WHSからデータ救出で一悶着

さて、前件から、問題なくリストアができて安心していた一方で、かつて事故で無くなったデータをWHSから復元していないのではないか、と焦りと共に思い出した。
幸いなことに、外したHDDはシステムと共にスレーブとしてネットワークPCに接続して、かつてのサーバフォルダ群をそのまま活用している。

各クライアントPCからコネクタソフトはアンインストールしてしまっているが、バックアップは削除せずにいる。
そこで再びコネクタソフトをインストールできる状況にしてやればレスキューできるのでは、と考えた。

当時の起動とデータのHDDをそのままネットワークPCに乗せていただけなので、現状のマスターストレージ(windows10)であるSSDとの起動順を入れ替えて、WHSを起動。
しかし、いくら待っても起動しない。
HDDアクセスランプは点灯し、たまに点滅しているのでアクセスはしている様子であるが、数時間そのままにしていても変化がない。
これはおかしい。
そこでセーフモードでスタートアップ修復できないかと目論むが、セーフモードで表示される読み込みで、classpnp.sysが表示されてから全く動く気配がない。
何度やっても同じ。
アクセスランプは似た動作なので、通常起動でもセーフモードでも同じところでこけている様子である。(推測)

この段階で止まってしまう現象はネット上にごろごろしている模様。
中の一つに(どこの情報か失念)classpnp.sysを削除すれば、再起動時にスタートアップ修復に移行するとの情報を発見。
早速試そうとするも、windows10からだとセキュリティの関係で簡単に削除できない。
アクセス許可などをして、削除ではなく名前変更にしてリスク回避。
.oldファイルにリネームしておいた。
しかし、それでもやっぱり起動できず。
お次はdisk.sysの段で止まってしまう。

こりゃわからん。
じゃぁ元に戻すのが最短ルートか。
そういやWHSの時に使っていたマザーは別のPCを組むのに使ってしまったなぁ。
仕方なく、かつて初期の頃にWHSを搭載していたatom525なマザーを拾い上げてくることにした。
もう使わないと思い、処分スペースに移動していたが、結果からしてデータもマザーも同時期の物は保存しておくのが一番の保険である。
ちなみに、そんなわけでslot1のころのものも一台ずつ確保してあるのは、余談。

するとあっけなくWHSが起動してくれた。
実はこの時点で管理コンソールが開けるのでデータの復元が可能になったと勘違いしていて、しかしてその実サーバからだとアクセスできないようになっている。
確か、別のクライアントからならいけたはず(薄く遠い記憶であるが)で、全PCからコネクタをアンインストールしたのでやる気が出ない。
どうせ復元するのはメインPCのデータなのだから、とメインPCにコネクタを入れてアクセス。

このようにセーフモードやハードの載せ替えなど、幾つもの困難を乗り越えながら、実はレスキューできたデータはなかったのである。
動画を入れていたHDDをまるごとバックアップ対象からはずしていたので、あの事件が起きたときにもう全ては消失していたことになる。

WHSの機能の良さ、そしてバックアップは大事だよなぁとつくづく思う。

バックアップは万全か?

WHS2011を退役させてしばし。
助かったことも多数あって、本当ならMS謹製なやつを導入、できれば後継を使いたかったが値段がねぇ。
てことでmacriumを使用しているのだが、運用を始めてから今回初めてリストアを実行した。

保存先はHDD。
復元ストレージはSSD。
ネットワークPCに保存専用のHDDを搭載し、各PCからそれぞれバックアップ。
起動時の決まった時間に自動でバックアップしくれるので、WHSの時のように楽ちん。
無料版では集中管理ができないが、特段問題は無いか。

今回の目的、それはソフトが異常終了するようになったので、そうなるまえの時点に戻す。

リストアの時間も充分に早くて満足。
ただ、ソフト以外は全く同じデータの状況なので差分がわからず、復元が正しいのかの判断はできていない。
が、とにかくバックアップ&リストアができるという状況が何よりの安心。(意味不明ではあるな)
以上。

