amazon の出荷は遅れ気味?

amazonはちょくちょく利用するショップだが、少し前までは出荷が遅いと感じることはなかった。
配達は運送会社の範疇なのでただ待つだけ。
遅延と言えるほどのことはない。(ごくごくまれに運送事故はあるが…)
でも最近はアマゾンの出荷自体が遅い気がしてきた。
以前は支払い完了後少なくとも翌日出荷というのがほとんどだったのが、ここ半年くらいの注文を振り返ったら出荷までが2日以上かかっているのがほとんど。
たまたま注文したすべてが在庫がないのかなと思えなくもないが、私の事象として遅れがちなトレンドであるというのが見て取れる。
で、アマゾンの配送センターの記事を調べていたら堺店というのが去年(09)竣工したそうだ。
時期的にも一致するような気がする。
というのも、確信的記憶がないからだが…。
さらに、最近はお急ぎ便(だったか?)というオプションを押しているようだし。
お試しキャンペーンをやっているやつだ。
それとの整合性によるものか、はたまた取扱量が急激に増えたのか、原因は知るよしもないが、それとなく関係があるようなないような。

まぁそれでもやはりアマゾンが割と便利というのは未だ変わらないところである。

<2010.11.16追記>
先日アマゾンでプレゼントのおもちゃを頼んだ。
コンビニ決済で到着を待つ。
なんと! ❗
信じがたいことに翌日には着荷。
以前のアマゾンのようなやる気姿勢。
在庫の有無や商品の種類によるのか?
解せないが、早いのはいいことだ。

media centerのための動画変換

WHSがあるのだが、不満が2点ある。
一つは地デジの録画番組の不便さ。
もう一つはDVDの再生である。
地デジ対策はまたの機会にして、今回はDVD。
サーバーに保存してある動画ビデオや写真画像は7やvista(ultimate)のメディアセンターで鑑賞できて便利なのだ。
なのだが、DVDはドライブに入れないと再生できない(HDDに保存できない)のである。
もしかしたらできるのかもしれないが、今のところ私にはわからない。
そこでDVDをmpeg-2に変換してメディアプレーヤで再生できるようにしてやる。

DVD Decrypter v3.5.4.0
まずは上記ソフトで仮にVOBを抽出。
その際メインの動画部分を結合して一つにしてしまう。
ハードディスクのDVD・VOBタイトルセットファイルを結合する
上記と同じく「file」時の設定を「none」に設定しておく。
次に「編集」で「メイン部分を選択」。
これで一つにまとまったVOBができあがる。

ATI Avivo Video Converterで超高速動画変換!
上記のソフトを使用する。
他にもいろいろ試したが、画像の善し悪しがあるようで、これに落ち着いた。
私は「mpeg-1080」に変換するようにしている。

仮のVOBは削除して、mpeg版をサーバーにアップして完了。
これでメディアセンターで見られるようになった。

でも本当に一番強く不便を感じるのは地デジ番組の録画である。
WHSには録画番組を保存できる機能が備わっている(はずだ)が日本の地デジは録画したパソコンでしか見られず、家庭内で共有するのが困難。
東芝レグザのDLNAが魅力的だなぁ。
日本だけのガラパゴス規制は勘弁してほしい…。

HDDの容量を誤認?

BIOSのクラッシュ(疑惑)とともにやってきたHDDの故障(?)。
所有のHDDの中では比較的古い方だが、それでもまだ現役のものもあるわけで、決して古いと言い切れないHGST HDS728080PLA380。
HDDのラベルにはCapacity:82.3Gと書いてある。
ところがウィンドウズ上では約倍の150G(正確な数字は忘れた)と表示される。
この場合フォーマットを試みても途中で失敗してしまう。
そもそも接続するマザーボードによってもハードディスク自体を認識しなかったりするわけで、何とも不思議な現象。
20台近く使ってきたわけだが、こんな現象は初めて。
どうして良いかわからず、ネットで検索してもわからず。

とりあえず認識してくれるマザーに接続し、日立のソフトを試してみた。
Drive Fitness Test
CDイメージをダウンロードして焼き、CDブート。
quickやadvanceを試して見るも何もわからず。
ブートセクタとディスク自体のフォーマットも試してみた。

