小物アクセサリーいいじゃない

エレコムというと、HDDケースで少々面倒なことになった経緯があって敬遠している感があるのだが、そんなエレコムに面白い記事を発見。
動物たちがiPhoneを枕に、エレコムのLightningケーブル用アクセサリー

イイじゃないかこれ。
技術的にどうこうではなく、発想がいい。
D-SUBやコンセントは型がありそうだけど、パラレルなビデオ入力はコード部分で連結しているのか、3本のケースで連結しているのか、とにかく手数がかかるのを惜しまずに作ったのが良い。
エレコムだからこそ、なのかは不明だがとにかくこれは面白くて、久しぶりにエレコムを見直した。
ただこれ、売れるのかねぇ…。

SSDの引越・windows10

前件で310を更新した話の続き。
むしろこちらがメインかもしれない。

起動SSDを残して、マザーを丸ごと交換したのが前回の話。
すぐに認証に引っかかったのだがそれはあえてスルーしていた。
今までのように簡単に対処(電話認証)できると踏んでいたからだった。
が…。

以前と異なり電話認証の画面に至らない。
どうしたの?

ハードウェア構成の変更後に Windows 10 のライセンス認証をもう一度行う

「ハードウェアの大幅な変更後にライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用する」を試してみても、プロダクトIDを変更しろの一点張り。
以前windows7で似たような件で再認証が通らなかったとき、約一年未認証のまま使い続け、時間が解決してくれたのか(眉唾)、改めて試してみたら通ったことがあった。
今回もそれを期待しても良かったが、全くできる確信が持てなかったので却下。

最近ハードから遠ざかっていたこともあり、もう他の方のお力をお借りするのが一番早い。感謝。
Windows10でOSやハードディスクの内容はそのままマザーボードやCPUを交換してみた

こちらで言われているように、microsoftアカウントを利用しないといけないようだ。
え?でも、ローカルアカウントしか使っていないぞ。

Windows 10 でハードディスク以外のハードウェアを変更して、そのままOSのライセンス認証をする方法
「Microsoftアカウントが必須」だそうで。

引越後にmicrosoftアカウントを作ってみたが、当然役に立たず。
一旦ローカルアカウントに戻してから、元のマザーに載せ替え。
その後起動してmicrosoftアカウントへ変更して、さらに新しいマザーに載せ替え起動。

順番がちぐはぐでおかしいが、ともかくはこれで認証も問題なく通り、通常営業。
必ず引越前に紐付けを完了しておくこと、だな。
しかしこれ、もしmicrosoftアカウントではなくローカルアカウントのみで運用中にマザーが故障&DSP版&(7や8や8.1から)アップグレードだともうどうしようもないのかもしれない。
まぁ当時物のSSDで起動SSDであればそろそろ替え時ではあるかも知れない。
実際crystal disk infoではこのSSD、かなり危ない数字の安全率になっているし。

310から310へ

Giada D310 celeron 1037Uをサブに使っていて、はや数年。
リンク先を見ると2014なので約4年(以下)くらい利用したことになるのかな。
用途的には全く問題なかったのだが、どうも最近動きが遅い。
SSDなのでストレージは問題ないが、どうもリソースモニターを眺めているとCPUロードの時間が長い。
windows updateやセキュリティで起動から5分10分は動作が異様に緩慢となる。
windowsを同じハードで長く使うとよくなる光景だが、どうにも我慢できなくなった。

そこにきてryzen 1700のパワーに魅了され、ryzen2世代も販売になったことだし、エンコPCとしても使えるように考えようと画策。
ところが一向にB450マザーが発売にならない。
しかも設置場所が場所だけに小型筐体に拘ってきたので、ベアボーンの小型を嗜好。
ベアボーンではAMDがほぼ見られないので、しかたなくintelも視野に。
ryzenの登場と隆盛、セキュリティ面での悪イメージも影響したのか、ハイパースレッディングなi3がネイティブに4コアになったらしい。

この状況にあって悶々としばらく待っていたのだが、ようやく動きが出て、DeskMini 310 Seriesの登場。
本当はryzenが一番欲しかったのだが、ベアボーンの発売は現状望めないし、4コアなintelが気にもなったのでこれに決定。
その結果が D310 → 310 になるという偶然である。