なお、今後もバックアップに関することはWHSカテゴリに突っ込んでいこうと思う。

Windows10でハード載せ替え

これまでもいろいろと一悶着合ったwindowsのハード更新。
今回久しぶりにそれをやる羽目になって、その面倒くささを思い出した。
どんな話かっていうと…。

前件のデータサーバ用のwindows10。
ちょっと前までatomで録画サーバとして、windows7で常用していた。
以前windows10に一度アップグレードしておいたのだが、勝手な更新をされると録画PCとしては不合格なわけで。
当時調べたが結局再起動の抑制ができなかったため、win7へ戻しておいた。
ま、その時に一旦ハードを登録しておいたので、今回、前ハードのままでwindows10にて容易にアクティベーションができたわけであるが。(これは当時そのような記事を見て予防的にしておいたことでもある)

使用してきた十年以上前のHD502IJ (500GB SATA300 7200)が不良セクタが割と多く信頼性がいまいちで、それを最新SSDにリプレース。

不良HDDからデータ移動ができず、コピーもchkdskもだめで、データのサルベージは諦めた。
何と言ってもHDDに入っているのは使わなくなった録画ソフトの類だから、まぁ後悔はないわけである。
ただ、そうなるとクローンでシステムディスクが作れないこと確定、がっかり。
仕方ないので、SSDにwindows10を新規にクリーンインストール。
これだとさすがにダメなのかと思ったが、当然のごとくアクティベーションが通ったので、ハード的にはマザーを継続して認識している(他に接続できる部品がない)、ということだろう。

ここで、今回のハード更新の核心的要因の登場。
データバックアップはWHSを使用してきたが、現在あるバックアップのうちwindows10がほとんどで、win7が一台のみという構成。
以前、win10はリストアできなかったので、システムのイメージバックアップだけは別のHDDに取っておいて、データはWHSの自動バックアップに任せるというなんとも今一な利用環境。
お陰様でいつぞやのメインPCの大クラッシュでハードはさんざんだったものの、いくつもの貴重なデータだけは何とかなったのである。
WHSには本当に、本当に何度も助けてもらった。(それなのに後継がでないとは…)
さらに、もうじきwin7のサポート終了、2008 R2も同時期なのでこれはもう本気で考えないといけない。
そこで、導入予定のバックアップがきちんと期待したとおりにリストアできるかどうか検証をしておかないといけないのである。

Macrium Reflect Free Edition
Macrium Reflect 7 Free Edition
WHS2011とかその後継とか、もはやMSですらないので、これはもうネットの情報うんぬんではなく、自分の環境で実際に試すしかないのである。
そのための生け贄、いや生きて帰るので言葉違いか、実験機、検証機、なのである。

biostar H110M-BTC
これに使えるメモリーは持っていないので、DDR4も購入。
てか、このマザーめっちゃ安い。
新品3000円もしないなんて。
メモリーの方がお高いなんて、どうなってんの?
残るCPU枠はマザーの故障であぶれたcore i3-6100を使用。
システムディスクは上述SSDを使用。

部品交換の内容的にはSSDのお引っ越しなわけだ。
ところが、ここからが一悶着。
以前しでかしたのに、すっかり忘れていたのだ。
Microsoftアカウント、その存在を。
Windows 10 バージョン1607以降ではMicrosoftアカウントでの運用が実質必須に、ライセンス認証の問題

一旦旧ハードでMicrosoftアカウントでサインインし、確かにライセンス認証が通ったことを確認。
再度新ハードでネット接続可能な状態でライセンスを見てみると、認証が外れる。
「トラブルシューティング」から認証へつながるはずのウィンドウでもエラー(サーバエラーだから時間をおいて試したら的なやつ)で終了。
何で?
最後のレスキューになる電話認証も出てこないでわないか。
Windows10でライセンスの電話認証をする