次にウィンドウズからそのドライブを見てみるとマイコンピュータから消えていた。
ハードディスクのフォーマット手順 - Windows XP
実際に参考にしたのは別のサイトだったと思うが、参考になる。
パーティションを設定する段で、もしかしたらパーティションが関係していたのかも、と気づく。
だから日立のソフトを使用しなくても良かったかもしれないが、もはや切り離せる問題は解決してしまっている。
ただ容量2倍になるなんて少々意味がわからない。 ❓
あるいはRAIDを組んでいた際の名残が原因なのかもしれない。

ともかく原因究明できていないというのが何とももどかしい一件であった。

xp → vista リモートデスクトップ接続

xpに搭載されているバージョンのリモートデスクトップではどうやらvistaには接続できないらしいことがわかった。
どうすればよいかと思って調べると下記を見つけた。

リモート・デスクトップ接続クライアントを新バージョンにアップグレードする

ソフトウェアの任意アップデートからインストールすることができるらしくチェックしてみたが、見あたらない。
なんでだろ?と理由を探ると下記にあった。

Windows XP SP3 RC1にはリモートデスクトップ接続クライアント6.0が入っていた

xpはsp3が導入済みで、もしかしたらRCと製品では違うかもしれないが、すでに6.0が入っている可能性が高い。
そこで何も考えずに設定に入ってみた。
vistaのログオン情報を入力し、セットアップ完了。
簡単。
しかし、早速vistaにリモートデスクトップで接続を試みたところ、「空のパスワードが許可されていません」と表示され、どうやってもログオンできない。
そのパソコンにはパスワードを設置するのが好ましくないので、できれば空のままにしておきたい。
検索すると下記のように書かれていた。

空のパスワードの許可
「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsaキーの
limitblankpassworduseエントリの値を0にします」

今思い出したが、パソコンのエディションはhome basicだとばかり思っていたが、ultimateだった。 😐

softbank 940N

これまでソニーエリクソン、ノキア、サムスンなど純国内メーカー以外の携帯電話ばかり使ってきた。
しかしやはり日本語をすばやく入力したり、細かいことに対応しきれないという不満も多々あった。
そこでめずらしく国内メーカーNEC製の携帯に変更した。

ところが今度はミュージックプレーヤとしては、ソニーは当時音楽用途に使用しなかったので別にして、ノキアやサムスンに比べて使い勝手が悪い。
というのもパソコンと接続し、windows media playerの同期機能を使うのが条件らしかった。
今までは単純に外部メモリーに転送するだけで、mp3とかm4a(だったか?)に変換する必要はあったものの、既存の設備で対応することが可能だった。
この新しい携帯も含めて、最近の携帯はどうも同期による転送が通常の仕様らしい。(N-mobileを見ての感想)
で、仕方なくusb→携帯のデータ通信ケーブルを物色していたところ、例によって百均セリアにて発見。
さすがセリア。
余談だが、最近見かけなかったシガーソケットusb充電器も100円で復活している。

NEC mobile
上記からusb接続ドライバを入手し、インストール。
次にソフトバンクのユーティリティを入手し、インストール(これは必要なかったかも)。
ソフトバンクお客様サポート

それからvistaのメディアプレーヤで同期をすれば転送完了。
最初usbメモリの楽曲を同期しようとしたがエラーとなり、一度パソコンに入れてからだとOKだった。
また、どういうわけか、usbメモリが接続中であるとその方に勝手に同期先が変更になって少々煩わしいので外しておくべき。

手順といい、同期といい、まぁなんとも使いにくい。
ミュージックプレーヤとしてならこれまでの海外メーカーの方がわかりやすくて良かった。 😥

空撮で機体発見が可能?

