whs2011 と xp sp3 その3

WHS2011を乗せたPCをGA-MA78GM S2H から D525MW へと変更した。

それというのも、これまた動作がおかしくなったためだ。
不良の疑いが強い6100itxから変更した際、ファイル転送に関しては速度の変化はみられなかったものの、バックアップ時間に関してはかなりの速度向上を体感した。
これですべてのPCがうまく動けば良かったのだが、なぜだかもっとも快調であったatomマシンの調子が悪い。
サーバーのマザー交換後、atomのコネクタを更新した。
データも何もすべて全く同じ。
ただコネクタを更新したのみ。

だが、数日後から共有フォルダに入れない事象に見舞われた。
コネクタや.net frameworkを入れ替えてみてもスリープ復帰後には必ずフォルダに入れなくなる。
設定がおかしいとも思えないが、いろいろやってみた。
良い結果にはつながらなかった。
HDDが大きくないこのマシンで共有フォルダにアクセスできないのは致命的…。 😡
現状のOS(windows7 64bit)をあきらめてwindows7 32bitを再インストール。
ところが、またもや数日後に同じ現象に…。
なぜ…。 😥

他のPCでは共有に関して問題は発生していない。
しかし、xpマシンではwindows server LAN configulation srv(名前忘れた…)が何度も再起動になり、他の7マシンでも途切れなかったストリーミング(変換なし)動画再生が途切れる事象が頻発。
どうもサーバマシンがおかしい、と推測。
しかし設定をいじってみても好転しない。

あるとき、ふとサーバの画面を見ていて気がついた。
画面が800*600程度の小さいままであることに気がついた。
ドライバーをインストールした覚えがない…。
ドライバーが当たっていればそれ以上の画面サイズに自動で調整されるはずだ。
advanced admin console 経由でしか調整していなかったので気づかなかったし、何よりインストール時もインストール終了後もドライバを必要としないほどに快適に動作する。
だが、マイクロソフトから提供されるドライバーでいままでことがすんなり運んだ試しはない。
早速すべてのドライバーを当ててみる。
スリープ後の共有、サービスの終了、ファイル転送中のコネクション消失など不具合が消えた。
うまくいったぁ…。
しかし、当日だけは解決したように思ったが、翌日からまた同じ現象に見舞われた。
どうやらプラセボらしい。

さて、ひとまずatomは放っておく。

一方、検証途中のxpマシンであるが、これもまたコネクタの再インストールを行う必要がある。
が、こちらでも不具合が発生。
サーバが見あたらないらしい。
サーバを変えるほんの少し前までうまく動いていたのに…。
IPv6がだめなのかと思って無効にして、サーバからソフトをダウンロード。
確かにIPv4のアドレス表記のソフトが落ちてくるのだが、同じエラーで終了。
調べてみると、下記のようにしないとIPv4にならないらしい。
[FAQ:WHS2011]クライアントコネクターのインストールに失敗する
サーバーアドレスをIPv4で決めうちしないとだめなのだそうだ。
だが、今度はコネクタインストール途中で「ネットワーク管理者に問い合わせてください」的なことを言われて、完了できない。
結局何をしても受け付けてくれない。
OSをクリーンインストール。
今度はコネクタをインストールできたのだが、やはりLANconfigrationがエラーを頻発。

atomといい、xpマシンといい、OSがきれいでも動きが悪いとなればサーバを疑うほかない。
また、マザーを交換することに決めた。
たった数週間でサーバを入れ替えるとは思わなかった…。
徒労である。
これまでSATAコネクタの数が2しかないatomは使いづらいので避けてきたのだが、現状サーバはHDD2台を接続するのみとなって久しい。
よってD525MWをサーバとして使うことにした。

WHS2011はこれで3回目のインストールになるが、これで最後にしたい。
そう思うものの、他2回に比べてインストールにやけに時間がかかる。
2時間弱はかかったろうか。
もう期待薄、である。 🙁

しかしその実、現状もっとも安定したWHS2011マシンとなった。
インストール時にネットワークドライバを要求されたのみで、後はそのままサーバとして活用。
ファイル転送やバックアップ、クライアントのコネクタインストール、LANconfigSrvのエラーなど、すべて解消した。
だが、一番解消してほしいと願っていたxpマシンでの動画ファイルストリーミング(変換なし)再生は途切れる現象は相変わらず。
サーバに各種ドライバを当ててみてもやはり変わらず。
7やvistaでは途切れないから、やはりOSによるのだろう。
確か昔vista以降のOSではwindows同士の接続がxp以前に比べて最適化されている(もはやうろ覚えどころではない…)という記事をどこかで読んだ気がする。
だから、もはやこれは仕様である、と…。
V1の頃はできていたのに、残念である。

