intel SSDのファームアップ

何故だかHDDが読み込めない。
ん?
何だかこんなことばかり最近書いている気がするが、まぁ気のせいだ。
うーん、ついてないなぁ。

実際にはHDDは読める。
ただとんでもなくアクセスに時間がかかる。
5分10分と。
再起動するだけでもそれ以上の時間を要する。
さらにはタスクマネージャにHDDが丸ごと全部表示されない。
一方、エクスプローラにはHDDは表示されるが、アクセスランプが点灯したままで、データには全くアクセスできない。
しかも、USB接続のHDDがアクセス中に認識したりしなくなったりするので、状態としてはとても悪い。
こういう状態の場合、あることを疑うのだが、何故かCDIで見かけたintel SSDのことが気になってしまった。

そういや一度もファームウェアのアップデートをしたことがないなぁ、と。
確か、見たときのファームのバージョンは100だった。
何故あやふやかというのも、昔からプリントスクリーンでキャプチャしてフォトショで編集というのを常套としていたのに、最近になって使い始めた「切り取り&スケッチ」を利用し、キャプチャをセーブしたはずなのにどこにもデータが残っていないので、おそらくは途中で忘れてセーブし損ねたらしく、しかしCDIで見た100という数字だけは覚えていたからである。
導入時、購入時初期のままかと思われる。
やった記憶もないし。

ファームウェアをintelからダウンロードして解凍してみると、何とisoである。
それをみて嫌な感じがしたが、果たして案の定である。
焼いたディスクがゴミになった。

それで見つけたのが、これ。
M.2 SSD(Intel 600p)のファームウェアアップデート パフォーマンスアップ!
今時USBでしょ、とは思っていたが、あるにはあったが私のしらないソフトウェアだった。
Rufus

あとは簡単にファームアップ完了。

何が変わったか。
…。
実はベンチも何にもやってない。
知っちゃったからやりたくなったっていう話であるだけ。

では、当初のHDDの症状は何だったのか?
そう、USBである。
USBのプラグを他の場所に差し替えて見て、安定する場所を探り出しただけ、というオチ。
実はちょっと前に、USB3.0ハブを使ったばかりだった。
長いことそこにあったのに、使わなかったモニター一体のハブ。
多分、そこに競合が起きて、USBハードディスクが不安定化していたのだろうと思われる。

windowsなんてない大昔、外付けドライブをパソコンに認識させるとき、増設メモリなど他と競合しないようにconfig.sysに手動で場所を書いて指定していた。
テクノロジが新しくなっても同じ原因で発生するものはするのだなぁ、多分。
なんか、終始ふわふわしてるな。

wordpressの一手間

ブログというシステムも陳腐化して久しいが、それでもツイッターなどと違い断片的でなく整然としているスタイルは良い意味で枯れていてありがたい。
冒頭から堅苦しいが、言いたいことは陳腐化しているようでいて仔細に見ると実際は進化が続いている、ということを実感した。
つまりは、前者。

wordpressは当時他のシステムよりプラグインはもとより、情報も多くネット上にあったし、使い勝手が良かった。
だから今もこうして使っていたのだが、今回のメジャーアップデート5.0もいつものように、いや、むしろ何も変わっていないに違いないと思って簡単にアップデートした、。
だが、さすがはメジャーアップデート、である。
ブロックスタイルというらしいのだが、いきなり新規投稿の仕方がわからなくなっている。

そして定番のエラー、というか警告が画面上に現れて、余計な一手間を感じさせる。
wordpress5.0にアップデートしたら警告が出た
まさにこちらのリンク先と同じで、対処法も正規表現にある。
「?< を?P<に」(抜粋) ちょっとしたことだが、久しぶりに触ると思い出しながらやる羽目になって、時間が結構かかる。 PHPのバージョン確認とかやり方忘れた…。 それはさておき。 後者の、整然としている、という部分。(如実に現れてますなぁ) 助かります、多謝。 だが、何より困るのが投稿の編集画面。 なんだ。 どうした。 どうなった? …である。 WordPress5.0-jaにアップグレードして投稿画面が大幅変更された対応
なるほど。
Classic Editorというプラグインを入れるのね。
プラグインの評価を見ると星五つ。
そりゃそうだ。
以前の画面の方を希望した人しか使ってないのだから。
でも、新しい投稿になれていかないとな。