ラジコン飛行機の話。
わずかの瞬間注意をそらしたそうで、フライトエリアに隣接する森に墜落したらしい。
「らしい」というのも、一瞬機体を見失ったからだそうだ。
死角に入って落ちたということ(方向のみ、奥行き不明)と、墜落の際のクラッシュ音が聞こえた(そう遠くない)、という2点を頼りに捜索にかり出された。

そこでちょうど使ったことの無かった小型カメラが遊んでいたので提供、ジグを作りグライダーに固定。
それで撮影したビデオを頼りに機体を捜索することになった。

youtubeに飛びます

詳しくはビデオを見ればわかる。
結局空撮録画からjは機体の位置を特定できなかった。
自然界にない色や直線、直角を頼りに探すのだが、意外とそれらしいものが散在し混乱させられ、しかもエリアを限定しても結構な広さである。
画質の荒くてフレームレートの低いビデオカメラで飛行機を探すのは間違いかもしれない。
あるいは体力があって、さらには再生スピードを自在に調整できるプレーヤがあれば見つけられたかもしれない。

実際は諦めて帰ろうと思ったが、名残惜しくてうろついていたら、道路から見える「見やすい場所」の樹の中程に引っかかっていたのをたまたま発見。
ラッキー 😛
というかよく探そうよ、という結果だった。
なんにしろ見つかって良かったし、撮影でロストした機体を探し出せるかという実体験もできた。

ただ、空撮は機体捜索より、飛行機ならではの景色を撮影した方が楽しそうだというのは間違いなさそうだ。

special thanks: W氏(捜索協力)

80plus電源と比較

パソコンの電源の中でACアダプタを使用するタイプのものが効率よいのは昔から知っていたが、安いものは信頼性が疑問だし、信頼性を考えると高価なものになってしまう。
ところが近年80plus認定電源というのが増えているということをつい最近知った。
というのも遙か昔、電源から煙が出てパソコン停止という目に遭ってから電源は消耗品ととらえており、前回の更新からそろそろ交換時期だなと考えていたからだ。
しかも認定品とそうでないものとの差額があまり大きくないので、テストついでにと購入してみた。

サイズcore power 3 400w

サイズreeven rpsb-500 500w

80plusブロンズ認定で、さらにありがたいことに3年保証がついている。
まぁ当時壊れた電源も5,6年使っていたものだし、3年で壊れるとは思っていないが、安心ではある。
で、交換。
ワットメーターなど持ってないので、クランプメーターでアンペア計測。
負荷はprime95を使用時。

**マシン1**
主たるスペック
phenom x3 720
radeon HD4870
HDD 1個
DVDドライブ 1個
アイドル:1.4 負荷:2.9

アイドル:0.9 負荷:2.1

こんなに劇的に変化があるとは驚き。 😯
次は別の省電力サーバー。
こちらの負荷は起動時を表す。

**マシン2**
主たるスペック
pentium4 1.6
他はチップ依存
HDD 2個
アイドル:0.5 負荷:0.7

アイドル:0.3 負荷:0.4

本当か?と疑いたくなる内容である。
交換前のアイドルは0.5と0.4を交互に表示していたので、50ワット前後と推定。
たとえ誤差があるとしても、低消費電力傾向であることは疑いようのない事実のようだ。
稼働時間の長いパソコンから順次80plusに変更していこう。 😛

<2010.10.4追記>
1年か2年前、マシン2を同じクランプメーターで計測したことがあった。
その際はまだHDDが一台だけだった。
アイドルで0.4を示していた。
そう考えると、やはり誤差があってもかなり省電力化に貢献しているみたいだ。

アニメ絵

アマガミSSのキャラ・森島はるかでfirefoxのpersona向けに何か書いてみようと思った。
が、絵ができあがってから知ったが、personaの画像表示領域が想像よりも狭いことに気づいてしまい頓挫。
最初によく確認して構図を考えれば良かった、というのは後の祭り。 😐

アマガミ ss 森島はるか 07
8話のサンタコンテストの結果をイメージ。
後で気づいたがサンタグローブ忘れてた 😥

アマガミ ss 森島はるか 09
3話だったか?「ニャンニャン作戦」をそのまま表現。
猫だな…。

アマガミ ss 森島はるか 10
1~3話だったか?あとエンディングも。自室でカードゲーム中な感じ。
左手ちょっときつめ。 🙁

アマガミ ss 森島はるか 11
4話のプール。別アングルということで。
ヘアバンドかカチューシャかわからないが、よく考えたらつけてないはず 😥

アマガミ ss 森島はるか 12
12話(こちらでは放送まだ…)。ベストカップルだっけか?ステージ上で声援に応える感じ。

後れ毛の毛先表現がまちまちですなぁ。