intel SSDのファームアップ

何故だかHDDが読み込めない。
ん?
何だかこんなことばかり最近書いている気がするが、まぁ気のせいだ。
うーん、ついてないなぁ。

実際にはHDDは読める。
ただとんでもなくアクセスに時間がかかる。
5分10分と。
再起動するだけでもそれ以上の時間を要する。
さらにはタスクマネージャにHDDが丸ごと全部表示されない。
一方、エクスプローラにはHDDは表示されるが、アクセスランプが点灯したままで、データには全くアクセスできない。
しかも、USB接続のHDDがアクセス中に認識したりしなくなったりするので、状態としてはとても悪い。
こういう状態の場合、あることを疑うのだが、何故かCDIで見かけたintel SSDのことが気になってしまった。

そういや一度もファームウェアのアップデートをしたことがないなぁ、と。
確か、見たときのファームのバージョンは100だった。
何故あやふやかというのも、昔からプリントスクリーンでキャプチャしてフォトショで編集というのを常套としていたのに、最近になって使い始めた「切り取り&スケッチ」を利用し、キャプチャをセーブしたはずなのにどこにもデータが残っていないので、おそらくは途中で忘れてセーブし損ねたらしく、しかしCDIで見た100という数字だけは覚えていたからである。
導入時、購入時初期のままかと思われる。
やった記憶もないし。

ファームウェアをintelからダウンロードして解凍してみると、何とisoである。
それをみて嫌な感じがしたが、果たして案の定である。
焼いたディスクがゴミになった。

それで見つけたのが、これ。
M.2 SSD(Intel 600p)のファームウェアアップデート パフォーマンスアップ!
今時USBでしょ、とは思っていたが、あるにはあったが私のしらないソフトウェアだった。
Rufus

あとは簡単にファームアップ完了。

何が変わったか。
…。
実はベンチも何にもやってない。
知っちゃったからやりたくなったっていう話であるだけ。

では、当初のHDDの症状は何だったのか?
そう、USBである。
USBのプラグを他の場所に差し替えて見て、安定する場所を探り出しただけ、というオチ。
実はちょっと前に、USB3.0ハブを使ったばかりだった。
長いことそこにあったのに、使わなかったモニター一体のハブ。
多分、そこに競合が起きて、USBハードディスクが不安定化していたのだろうと思われる。

windowsなんてない大昔、外付けドライブをパソコンに認識させるとき、増設メモリなど他と競合しないようにconfig.sysに手動で場所を書いて指定していた。
テクノロジが新しくなっても同じ原因で発生するものはするのだなぁ、多分。
なんか、終始ふわふわしてるな。

CDIの通知設定を使う

CrystalDiskInfo
HDDの保守で常駐しているCDI。
HDDの連続不具合で戦々恐々中なのである。
今回の件を振り返ってみれば、CDIを入れていれば安心、と言う感覚に陥ってしまったのが最大の問題かなぁ。
発見時に即対応しておけばデータは助かったかも知れないわけで。
ただ、現状ネットワークで常時稼働が2台、他に数台が通常稼働。
となると、もう一台一台見て回るなんて現実的でなく、管理しきれない。

そこでメール通知機能があれば、とようやくその機能に気付いたのである。
https://crystalmark.info/ja/software/crystaldiskinfo/crystaldiskinfo-alert-mail/

遠隔地のHDDを監視し異常を検知しメール通知する
参考にしたのは違うところだったが、似たような内容なので良しとしよう(忘れた…)。

しばらく様子を見てみたが、交換した7200rpmのHDDが常時50℃越え。
しょっちゅう通知が来て、これはオオカミ少年的内容に…。
ケース用ファンを設置して、現在40℃で安定動作。
これで更にしばらく様子を見る予定。

CPUクーラーの変更

前件続きの常時起動PC。
名前が長くて面倒くさいからサーバPCにしておきたいが、WHS2011から変更したソフトのバックアップ用ストレージであるネットワークPCが別にあるので、これも紛らわしくて駄目だな。
データサーバPCにしておくか。

前置き長し。
さて、このデータPC、intel純正のCPUクーラーを付けていた。
お手軽だし、たくさん余ってるし、薄いし軽いし、こんな風に何かに付け便利な立ち位置なのだが、エンコードさせていると結構うるさい。
マザーの回転数制御に寄るのだが、回転の上げ下げが割と頻繁でその変化がやたら耳に付く。
気にならないPC設置場所ではあるが、気になりだすとうるさいものである。