うちでは、
「slui.exe 4」
コマンドが反応しない。
それはもう全く、コマンドなんか見てませんよ的に…。
プロダクトIDの確認ができるその他コマンドにも反応無し。
正確に言えば、IDの表示されるべき位置が空欄のままなのである。
…。
困った。

OSの再インストールしかないか、とそのパッケージを手に取った時に思い出した。

そういえば、これは元々windows7 home premium の三台までアップグレード可能な family pack なのだった。
もしかしたらそれが原因なのかも知れない。

原因はともかく、これだと困る。
バックアップができる検証に使えるとかじゃなくて困るのである。

ここで上述のバックアップを試してみる気になった。
何故だか。
ともかく、旧ハードの時点でfull backup2回と増分backupの一回を行い、リストアDVDを作成していたのである。
試さない手はない、どうせ尽くす手はないのであるから。
DVDから起動、windows PEが起動し、macriumの操作画面へ。
バックアップの場所をLAN上のテスト中のNASに指定し、保存していた増分バックアップからリストア。
増分バックアップを取る時間もかなり短いのだが、リストアもたいそう早い。

ドキドキの再起動。
その後、何故だかライセンス認証が通っていることを確認。
数日ネットに接続状態で確認するも、やはり通っている。
何故うまくいったのか?
論理的思考の末の理論をたぐり寄せられない…。
が、確かにライセンス認証はいけている。

そして、これを書いている現時点で新たな参照先を見つけた。
WIndows10 ライセンス認証ができない ?!
こちらは今では試しようがないので、次回試してみようかと考えている。
こんな簡単なのでいけるならラッキーである。
が、この備忘録を書いたこと自体、きっと忘れていること請け合いなのである(実績有り)。
おふぅorz

バックアップエラーの原因(未解決!)

メインPCは他のPCよりも専ら新しいパーツが装着される、いわば実験場であるのだが、機能性能が判明し、そしてエラーも当然出てくる。
WHSでのエラーを最も経験しているのもやはりメインPCなのである。

結局前件に書いたようにUSBメモリを利用した回復キーからリストアできなかった。
リストアCDからの起動でも同様。

メインだけあって遊んでいる時間的余裕がないので、w10をクリーンインストール。
WHSからバックアップデータを移植することでほぼ復活。
しかしやはりこれだと多数のソフトのインストールなどで時間を浪費してしまう。

そこでイメージバックアップを実施。
sdcltによるOSのバックアップ(ファイルのバックアップではない)。
Windows10のシステムイメージバックアップ(PC丸ごとバックアップ)のやり方
ところが、今度もやはりエラーを吐くのみで得られるはずの結果がやってこない。
ぉい…。

調べてみたら似たような案件がちらほら。
【0x807800C5】【0x8078004F】バックアップに失敗しました

backup error 0x807800c5

こちらの対処法を試された方がいたが期待した結果には至らなかった模様。
同じく自分も。
それどころか、何度目かには、ついに起動自体しなくなってしまった…orz。
なんだこの運のなさいや不幸の連鎖はどうしt(略

WHSがあって良かった、という毎度のコメントに至るわけだが、とにかくこれは再びOSのインストール&ソフトのセットアップを意味するわけで、WHSによるリストアができないのならばバックアップをなんとかしなければならない。
時間の浪費が半端ないぞ、ぉい。

そんなタイミングで、GPTにしていたシステムディスクをMBRに変更。
かつては大容量HDDをCドライブにしていたこともあったのでその選択肢のみしかなかったわけで、SSDに変わったここ数年もそれを継続していた。
これまた試しにMBRに変更してみようかと。
上記エラーを吐くタイミングとして、EFIパーティションのバックアップ辺りでエラーになるようなので、それそのものを無くしてやろうという腹づもり。

diskpartでGPTをMBRに。

その実、今度はイメージバックアップが完遂。
なんだこのあっけなさは…。
とにかくこれでOSは大丈夫だろう。
データディスクはこれまでと変わらずWHSにしておけば、復活容易。
これで良し。

