パナソニックのいろいろ

商品レビューが購入前にとどまらず購入後にも大事であることは前回の話で出た。
痛切に感じたのが今回の件。

パナソニックはナノイー搭載製品を数多くリリースしている。
ナノイーがどれほど効果に期待できるものであるかは正直わからない。
髪や肌の潤いに効果あるような宣伝に対して、実際使ってみての変化を特段実感することもなく、気分商品・プラセボ商品である可能性も十分ある。

F-GME03とF-GME15というのを会社と自宅で使っていた。
効果のほどは上記の通り。
ただ、購入後8ヶ月程度でランプが点滅して、動作しなくなった。
全く環境が異なる2台であるが、なぜだかほぼ同じ時期に…。

持ち込み修理らしく修理拠点まで持って行かないといけないらしい。
メーカー保証期間内なのに…。
壊れても修理に出すことはないだろうと考えていたのが浅はかで、まさか保証期間内に壊れるとは。
店頭購入なら店舗に持って行けば修理となるのかもしれないが、今回は両方とも通販で、別店舗。

やはりここでカカクコムにて調査。
レビューには似たような案件がざっくざく。
これはもう完全にだめな商品であった。
よく見て買えば良かった…。 😈
他の併載機器であれば機能を失ったところで気になりはしないが、ナノイー専門で、なおかつ不具合があればランプでお知らせ&送風が止まるお節介仕様。
これはたぶん親切に「故障です」とか言わずに、ただの集塵機としてほっておく「仕様」の方が良かったのではないか、パナソニックよ。
中途半端な親切心が大変迷惑な結果をもたらした。
まぁ、神がかり的な商品にすがった天罰であろう。

話は変わって。
一方、同じくパナソニックのCH1002WSというトイレ「アラウーノ」を使っている。
こちらは便蓋が「バタン!」と閉まるようになり、終いには蓋が外れるという故障。
大きい製品は住設・家電にかかわらず出張修理というのが通例。
そんなわけで出張修理にきてもらった。

便蓋はヒンジの部分を樹脂製からメタル製に改良したものに変更して完了。
後継機種で対策品を採用してくれれば、今回のような消耗(する可能性のある)部品を以後も供給可能というのは商品設計としてありがたい。
つまり、現行機種のおかげで、最低でも6年だか7年だかは同じ箇所が壊れても対策品が容易に手に入る、ということだ。

この機種のメジャーな不具合として、洗浄水と同時に流れる洗浄液の出が悪くなるというのがあるそうだ。
修理時には出に問題がなかったものの、なぜか最近出が悪い。
タイミング悪し 😥
念のため対策を聞いておいたが、エンジンのフラッシングのように、つまりはぬるま湯で洗剤の管のつまりかけ経路を溶かしてしまうのが良いらしい。
ただ、少々面倒である…。

ところで、このアラウーノ。
「泡のちから(うろ覚え)」が推薦洗剤だったと思うが、洗剤によって成分は多少異なるし、粘度も違う。
気温による物性も異なるため、異なる洗剤は混合しないのが正解だろう。
でないと原因の切り分けが難しくなると思われる。

また、他の不具合として、構造上基盤端子の腐食があり得るそうだ。
便器の洗浄で使う洗剤は中性洗剤だけにしないと、アルカリや酸の洗剤では発生するガスにより便器内にそのガスが入ってしまうらしい。
これはやや設計に問題があるような気もしないではないが、そもそも中性洗剤推奨なのだから良しとしよう。

修理に要した時間は約1時間。
同じパナソニック(正確には電工)なのに、ナノイー製品に対する会社の姿勢とまるで違い、修理担当の人は大変懇切丁寧に質問に答えてくれた。
時間を割いてきちんと質問に正面から答えて、たぶん素人でもわかりやすく理解できるようにマニュアルが設定されているのではないだろうか。
大変すばらしい担当者であった。
逆説的にナノイーを正面から答えるのは難しいということか…。
同じ会社とは到底思えない、これが率直な感想。 🙄

無線LANの不調

さて、この話は以前あったxpとwhs2011の話に深く関係するので「whs2011 と xp sp3 その4」とするのが帰結となるので良い気もする。
だが、実際にはデフォルトのxpだと外部(LAN)との接続と再接続に関してvistaや7とは違う挙動を見せた、という結果に至ったので別としたい。

製品レビューや評価といえば商品選びで参考になる内容であり、購入前にはチェックしておきたいことである。
しかし、EADSシリーズのように買ってしまってからはチェックしないというのが、自己の行動をチェックした感想である。
それはまた普遍的なことであるのかもしれない。
一方で、何か不具合があった時は商品に対する再評価が必要だという話。