結論。
こういう所がそれぞれのハードルに引っかかるから、ツイッターとかの方が楽ちんって感じる。
強く、つよく。

wordpress エラー排出

4.9.2にアップしたら構文エラーが。
4.9.1にダウンしたら消えたのだが、これ、まだ未調査。
今後のために・・・。

WordPressのバージョンをダウングレードする方法

WordPress ワードプレスのエラー解説:Warning: preg_match() [function.preg-match]: Compilation failed: unrecognized character after

ヘッダーの構文で受け渡しができていないらしいので、テーマかなぁ。

<2018/02/11追記>

どうやらテーマで正解だった様子。
テーマだけ更新して、同じ条件でアップグレードしたら今度はエラーをはかなかった。
firefoxといいwordpressといい、改善努力をしてくれるのはありがたいが、拡張性が逆に時に足を引っ張ることがある。
人間の方が知識で対応していくのが筋だが、ちょっと面倒くさいのもまた事実…。

ヘッダー画像更新

最近のニャンコのお気に入り、段ボール。
その開封口からカメラを置いての定点撮影。
明るい時刻に撮影したので黒目が細い…。
しかも警戒して表情怖い。

動画じゃなくて、画像の方。
これもフラッシュ撮影だかいつもと違う明るすぎる照明の所為か、目つきが悪い。
むう。
返事をしているシーンとか、黒目がちなやつは軒並みぶれていたりピンぼけしていたり。
スナップ撮影というのはやはり身構えるものじゃないので、ぼける可能性が高いが表情がよいものの、やはりトップ画像には使いにくい。
そんなこんなで仕方なく、の動画と写真。
それぞれピクセル比が特殊で、ま、画像の方はどうとでもなるが、動画は二つの動画処理ソフトを通す羽目になった。

結構たいへん(^^;;

2.01→2.02

ニャンコな日々で夢うつつ ver2.02へとしっとりと移行。
いや移行中。
画像とか動画とかあるのね。
随分と進化してて表現の幅が広がる。
と同時に手間が増える(^^;

そもそもはgoogleから「おめーんとこはふりぃんだよ!」と忠告いただいていたのが発端。
モバイル対応のないスタイルのままがダメなんだそうな。
改造して使用していたので、それらをまた一からやらないといけないかと思うと腰が重かった。
一方、今時は初期状態からでもかなり楽にできるようにもなっているようだ。
どうしようかな。

しばらくこのままで行ってみるか。
とちょい報告。

SSD速度低下の一因

SP064GBSS2T10S25を使っている。
2台同時期に購入して、別の機器で使ってきた。
一つは、高温で冷却の望めない過酷な環境で使い続けるためにSSDを選択して、HDDだとハングしていたものが、SSDだと未だ問題なし。
もう一方はwindows8のシステムディスク。

今回の問題はこっちのwindows8の方。
システム起動直後にNOD32が自動アップデートをし始めると、それはもう2分くらい操作を受け付けないほどに動作しなくなる。
やっとこさ起動したリソースモニターでチェックすると、HDDのアクセス100%なのだがどうも転送速度が最大でも数MB/s程度でしかない。
もともと読み込み速度は速いのだが、書き込み転送速度はシーケンシャルではHDDよりも遅いのが難点。
それでも価格かつその機器の用途からすれば良い選択だったのは間違いない。

で、crystaldiskmarkで計測すると、シーケンシャルリードは200MB/s程度出て好調だが、シーケンシャルライトがなんと4MB/s。 ❗
何故にこんなに遅いのか。 ❓
サンプルデータのサイズを通常の1000MBから50MBに変更しないと、まるでハングしたかのごとく動作がないくらい…。
もともと搭載PCの環境では30MB/s程度の書き込み速度しか出なかったため、こんなものかとあきらめていたのだが。
いくら何でもひどすぎる。
ファームウェアにからむハード的な問題かと思ったが、HPには情報無し。
crystaldiskinfoで稼働時間を見ても100時間未満。
この程度だとソフトの問題か?