で、エラーになる原因はEFIのマウント辺りの扱いにありそうだが、今回のメインPCが使えない期間が半月という長期にわたってしまっているのでもうエラーコードを調べようという心理的な余裕がないので、おそらくはこのまま原因は流してしまうのだろうと自己分析。
本来は上記リンクのようにバックアップが完遂している方も当然ながらいるのだから、これはもう環境依存のエラーのはずなのだが、結果のみという結論でご容赦願いたい。

これにて不運の連鎖は終了としたい。結。

リストアで回復キーで起動できず

パソコンの起動トラブルが致命的で、困った件。

windows10のメインPCがマザーのトラブルで起動せず、復旧困難に。
データはWHSに保存してあるので、まぁ一安心。
しかもリストアすれば再びシステムも完全復活、起動する。
…。
…はずだった。

いざリカバリしようと、USBキーを使って起動するも、win PE画面になった途端にエラーを吐いて動かない。
0x0000025エラー。
調べたら下記と同じ。

WHS Client Restore の RestoreCDInst.exe エラー
しかしどのUSBポートにせよ、DVDドライブからの起動にせよ、エラーコードの表示タイミングも内容も(16進数の場所は各所で異なるものの)同じ。
つまりは起動が完了すらしない。

[WHS2011]コンピューター回復キー(USBメモリ)から起動できません
セキュアブートが関係しているのではというのは最も関係性がありそうなのだが、というのもセキュアブートがBIOSに全くない世代の古いマザーだと問題なくリストア画面まで起動できるのを確認している。
実はその確認作業のほとりにて、マザートラブルに見舞われた、というオチなのである。
で、結局セキュアブートとCSM、両者の設定を各種組み合わせて、ギガバイト(intel)、ASUS(intel)、アスロック(AMD)、これら現在も継続販売中の各種マザー全てで動かなかった(内intel二つのマザーが終了…orz)。
そもそもセキュアブートが有効の時は、エラーを吐く画面にすら到達しないのでこれは明確に違うと思われる。
CSMも似たような結果だった(と思う、うろ覚えで自信なし)。

Failing full client restore (CD or USB key), RestoreCDInit.exe – Application Error, 0xc0000025 at location 0xff43b477
こちらとも違って、(さっきも書いたが)CDからの起動もできない。

WHSだけでなく、「server 2008」で調べてみても、MSコミュニティに同じ症状の方がいるのは確認できたが、どれも上記と似たような対処しかなく、あるいは返信すらない状況というものあり、完全に行き詰まった。
最新マザーだとすでにサポート終了のWHS2011では完全リストアは使えない可能性が高い(ダッシュボードからのデータの保存&復元だけなら問題なし)。
windows10はこれからはシステムは本体付属の「回復」から、データはこれまで通りにWHSを利用しようかと考えている。
面倒くさ…。

ショートでグラボもクラッシュ

マザーとHDDとSSDが完璧に逝き、電源とグラボが継続使用するのはグレーと判断した、前件事故。

グラボは使えるかと期待して、マザーをGA-H170M-D3H (rev. 1.0)に更新して、危ういグラボをシングルディスプレイ出力で使用してみた。
これは問題なし。
しかし、マルチモニタに慣れた体にシングルは辛く、一気に元の4画面化へ。(どの出力がエラーなのかは検証せず)
するとウィンドウズ起動までは動作するが、アイドル中に何の前触れもなく全画面がブラックアウト。
信号すらも出力されないようで、画面がどれもアイドル(省電力)モードに。
OSは稼働したままだが、操作ができないので当然強制リセットしかない。
画面の接続手段(ディスプレイポートやHDMIなどコード類)は従前のままであるので、やはりグラボの問題のよう。

