある。
そうなるとやはりintel有利か、と思いはするのだが、3800Xもかなり良さそうな雰囲気ではある。

だが、まだ少々お高い。
それなら1700で遊んでからでも悪くないか、と。
当時の情報。
「Ryzen 7 1700」は高コスパな8コアCPUとなりえるか?

早速OCして3.4GHzにしてみた。
そこここにあふれるOC記事通り、確かに簡単に動きはする。
1700がOCに使えるというのは事実らしい。
しかし、温度(発熱)がものすごい。
添付の純正CPUクーラーでは負荷がかかると10秒ちょっとで80℃越えしてしまう。
デフォルトクロックなら継続負荷でも70℃安定なのだが。

ここでかつてphenom世代に導入し、ほとんど使用しなかった水冷クーラーのことを思い出す。
当時、その評価としては、発熱に対してオーバースペックで、導入効果は排熱をケースの外に導くことぐらいだと理解したのを覚えている。
その時のコアが3~4コアだったのに対し、現在の1700は8コア(物理)。
これなら充分な効果が確認できると考えた。

のだが…。
当時のものは、AM4に対応していないらしい。

そこで将来的にも有用だろうと、新しい水冷を導入することにした。
Mercury120 RGB

エンコソフトhandbrakeでソフトウェア265を使用してエンコする私的ベンチ。
標準クロック3GHzなのをOCして、3.2GHz駆動。

これはUEFIを変更する前の、デフォルト状態でのスクショ。
3.2GHzのはずだが、core tempでは3GHz動作の表示。
どっちが正しいのか、不明。

18:32という変換時間。

次は水冷。

(この時、実は3.4にクロックアップを試し、再び設定上デフォルトに戻したのに、何故か3.4で回り続けていたので、何度かOCとデフォルトを繰り返して、その後3.2GHzで動作させている。それが何かしら、変化をもたらした可能性がある)

温度は明確に差が出て、20℃もの違いがあった。
純正クーラーでも3GHzなら70℃強だったことから、充分な冷却と言えそう。

それにしても、同じ映像を同じ設定で、なおかつ同じ周波数でエンコしているはずなのにこれだけ時間が違うというのは、やはり純正クーラーでも雰囲気温度によっては動作クロックは低く制御されていたという実証にならないだろうか。
つまりこれは「もしかしたら」の推測であるが、温度を指針として純正CPUクーラーだと断続的に3GHzに低下され、水冷だとOCの3.2GHzで、という監視を行っているのかもしれない。
もちろん、初回で全く検証していない状況なので正しい情報とは断言できないが、CPUクーラーの性能如何によっては目標の能力が見た目とは裏腹にこれまでは出ていなかった…、のかもしれない。

ともかく、これでryzen 3000を迎え入れる準備は整った。
さぁ、いつでも来い。
(なお、下調べが不十分で、3800Xに純正クーラーが付属しているかどうかの確認を怠っていた、というのが今回のそもそものオチ、なのである)

2700も気になったので、ついでに下記も参照。
“Precision Boost Overdrive”を最新BIOSから読み解いてみる

<追記>


3.6GHz(ベースクロックを103にOCして、後は倍率変更)で駆動状態。
水冷で温度は73℃で安定。


平均FPSが27-29-34と格段にアップしているし、時間も約15分。
実時間17分が元の動画なのでそれよりも若干速いということか。

USBメモリーの転送速度

たまたま手に入れたUSBメモリー。
RUF3-PWシリーズの16GBで、容量的にはやや控えめか。

選んで買ったわけではないので、手にしてから気付いたのだが、コネクタ部分の樹脂が青い。
USB3.0対応を示すカラーリング。
そのことにちょっとびっくり。
USBメモリーで対応する必要をあまり感じていないのだが、これも技術の進化&伝播のたまものか。

折角なので、転送速度をチェック。
まずは手持ちの2.0の物。

つづいて表題の3.0メモリー。

シーケンシャルが速いのは一目瞭然。
ただ、それ以外が振るわない。
あんま興味ないので2回ずつしかしなかったが、数字は大きくは違わなかった。

まぁ、これの一番の推しは、おそらく端子の自動リターン機能かな。
対象で選んだ2.0メモリーがスライド式で、PCに接続する際に表側から差す場合は問題なくとも、裏側だと指を掛けられず引っ込んでしまうタイプ。
これが強くストレス。
要は、それがないのが一番のメリットだと痛感している。
とはいえ、個人的にはスライド(収納)する必要はそもそもない気がするのだが??