私は無線に対して絶対の信頼というものを持ったことがないので、無線LANを使い始めたのはここ3年くらい。
必要に駆られての導入であった。
そして当初大変苦労しながら導入したのがプラネックスの超小型ルーターであった。
これがまた設定で大変な目にあったもので、設定を出しても再接続に難があった。
ただルーター電源の再投入で回避できたので、それはそれとして使っていた。
しかし、使ううちに不便に感じ、改めて同じ会社のMZK-WNHというのを買ってみた。

これは前回のものに比べると使いやすかった。
設定も問題なく完了し、しばらく使った。

そして、whs2011導入に前後して、さらにもう一台WNHを導入した。
この時の設定がいけなかったようだ。
ネットワーク上にはバッファローのスイッチングハブ4台とWNH2台がつながり、さらに枝葉のようにPCが連なる。
最後に導入したWNHがwhs2011マシンとの通信を邪魔していたようだ。
これにより、サーバに乗せた動画の視聴に随時切断の不具合、ファイル転送中のコネクション喪失が起こっていた。

というのも、ファームウェアのバージョンアップをしたのがだいたいwhs2011導入の時期だった、はず。(ファーム公開日がwhs2011のローンチとかけ離れて遠くないから)
1.29から1.31へのファームアップで取り立てて問題は起きなかった。
しばらく問題は発生しなかった、はずである。(全く自信なし)
だが、改めて設定を煮詰めてみようとWNHの設定画面に入ろうとすると、認証画面が出たり出なかったり、その後の設定画面が表示されたりされなかったり。
2台とも1.31だが、不調。
実際にネットワークからWNHを取り外すと今までが嘘のようにネットワーク切断が起こらない。
試しに動画を数時間垂れ流しで再生してみたが、不調の時の挙動がみられない。
ファイル転送もばんばん試すがばんばん流れてくる。
再度ネットワークに接続すると確かにファイル転送が途中で止まる。

犯人はこいつだったようである。
スイッチングハブは全てバッファロー製品だったので、すかさず無線LANもバッファローへ変更。
カカクコムで評価の高いWHR-G301Nを導入することにした。
購入してから初めてWNHの評判・レビューというのを見返してみる気になった。
するとどうやら1.31ファームでは問題があるようだ。
WNHのリセットを数回繰り返しなんとか1.28へバージョンダウンして接続すると、設定画面表示も快適で問題なく、またネットワークを邪魔することなくファイル転送も動画再生も使えた。
きちんと動作するならバッファロー製品を購入する必要もなかったわけだが後の祭り。
1.31はほぼ間違いなく黒だと思われる。
WNHの設定画面で表示がすぐに更新されない時はコネクションを喪失している状態なのだと思われる。
1.31は使わない方が得策だ。

パソコンのBIOSでもむやみやたらと最新版へ更新すると不調を来すことがある。
ファームもどうやら同じようである。 😡

RMA

昨年末のWDのEADS1台目から始まったパソコン災禍。
結局現在RMA中のものを含めてEADSは全て2年未満でRMAとなった。
私の環境では100%の故障率なのでうんざりである。
また、これらの補欠として使っていた日立の164Gと80Gx2台が全てスピンアップしなくなる事態となった。(3台とも2006年製)
今年は二月毎に一台がおかしくなった計算となる。
厄年。 😥
洪水災害を食らったWDは1ヶ月で戻ってくるのか、はなはだ心配である。

さて、HDD故障の一助(?)ともなったのがサイズのusb3.0接続のkamazo 3.5 SATAである。
もともと1000円台という安い製品であることもあり、購入後数ヶ月で故障というのも致し方ないかと思っていた。
スピンアップしなくなったのだ。
usb3.0は便利なのでもう一つ持っておいても良いかと思ったが、サイズのRMA対応がすばやく良心的であったため、買わずにもう少しこのHDDケースの様子を見ることにした。
これが壊れなければ80Gが1台死なずに済んだかもしれないと思うと、多かれ少なかれ残念ではあるが…。

