windowsにはレガシーこそ求められる

win7の期日が迫っている。
以前のPCフル稼働運用と違い、すでに2台もPCが不調になり、それでも不足がないことが証明されている現在、あんまり関係はないのではある。
停止中の2台ともwin7だが、一応は将来のアップグレードに対応できるように一旦win10にしてアクティベートしておいた。
とはいえ、必要も無いPCなんだから無理から機器を更新して使うこともないわけだ。

win10への移行が気になる今日この頃、遠からず気になる記事を発見。
「ウチの社員はITリテラシーが低すぎて、Windows 10の運用はムリ」 それって本当ですか? (3/3)

ネットで調べるのが最低限必要な作法と言える現状で、例えば(最たる物としてあげれば)データベースをいじるわけでないし、要は少々変わっても良い程度の内容である。(多分。詳しく記事見てないので…)
実際、現在も使用しているソフトで、フォトショもイラレも、それら以外にももっと古いソフトを未だに何個も使用している。(98とか2Kとかの世代)
ウインドウ内のスクロール(マウススクロールが動かない)ができないという、すっげー嫌な非適用を食らってはいるものの、イライラするだけで動かないわけではない。
動かしますよ、できうる限り。
何しろそれぞれのソフトが結構な金額なんだから、しっかり働いてもらわにゃ。
windowsに求められている最重要なこと、それはレガシーソフトが動く、これが絶対条件なわけで。

以前も書いた、photoshopが新しいATOKやIMEでクラッシュして起動すらしない件。
今現在、windows10 1803なのだが、これまではATOK2009に変更してからでないとフォトショが起動しなかったのだが、今では儀式を伴わずに起動できるようになっていた。
祈祷の時間が要らないなんて、なんて便利なんだ。
何より、あまりに自然でそれに気づくのが遅かった…。
イラレは前後で共に起動に問題なかったので、使用頻度からして気づき難かったって感じか。
古いソフト愛用者はアップグレードで度々困っているぞ、マイクロソフト。
インフラ、ライフラインとして自覚し、古いソフトだって動作だけは確実に動作することを保証してくださいよ。

名称、あれってコントロールセンターっていうんだ、発見。
デフォで使ってるの?iOSのコントロールセンターは自分仕様にカスタム必須です!:iPhone Tips

いつだったか、iOSの更新で、デフォのコントロールセンターの配列が変わってしまって、困ったことがあった。
仕事上よく使う、LED点灯。
懐中電灯のマークの、あれだ。
今はもうすっかり慣れてしまったが、配置の換わった当初は、そりゃもう何度もイラッとしたものだ。
多分変更できるんだろうなぁとは想像していたが、使い終わればそんなことも忘れてしまい…。
まぁそんなもんやね。

よって、ここに備忘録。

iPhoneに求めているもの

去年バッテリー交換のために、一時的に別のiPhoneを使った。
上位機種なので満足すればこのまま使おうと考えていたが、下調べしたとおりに、がっかりした。
そんなわけで、自分には今の選択肢がぴったりだったと腑に落ちて現在に至る。

そこにこんな記事。
iPhoneラインナップはここ数年で最弱、原因はiPhone XR
大きく賛同する。

以下抜粋。
2017年のiPhoneラインナップがあれほど成功したのは、各モデルがそのサイズで最高の端末だったから。iPhone SEは4インチで最高のモデルだった。iPhone XはiPhone 8 Plusより高価だったが、より大きく、高品質なディスプレイを備えていた。
以上。

まさにこの通りである。
自分にあった最高を選ぶことができた。
ところが、去年末の時点でiPhoneのラインナップは魅力的ではなかったのだ。

メインはPCであるのは当然として、移動先でofficeは使えるし、googleDocも使えるし、申し分ないわけである。
不満は無いから脱獄するほどに使い倒すわけでなく、カーネルに不安を感じずに、さらにgoogleよりもアプリの安定度が相対的に良く感じているし、やはりandroidよりも長持ちと感じている。
最近は知らないが、かつてはandroidは2年程度使ったらOSのアップグレードは終了し、重くなり、アプリが更新できなくなっていく。
だからこそ、androidで新しく手に入れたい、手に入れた端末が皆無なのである。
android端末4台、タブレット3台、chromecast2台、nexus player1台。
nexus7は未だに良いタブレットだと思う(実際現役だし)が、それ以外陳腐化してしまった。
以前指摘したように、PCのwinとmacの関係が、携帯ではandroidとiOSの関係へと広がっただけ。
進化が早くなった現代、安定、安全は重要なファクター。
それを考慮した結果がapple製品に気が向いてしまう遠因、かな。

古い製品でも動かせることは重要で、三歩進んで二歩下がるappleの製品戦略を歯がゆくは思うものの、確実な進歩をiPhoneに求めている。
またきっとやってくれる、それを実現して欲しい。
それまで待つのはいとわない、それが遠くとも。