CPUの温度チェックをソフトウェアcoretempから実行してみると、何と70℃近くまで上昇している。
i3ってこんなに熱かったっけ?
gen7と古いからかも知れないが、余っている静かなクーラーは他にもある。
前件で分解したついでに交換することにした。

サイズのカブトも静かで良いのだが、何しろでかい。(リンク先より古いリビジョンのやつ)
冷却能力ではクーラーマスターのサイドフローの方がよく冷えるのはいつかの比較で承知していたし、その方がファンが静かになるのも当然。
メモリーを交換するかも知れないことを考慮して、取り付け面積が相対で小さいクーラーマスターに決定。

かなり静かになった。
室温は同じ、エンコード負荷と同じ条件で、交換後最大で53℃止まりだった。
純正の熱伝導グリスが不均一だったのかと裏返して見てみたが、しっかりついている。
今回のクーラーがたまたまうるさくて放熱効果が良くなかった、のかもしれない。
社外クーラーばかり使ってきたせいで、そもそも複数在庫があるのでどれが本来のクーラーかもわからないので、事情は他者と比べて厳密ではない。

それでもやはり、かなり静かになったことはありがたい事実である。

ここからは参照情報
夏を乗り切るi5-8400最適CPUクーラーはコレ
形状はもとより、どうやら番号も同じだし、純正クーラーはこれと同じ様子。
検証中の80℃という数字からしてまだ純正でも冷却が効きそうではある。
が、五月蠅さはやはりネックのようで、一方のサイドフローは60℃中盤で推移。
今回のPCはi3の2コアなのでその辺は良く冷却できているということか。

またかfirefox…

chrome でなく、edge でなく。
firefox を愛用し続けてもう何年?十何年?
リビジョンがメジャーでアップデートされるようになってから、何だかこの手の不具合に度々遭遇している気がする。
Firefoxのエクステンションが証明関連の不具合でどれも動かず

今までの中で、今回のがまた大変不便さを醸し出している…。
参った。
以前、愛用していたアドオンが一斉に対応除外された一件。
まぁあれは仕方の無いこと、かとも思わなくもないのだが、それはさておき実際その際も大変不便な状態に見舞われた。
永続的にアドオンが対応されるのが一番なのだが、それぞれのアドオンがシステムの上に成り立つのであること自体が心許なく、あえてはかないと言ってもよい。

「Firefox」v66.0.4が公開 ~アドオンが利用不能になる問題を修正
このように一時的とはいえ最大限の不便を感じてはなはだ嫌になるのだが、それでもまぁ、やっぱりfirefoxを使い続けてしまうのだなぁ、と。

Windows10でハード載せ替え

これまでもいろいろと一悶着合ったwindowsのハード更新。
今回久しぶりにそれをやる羽目になって、その面倒くささを思い出した。
どんな話かっていうと…。

前件のデータサーバ用のwindows10。
ちょっと前までatomで録画サーバとして、windows7で常用していた。
以前windows10に一度アップグレードしておいたのだが、勝手な更新をされると録画PCとしては不合格なわけで。
当時調べたが結局再起動の抑制ができなかったため、win7へ戻しておいた。
ま、その時に一旦ハードを登録しておいたので、今回、前ハードのままでwindows10にて容易にアクティベーションができたわけであるが。(これは当時そのような記事を見て予防的にしておいたことでもある)

使用してきた十年以上前のHD502IJ (500GB SATA300 7200)が不良セクタが割と多く信頼性がいまいちで、それを最新SSDにリプレース。

不良HDDからデータ移動ができず、コピーもchkdskもだめで、データのサルベージは諦めた。
何と言ってもHDDに入っているのは使わなくなった録画ソフトの類だから、まぁ後悔はないわけである。
ただ、そうなるとクローンでシステムディスクが作れないこと確定、がっかり。
仕方ないので、SSDにwindows10を新規にクリーンインストール。
これだとさすがにダメなのかと思ったが、当然のごとくアクティベーションが通ったので、ハード的にはマザーを継続して認識している(他に接続できる部品がない)、ということだろう。

ここで、今回のハード更新の核心的要因の登場。
データバックアップはWHSを使用してきたが、現在あるバックアップのうちwindows10がほとんどで、win7が一台のみという構成。
以前、win10はリストアできなかったので、システムのイメージバックアップだけは別のHDDに取っておいて、データはWHSの自動バックアップに任せるというなんとも今一な利用環境。
お陰様でいつぞやのメインPCの大クラッシュでハードはさんざんだったものの、いくつもの貴重なデータだけは何とかなったのである。
WHSには本当に、本当に何度も助けてもらった。(それなのに後継がでないとは…)
さらに、もうじきwin7のサポート終了、2008 R2も同時期なのでこれはもう本気で考えないといけない。
そこで、導入予定のバックアップがきちんと期待したとおりにリストアできるかどうか検証をしておかないといけないのである。