この製品はバッファローだが、一方(?)のエレコムの記事を思い出したので、ついでに記しておくか。
エレコム、不断の高速開発 デジタル機器の4割で首位
信頼できるから選ばれる、そのようになって欲しいものだ…、各社。

thunderbirdの詐欺メール判定

メールソフトの定番ってなんだろう?
やはりwindowsなら標準のメールソフトなんだろうか。
無料メーラーを調べるとGmailが出てきた。
なるほど。
タブレットではGmailを利用しているし、PCでもweb版を利用していることを考えると、確かにその通りである。

が、昔から利用しているアカウントでは簡易的にではなく、thunderbirdをインストールして利用している。
サンダーバードより以前はEDmaxを使っていたような、薄い記憶が残っている。
text主体の方が何かしら問題のあるメールに対してはとても見やすいから。

以上のような考えから選んできたメールソフトであるが、thunderbirdに変更してからは、もうメールソフトに任せている。
そして今回、詐欺メールの判定でちょっと気になった。
今までもサーバ段階で迷惑メール対策をしてもなお、たまに詐欺メールが届くことがある。
今回の比較用の例として、
1.amazon

2.ゆうちょ銀行
の詐欺メールを出す。


1.
amazon「プライムの更新設定を解除うんぬん」の表題で、メール内で唯一のリンク「お支払い方法を変更」。


2.
ゆうちょ「送金の取扱内容うんぬん」の表題で、テキスト主体のメール内にあるリンクアドレス「jp-bank.japanpostうんぬん」。

thunderbirdではamazonの方はリモートコンテンツのブロックのみ。
他方のゆうちょの方は詐欺メールとして警告が出た。

リンク先を見ればすぐに詐欺メールだとわかるのだが、何より、どうしてこのような違いが生まれるのだろうかと、ふと気になった。

「このメッセージは詐欺メールの可能性があります」を防ぐ方法。
thunderbirdにある設定項目、「表示中のメッセージに詐欺メールの疑いがあるときに知らせる」を日本語で検索すると上記がでてきた。
オフィシャル解説はおそらく英文なのだろうが、めんどいのでこれで良し。

推測であるが、明確にURLが不一致の検出で警告を出し、表題とURLでは正誤の検討ができないからスルーされるって話。
だからまぁ、結局はそういう挙動なのだということを理解した上で、リンク先アドレスを見る癖をつける(自助努力)のが一番の対策なのだな。
Gmailならタブレットやスマホではリンクの長押しでリンク先が表示されるようなので、それ以外のアプリではどうなのか、自身で確認しておくのが次善の策か。

プリンタドライバ削除の方法

すでに持っていないプリンタードライバーの更新が何故かwindows updateに表示され、しかもアップデートに失敗し続けている。
困るような事態には遭遇していないが、とても気持ち悪いので削除したい。

ところが、削除の方法がわからない。
おかしい…。

そのものの記事ではないが、汎用で使える方法だったので下記をリンク。

Windows でプリンタ ドライバを手動でアンインストールする方法

windows + R(ボタン)

printui /s /t2

該当プリンターを削除

という流れ。

昔からこんな変な作業必要だったっけ?
まぁ綺麗になくなったのだから良しとする。

時間は必須の要件みたいだ

ちょっと前に出てた記事。
今更な感じもするが、その中にとても大切な部分がある。

現代ビジネス。
対韓輸出規制を「徴用工の報復」と騒ぐ、韓国とマスコミの見当違い
ホワイト国の件といい、マスコミ報道といい、まぁ各自いろいろである。
ただ、そこはこの記事の本質ではなく、下記の部分には該当のニュースのみならず色々と考えさせられた。
「便利な時代になったものだ。新聞が奇妙な解説をしても、大臣がツイッターで直接、国民に対して情報を発信するようになったのだから。」(記事より抜粋)

