製品保証シールは日本でどうだろう

連邦取引委員会、「開封すると保証無効シール」は違法として大手6社に是正勧告

突如の情報に驚き。
もちろんアメリカでの話なのだが、全世界展開の製品については対処方法を変えるかもしれない。
ただ、開封したかどうかの判断のために、例えばスマホの水没反応シールと同じように、メンテナンス時の診断情報として貼付は続ける可能性は充分ある。
今後の動向が気になる情報。

H.265はただただ凄い

基本的には動画はH.264なMP4形式でエンコードをしている。
そもそもエンコをする前、一番最初はTSファイルだったが、これだとすぐにHDDがいっぱいになってしまった。
それからTMPGEncを使うようになったわけだ。
もう何年も前の話。

ここ最近はH.265の記事も増えてきた。
iOS 11の写真/動画形式「HEIF」と「HEVC」。従来とは何が違う?

iPhoneでhigh profile の 4.1level が使えなかった。(当時。現在は調べてないので不明)
なのでわざわざmain か base の4.0以下に再エンコしていた。
まぁ、基本filebrowserを使うようになると、そんな面倒もなくなったわけで。

そんな折、いよいよ3TBのHDDの空容量がなくなり、HDDを圧縮整理したい衝動に。
iOSが標準で265対応なら、各種アプリでも使えるんじゃないか?という淡い期待もある。

TMPGEnc 6だと265対応なのだが、それだけのためだけにアップグレード費用を出すのも何だかなぁ。
HDD買えるしなぁ。
だいたい265はエンコに時間もかかるし。

Q1900のSQVを使ったエンコで毎度お世話になっているhandbrakeが265対応なので、これを試してみた。
するとどうだろう。
画質の劣化は見た目上見つけられなかった(ts→265ではなく、264→265)し、容量は264から1/3~1/5という低容量。
おそらくTSからの直接の変換だともっと綺麗なのかも知れないな。
エンコード時間もryzen1700 の16コアだと、30分番組相当のエンコに十分弱という早さ。
CPU負荷はほぼ90%前後で推移するものの、悪くないぞこれ。

そんなわけで絶賛フルパワーエンコ中。
今後は今より高画質化して264エンコし、保存する物はhandbrakeで265に再エンコという風にしようかと検討中。

幻だったノートPC

デル、AMD E2-9000搭載の2スピンドルノートを税別19,980円で販売
別に今も売っているし、幻ではないのだが…。
二万円という価格のノートが台数限定価格での販売が幻だったというオチ。
スペック的には特に気に入ってる点はなく、ただAMD採用のノートだったから、また価格が中古を買うより安いということ、この二点に尽きる。
かなり早い時期にアクセスしたつもりだが、すでに29900円となっていて、そこから15%オフのクーポンとなっていたので、おそらく限定台数は瞬殺だったのではないかと推測。
レビューを見てみると、ノートの肝となるバッテリ駆動時間が4時間程度とやや短いようで、そこは気になるもののやはり値段が値段なので。
新品バッテリーで、OSついて、光学ドライブついて、文句ないな、と。

衝動買いしなくて済んだと言えばそうなのだが、最近元気になってきたAMD搭載だっただけに、そこは残念。
次回があればその機会に掛けよう、かな。

価格comより気になる情報いろいろ

ほぼ自分のための記録。

新生活に合わせてか、面白そうな物が続々登場。

IN WIN、約40万円で透明な球体を採用したPCケース「WINBOT」
値段的にもう初っ端からありえないのだが、デザイン、というか存在感、最高。
ケースカテゴリでは、小型筐体は今まで欲しいといろいろ物色したものだが、中大型となると拡張性、熱容量などを考えて選ぶ。
そんなわけで形状はどうでも良い私だが、これは欲しい。
ただ、高値…。

BOSE、首かけを採用したウェアラブルスピーカー「SoundWear Companion speaker」
これ、確かソニーでも似たようなものが以前あった気がする。
買うかどうか迷ったので、間違いないとは思うが。
今回のBOSE、もうちと小さくならなかったのかな。
存在感が凄い…。

「Sakura(桜)」「Panda(パンダ)」をイメージした日本語キーボード
これ、桜バージョン好きなのだけど、今は防滴(水でじゃぶじゃぶできる)キーボードを使っていて、やはり洗うのが容易でないとなぁ。
それにやたらと高い、何故?
軸とかゲーマーではないし、防水廉価なら、あり。

BenQ、キャリブレーション対応の写真家向け24.1型WUXGA液晶
キャリブレーションされて出荷されるもの、キャリブレーション機器が付いてくるもの、それぞれ気になった物があったのだが、どれかわからなくなってしまった。
とにかく16:9の画角だと使いづらいので、極端に横長のウルトラワイドか、16:10のもので、キャリブレーション機器つきってないのかね。
今はUSBハブつきを使っているが、できればハブ付きがいいな。(ますます無い…)

脆弱性対策、今度はAMD

まだ記憶に新しい脆弱性の問題。
intelが要対策とのこと、さらに性能の低下があるとのことで、結構な問題だったのだが…。

AMD、CTS Labsが開示したRyzen/EPYC向け脆弱性対応ファームを近く提供

今度はAMDだそうで…。
ryzen調子良いのにね。
ただ、どうやらファームの更新だけで対策できるらしく、メモリアクセスの制限だけで性能低下とはならない、らしい。
まぁ近いうちに対策ファームが出てくると思うので、影響は小さいとは言え、一応これはやっておくか。