Macrium Reflect Free Edition
Macrium Reflect 7 Free Edition
WHS2011とかその後継とか、もはやMSですらないので、これはもうネットの情報うんぬんではなく、自分の環境で実際に試すしかないのである。
そのための生け贄、いや生きて帰るので言葉違いか、実験機、検証機、なのである。

biostar H110M-BTC
これに使えるメモリーは持っていないので、DDR4も購入。
てか、このマザーめっちゃ安い。
新品3000円もしないなんて。
メモリーの方がお高いなんて、どうなってんの?
残るCPU枠はマザーの故障であぶれたcore i3-6100を使用。
システムディスクは上述SSDを使用。

部品交換の内容的にはSSDのお引っ越しなわけだ。
ところが、ここからが一悶着。
以前しでかしたのに、すっかり忘れていたのだ。
Microsoftアカウント、その存在を。
Windows 10 バージョン1607以降ではMicrosoftアカウントでの運用が実質必須に、ライセンス認証の問題

一旦旧ハードでMicrosoftアカウントでサインインし、確かにライセンス認証が通ったことを確認。
再度新ハードでネット接続可能な状態でライセンスを見てみると、認証が外れる。
「トラブルシューティング」から認証へつながるはずのウィンドウでもエラー(サーバエラーだから時間をおいて試したら的なやつ)で終了。
何で?
最後のレスキューになる電話認証も出てこないでわないか。
Windows10でライセンスの電話認証をする

うちでは、
「slui.exe 4」
コマンドが反応しない。
それはもう全く、コマンドなんか見てませんよ的に…。
プロダクトIDの確認ができるその他コマンドにも反応無し。
正確に言えば、IDの表示されるべき位置が空欄のままなのである。
…。
困った。

OSの再インストールしかないか、とそのパッケージを手に取った時に思い出した。

そういえば、これは元々windows7 home premium の三台までアップグレード可能な family pack なのだった。
もしかしたらそれが原因なのかも知れない。

原因はともかく、これだと困る。
バックアップができる検証に使えるとかじゃなくて困るのである。

ここで上述のバックアップを試してみる気になった。
何故だか。
ともかく、旧ハードの時点でfull backup2回と増分backupの一回を行い、リストアDVDを作成していたのである。
試さない手はない、どうせ尽くす手はないのであるから。
DVDから起動、windows PEが起動し、macriumの操作画面へ。
バックアップの場所をLAN上のテスト中のNASに指定し、保存していた増分バックアップからリストア。
増分バックアップを取る時間もかなり短いのだが、リストアもたいそう早い。

ドキドキの再起動。
その後、何故だかライセンス認証が通っていることを確認。
数日ネットに接続状態で確認するも、やはり通っている。
何故うまくいったのか?
論理的思考の末の理論をたぐり寄せられない…。
が、確かにライセンス認証はいけている。

そして、これを書いている現時点で新たな参照先を見つけた。
WIndows10 ライセンス認証ができない ?!
こちらは今では試しようがないので、次回試してみようかと考えている。
こんな簡単なのでいけるならラッキーである。
が、この備忘録を書いたこと自体、きっと忘れていること請け合いなのである(実績有り)。
おふぅorz

気になったニュース記事諸々

これまた遅い記事アップデート…。
約一ヶ月前か。

通販決済、精巧ニセ画面…1万3千人分被害か
改竄に気づくの難しそうである。
そのサイトをしょっちゅう使う人はより気づきにくそう。
新規顧客だって、のれんを見て信頼度を予想するだろうけど、昨今のEC決済の普遍化を見ると、やはり気づきにくそうである。

「被害を防ぐために利用者ができることはほとんどない。」(リンク先抜粋)

との言もあるので、あくまで推測であるが、データ入力語に特段の画面遷移すらなく、通常通りの決済サーバ以外の別サーバにもデータ送信されるのかもしれない。

変わってこちら。
外部アプリの個人情報、フェイスブックに筒抜け ログインなしでも
(本家のソースが有料記事でロックされていたので)