フェイクニュースがあまり言われなくなったのは、単純に単語のメディア露出が少なくなったからだろう。
マスコミにとっては嫌な言葉だろうが、SNSで直接の言葉を見ている身としては、メディアによる取捨選択な歪曲がなく理解しやすいものなのである。
私はそれがもっと普遍的手段になってほしいと思っている。

そして、下記である。
パブリックコメント:意見募集中案件詳細
輸出貿易管理令の一部を改正する政令案に対する意見募集について

上記につなげて、下記のニュース。
中央日報
「韓国ホワイト国除外」賛成98%…固く団結した日本の本音

意見の表明がネット経由で有り、ある程度の年齢、世代でのふるい分けができそうだ。
ようやく昨日辺りから疑念の本質がマスコミ報道され初めて、しかしそれ以前の時点で比較的若い世代は正常に事に触れて判断している、そう見てよさそう。

とはいえ、SNSが絶対に信頼できるとは思って折らず、乗っ取りというのもあろうし、意見が違うものが相関図から消えてしまうリスクもあろうし。
だが、上記数件に関して言えるのは、ツールを使いこなせる世代とそうでない世代の狭間、世代ギャップがあろうと言うこと。
こういうのは時間が徐々に解決してくれるものなのかも知れず。
これは政治(投票)でも、似たようなことが言えそうである。

で、ここで話を変えて、経済についても。
下記も又、時間が必要なのだろうなぁと思うこと。

日経新聞
NEC、新卒に年収1000万円超 IT人材確保に危機感

就労者というパイの絶対量が少なくなろうというのだから、当たり前のことである。
しかも働き方も多様性を保てるようになってきた。
しかし、現状で、末端の中小企業まで成果報酬制度が染みいるのは、やはり10年20年と年月が必要だろうな。(継承の問題)
ここも世代間ギャップを時間が解消してくれると読んでいる。
制度を補完するため、中立的コンサルのような外部企業が必要かも、とも思うし。

ともかく、無駄な時間てないんやなぁ。

BIOSの更新でまた問題

メインPCではasrock のマザーを使っている。
Fatal1ty X370 Gaming K4

intelマザーが二枚立て続けに没してしまったための、やはりintelとは個人的相性に問題ありか、と急遽AMDで揃えたもの。
かれこれもう二年目らしい。
私とintelがどうもなじみが薄いのは、ちょいちょいこういう事故に見舞われるためか。
そこにきて、今回のryzen3000台がなかなかに好評のようなので、だったらAMD愛好者としては現状の1700をリプレースしようかと画策。

で、このマザーボード。
何の変更もせず、初期状態でずっと使ってきた。
ここで、BIOSのバージョンを上げておかないと新しいCPUをお迎えできないのである。

P3.5からP5.4へ。
とはいえ、一旦P5.1にしてからの更新、しかもAMDドライバーを更新したり、radeonを止めておく必要もあるらしい。
Nvidiaなのでグラフィックはスルーして、ドライバーは更新。
USBに5.1を展開して、BIOSのインスタントフラッシュを起動。
更新は2分くらいで完了。

問題はその後。
BIOSが立ち上がるよりも早く再起動を繰り返す。
USBの認識もしていない様子。
CMOSクリアも関係なし。
マザボ上のエラー表示は「4F」で、これが表示された時点で再起動がかかる。
延々と再起動。
…。

ネットで調べてみても4番台の解説は見当たらず。
もしかしたら更新で何か失敗したかも(大汗)。
intelの時の事故の記憶がよみがえる。
このマザーのBIOSの設定を何一つ触らなかったのは、あの時の壊れる恐怖がそうさせたわけで…。