外す、か。

さて、ソケットが違うので当然CPUも更新し、i3 3225 → i3 6100へ。
インテル内蔵グラフィックだと3画面が最大なのはマザー更新前と相も変わらずらしいし、グラフィック描画にパワーを使うと処理に平行して視聴している動画再生がコマ送りになる。
何より解像度最大のモニターがディスプレイポートしか接続方法がなく、殊更このマザーにはそれがないし、今更D-SUB出力って…。
S/PDIF出力が無いのも、ディスプレイポートがないもの、検証不足なまま急ぎで買ってしまった自業自得なことといえばそれまでなのだが…。

やはりgeforceを更新するしかない環境に落胆。
今回の件は確実に大事故…。
どれほどの出費か…。
大まかな金額で、マザー(1万)、CPU(1万)、メモリ(7千)、電源(5千)、グラボ(2.5万)、HDD(7千)
SSDまでは手が出せなかった。

geforce 660 → 1060(3G) に世代交代。
接続手段は以前と変わらず、4画面出力が容易に完成。
クラッシュ前にあった、デスクトップ画面が崩壊する件や、解像度が変更されてしまう件など、完璧に改善。(おそらくマルチディスプレイ特有の現象かと推測)
ついでに、以前はスリープ復帰でモニター付属のUSBハブがプラグイン、プラグアウトをしてしまう動作(そのシステム音がするので…)を見せていた一部モニターも、今では常時接続状態を維持できている。
OSはwhs2011のリストアにより以前のまま回復できたので、古いグラボでw10のマルチディスプレイをするにはドライバかハード自体が時代遅れなのかもしれない。
もっとも、事故前からグラボが壊れかけていた、という可能性自体を排除できないけど。

最後に。
予定外にハードの更新をしてしまったのだが、やはり機能性能の向上を肌に感じられるほどでなく、事故が起こらなければおそらくはあと数年は使ったに違いない。
何かもったいないような気がしてならないのは、バックアップしていなかった一部の消失したデータにだけ感じてしまうのではないな、これ。

uefiのシステムをリカバリ

今までの経験上、WHSというのは心理的にすこぶる安心なシステムなのだが、その一方で実務ではどうも一発でリストアできたということの方が少ないように感じている。
そして、それは今回もそうだった…。

あることが原因でシステムがほぼ壊滅。
そこで新しいHDDにリストアすることになったのだが、これまた新調したマザーボードではなぜだかエラーが出て動かない。
UEFIシステム用のhotfixを当てているので、USBメモリを回復キーとして使用する(UEFIで起動する)のだが、これだと最初期にエラーが出て進んでくれない。
[FAQ:WSE]UEFIマシンのベアメタルリストアに失敗する

secure bootはデフォルトはdisableなのでいじるところは特になく。
以前に作った回復キーだと同じマザーでもエラーははかないのだが、それだとその後のリカバリ行程でエラーとなった。
で、別のマシン(リカバリ対象はインテルマザーだが、これはAMD)でリカバリを試す。
これだとエラーはなく、ほぼ最後までエラー無し。
ところが、残り2分…。
ここでエラーとなる。
サーバが見つからない的なことで怒られる。
いや、いままで繋がってたやないか。

ネットワークドライバがよくなかったのだろうか?
当初7 64bitのドライバで試していたが、vista 64bitでも試す。
だがやはり、同じくらいのところでエラーで終了。
何回繰り返したろうか、一回のリストアで約一時間強。
実はこれでほぼ一日程度を無駄に消耗した…。
徒労感半端ないぞ、おぃ…。

何回目かで、後悔先に立たず。
良くエラーを見ておけば良かった、と。
Failing full client restore (CD or USB key), RestoreCDInit.exe – Application Error, 0xc0000025 at location 0xff43b477
うろ覚えで自信ないが、上記のようなエラーだった気がする。

結果的に言えば下記が該当した。
Client BMR failed for UEFI machine in advanced mode
どうもディスクのパーティションの問題らしい。
プライマリー(回復用)パーティション、EFI用、MSR用、あとは必要なパーティションとなる。
読んで見ると、EFIも一緒にレストアされるようで、推測ではそれを失敗していた、のではないか、と(エラーコードは見てないので自信は無い)。

