ryzen3000に変える前に検証

もう二年前になるのか。
何かがどこかへの接触により、SSD、HDD、マザー、電源等の主要なパーツが吹っ飛んだ(非物理)事件により、丸ごと一式更新する羽目になったのは…。
その数日後に新調したintelマザーの更新と失敗(物理的)で、珍しくメインPCをintelで数年過ごすという希有な出来事はそこで終焉を見た。
立て続けに壊れるのは精神的にやられる…。

あれは確か、まだ出たばかりでご祝儀価格だったのだが、メインだけに背に腹は代えられず導入したryzen 1700とx370マザー。
それから2年。
私は、どうしてもAMDでないと駄目なようだ…。
そして、もう壊れるのはまっぴらだと、UEFIなどデフォルトで全く触らず、それどころか確認することもせずにこれまで過ごしてきた。

そんな折、最近のryzen3000シリーズが好評で好調。
メインを1700 → 3800Xに変更したいと考えるようになってきた。
最近のソフトならマルチスレッドがかなり結果に反映されるようになってきているが、それでもシングルでの演算のみというのも僅かばかりある。
そうなるとやはりintel有利か、と思いはするのだが、3800Xもかなり良さそうな雰囲気ではある。

だが、まだ少々お高い。
それなら1700で遊んでからでも悪くないか、と。
当時の情報。
「Ryzen 7 1700」は高コスパな8コアCPUとなりえるか?

早速OCして3.4GHzにしてみた。
そこここにあふれるOC記事通り、確かに簡単に動きはする。
1700がOCに使えるというのは事実らしい。
しかし、温度(発熱)がものすごい。
添付の純正CPUクーラーでは負荷がかかると10秒ちょっとで80℃越えしてしまう。
デフォルトクロックなら継続負荷でも70℃安定なのだが。

ここでかつてphenom世代に導入し、ほとんど使用しなかった水冷クーラーのことを思い出す。
当時、その評価としては、発熱に対してオーバースペックで、導入効果は排熱をケースの外に導くことぐらいだと理解したのを覚えている。
その時のコアが3~4コアだったのに対し、現在の1700は8コア(物理)。
これなら充分な効果が確認できると考えた。

のだが…。
当時のものは、AM4に対応していないらしい。

そこで将来的にも有用だろうと、新しい水冷を導入することにした。
Mercury120 RGB

エンコソフトhandbrakeでソフトウェア265を使用してエンコする私的ベンチ。
標準クロック3GHzなのをOCして、3.2GHz駆動。

これはUEFIを変更する前の、デフォルト状態でのスクショ。
3.2GHzのはずだが、core tempでは3GHz動作の表示。
どっちが正しいのか、不明。

18:32という変換時間。

次は水冷。

(この時、実は3.4にクロックアップを試し、再び設定上デフォルトに戻したのに、何故か3.4で回り続けていたので、何度かOCとデフォルトを繰り返して、その後3.2GHzで動作させている。それが何かしら、変化をもたらした可能性がある)

温度は明確に差が出て、20℃もの違いがあった。
純正クーラーでも3GHzなら70℃強だったことから、充分な冷却と言えそう。

それにしても、同じ映像を同じ設定で、なおかつ同じ周波数でエンコしているはずなのにこれだけ時間が違うというのは、やはり純正クーラーでも雰囲気温度によっては動作クロックは低く制御されていたという実証にならないだろうか。
つまりこれは「もしかしたら」の推測であるが、温度を指針として純正CPUクーラーだと断続的に3GHzに低下され、水冷だとOCの3.2GHzで、という監視を行っているのかもしれない。
もちろん、初回で全く検証していない状況なので正しい情報とは断言できないが、CPUクーラーの性能如何によっては目標の能力が見た目とは裏腹にこれまでは出ていなかった…、のかもしれない。

ともかく、これでryzen 3000を迎え入れる準備は整った。
さぁ、いつでも来い。
(なお、下調べが不十分で、3800Xに純正クーラーが付属しているかどうかの確認を怠っていた、というのが今回のそもそものオチ、なのである)

2700も気になったので、ついでに下記も参照。
“Precision Boost Overdrive”を最新BIOSから読み解いてみる

<追記>


3.6GHz(ベースクロックを103にOCして、後は倍率変更)で駆動状態。
水冷で温度は73℃で安定。


平均FPSが27-29-34と格段にアップしているし、時間も約15分。
実時間17分が元の動画なのでそれよりも若干速いということか。

handbrake 265で再エンコ

ハードディスクの空容量確保のため、264なmp4を265へ変更する計画その2。
前回ビットレート3600kbps程度の30分映像をhandbrakeでエンコしまくったおかげで、画像劣化も(見た目)なく1/3程度に圧縮できた。
ryzen 1700のおかげで時間も想像よりも1本10分以下と、かなり早く終了することができた。