システムエラーのチェックをしてみたらエラーが見つかったので、「直ちに再起動してエラーチェックする」ことにした。
その後、再計測。
SP064GBSS2T10S25
NOD32がアップデートしていても即タスクマネージャもリソースモニターも起動できる。
割と簡単に原因がわかったが、システムエラーが一因だなんて想像だにしない。
まぁ直って良かった。 😉

セキュリティ向上を画策(備忘録)

(備忘録)

WordPress不正ログイン対策にGoogleの「2 段階認証プロセス」を使用できる「Google Authenticator」の使い方

結構面倒くさいが、ここはやはり設定しておけば安心かと…。
これで現状三段階のセキュリティとなった。

カメラのQRコードを使わなかった(余計なアプリはインストールしたくなかっただけ…)のだが、手動入力でDescriptionとsecretをそれぞれandroidのgoogle認証システムで設定した。
なお、Google Authenticatorをactiveにしたら完全にはログアウトしない状態のまま、確実にログインできる、あるいは間違えたらログインできないことを確認すべきだろう。

動作に影響?.Net Framework

Microsoft .NET Framework Assistantというのがいつのまにやらfirefoxのプラグインにインストールされていた。

数ヶ月前(半年くらいか?)に突然にfirefoxの起動が遅くなることがよく起こった。
初回の起動で10秒かからなかったものが、1分かそれ以上かかるのだ。
当時その原因が全くわからず、当初firefox3.5で言われていたインデックス(だったか?)処理に関連して起動が遅くなる事例が報告され、対処されたバージョン3.5.1が出た(はず)。
しかし遅くなった当時、すでに3.5.2(だったと思う)にバージョンアップ済みだったためこれではないだろうと…。
結局しばらくして上記のプラグインの1.1が出たので削除したらそれ以来1分を超すような起動遅延は無くなったので、これが原因だったのだと推測した。
そして今日消したはずの上記プラグインがwindows presentation foundationというのとともにアプリケーション警告で再表示された。

どういう動作をしているのか気になったので改めて検索してみた。
http://miracleblues.blog46.fc2.com/blog-entry-260.html
googleにて検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&rlz=1B3GGGL_jaJP257JP257&num=50&q=Net+framework+firefox&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

windows presentation foundationに関連すること(974455)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20091015_321801.html

困ったものです。 😡

wp grins の編集時使用できないのメモ

確かwordpressを最初に設定したときも表示に関して問題があった。

顔文字が表示できないと言う物だった、はず。

そこでwp grinsというのを試したらうまくいったからそれ以来使っている、はず。 🙁

何事も覚えていないのが困ったところ。

調べてみると下記サイトにたどり着いた。

http://www.streetcar.jp/blog/index.php?e=579

wordpress プラグイン 自動アップデートのメモ

約1年ぶりの更新となり、2.5から飛びに飛んでバージョン2.8.xに変わった。

余りの変化具合に付いていけず、さらに忘れたことばかりで設定できず、とりあえずプラグインくらいは自動アップデートできるようにしたい。

しかしやり方が上記理由でわからず、下記にたどり着く。

http://ja.forums.wordpress.org/topic/914

以下引用

初めまして、DOGEARと申します。

当方、ワダックス(WADAX @Next Style)の共用レンタルサーバ・スタンダードプランでWordPress2.7日本語版を利用しています。
通常の設定で自動アップグレードがうまくいかなかったので、ワダックスさんにダメ元で問い合わせたところ、

自動アップグレードの際に、サーバー名とユーザ名とパスワードを
入力する画面があるかと存じますが、そのサーバー名には
sv00.wadax.ne.jpのホスト名ではなく、IPアドレスを入力する事で
アップグレード可能なようでございます。

弊社でも確認させていただきました所、問題なくアップグレードできましたので
お客様にても、ご確認頂きましたら幸いでございます。

との解答をいただきました。

以上引用 😳