でも早くしてよね、首伸びてるぞ。
ちなみにiPadを近々購入予定である。

みんメダ(勝手に略語)

去年チェックしておきながらすっかり忘れていた一件。
みんなのメダルプロジェクト
名称からして時限的であることを考えれば、リンクを記載するのは何だかはばかられるが、まぁいいか。

リネットという会社らしいが、不要なパソコンを回収してくれるらしい。
それもメダルを作るための都市鉱山開発、という話。
【東京五輪】メダルの金属集めは、逆に“不要パソコン”を無料で廃棄するチャンスでもある

2019年3月末までだそうで、マザボも回収してくれるらしいことも調べておきながら、完璧に忘却。

しかし、
みんなのメダルプロジェクトが不要PCの無料回収中
これを見てみると、下の方にはリネット以外にも液晶テレビを回収してくれる業者などと書いてある。
だったら急ぐこともないだろうか。
ま、目にとまったきっかけはメダルの話だったから、やっぱメダルになるならいいのかも。
今まで処理しなかった、ただの言い訳に過ぎないけど。

ウイルス感染(してないけどね)

以前からちょくちょくsmartsecurityが遮断していたMSN
ただサイトを表示した、それだけ。
表示して数秒後にポップアップでブロックした、の表示が出るだけ。
それが起こると全くサイト自体を表示できないので不便であったが、まぁ仕方ない。

ところが、先日のこと。
遮断もなく、サイトを訪れて数秒後に見慣れない画面が。
何か不意にマウスでも触ってしまったのかも知れない。
見事にwindows純正かのような画像の類。
(その時のスクショを撮ってないので、残念。)
もちろんブラウザ上の話なので、当然のごとくアドレスチェック。
dailypromos.website ??何?
windowsともmicrosoftとも書いてないのは、もう偽装でもないが、やっぱあの純正っぽい画像は一見なら引っかかるかも。
何しろ、一瞬ドキッとしたのは正直な感想。

調べてみたら同じサイトの話がちらほら。
Windows10 でEdge を開いたとたん、「ご利用のシステムが(3)個のウイルスに感染しています!」の画面になりました。

他に「削除する方法」みたいなこと書いてる所もあったけど、大変おかしな記述が。
検索トップに来る辺り、一連の動線と考えて良いのかも。

それにしても、メールでは相変わらず詐欺メールがやってくるが完全スルー。
損害遅延金が一円も増えず相変わらずほとんど同じ内容で、数打ちゃ当たる手法、だろう。
しかし、今回はちょっとドキッとしたので掲載しておこう。

企業で「Mac」がどんどん導入されているワケ
結構前の記事だったが、気になっていたので。

windowsとandroidの関係と、macOSとiOSの関係と、それぞれがそれぞれに似た構造だと以前記事にした。
ハードの柔軟性と拡張性、と同時にそれらの逆の思想。
方向性の許容と、制限。
セキュリティも同様のことが言える。
もちろんジェイルブレイクすれば似たような物だが、apple製品にそれを(少なくとも私は)求めていない。
カーネルをサードパーティが触れるほどに近ければ、クリティカルな事例もまた増えよう。
かつて存在したmac互換機が現在はないことが証左だろうか。

AppleのクックCEO、プライバシー国際会議で“個人データの武器化”に警鐘
個人情報を(ビックデータと解釈したとしても)どう扱うか、明言した(と言って良いのかな?)。
それこそが身近にあるiOSへの信頼と、macOSへの信頼の醸成(現に所有していない、価格的に高価だし)に繋がっていると思われる。
では、個人データに対して一個人ができることは何なのか。
個人データを扱う機体の絞り込み、である。
これは個々に考えるべき問題だし、考えないとならないことだとも思っている。
セキュリティに無関心でいるのはなかなかに難しいから。

ここまで書いておきながら恐縮だが、セキュリティのみでPCの選択はしたくないのが事実。
完全無音動作の小型PC「LIVA Z2」が発売、Windows 10搭載で実売27,800円
無音というのは魅力的。
ノートPCでもファンの音は気になるし(そんなものしか所有してないからか?)。
ただパワーがなさ過ぎる。
それなら、ドンキのあれも許せるだろう。
「イチキュッパ!」の衝撃再び。ドンキの“激安ノートPC”第2弾に、ネットは賛否両論
コスパで言えば悪くない。

しかし、実際に尖った使い方をしている方ならご理解頂けると思うが、シングルスレッドの絶対能力は何にも代えがたい。
8コア・5GHz常用も楽勝!? 第9世代Coreシリーズ・オーバークロックガイド
クロックHzは正義。
エンコ能力と価格からして現在のryzenには全く満足なのだが、xeonなんか触っているとやはりアプリ・ソフトによるが、絶対的な差が未だにある。
ソフトレベルで対応してくれると一番助かるのだが…。