今回は6000kbpsなフルHDをエンコしまくる計画。
前回と同じhandbrakeのエンコ設定だと、若干輪郭が破綻する箇所が見えた。
品質を26から21へ変更。
字幕も今回は設定し、音声の5.1chはステレオに変更。
品質が22とどう違うか比較してみたがどうも違いがわからないし、容量も差異が大きくなかったうえ、目標の元映像の1/3程度になったので品質はこれで良しとした。

ただ、要注意なのはQSVを利用した265。
これは常用している仮エンコと同じ傾向で、処理が早い代わりに圧縮率が犠牲になるようだ。
10bit QSVも似たもので、264から圧縮率が2/3程度にしかならない。
品質を26まで上げると264よりも容量が増えてしまう…。

実時間2時間半の映像だと、
QSV では0.8時間
265 では1.1時間
となり、画像並びに処理時間を考慮すると、あまりいいところがない。
やはり小さい動画の仮エンコにはQSVはもってこいなのだが、保存用には向かないように感じる。

265は今回coffee lakeな8gen i3でエンコしているので時間がかかっているが、ryzen 1700ならもっとはやくできるはず。
cpu使用率は98%程度でほぼフル活動。

QSVを使うと60%程度になり、代わりにGPUが90%近くになる。

H.265はただただ凄い

基本的には動画はH.264なMP4形式でエンコードをしている。
そもそもエンコをする前、一番最初はTSファイルだったが、これだとすぐにHDDがいっぱいになってしまった。
それからTMPGEncを使うようになったわけだ。
もう何年も前の話。

ここ最近はH.265の記事も増えてきた。
iOS 11の写真/動画形式「HEIF」と「HEVC」。従来とは何が違う?

iPhoneでhigh profile の 4.1level が使えなかった。(当時。現在は調べてないので不明)
なのでわざわざmain か base の4.0以下に再エンコしていた。
まぁ、基本filebrowserを使うようになると、そんな面倒もなくなったわけで。

そんな折、いよいよ3TBのHDDの空容量がなくなり、HDDを圧縮整理したい衝動に。
iOSが標準で265対応なら、各種アプリでも使えるんじゃないか?という淡い期待もある。

TMPGEnc 6だと265対応なのだが、それだけのためだけにアップグレード費用を出すのも何だかなぁ。
HDD買えるしなぁ。
だいたい265はエンコに時間もかかるし。

Q1900のSQVを使ったエンコで毎度お世話になっているhandbrakeが265対応なので、これを試してみた。
するとどうだろう。
画質の劣化は見た目上見つけられなかった(ts→265ではなく、264→265)し、容量は264から1/3~1/5という低容量。
おそらくTSからの直接の変換だともっと綺麗なのかも知れないな。
エンコード時間もryzen1700 の16コアだと、30分番組相当のエンコに十分弱という早さ。
CPU負荷はほぼ90%前後で推移するものの、悪くないぞこれ。

そんなわけで絶賛フルパワーエンコ中。
今後は今より高画質化して264エンコし、保存する物はhandbrakeで265に再エンコという風にしようかと検討中。

進化は歩みを止めない

もういろいろと脱帽です。
動き、ポリゴンというのか(もしかしたらすでに表現劣化かもしれない…)表面のなめらかさ、カメラワーク、シーン展開、ドレス(衣装)、仮面等々。
パーフェクト。
MMDというカテゴリのなかで、やたら滅多に露出が多く、ポリゴンも滑らかさに欠け、撮りたい場所があるのはわかるけれどもあからさまなものが多い中、ボディパーツではなく動きによる女性らしさの表現、バランス最強。
とりわけmikuの目の大きさを仮面でセーブ(現実感、没入感の保持)するのが良い。
照明(光源)による立体感の演出、対比的なポリゴン空間。
こういうの、今までほとんど見てこなかったのに、これはすごいのでメモ的に記載しておく。

偶然の出会いに感謝。

CS2にwacomが関連するのかも

以前記事にしたが、何かのきっかけ(見た目上、操作は全くない)で突然にadobe CS2とsmplayerが起動できない件。
アドビの方は起動途中で強制終了。
smplayerは起動すらしない。

そんな鉄壁の不具合に心が折れる今日この頃。
さすがにその度にOSの復元で無駄な時間を費やすのはもうあきた。
なので、原因を調査。

他のPCでは発現しない。
同じw10 で、creatorとanivasaryの違いはあってもそこは関係ない様子。
大きな違いはwacomタブを接続しているかどうか。
そこで、wacom関連だとターゲットを絞ってみる。
そしたら一発ビンゴ。