<2011.12.05追記>
現状7とvistaでは、ごくまれに再接続とおぼしき途切れがあるもののxpほどのコネクション喪失は起きていないため、ストリーミング動画再生に不具合はないのでそれらOSで行うようにしている。
ただ、xpの場合はファイル転送の際にも接続が切れるのでほったらかしにできず、これには少々困った。
もし、たとえばこれがlinux系OSならどうなのだろうか?
xp固有の問題なのだろうか。

kernel-power event id41

WHS2011やらクライアントやらのテストを繰り返した際、部品の新旧取り混ぜて使った。
その結果、タイトル通りのエラーが頻発。
windows7 32bitの6100-itxだが、なぜだかスリープに入って復帰してから突如BSODで再起動。
それはもう確実に0x0000007Eで再起動。 😐

まぁ別に、このマシンの用途からすれば再起動がかかったところでまったく困らない。
スリープしなければソフトを使用しようが何しようがハングしない。
ただ、自動バックアップができないのが痛い。

イベントビューアでチェック。
カーネルパワー

調べてみても釈然としない。
cpu、メモリ、他に搭載した部品がなく、後は設定なのだろうかと…。
だが、何をしてもエラーが出る。
最近はどうもスリープが鬼門である。 😡

最終的には電源を交換。
これであのエラーから解放。
何というあっけなさ。 🙄
電源は10年弱の年代物で中国製。
あの年代の電源はやはり全部退役させるべきだった。

推測1:ATXのバージョンによりスリープに障害がある。
推測2:当時のスペックには十分な容量でも最近のPCには能力不足なのでは。

一度立ち上がってからブルースクリーンになるので、起動時のMAX電流が不足とは考えにくい。
よって、原因は2ではなく、1なのではないだろうか。
古い電源ではスリープを使用しないのが良い、というのが今回の教訓か。

バックアップ時間

すでにwhs2011へのバックアップ時間が短くなって久しく忘れてしまいそうなので、以前のバックアップにどれほど時間がかかっていたかの記録。
バックアップ時間by_whs2011

上記画像の下の方が初期不良の疑いのあった6100-itx(BE-2300)によるバックアップ。
上の方はGA-MA78GM-S2H(BE-2300)に変更後のバックアップ。
なお、クライアント(D525MW)は基本的に大きくデータ変更がない使用用途。

変更前は約20分。
変更後は約5分。
当然ながら同じOSで同じデータ(windows7 64bit)。
一番の違いはバックアップの35%~45%のあたりで、サーバが動いている(インデックスの差分を確認しているのか?)時間がもっとも違う。
処理の進む速度が異次元である。

処理時間などの目安は、PCの条件により千差万別とは思うものの、相対する例示でもないとそれが正常動作なのかどうかわからない。
ネット上には特にWHS2011のバックアップ時間に関する記事が少ないように思う。
一助になれば。

<2011_11_28追記>
同じマシン(クライアント)のマザーを変更して、これでバックアップ時間を計測。
マザーボードはintel D525MWから、WHS2011で不調だったzotac 6100 itxへ。
不良でおかしく(内容は以前に既述)ならないように、固定せずにBIOS起動することを確認して、改めて筐体に取り付けて再度確認。
従前と同じくwindows7 (但し64bitではなく32bit)をインストール。

データの内容はパーティションを切ってDドライブに入れているので、CドライブのOSが違えど同じデータ内容。
32bitなのでファイルインデックスの量は64よりも少ない(はず)。

server backup
サーバーはD525MW。
思い出せば初期のサーバとクライアントが逆転した状態だな。
(正確にはD525MWの最初期はvsita 32bitではあったが…。)
イコール条件ではないのであまり参考にはならないが、それでもバックアップ時間は7~8分。
他のマシンでも、サーバがGA-MA78GM-S2H(BE-2300)の時より、1~2分長くなっているのでサーバの能力の違いといえるかもしれない。

whs2011 と xp sp3 その2

ようやく過酷で無駄なインストール作業をしなくても済みそうなところまで来た。

新たにnvidiaのグラボを手に入れたので、問題のxpマシンにあるRADEON HD5450と入れ替えてみた。
displayport接続が必要なため、どうしてもこのカードだけはさまざまなハード入れ替え検証にあっても載せておく必要があった。
その内、オンボードチップでの映像出力を試してみたことも何度かあるので必ずこのカードに問題があるとは言えない。
むしろ、AMDのドライバというか、install managerとかcatalyst control centerの方が怪しいと考えている。

