毛玉

いよいよ毛玉のシーズン到来。

にゃんこの抜け毛が激しいから久々の入浴。

こしこしシャンプーで洗っていると抜ける抜ける。

排水の網に大量のにゃん毛。

これぞ毛玉団子。

まだまだ取れそう。

あ、写真取り忘れた…。

にゃんこのびのび

特に何も無い日々の画像。

のびのびしているにゃんこ。

おもしろい格好。手ののびと、足の先の丸まった姿がナイス。

「なんだにゃ?これは」、カメラをいじるにゃんこ。

「なんだぁ、カメラか。つまらんにゃー」、でのびをするにゃんこ。

最後はあくび。

あくびが終わる寸前のとこ。

怒っているのではない。w

あの歯で、たまに噛まれるのかと思うとやはりちと怖い。

EK2-0905A ロースペックマシン動作検証

動作スペックがペンティアム3 600MHzとなっているので、ここ数年の機種であればたぶん快適動作するのではないだろうか。
(ちなみに本家へのリンク先にあるpentsum表記はpentium表記の誤植だろう)

そうはいえども、実際にスピーディな動作をするのか気になったので、ほこりをかぶっていたデスクトップパソコンを持ち出して試してみた。
今回は動画無しなので、おもしろくないだろうが、個人的興味を覚えたからやったのだという自己満足なので、お許し願いたい。

マシンスペック
cpu:celeron 667MHz
m/b:aopen AX3S pro
mem:pc133 512M

グラフィックボード(カード)は3種類試してみた。

動作環境は下記と同じ。

https://majimegawa.com/blog/nyanko/archives/47

1.MX200 plus

reflex xtrの時と同じように、操作画面で表示できるFPS(フレームレート)の数字を目視確認して計測した。

5-10FPS

どうもマシンパワーが足りない。

遊べる状態ではない。

平均すると9フレームレートくらいしかでていない。

2.GeForce 6200A

10-25FPS

平均すると20フレームレートくらい。

mx200よりも動作はよいが、「できないわけではないが快適とはほど遠い」程度。

3.GeForce FX5700

20FPS

フレームレートは約20で張り付いている。

3種類の中ではもっとも動作が軽い。

でも20止まり。

上空(建築物や背景などがない状態)を飛行すると30になり、充分な快適具合。

でも飛行機なので離陸、着陸はするわけで、その際はどうしてもカクカク→スムーズ、スムーズ→カクカクとなってしまうので、やはり×。

もしかしたらCPUがセレロンではなくてペンティアムなら667MHzでもフレームレート30を目指せるのかもしれない。

毎度のことながら、同じパソコンでも当然ながら動作性能のばらつきはあるので、参考程度で…。