WD10EADS 基盤交換

WDのHDDは苦難の連続のようだ。
以前WHSに使っていて容量の約半分が不良セクタとなりI/Oが異常な低速となったWD20EADS。
今度はWD10EADSが動かなくなった。
電源を入れてもスピン等の反応なし。
基盤を触ってみると熱くなっているので通電は確かにしているようだ。

WHSでバックアップをとっていないHDDだったので、データ復元不能。
でもそこにしか保存していないデータばかりなので、まぁ無くても困らないデータであるとはいえ、アクセスできないのはとても残念。
そこでサルベージしてみることにした。
スピンしていないのだから基盤だろうとおおざっぱに原因を特定。
で、誰かやっていないか検索。
すると下記を発見。
WesternDigital製HDD(WD10EADS)の基板交換

ちょうど同じHDDである。
さらにはもう一台WD10EADSが稼働中であり、基盤交換が試せそうだ。
ただし、製造日が異なり、17jan2009 と 30jul2009。
これだけ日付が違うと基盤が異なる。
チップそれぞれの刻印が少しずつ異なっている。
チップの大きさや部品の配置などぱっと見同じ様子であるが…。
2061-701590-J00AA XC7K06 39HW R 0006290 9296
上記HPに記載のHDDと同じながら、基盤の番号が少し違う。
基盤のシルクも 1 4408 と異なっている。

動くといいなと思いながら基盤交換。
遙か昔にダイソーで購入したトルクスネジドライバT-8が活躍。
早速電源を投入してみる。
うれしいことにあっさりとスピンアップしている。
ただ初期動作音(シーク音というのか、ヘッドの退避音というのかわからない)がいつもと異なり少々長いし、回数も多いし、何度も何度も繰り返している。
おかしかったが念のためPCにつないでみたが当然だめ。
HDDを接続したPCそのものがBIOSからして立ち上がらない。
あーぁ。 😡

今のところWDとうまくいっていない。
連続して壊れてしまっている。
WDだけ。(と思っていたらHGSTも2006年の160Gのものが逝っていた)
現在RMAで発送中。
保証期間の関係上、これが最後のRMAとなりそうである。

最近はソフトの扱うデータ量に対して、保存可能容量が格段に大きくなってきている。
HDDの外面は変化がないのに内部では垂直磁気などという高密度記録方式により、プラッタ容量に随分と変化がある。
容量がでかいということは万が一のときに失うデータ量も大きいということ。
バックアップがとても大事なのは昔から変わらずなのだが、数年前までのHDDへの信頼性が今はかなり揺らいできている。(私見)
HDDが壊れる事態などかなり使い込んだものにしか現れなかったのに…。
いかに故障を少なくするか、これが肝のような気がする。

whs2011コネクタインストール失敗

HPのノートでの話。
WHS2011はhttp://server/connect/から供されるソフトを使ってコネクタ(ダッシュボード)をインストールわけだが、どうしたわけか失敗する。
「予期しないエラーが発生しました。ネットワーク管理者に問い合わせてください。(うろ覚え)」と出て、インストール完了できない。
インストールするパソコンがまだライセンス認証していないからこうなるのだろうかと思い、認証してみるが変わらず。
あるいは接続が無線だからだめなんだろうかと思い、有線で試してみるがやはり変わらず。
試しに.net framework 4を再インストールしてみようかと思い、コントロールパネルへ。
ここには「アンインストール」と「修復」という選択肢があり、修復を試した。
すると、これが良かったようで、エラーで止まっていたインストールが通るようになった。

この件があったので、スリープで問題のあったあのパソコンをvistaから7へ変えた(新規インストール)ときは、windows updateからではなく、WHSから.net frameworkをインストールするようにした。

870 Extreme3 R2.0とスリープ

vistaでのスリープ失敗の原因は結局解決しないまま。
試しにwindows7 home premium64bitを入れてみると、問題なくうまくいった。
そこでvistaを放棄して7へ移行することにした。

ところが、7にしてから早速スリープ復帰失敗が現出。
試したときは20回程度は試した。
usb切り替え機を切り替えながらいろんな状況をつくり試したわけだ。
これで問題ないと判断した。
なぜか?
もっとも違うこと、それはメモリの増設である。
試行したときは全く同じパソコンの部品構成(メモリも)。
失敗したのは16Gを載せてからだ。
そこでメモリを疑った。

まずは違うメモリに差し替えてみる。
スリープ復帰失敗に遭遇。
すべて違うメモリにできるほど持っていないので、スロットを変えてみる。
何度目かでようやくスリープ成功。
メモリ周りで難儀するなんて初めて(メモリ不良をのぞく)だが、今の予定だと64bitOSがメインになるのだから、現在のメモリモジュールの環境であれば複数枚差しは当たり前。
メモリの品質も重要なポイントなのかもしれないと。