入れ替えて持ってきた9600GT。
これを使ってdisplayport HD5450の載っていたxpにnvidiaのドライバをインストール。
displayportはもちろん使えなくなってしまったが、WHS2011が快適に動作するため(の検証)なら仕方ない。
cccはもちろん、visual basicc++ 2008と.net framework 2.0もアンインストール。
だが、期待した結果にはならなかった。(サーバとのコネクトにやや間がある、まれにオフライン)
前回のngenを実行した時点と特に違いは見受けられなかった。

そこでまた海外渡航。
NGENについて調べる(きわめて情報が少ないのだが)、いろいろと見えてきた。
どうやらJITアセンブラというのが、ハードウェア依存の機能の有無を確認してプロファイルして起動を速くするらしい。
その際に識別されるのが、CPUのマイクロコード(microcode?)らしい。
詳しく説明があるHPがないので、わからないところは適宜補完して解釈しているので間違っている可能性は高い。
でも、もしcpuが関係するのであるならば、アンロックが出来るAMDのcpuというのは実際どのように認識されているのだろうか。
このxpに使っているcpuはアンロックするとBIOS上もOSシステム上もunknownになる。
確か、ごく最近、microsoftの技術情報のサイトで「BIOSをアップデートしてCPUのコードを更新することで動作が直ることがあります(うろ覚え)」みたいなことを書いてあるのを見かけた気がする。

さらにNGENを調べる。
.net Framework 4.0 installation and Ngen
ここを参考にngen updateを実行する。(前回ngen実行したのは別の段階であり、インストール後今回が初ngenとなる)
すると前回のngenコマンド実行後よりも動作が良かった。
どういうことかというと、xpを再起動してみて、きちんとWHS2011スタートパッドがなめらかに起動して、サーバと速やかにコネクトするのを確認したわけ。
つまり、他の7やvistaのスタートパッドと同じスピーディな起動、それがようやく出来た。 😉

ならばと、コアをアンロックして改めて起動してみる。
ところが、cpuが関係しているのかと思えばコアのアンロックの有無にかかわらず、wait無くなめらかに起動する。
どういうことだろうか。
mscorsvw.exeがどこかのタイミングで動作しなければコンパイラは再実行されないということか。
様子見である。

一方、HD5450に戻して動作させてみる。
あくまでインストールマネージャを使わずにドライバを適用。
確かにスタートパッドは速やかに立ち上がる。
だが、サーバとリンクしないらしく、再起動を何度か試して見るも、たびたびオフラインノード移行を示す。
試しに、数GBのファイルをサーバからコピーすると、途中でコネクションが無くなるのを確認。
他のHD2400のカードを試してみるが、同じくリンクをぶち切らせる事象が発現。
どうにもAMD(ATi)と相性が悪い。(経験的に私個人が…) 🙁
原因は今のところわからず、五里霧中。

現在、nvidia geforce 9600GTにて自動バックアップ生活を快適に過ごしている。
元の鞘に収まってしまった感が強いが、背に腹は代えられない。
GT440か430でも入手しなければならないか…。
次のKeplerが省電力なチップであることを強く強く願う。

<2011.11.11追記>
自動バックアップはきちんとスタンバイに移行するので従前の環境より快適なのだが、頓にサービスの停止警告が多くでるようになった。
これではAMDとかnvidiaがどうとか関係なんかありゃしない。
ほぼ振り出しに戻る。
当初他のソフトでcpuがビジーな際に上記停止の報告が多発したので、電源オプションを「常にオン」に変更したところ、全くでなくなった。
ちなみにこれは、AMD over drive にて稼働状況を見ていて気づいたのだが、負荷がかかってもcurrentの半分程度しか上がっていなかった。
しかし、現状でwindows server LAN configuration serviceの停止報告が急増&情報がほとんど無いため、ますます居心地悪い。
上記が停止してもサービスはわりとすぐ再開されるのであまり不都合は無いのであるが…。
問題があるのはサーバにためた動画のストリーム再生。
従前のxpであれば途中で切れることなく再生できていたのであるが、今は突然切れる。
長いときは15分以上持つのだが、短いときは数分、極端なときは数十秒後に切れたりもする。
7にて正常動作を確認している現状では、もはやxpにこだわる必要もないのだがそれはそれで悔しい。 😡
どうしたものか。

<2011.11.15追記>
他のxpマシンから動画再生を試してみた。
やはり同じく途中で途切れた。
その途切れ方が一定でないのも同じ。
他のvista(ocのみ)や7(unlockだがunknownではない)では途切れず再生できる。(同じsmplayer)
設定でどうにかなるのだろうか?