サービス WTabletServiceProというのを停止すると、アドビもsmplayerも起動するようになる。
ならこれでどうにかなるかと思えるが、これの停止中はペンが使えないし、それに一旦停止して再び実行させると筆圧感知が不能になる。
おそらくはイニシャライズ(というのか知らんが初期操作)をしてやれば復旧しそうな気もするが、私は専らPCの再起動をして対応している。
現在ワコムに問い合わせ中なので、進展有り次第この件を更新しようと思う。

タイコンデロガ級

タイコンデロガクラスのネームシップ。
現在は、すでに退役しているそう。

当時購入してから全く手を付けていないまま放置プレイ。
なのに何故今なのか?
これはミサイル発射シーンをやってみたくなったから。(直球)

mini hobby modelsという中華メーカーらしく、トランペッター傘下らしいのだが、対して造りが大変粗雑。
覚えていないが、他の中国の駆逐艦と一緒に買ったはずだが実際かなり安かったはず。(¥1000-2000程度かな)
なので仕方ないのだが、ディテールが荒く、そもそもパーツの組み合わせが一筋縄ではいかない。
おそらくはプラモ初心者にとってハードルが高すぎるかと。
現在もそうではないのかもしれないが、これは「copyright2007」の表記があって、おそらく購入時は最新のものか。
まぁ、そもそも中国でコピーライト表記が通用しているのか不明であるが…。

先ほどの組み立ての例を挙げよう。
顕著だったのがヘリ格納庫の辺りで、これはもはや正解がどうなのかわからない。
隙間が空いていて、どこに合わせたら良いのやら…。
パテ必須である。
色指定も中国語表記で若干わからないところもあるが(漢字なのでだいたいわかる)、色見本、というか、説明書自体がモノクロなのはいただけない。
なので、実物の写真を参考にいろ塗り。

しかもモータライズがデフォルトで可能で、電池ボックスとモーター、ギヤボックスが付属している。
そのギヤにヒビが入っていたので交換する必要があったのだが、これは保管期間が随分とあったから問題外としておこう。
それで安いのだから、ま、ここまでは良しとしよう。
しかし、モータライズの件、重心を取ってみるとトップヘビーで浮かせることが全くできない。
実際の艦船がトップヘビーらしいので、忠実な再現と言えなくもないが、良くもこれで販売されているものであると感心する。
スラヴァクラスもバランス悪かったが、船内に重心位置を持ってこれたので良いが、これは重心が完全に外。
上部構造をくりぬいて、一番厚くて重いだろう見えない甲板部分もくりぬいて、12gの軽量化を図るも焼け石に水。
動画内では映っていないが船底から約5センチ程度下方に40g前後の鉛を付けている。
ヨットのイメージに近いかな。
おかげで喫水ラインから随分と下がってしまう。
喫水を上げるなら鉛の場所にバッテリーや受信機など、放り込められるものがあれば前部入れるくらいの熱意、勢いが必要。
それでも重心のバランスを取るのは苦労するだろうが。
で、いつもの深度ならたぶんNGだったろうが、季節的に引水の時期らしく、水深がかなり深いおかげで撮影できたのは裏話。

さて、今度はVLS部分。
サリバンズだかのVLSをコピーして張り付けた。
ぺらぺらなコピーなので本来なら立ち上がり部分の隙間をパテで完璧に仕上げる必要があるのだが、もしかしたら発煙筒を増強するかも知れないので剥がせるようにしておく。(言い訳…^^;)
実船はベースライン0で、退役していて、しかもVLSではない(多分…)。
なのでタイトルは「改」付属。
創造艦。

ミサイル発射の部分。
発煙筒は一本のみで、滞留煙がすぐに上昇して実際の雰囲気にはほど遠いのはやや不満。
これ、発射はマイクロサーボとマイクロスイッチで制御。
PICで制御した方が軽量化できるだろうし、複数の筒を搭載するなら選択肢はもうそれしかないと思うのだが、多分もう増設はしないと思われる。

どうしても船のラジコンとなると、艦船が多くなってしまうが、個人的には貨物船も、タンカーも、タグボートも、潜水艦も、漁船すら興味の対象となる。
前回のこんごうの動画内でも述べたが、船の作る波自体が好きなので。^^)
空も海も一定ではないところが魅力なんだと思う。

最後に、本件の動画を。

現代版艦これ…ぽく

艦これってゲームがあるし、アニメもあった。
その二つとも見たこともやったこともないので実はよく知らない。
情報としては、女子&大戦時の艦船をモチーフにしていることくらい。

最近、(特に趣味でも無いのに)現代の船のプラモを作って、こんな現在運用中の艦船にもあるのだろうかと興味が湧いてきてちょっと調べてみたが、どうもそういうのはないらしい。
ピクシブとかニコ動には画像があるのかもしれないが、そこまでの情熱もなし。