こちらも具体的詳細がよくわからないのでなんとも言えないが、これまでの報道の延長では充分あり得ることで、「やっぱりか」といった感がある。
ビッグデータの扱いとセキュリティの関連性は以前から指摘されていたし、もしデータ内容がそういった個人情報を含まない内容であれば具現化したと言える。

入試で手心つけたというニュースもあったが、自身に関わる情報の扱いが宣言されずに行われている、そこにこそ問題があるように思えるのだが…。

1803でcs2 フォトショが正常

これまで何度もネタになってしまっていたadobe CS2。(過去記事参照のこと)
イラレはwindows10になっても問題なく起動できていたし、1809でもやはり特段の問題は無い。

一方のフォトショ。
これはwindows8か10くらいか忘れてしまったが、日本語入力をatok2009に変更してから起動しないと途中で強制終了となっていた。
atok2016やIMEだと起動中に強制終了で動かなかった。

ところが先日、いつものその儀式を忘れて起動してしまったのだが、ごく普通に起動できてしまったのである。
日本語入力の選択は基本atok2016である。

画像のバージョンにあるように、それらバージョン(アップデート前も後も)起動できた。
もしかしたら、コレより前のバージョンでも問題なく起動できていた可能性がある。
最近フォトショの出番がほとんど無かったので全く気づかなかった。
これはありがたい。
儀式不要で使えるようになるとは。

ただし、画像を直接ダブルクリックで起動してもそれを参照してくれないところは変化無し。

windowsにはレガシーこそ求められる

win7の期日が迫っている。
以前のPCフル稼働運用と違い、すでに2台もPCが不調になり、それでも不足がないことが証明されている現在、あんまり関係はないのではある。
停止中の2台ともwin7だが、一応は将来のアップグレードに対応できるように一旦win10にしてアクティベートしておいた。
とはいえ、必要も無いPCなんだから無理から機器を更新して使うこともないわけだ。

win10への移行が気になる今日この頃、遠からず気になる記事を発見。
「ウチの社員はITリテラシーが低すぎて、Windows 10の運用はムリ」 それって本当ですか? (3/3)

ネットで調べるのが最低限必要な作法と言える現状で、例えば(最たる物としてあげれば)データベースをいじるわけでないし、要は少々変わっても良い程度の内容である。(多分。詳しく記事見てないので…)
実際、現在も使用しているソフトで、フォトショもイラレも、それら以外にももっと古いソフトを未だに何個も使用している。(98とか2Kとかの世代)
ウインドウ内のスクロール(マウススクロールが動かない)ができないという、すっげー嫌な非適用を食らってはいるものの、イライラするだけで動かないわけではない。
動かしますよ、できうる限り。
何しろそれぞれのソフトが結構な金額なんだから、しっかり働いてもらわにゃ。
windowsに求められている最重要なこと、それはレガシーソフトが動く、これが絶対条件なわけで。

以前も書いた、photoshopが新しいATOKやIMEでクラッシュして起動すらしない件。
今現在、windows10 1803なのだが、これまではATOK2009に変更してからでないとフォトショが起動しなかったのだが、今では儀式を伴わずに起動できるようになっていた。
祈祷の時間が要らないなんて、なんて便利なんだ。
何より、あまりに自然でそれに気づくのが遅かった…。
イラレは前後で共に起動に問題なかったので、使用頻度からして気づき難かったって感じか。
古いソフト愛用者はアップグレードで度々困っているぞ、マイクロソフト。
インフラ、ライフラインとして自覚し、古いソフトだって動作だけは確実に動作することを保証してくださいよ。

リアルタイム位置情報

フライトレーダー24のことは以前から知っていた。
飛行機のリアルタイムの位置を表示してくれるもので、見ていて何故だか気持ちいい。
Flightradar24

とはいえ、普段利用することは全くないわけで。
そこに来て、先日から全国ニュースで流れている周防大島の橋と船の接触事故、加えてイランの原油禁輸措置のニュース。
ほぼ同時期の上記二つのニュース記事でトラッキングに関することを知った。
MarineTraffic

イランのタンカー、行方不明相次ぐ 制裁前に原油持ち出しか
なるほど。
AIS

firefox 忘れ物

firefoxのアドオンが色々と無くなって、代替ではどうしても満足できない。
かといって全く同じ物が今後出てくる可能性は高くないわけで。
いつまでもそれを言っても仕方ないのだが、でももし万が一にも、いつかのためにかつて便利だったアドオンの記録をしておこう。

all-in-one gestures
autopager
download statusbar
googlebar lite
gPDF

まだ他にもあるのだが、主要なもののみ。