とここで、メモリーでも外して見るか、と。
外せる物は外すというのがこの場合の対処の定石。

CPUから数えて2番目、A2ソケットのみメモリを残して起動。

すると…。

あっけなくBIOS画面へ。
そうか、メモリが原因だったか。

初期化で起動ドライブの設定がおかしいので、setupして、今度こそ起動。
一旦、windowsのライセンスが剥がれたが、すぐに復旧し、動作も問題なし。
まさか、BIOSの更新の前後でメモリーの問題が出るとはね。

その後、無事に5.4に更新完了。
久しぶりにすんごい焦った話、でした。

新ryzen 発売に向けて

ryzen 1700 をメインPCで使用していて、エンコに関しては充分に満足している。
ただ、やはりシングルスレッドとなると、パワー不足は致し方ないかと実感。

そこでかなり評判の良い新ryzen シリーズから3800Xを狙っているのだが、そこで面白いニュースを発見。
Intelついに王座陥落、第3世代Ryzen発売前なのにAMDとシェアが逆転

CPU単体の売り上げとのことで、全体的にPC市場を見れば大したことない事件のような…。
それよりもむしろ、自作市場にintelの球数が少ないことの方がもしかしたら大きな事件かも。
こんなニュースに至るわけだから。
球をあまり遊ばせておけない状況なのかもしれない。

予定ではそろそろ新ryzenの登場。
期待大。

今更nexus7をシステムアップデート

OSのアップグレードをすると重くなるのは経験上、間違いないところ。
最近のwindowsに関してはほとんど悪印象はなくなった(ちょいちょい操作が変わるのは嫌で仕方ないのだがそれは除いて)が、androidもiosはあいも変わらず似た感じ。
そして、さんざんnexusにアップデートの通知は来ていたが見て見ぬふりでいたわけだが、今回それを承知でnexus7(2012)をアップデートした。
前回の電源が入らない事象により、試してみるかと思ったわけ。
どうせ動かなくなるなら、と。

5.1.1にした結果…、、やっぱりか。
動きがいちいちもっさりして、どうにも気に入らない。
そもそもセキュリティに関しては信用していないので、個人情報の扱いや蓄積はせず、余計なアプリも入れていない。
そんな使い方だとむしろ動作の緩慢さは気になって仕方ない。

調べてみたら、4.4.4に戻すという情報も転がっていて、やっぱり皆さん同じなのかという感じ。
もう退役直前というレベルなので戻すのもめんどいから、もうこのまま。
所有した最後のandroid端末として様子を見守ることにしたい。

CPUクーラーの変更

前件続きの常時起動PC。
名前が長くて面倒くさいからサーバPCにしておきたいが、WHS2011から変更したソフトのバックアップ用ストレージであるネットワークPCが別にあるので、これも紛らわしくて駄目だな。
データサーバPCにしておくか。

前置き長し。
さて、このデータPC、intel純正のCPUクーラーを付けていた。
お手軽だし、たくさん余ってるし、薄いし軽いし、こんな風に何かに付け便利な立ち位置なのだが、エンコードさせていると結構うるさい。
マザーの回転数制御に寄るのだが、回転の上げ下げが割と頻繁でその変化がやたら耳に付く。
気にならないPC設置場所ではあるが、気になりだすとうるさいものである。

CPUの温度チェックをソフトウェアcoretempから実行してみると、何と70℃近くまで上昇している。
i3ってこんなに熱かったっけ?
gen7と古いからかも知れないが、余っている静かなクーラーは他にもある。
前件で分解したついでに交換することにした。

サイズのカブトも静かで良いのだが、何しろでかい。(リンク先より古いリビジョンのやつ)
冷却能力ではクーラーマスターのサイドフローの方がよく冷えるのはいつかの比較で承知していたし、その方がファンが静かになるのも当然。
メモリーを交換するかも知れないことを考慮して、取り付け面積が相対で小さいクーラーマスターに決定。

かなり静かになった。
室温は同じ、エンコード負荷と同じ条件で、交換後最大で53℃止まりだった。
純正の熱伝導グリスが不均一だったのかと裏返して見てみたが、しっかりついている。
今回のクーラーがたまたまうるさくて放熱効果が良くなかった、のかもしれない。
社外クーラーばかり使ってきたせいで、そもそも複数在庫があるのでどれが本来のクーラーかもわからないので、事情は他者と比べて厳密ではない。