筐体もベアボーンとしては随分と小さい。
薄さはD310にはかなわないが、容積で見ると310の方が小さそう。
これまでのNUCの展開が良かったおかげかもしれない。

i3標準のCPUクーラーも取り付け可能で、大変コンパクト。
これはかなりいい。
お引っ越しするストレージはSSDの一台のみで、取り付け容易。
ただ、2台目の2.5インチストレージを付けようとするとマザーを外さないといけないところがちょっとだけめんどくさそう。
まぁ気になるのはそれだけで、M.2を使うことも考えれば拡張性は充分か。

あとは今まで使えていたPS/2なマウスキーボードの類が、310ではすべてUSBを要求することか。
たまたま余ったのがあったから良かったが、ここは盲点だった。

ちなみに相変わらずのCPUクーラーの取り付け方法は好きになれないなぁ。

で、早速稼働。
引っ越ししただけでドライバーを当てるだけでOK。
実はちょっとした問題があったのだがそれは今度。
実際動かしてみると、パワーも相当上がったようで、起動からすぐに動作を受け付けてくれる。
当たり前のことが当たり前にできることに感激。(当たり前だが…)

これは満足度高い筐体である。

handbrake 265で再エンコ

ハードディスクの空容量確保のため、264なmp4を265へ変更する計画その2。
前回ビットレート3600kbps程度の30分映像をhandbrakeでエンコしまくったおかげで、画像劣化も(見た目)なく1/3程度に圧縮できた。
ryzen 1700のおかげで時間も想像よりも1本10分以下と、かなり早く終了することができた。

今回は6000kbpsなフルHDをエンコしまくる計画。
前回と同じhandbrakeのエンコ設定だと、若干輪郭が破綻する箇所が見えた。
品質を26から21へ変更。
字幕も今回は設定し、音声の5.1chはステレオに変更。
品質が22とどう違うか比較してみたがどうも違いがわからないし、容量も差異が大きくなかったうえ、目標の元映像の1/3程度になったので品質はこれで良しとした。

ただ、要注意なのはQSVを利用した265。
これは常用している仮エンコと同じ傾向で、処理が早い代わりに圧縮率が犠牲になるようだ。
10bit QSVも似たもので、264から圧縮率が2/3程度にしかならない。
品質を26まで上げると264よりも容量が増えてしまう…。

実時間2時間半の映像だと、
QSV では0.8時間
265 では1.1時間
となり、画像並びに処理時間を考慮すると、あまりいいところがない。
やはり小さい動画の仮エンコにはQSVはもってこいなのだが、保存用には向かないように感じる。

265は今回coffee lakeな8gen i3でエンコしているので時間がかかっているが、ryzen 1700ならもっとはやくできるはず。
cpu使用率は98%程度でほぼフル活動。

QSVを使うと60%程度になり、代わりにGPUが90%近くになる。

QRコードの注意点

気を付けろ!QRコードに脆弱性? その深刻さと騙されないための対策
確率の問題でもあるし、その確率が目に見えない、また正誤の判断がユーザーにわかりにくい、そしてすでにこのような状況ですよってことが理解されていないことが問題なんだろう。

『きまぐれQRコード』ができます!?【続報】気を付けろ!QRコードに脆弱性?
これはタイトルで遊んでいるな。
それはスルーし、タイトルに「脆弱性?」って書かれていることの解がこちらか。
読み込もうとしたQRコードが、制御されていることを認識されたであることが条件として、それはそれとして有用ではないか、ということ。

ただ、やはり問題はQRコードが一目で確率制御されたものかどうかわからない、と言う問題かと思う。
結局は人間がアドレスに気をつけるという、アナログで確実な(柔軟な人間の)対応しかないのかもしれない。

UEFI更新

intel PCで連続して不幸が続き、タイミング良くでたAMD ryzen へ変更したメインPC。
第二世代ryzenが出て、現状に不満は無いがそれらがちょっと気になる今日この頃。

fatali1ty X370 Gameing K4
そういえばBIOS更新したことないし、様子を見ておくかとasrockのサイト訪問。
新CPUに対応したものがアップされているでわないか。
もしかしたら新しいのに変更するかも知れないと、更新をしてみることにした。