結局はwindowsなintelマシンを欲している自分に気づくのである…。

予想通りなバッテリー交換

「予約ぜんぜん取れない」 iPhone電池交換プログラム終了間近で“予約難民”続出
予想通りな展開となっている模様。
容易に想像できる結果なのだが、来年からになったとしても値下げになって5000円ちょいくらい。

前件の、nexus7バッテリー(純正品)が4000円程度だったことを考える(容量&サイズ違うけど)と、工賃含めて悪くない数字である。
バッテリー交換以前の状態だと一日をぎりぎりで何とか過ごせていたのが、交換後はまだ40%くらいの電池の持ち。
それをディスカウントが切れたとしても相応の値段で利用できるなら悪くない金額である。

とはいえ、できればディスカウント価格のままだと気軽に交換できるんだけどなぁ。
あ、気軽だとappleが嫌なんだろうな。

wordpressの一手間

ブログというシステムも陳腐化して久しいが、それでもツイッターなどと違い断片的でなく整然としているスタイルは良い意味で枯れていてありがたい。
冒頭から堅苦しいが、言いたいことは陳腐化しているようでいて仔細に見ると実際は進化が続いている、ということを実感した。
つまりは、前者。

wordpressは当時他のシステムよりプラグインはもとより、情報も多くネット上にあったし、使い勝手が良かった。
だから今もこうして使っていたのだが、今回のメジャーアップデート5.0もいつものように、いや、むしろ何も変わっていないに違いないと思って簡単にアップデートした、。
だが、さすがはメジャーアップデート、である。
ブロックスタイルというらしいのだが、いきなり新規投稿の仕方がわからなくなっている。

そして定番のエラー、というか警告が画面上に現れて、余計な一手間を感じさせる。
wordpress5.0にアップデートしたら警告が出た
まさにこちらのリンク先と同じで、対処法も正規表現にある。
「?< を?P<に」(抜粋) ちょっとしたことだが、久しぶりに触ると思い出しながらやる羽目になって、時間が結構かかる。 PHPのバージョン確認とかやり方忘れた…。 それはさておき。 後者の、整然としている、という部分。(如実に現れてますなぁ) 助かります、多謝。 だが、何より困るのが投稿の編集画面。 なんだ。 どうした。 どうなった? …である。 WordPress5.0-jaにアップグレードして投稿画面が大幅変更された対応
なるほど。
Classic Editorというプラグインを入れるのね。
プラグインの評価を見ると星五つ。
そりゃそうだ。
以前の画面の方を希望した人しか使ってないのだから。
でも、新しい投稿になれていかないとな。

結論。
こういう所がそれぞれのハードルに引っかかるから、ツイッターとかの方が楽ちんって感じる。
強く、つよく。

配達の現状と未来

日本郵政の記事が最近賑わっていて思ったこと。
日本郵政「置き配」来年3月スタート 再配達の手間省く
良いと思いますよ、置配でも。

「土曜の配達」廃止で揺れる日本郵政の立ち位置
内容は見てないので知らないけど、かいつまむと郵便に限って土曜配達を検討するらしい。
内訳は知らないが、利用者のうち発送者に企業が多いのは想像できる。
BtoBなら平日でも良いかも知れないが、BtoCだとどうだろうか?
またサービスの多様化で平日以外に動く企業を将来にわたって想定しないというのも使い勝手が悪かろうと。
しかしまぁそれはどれほどのボリュームになるか、推測が難しそうだが。

そこに来てのこれである。
日本郵政、福島でドローン輸送を開始 まずは社内書類から、山間部での活用めざす
電柱を宅配ロッカーに利用 関西電力など
将来ドローンの個人宅配送ができるとしたら、宅配ボックスとドローンの荷受け場が一緒になってると便利かと。
一番良さそうなのは宅配ボックス的な場所が近所にあればそれで良さそうでもある。
一方で、サービスの質が下がるので受け入れるのが難しい場合もあるかもしれない。
エレベータのない中層住宅での飲料水なんかの配達は、質の低下は致命的だろうし。

何にせよ、必要なサービスによる運送の選択など、共に効率よい方法があれば一番である。

リアルタイム位置情報

フライトレーダー24のことは以前から知っていた。
飛行機のリアルタイムの位置を表示してくれるもので、見ていて何故だか気持ちいい。
Flightradar24

とはいえ、普段利用することは全くないわけで。
そこに来て、先日から全国ニュースで流れている周防大島の橋と船の接触事故、加えてイランの原油禁輸措置のニュース。
ほぼ同時期の上記二つのニュース記事でトラッキングに関することを知った。
MarineTraffic

イランのタンカー、行方不明相次ぐ 制裁前に原油持ち出しか
なるほど。
AIS