それでもやはり、かなり静かになったことはありがたい事実である。

ここからは参照情報
夏を乗り切るi5-8400最適CPUクーラーはコレ
形状はもとより、どうやら番号も同じだし、純正クーラーはこれと同じ様子。
検証中の80℃という数字からしてまだ純正でも冷却が効きそうではある。
が、五月蠅さはやはりネックのようで、一方のサイドフローは60℃中盤で推移。
今回のPCはi3の2コアなのでその辺は良く冷却できているということか。

kernel-power 41がやってきた

自作PC歴が長いとkernel-power 41は度々遭遇することかと思う。
得てしてPC更新時からしばらく付き合うことになるものだ。
そう、今回もそうだったのだ。

WHS2011を退役させて、新たに導入したPC。
余ったgen7 世代のi3を搭載させるために購入した激安マザーH110M-BTC、今見てみるとちょうど安い時に買ったんだな。
そんなありあわせのPC。
旧世代の部品を再利用するというのは、自作派なら良くあることと思う。

当初、動作は不安定ではなかった。
CPU、メモリーの負荷テストは軽く一時間程度行ったが完遂し、問題は見られなかった。
唯一、おかしい挙動があって、ネットワークドライブとして共有している(whs2011の代わり)わけだが、ネットワーク上にこのPCの名前が出てこない。
数週間の運用後でも、やはりネットワークには表示されなかった。
仕方なく、直接ドメイン名指定で共有していたのだが、毎回それだとどうにも面倒くさい。
その上、ファイルのコピーや移動が途中で止まることが度々。
果ては、コピーウインドウが固まって操作不能に陥るのである。
同名ファイルの移動が特に面倒で、度々操作を受け付けなくなり、こちらにあるような旧来のウインドウが表示されてしまう。
これ、ファイルの詳細が表示されないので、全く同じなのか、タイムスタンプは違うのか、比較検討できなくなるので不都合極まりないのである。
こんなものか、と諦めて再起動を繰り返し何とかごまかしてやってきた。
そんなこんながあって運用上面倒くさいとは思っていたが、PCハード由来によるものとはこの時微塵も思わなかったのだ。

そこへ、突然のPCの動作不安定。

(よく見れば過去にも挙動がおかしかったのね、気づかなかった)

これは明らかにおかしい。
常時起動PCなので、使い回しの古い電源だけは80plus品に変更しようと思っていたタイミングなので、筐体を分解することにした。
ついでに、純正CPUクーラーがうるさかったのでこれも変更するのだが、それらはまた別の話で。

まずはwindows10標準のメモリーテストを実行。
第一フェーズの40%あたりで動作ストップ。
いきなり原因にぶち当たった。
メモリーのようである。
何で今まで大丈夫だったのか、負荷テストもクリアできたのか、色々考えることがあったが原因切り分けのため、即メモリー交換。

時間が長たらしくなるので結果から言うと、メモリーとの相性だった。
テストも無事クリアし、その後の運用でもkernelpowerの表示も出なくなった。
しかも、ネットワークに表示されるようになり、バンバン止まっていたエンコソフトhandbrakeも止まらなくなった。
そして一番嬉しい、ファイル移動でハングすることがなくなったのだ。

メモリーが原因でここまで挙動がおかしくなるとは。
メモリー関係であるあるなパターンは、BIOS画面から先に遷移しない、ビープ音鳴りまくり、といったところだし起動したとしても、過去には負荷テストで判明するのが通常。
今回の件はかなりのイレギュラー。

外したメモリーは現在メインPCに差しているが、問題なく動作しているし。
もしかしたら外れかかっていた、のかもしれない、万が一にも。
あんな軽量なものが少しずつ外れるというのも考えづらいが…。

フェイルセーフというか、テストも二重三重にも考慮しておくべきなのだな。
一回ごときのテストではどこが問題か切り分けるのが難しい、そうつくづく思った次第である。