こんな状況だが、少なくとも何点は確認できたかもしれない。
コアをアンロック(unknown状態)して.net frameworkをインストールし、update実行なりmscorsvw.exeが動作すれば不具合がでるようだ。
イベントビューアでエラーログを眺めていると、.net frameworkでエラーが山のように出まくっていた。
一個一個調べるのがあほらしいほどに…。
一方、アンロックせずにインストールすると確かにエラーログは見あたらない。
それはもう一方のxpマシンでも同じようだ。
.net framewrokのインストールや更新の後、アイドル状態で5分後にアップデート(mscorsvw)がなされるみたいなので、その際にunknownな状態であってはいけないのかもしれない。
これはもはや「xpだから」という因果は無いし、そもそもアンロックを解けば良いじゃんとも言える。

ただ、デフォルトだと動画ファイルの共有フォルダでの再生はxpだと問題があるように思う。

whs2011 と xp sp3

既述の話の続き。

主要なパーツをごっそり変え、xp sp3をインストール。
もちろんwhs2011に適応できるようにするためのクリーンインストールなわけだ。

ところが、何度OSを入れ直してもwhsコンソールをインストールすると、OS立ち上がりで動作が固まる。
メモリ自体を変えたり差す場所を変えたり、memtestでエラーは一切無し。
CPUは当然、GPUカードも変えてみたり。(amd radeon,nvidia geforce)
はてはインストールディスクの傷のせいではないかと疑ってみたり…。
いろいろ変えてもどうも動きが止まってしまう。
しかもなぜだかfirefoxはアプリ起動から約5秒程度で強制終了。
エラーを吐く時間すらないのだろうか。

なお、windows 7だと上記(プチフリ&firefox)のような症状は現れなかった。
いっそ7にしてしまおうとかとも…。 😎

そんなこんなで連夜の作業は2週間に及んだ。
で、早く気づけば良かったが、v1から2011に変えたXPは変更直後から動作がおかしくなったわけで、ここに共通性があった。
どうやらxp sp3と.net framework4 との親和性に問題があるのではないかと…。 😕
再度、インストールして確認すると、確かに.net framework4 を入れた直後(whsコネクタ経由のインストール)の再起動後、現出を確認。
framework4を残してWHS関連をアンインストールしても同じ。

OS起動後にデスクトップが出てわずかの時間の後に、約2分程度システムが固まってしまう。
いまさらなので、過去のインストール分では検証できていないが、たぶん同じような症状であったはずだ。
そこで早速調べてみた。
どこか忘れてしまったが、似たような事例に対応するために、NET_Startup_Fix.zipというのが出回っていた。
つまり、どうやら他にも同じ問題を抱えている事例はあるようだ。
しかし、得体の知れないファイルは怖いので、他を当たる。
KB982670 .Net Framework 4 Client Profile slows down WinXP Boot time.
そのものずばりと思われるのが上記。

NGEN executequeueditems
このコマンドの解説によると、.net framework のキューの待ちを強制的に実行させることで、その症状の対策としているようだ。
一度アップデートでセキュリティパッチを当てたあとの再起動で、mscorsvw.exeによるものか(実際3分くらい何かしらHDDが動作していた)、また同じ症状が出てしまったが、再度ngenをすることで固まることは今のところ無くなった。
まぁ、起動が遅くなるだけだと言えばそれまでであるが、2分もシステムに絡む動作を一切受け付けないというのは見ていて気持ち悪いし…。
7で出ないというのは、やはりOSに依拠する何かがあるのではないだろうか。
また、日本語のサイトで似たような事例を見ないのであるが実際のところはどうなのか?気になる。

一方、firefoxが落ちてしまう現象。
これは変わらず今も同じ。
ごくまれにシャットダウン時にd3d9windowエラーを吐く。
またまた調べてみると、これまた日本語サイトでは見つけられなかった。
他にいないのか?
firefox の hardware Acceleration が関係しているようで、無効にすると落ちることはなくなった。
ま、firefoxのハード支援はIEのものよりも控えめらしいので無くても良いのだろうが、従前のXPでは落ちることなく動いていたのがなんとも気になる…。
釈然としない。 😐

<2011_11_29追記>
firefoxが落ちてしまう現象。
どうやらAMD CPUでunlockするとおかしくなるようである。
アンロックせずにOSを立ち上げfirefoxを起動しても落ちないが、アンロックすると確実にfirefoxが落ちる。
もちろんアンロックしてもハードウェアアクセラレーションを切れば落ちないのは経験済みではあるが、現状ではアンロックするデメリットの方が大きいので鍵をかけたままにしている。