BIOS(UEFI)にそれらしい項目が全くどこにも見当たらない。
説明書を引っ張り出してみても、どこにも記載が見られない。

…。

うそ…。

いきなり手詰まり…。

どうにもならないマザーなんてもしかして初めてでは?
さすがのasrockである。

HPを見ても解決せず。
どうにもならない状況に至ったことを悟り、静かにキーボードを弾く。
BIOS更新 ASRock FATAL1TY X370 Gaming K4

うちのは1.6だったが、似た状況である。
DOSからexeファイルを実行しないといけないそうで、今更そんな方法わからんよ。
ME とか2K とかまでなら良くあることだったが。

DOS起動用のUSBメモリを作る(DOS-on-USB編)
こちらを利用してUSBを起動ディスク化。
exeとDOS対応版であるBIOS3.1を入れて実行。
ただ、8キャラ以上のファイル名が打てないので(参考先をよく見てないのばばれた)短くしてから再実行。

再起動で自動更新、これで問題なく終了。

黄色枠内の表示がこれまでなかったので手の打ちようがなかったが、これでようやく普通の最近のマザーと同じになった。

あとはアップしていくだけなのだが、これ以降はwindows版を使用して更新。
同じくpostから更新にいたり、自動で完了。

初期のマザーを買った人で、dosなどのcuiに触れたことのない人には難易度が少々高いか。
さすが変態である、この一言で今回の件を締めたいと思う。

windows10 1803へ更新

今回のアップデートはこれまでの物と比べて全てのPCに早い時期にまとめてやってくるというスピーディーさだった。

Windows 10 配信の最適化②~Ver.1803での機能改善ポイント編~
うちでは全てがPROであり、当初より無効にしているので、そもそも関係性は薄いと思う(実際は不明)のだが…。
とにかく、降って湧いたのだから折角なので更新しようではないか。

で、今回も特段問題なく更新終了。
何が変わったのか、誠に不明である。
Windows 10大型アップデート「April 2018 Update」は何が新しくなったのか (1/3)

それにしても毎回思うのだが、メジャーよりマイナーアップデートはありがたいと思う。
が、しかし、都度デスクトップの壁紙(マルチモニタごとに設定)がリセットになるのは勘弁願いたい。
複数ウィンドウ併走用、表計算用の16:10など、それぞれが目的を持っているだけに統一感がないわけだ。
「識別」を使って、(忘れた頃にやってくる)年に一回の変更手続き、必要ある?

丸洗いキーボード

キーボードはいろいろと使ってきた。
接続がps/2からUSBになったり、切替器の変更など、時代の流れにのって変わってきた。

そんななかで、人生で最も長く、そして今でも評価が高いのがIBMブランドのキーボード。
いわゆるカチャカチャ打鍵音は割と大きかったものの、キーボード自体の重量がかなりあり(計ってないが、多分1~2キロ)ずれにくく、キーピッチや配列も標準的で可能であればずっと使い続けたいものであった。
切替器の変遷の中で、ps/2接続は継続できなくなりやむなく引退。
ただそんな名機であっても、キーボード全体に言える難点、それはクリーニングの面倒くささ。

そこで最近まで使っていたのがこれ。
BSKBU12BK
丸洗いできるキーボードなので、清潔。
特にいろんな作業をするデスク上で場所を共有しながら使う物だから、余計に汚れやすい。
キーはやや柔らかめだったし、軽いのではあるものの、すぐになれるので問題なし。

そしていよいよ初めての丸洗いを先日実行。
弱い流水でざぁっと流して半日乾燥。
指が触れる部分のキーはシボが擦れて無くなりテカってしまっているが、それ以外はしっかり黒色が戻り清潔に。
さぁてと、Windowsのログインパスを入れて本格的にやってみようと…。

ん?
動かん。
123列、qwerty列、Fキー列、それにテンキーの4列と7列がまったく反応無し。
しばらくして様子を見ても、やっぱり反応無し。
唯一5と6だけが動くようになったが、使い物にならん…。