結局はパーティションの問題だったと言うことは間違いないようだ。
diskpartがここに役立つとは思いもよらず。
とにかく、これでやっとこさ、cドライブの内容が完全に回復され、実際修復されたときには涙が出そうなくらい嬉しかった。
やった、WHS。
後継server(廉価)が欲しかったぞ、MS。
なお、いままでのリストアでここまで致命的なことがなかったのは、リストア対象メディア(HDDやSSD)のパーティション構成はいじったことがなかったからだろう。
今回はシステムディスクであるSSDが完全死亡だったし、復元するOSがW10だったので一旦クリーンインストールを使用してパーティション切りをしたのがよくなかったようだ。
そもそもW7 → W8 → W8.1 → W10へのアップグレードだったわけで、パーティションは変遷があってもおかしくないわけで(各OSデフォルトとは異なるということ)。

ちなみに、回復パーティションもリストアしたのだが、まずはntfsでフォーマットしておいたことを付記しておく。
これでうまくいったので、正解かなたぶん。

ほんと、とんでもない時間を消耗してしまった。
ついでの参照情報。
UEFI ベースの推奨ディスク パーティション構成

一度リストアしてからクリーンインストールした後で焦ったのだが、OSのプロダクトキーがわからなくなってしまったことに気づく。
結果的にはw8のプロダクトキーそのままで行けたので、関連づけがされているのだな。
実はさらに、officeのパスワードがIEに保存していたので移行できない(firefoxのようにプロファイルを移行してデータ移行ができない)ために四苦八苦したことも記しておく。
パスワードはやはりfirefoxとか、紙にメモっておくとか、初歩的に大事だと痛感(何せ二回もリストアする羽目になった)。

内容がなくなる(ことは無いとは思うが)念のため転記させていただきたい。
Diskpart
Select disk 0
Clean
Convert gpt
Create partition primary size=300
Create partition efi size=100
Create partition msr size=128
(Create your other primary partition after that)

WHS2011、どうなった

さて、使い続けているWHS2011であるが、そういやアップデートはどうなってるのだろうかと、気になって久しぶりにアクセス。

whsupdate

server 2008 R2関係のやつはどうやら相変わらず更新されているようである。
だからなんだ、という話ではある。
公式にサポート切れは発表されているわけだから。

(ちなみにこれ、別件で気になったからなのだが、それはまた別記事にて。)

tempのファイル削除

whs2011のtempフォルダが満杯で、容量を圧迫しているのは以前の件。
何か対策が出るのかと思いきや、あれ以来何のアクションもない…。
これは完全なる憶測であり検証していないことを強く強く強調しておくが、おそらくgpt対応fixを入れた辺りからではないかと。
一度、whsをクリーンインストールで入れ直しても、同じくtempフォルダがファイルでいっぱいになる現象に見舞われたからだ。

で、手動で定期的に削除していたのだが、面倒くさいなぁと。
そこで何か良い方法がないかと、調べてみた。

定期的にフォルダ内を削除する掃除バッチ

こちらはunix系かと思われるが、ウィンドウズでも似たようなもの。
流石にいきなりはバッチ試行でファイル削除は怖いので、del 行をdir /w とか、dir /pに置き換えて、対象ファイルかどうかをまずチェックした方がいいだろう。
バッチ処理は思いつかなかったので、これはありがたい。

サポート終了

whs2011のサポートが終了してしまった。
そろそろだなぁ、と思っていたら、実はそれがもう一昨日だったりして、何のアクションもない過日となった。
これほどサポート期限のことを考えたOSは今まで無かったので、後継が出てこなかったのがとても残念ということの裏返しだろう。

Windows Home Server 2011のサポート切れ前に

参考までにリンクしておこう。
ただ、ただ、高すぎる…。