さて、これで問題なくスリープ投入かと安心したら、またもやスリープ失敗。
メモリを差し替えてから数回しか試してなかったので、というかメモリが主犯だと思っていたし、vistaより7の方がスリープ失敗がないと思っていたこともあり、とうとう手がなくなった。

仕方ないので調査済みであったがasrockのHPに行って新BIOSがないかを調べると、つい最近アップデートされている。
もともとマニュアルで正規クロックにしても勝手にOCしてくれる困ったBIOSであったので、更新するよい機会であった。
1.30にアップしてからスリープ失敗はなくなった。
正確には一度マザーが「90番台(失念)」のコードを出して止まったことがあったが、まぁそれはイレギュラーとして無視したい。
というより必ず止まっていた「31」がエラーとして表示されていないこと自体がうれしい。(この思いも本来からすればイレギュラーなわけか)

そんなわけでもしかしたらvistaでも問題なくスリープできているのかもしれないが、もはや調べる必要がないのでこれ以上は関わらない。
気が向いたら試してみてもよいが…。
やっぱそんな日はこないだろうな。 😉

vistaとcpu切り替え機とスリープしっぱなし

スリープの失敗をBIOSやコントロールパネルから設定して回避しようと日々格闘するも、今のところはっきりした結果はない。
ただ、USBタイプのCPU切り替え機との相性問題でもあるようだ。
あるとき、スキャナのUSBコネクタを差してから電源ボタンでスリープ解除を行ったところ、ファン全開でしばらくたっても起きる様子がない。
それで気づいたのだが、スリープ解除時に切り替え機を別機と本機それぞれ選択時に挙動が違うかを見てみることにした。
すると別機にしておかないと間違いなく失敗するようだということがわかった。
ところが、これがまた一筋縄ではいかない。
WHSのバックアップのためにスリープ解除に失敗して朝気づくまでファン全開ということがあり、そのときは切り替え機を別機にしておいたのだ。
また、asrockのUEFIはマニュアル設定してもなぜだか勝手にベースクロックアップをしてくれやがるのだが、その変更のタイミングがわからない。
何せスリープ失敗が割と頻繁(2,3日に数回)なので、わざわざBIOSまで見に行きたくもない。
これが原因であるならもはや割り切るしかないわけだが、可能性は決して高くないと考えている。
勘だけど…。 🙄
それに、ネット上ではVISTAのUSBにまつわるスリープ失敗の記事は多く見かける。
今のところ切り替え機が一番怪しいと考えている。
先代のPS/2タイプの切り替え機を試してみたが、切り替え機のマウスをPS/2からUSBにコネクタ変換すると「不明なデバイス」としか認識してくれないので使い物にならない。
ああぁ、悲しいぞ。
まだまだ格闘は続きそうだ。 👿

HDDロスト

WHS用に半年間使ってきたHDDが異常を示した。
まずそれに気づいたのが、WD20EADSの時と同じI/Oが異常に遅くなるという現象。
200Gから300G程度あるものの最初期のバックアップに約半日~一日弱という超ロングバックアップ時間。
最初期というのもWHS2011に更新したばかりだったので、初回バックアップに時間がかかるのは覚悟していた。
でも、初回とはいえV1でこんなに長時間必要としなかったわけで、逆に言えばHDD故障からくるI/O遅延の時以来だったのでピンときたわけだ。

V1ではsmart情報を見られるアドインがあったのだが、2011には正式対応していない。
そこでチェックディスクをしてみることにしたのだが…。
HDDを見失っている。
フォルダに構成されていたはずが見あたらない。
仕方ないので試しで再起動。
すると今度はちゃんと見える。
で、「不明」となってしまった各種(録画一覧とかドキュメントとか)フォルダを別HDDへ移動させようとすると、先ほどまであったはずのHDDが認識されなくなっていた。
おかしい。
再起動。
BIOSでは認識されている。
起動すれば確かにHDDはそこにある。
今度はすかさずチェックディスク。
ところが、つきっきりでやっていたわけではないのでどこまでなのか不明だが、途中でドライブを見失う。

こりゃおかしいと、XP、VISTA、7とそれぞれでチェックディスクを試みるが、やはりどれもチェックディスク途中で見失う。
ケーブルを変えても同じ。
I/FをUSBjに変更しても同じ。

どうやら初めての故障原因にぶち当たったようである。 ❓
ディスクが悪いのやら制御コントローラが悪いのやら、また機械的にか電気的にかは知る術ないわけで、購入後半年ということでメーカー保証期間内なので速やかに返品。
このディスク、サムスンのHDDなのだが、こういうときはRMAがあるメーカーが安心だなぁと痛感。
もしかしたらseagateで対処してくれるようになるのだろうか?(期待)

これまた原因のわからないままであるが、初回バックアップ、本来のバックアップ時間はどれくらいなのだろうか…。
そこが気になる今日この頃。 🙁