シャッターチャンスを逃すな

いざという時に限ってつかえない、そうこれ、ダイソーで買った青歯によりワイヤレスで使えるシャッターボタン。

ダイソーでスマホ用Bluetoothリモートシャッターを発見→分解→ちょい改造:ウェブ情報実験室

これ、数ヶ月前に買って、良し!今だというタイミングで…。
押下しても反応無し。
電源自体が落ちている、感じ。

いや別に上記のような改造してないし、そもそもそれ以外の機能は求めていないし。
だいたいが技適マークがあるだけで凄いこと(だって屋外で使うトイラジだってマークがないのはほとんどなのに)なのだが。
しかしマークがあろうがなかろうが、動かないのは論外である。
技適もへったくれもあったもんじゃない。

まずは電池切れを疑った。
ネジを取って電圧測定しようとネジを回したら、馬鹿になっておられるでわないか。
受けもプラスチックなので、おそらく締めるときにオーバーパワーでなめたものと推測。

蓋を開けてボタン電池にテスター当ててみたら、3.2V前後あって絶好調なご様子。
これは基板の接触不良か、電池との接触不良と。

まずは簡単にできる爪の調整。
フタとの座面となる-端子の方は問題ないようで、他方の+端子はやや筐体に入り込みがち。
こいつをちょいと出してみる。

すると、今まではLEDが点滅していたのだが、以降電源を入れた当初のみしか光らない。
うん?
まさか、これが正常だったってこと?
不規則ではあったが、点滅するのが標準動作(動作中という意味の点滅)かと思っていただけに、消灯していても、しばらくほったらかしにしていてもシャッターが動作する。
なんと!
はなから動作不良だったのね…。

説明書をよく読みなさいという、至極まともなオチであった。

firefox 忘れ物

firefoxのアドオンが色々と無くなって、代替ではどうしても満足できない。
かといって全く同じ物が今後出てくる可能性は高くないわけで。
いつまでもそれを言っても仕方ないのだが、でももし万が一にも、いつかのためにかつて便利だったアドオンの記録をしておこう。

all-in-one gestures
autopager
download statusbar
googlebar lite
gPDF

まだ他にもあるのだが、主要なもののみ。

iPhoneバッテリー情報

iPhone のバッテリーとパフォーマンス
更新されてるっぽぃ。

そうなると自分のがどういう状態なのか気になって仕方ない。
iOS11.3ベータにその機能が入っているそうなので早速チェック。
現状84%という数値。
んん…。

プラセボかもしれないが、どうも最近減りが早いような気がしてならないのだが…。
二時間音楽再生で減った数値が昔は70%台だったのが、最近は60%、時に50%になることもある。
しかも充電時間が長い(これは最近の寒波による低温が影響しているのかもしれないが)。

何にしろ、今年中には必ずバッテリー交換するか。

気になる一品

メインPCにはUSBハブ機能付きのディスプレイを利用している。
だが、そういう便利なディスプレイはどちらかというと少数。

サブや、それ以下のPCのディスプレイにある可能性は低いわけで。
そこでこのPCスタンド。

サンワ、USBハブ機能やコンセントを搭載した多機能液晶モニター台

これはさらにコンセントまでついていて、幸せ指数が高い。
コンパクトなPCにはいいね。
倒立使用してもデザインがイイなら、高さがでなくていいけど(vesaマウント対応は必須か)。
目線より高いディスプレイは、少々しんどい。
だったらこのスタンドは要らないか…。

ただし、良いことずくめというわけでなし。
USB3.0が一つと言う点は欠点、かな。
折角USBハブがあるなら、いやもしかして延長ケーブルなのか?
まぁいい。
さらに欲を言えば、type Cが尚良し。

実物を見てみたい。
気になる一品でした。

fc2から詐欺メール

年に一度くらい詐欺メールがやってくる。
しかし稚拙な物ばかり。

以下メール抜粋。

貴殿(当該利用会員)はfc2マーケットが管理管轄するWEBページにて、動画、音楽等の無料視聴の為にアカウントを作成し、その際に【***(ここは実際に着信したメールアドレスが表記)***】をご自身で入力後、規約に同意をされ動画を視聴されました。
5分の無料視聴完了後、表示された有料動画に移行する案内に対し了承し、有料コンテンツを継続的に閲覧されております。

抜粋終了。

メールアドレスしか記載されていない。

抜粋。

民事・刑事等の法的手段に移行させて

抜粋終了。

民事、刑事ともに相手の住所氏名は必須、それらが不明な場合の根拠などが必要。
いまさらこんな文面で何かひっかかるとも思えないが、一番最後に何故か突然、【反社会的勢力排除宣言】なる文面が付加されている。
なんのこっちゃ?
もしかしたら、このメール自体が利益供与に繋がるんじゃ?

FC2迷惑メール「【重要】有料動画閲覧料金が未納です。」に注意!

こちらとほぼ同様の記載内容。
リプライメアドが異なる(固有キーを含まないので、乱れ打ち、かな)