直せるような気がしないが一応分解。
半日乾燥させたが、内部はプラスチック製シートが筐体と接している場所にまだじっとりと水分が付着。
筐体の下部のくぼみ多数にも水がたまっていた。
乾燥は念入りに、できたらパッキンケースに除湿剤を入れてしばらく置いておく位しないとなかなか水が逃げないのではないだろうか?
だが、拭き取っても、動作不良は戻らない。
水洗いの前と後で使えなくなったので、その要因ははっきり関係していると思うのだが、キーボードのシートと基板の接続(水密された箇所)はしっかりと防水が保たれていたし。
分解したときに、ゴロッと落ちてきたハンダの大きな塊が出てきたので、もしかしたらそれが悪さをした可能性はある。

とにかく、これで一年持たずに廃棄である。
水洗い一回目で終了なので、これなら気に入ったものを買い換えるという選択肢も視野に入る、ムゥ。

こんなことになったのであるが、再び水洗いキーボードを試す。
ゲームはしないが、私のお気に入りのロジクール製品。

Washable Keyboard k310

値段はバッファロー製とあまり変わらず。
キーの構造上、異物侵入の可能性はないと言って良い。
打鍵感も悪くなく、IBMに似たようなしっかり感。(バッファローは柔らかめ)
掃除用の刷毛が本体裏に装着され、USB防水キャップがコードに取り付けられ、合理性はすばらしい。
何より素晴らしいのは、バッファローが半年の保証期間に対して、3年間も無償保証がある点。
これは信頼感が別格である。

若干エンターキー横のデリートキーの配置が近すぎる点はあるが、おおむね満足である。
次回の掃除が楽しみである。

メッシュwifiなのか?

しばらく前からメッシュwifiなる用語を聞くようになった。
聞いたことあるなぁ、って程度で、内容はその名前から想像するのみ。
wifiの網の目を細かくした、というニュアンス。

目にしたきっかけは、やはりグーグルか。
Google Wifi

asusからも出ているようで。
Lyra Mini

規格統一って話もあるそうで。
Wi-Fiのメッシュ規格が統一されるみたいでスゴく嬉しい

もうここまで来ると、話が突然すぎて理解不能。

ここ数年、マルチタスク、処理速度向上など、機械とそれを使う人間の天井が見えてきて、ムーアの法則も耳にしなくなってきた。
私事だが、近年intelばかりのPC構成になってしまって面白くなかったところで、ryzen携えたAMDの復調。
リビングPCをryzen 2400Gにしようかと検討しているのだが、おかげでようやくハードに関して情報収集するようになった程度の肌感覚。
そんな感じなので、これからメッシュwifiも調べてみようかと思う。

随分と前に、親機子機で同一SSID構成にしたことがある。
似たような構成は今でも実現可能なのだが、2段階までであること、また電波の強弱を判断して自動で切り替わるわけではなかった(うちだけか?)ことが最大のデメリットですぐに別SSID運用とした。
その方がわかりやすい。(もちろん自動で切り替わるのであれば最強)

IEEE802.11s無線LANメッシュネットワーク技術
こちらを流し見してみたが、なるほど、親子関係でなく、横関係でつなげるということね。

まだ一般家庭では黎明期っぽいので、今後の情報に注視。

BOSE ファームアップ

BOSE soundsportを愛用しているのだが、最近電池が古くなったからか、音楽再生中でもブチブチと途切れることが多くなった。
どうしたものかと思案していて、試しにファームウェアをアップデートしてみることにした。

購入してからしばらくはそんな症状はなかったので、多分違うだろうなぁと。
それにアプリBOSE connectからアップデートしようとすると、延々と「新しいファームを確認しています」でぐるぐる表示が収まらない。

最近特にブチブチ接続が途切れるので、ようやく本腰を入れてファームアップチャレンジ。
調べてみるとパソコンにUSB接続したら良いそうだ。

1.1.3から1.5.1へ。
全く更新が進行していないconnectと違い、5分くらいで完了。

しばらく使用してみる。
関係ない・・・、かと思いきや。
今だ一度もプチ切れもしない。
成功したみたい。
おすすめ。