で、超久しぶりに描いてみた。

スラヴァクラス、121モスクワ。
詳細はようつべ動画で。

背景画像は艦これ風背景・枠素材からの登場。
ありがとうございます。
ちなみに、これもまたどういうタイミングの背景なのかがわからんので、あってるのか善し悪しすらわからん^^;
その手前、バック画像は所有のプラモ、ピンぼけさせてもっと遠近感というか、リアル感を出せば良かった。
あと、絵の方はもういろいろと突っ込みどころ満載で…、艤装を描けば描くだけへこんでくるし…、でもまぁええか。
再認識、一発で曲線や直線を描ける人、尊敬。

こんごうも描いてみたいが、いまいちイメージ湧いてこない。

こんごうの動画リンク

冒頭のサイレンは火器発射前の雰囲気作り。
音量は抑えたつもりだが、サイレンだけあって結構うるさいな。

説明項にも書いたが、カメラの補正でかなり明るく見える。
slava classの動画でも明るかったが、完全な闇夜の時は流石に夜の帳が撮影できていたのだが。
画面の調子を暗くするのも悪くはないが、雰囲気と引き替えに見えづらくなるのでそれはしない。

雨が前日に降った影響で、ただでさえ速いのに、殊更いつもより水流が速い。
足も届かなくなっていたので、水面付近での構図も取れず臨場感、スケール感が出せなかった。
それでも取り直すかどうか、現在は予定無し。

動画リンク

前回の動画がこちら。

改修しながら、動画撮影を同時進行でやっているので、動画の途中で部品がなかったり、塗装が突然に完成していたりとちぐはぐである。(^^;
それはまぁ許してもらうとして…。

スラヴァクラスは3隻(ワリヤーグ2、モスクワ1)所有している。
このうち、部品が無くなっているものがちょいちょいあるので、そいつを改修途中として飾りモータライズはしないことにした。
Маршал Устинов (ракетный крейсер)
Маршал Устиновというのがどうやら去年改修が終わったらしい(たぶん)。
これを次回、ちょろっと紹介予定。

QSVエンコPCを変更

さて、またまた前件続き。
Q1900B-itxのUSB接続がおかしくなったものの、低消費電力でエンコができるのはユニークだし、何がどうだろうが何としても復活させたい。
ネット経由なら直付けHDDでなくとも、何とかなるとの判断からだ。
そこで、ちょうど先日サポート終了よりも前に退役させたvistaの筐体に放り込んでみることにした。

SSDをもう一方のエンコPCから拝借。
かつてはストライピングで120GBにしていたが、もうそこまで使うこともなくなったので、容赦なく半身分離である。

これで後はOSを放り込むだけなのだが、XP、2000、共にインストール途中にエラーで止まる。
当然サポートが終わって久しいのでこれらOSではなくて構わないわけで、エラー詳細もチェックせずスルーパス。
まだサポートもあるし、SSDやし、Vistaを入れてみた。
これはすんなり入る。
が、…。
え?
w7以降のドライバーしか存在しない。
asrock以外にもJ1900はあるので調べてみるが、どれも7以降。
そもそも対象外として企画されたもののようである。
ネットワーク(LAN)だけはrealtekから直にダウンロードできた。
Vista and Server 2008 Auto Installation Program (SID:1801665) ver.106.13 date:2016/3/3 size:6056k
これでQSV動くならまぁええか、と単純に思った矢先、伏兵に遭遇。
対応ドライバがないのでVGA標準ドライバで画面表示されているわけだが、これだと解像度が足りずHandbrakeが画面内に表示されない。
これは致命的で、確認ボタンを押下することをできずに、エンコを進めることができない。

結局OSをWindows7に入れ直し。
ドライバも無事当たり、快適動作。
しかしUSBはやはり難があるようで、USBハードディスクの読み取り途中で止まる。
インデックス作成途中で読み込みリピート、冗長性エラーで延々読み込みが続く。
別のUSBコネクタだと、フォーマットしやがれとのたまう始末。
やっぱネット経由でないとダメかと落胆したが、そういや唯一USB3.0が別にあるでわないかあぁぁ。
録画チューナーに関してはスリープ復帰後に問題があったが、これはスリープ関係ないのだからOKではないか。

ビンゴ。
これはうまく動作してくれた。
そんなわけで現在も早速活躍中。
エンコ開始から二日目だが、今なお膨大な量を少しずつ処理している。
消費電力をワットモニターでチェックすると、QSVエンコ中は25Wちょい。
ACアダプタより効率の悪い無印電源であるが、以前の筐体より低い消費電力量。
その差約5Wなので、これは単純に3.5インチHDDからSSDに変わったからと言えそうだ。
そもそもの電力要求量が少ないので、電源の変換効率の善し悪しの差は誤差程度にしか広がらない。
ならば、ますますこれで良いでわないかあぁぁ。

良し、これで万事解決。
GJ。