サイズの修理応対が良かったのに対して、目についたのが宅配の遅れ。
いつもなら出荷から到着が二日であるのに、今回は約一週間。
どこで遊んでいたのやら。
HDDがすべてなくなった現状で急ぐ理由はないので、問い合わせもしなかったが。
佐川急便である。
運送事故が起こりうるのは各社同じだろうが、特にこの会社は本体以外の請負が多いことが関係していると思われる。
拠点間や宅配に多い。
クロネコヤマトでもメール便の遅配・放置のニュースがあり、これはすなわち本体ではない部分で問題が出ることがあるということの証左だ。
とはいえ一方で、少し昔のことであるが、佐川で宅配ではない大きさの荷物が明らかに破損して到着したこともある。
代替の利かないものだったので大変困った記憶がある。
本体にしろ請負にしろ、万全を期していると願いたいが、何にせよ現実に事故は起こりうる。
被雇用者の流動が少なく、ヒヤリハットの教訓・ノウハウが共有されている会社というのが良い会社だと思う。
運送会社各社には是非事故ゼロを目指していただきたい。

nod32アップグレードでブルースクリーン

初期ではシマンテック、次にウイルスバスターときて、現在はNOD32である。
昔ウイルスバスターでメールのウイルスを検知できず、1台がクラッシュ。
他で使っていたNOD32で試しに読ませてみるときちんとウイルスに反応したので、以来信頼を寄せて使い続けている。

公開日の12/15にメインのXPマシンをv5へアップグレードすることにした。
ところがインストール途中でBSODとなり、これが何度やっても同じ結果に。
0x00000007だったか?(うろ覚え)
他のPCでは問題なくすべてV5へアップグレードできた。
でも、特に問題を感じることもなかった。
ポップアップなどほとんどなく、静かに使えるのがなかなか好印象だったのに、V5ではメディアを挿入したらポップアップするようになり、少々鬱陶しく思っていたから。
それは設定でどうとでもなる話だろうが、アップグレードできないことに対する言い訳としてしばし存在した。

で、昨日HPを訪れてみれば、下記の注意書きがあった。
>2011.12.21 ESET Smart Security / ESET NOD32アンチウイルス V5.0をご利用いただく際によくあるお問合せについて
【ご参考3】 インストール時にEtron社製USB3.0ドライバとの競合にてブルースクリーンが発生する

まさにこれだ。
asrock 870 extreme 3 R2.0 を使っているのだが、usb3.0がETRONのチップである。
同じような現象が相当数あったのだろう。
usb3.0のドライバを更新すれば良いらしい。
だが、ETRONのサイトには表記がない。
というか、firefoxではうまくページが遷移しない。
ドライバダウンロードのページに行けば、「no file」みたいなことを言われる。
pdfの方にv0.105.zipが入っていたので試しにダウンロードしてみたものの少々心配。

改めてasrockのサイトで調べるとリンクがあって、v0.104.zipが張ってあった。
しかもちゃんとWHQL版である。
よくあるご質問と回答
そちらをインストールした。
つうか、わかりにくい。
製品の方の「ファイルダウンロード」から落とせるようにしてもらいたい。 😐

しかし、これでアップグレードは問題なく終了。
なんのこっちゃない話。

6100-itx終了

CPUクーラーのテンションをかけると気を失う不良品6100itx。
先日のWHS2011サーバ機として若干働いた後、別のPCのサンプル体となった。

OS新規インストール後、しばらくしてからやけに画面が青みがかっているのに気がついた。
ま、ディスプレイの調整してないから、それが原因だろうとテスト続行。
するとどうでしょう ❗
ある時点から突如として青みがさらに強くなり、弱くなり、強くなり…。

青い画面を推して推して推しまくる不躾な6100であるが、きっとケーブル接続が悪いのだろうといじってみるも変化なし。
他のPCをつなげてみると白がちゃんと白い(当たり前)。
どうも6100固有の症状のようである。
OSが関係あるのかと思いきや、BIOS画面、POST、すべての状態で青のグラデーションをかけまくる。
困ったやつである。
もはやこいつはちゃんと仕事できそうにない。
リビングPCに使ってやろうと思ったのに…。

初期不良をはねつけたA社よ、恨むぞ。
と思うものの、通販ならこんなものか、と割り切るしかないところがまた寂しい。

マザーが不良で、青みがかったり、テンションかけると動作止まったり…。
とほほ、ついてない…。

WD受難…(終わりにしてほしい

前回動作がおかしくなったWD EADS1TBであるが、いよいよ動作が不安定になった。
クイックフォーマットに4,5分かかるようになり、ファイルにアクセスできず、果てはドライブを認識しなくなってしまう。
逝ってしまわれたようである…。
元データを残しての利用だったので今回は痛みなしであるが、WDのタイHDD工場被災が収束し、安定してくるであろう来年あたりにRMAをしようと思っていたのが最大の痛み。
早く帰ってくることを祈る。

これでついにEADSシリーズ3台とも故障発生率100%ということになってしまった。
まぁこういうこともあるだろう。
それはそれとして、これの続きの話。

USB3.0のHDDケースに入れて上記を運用していたわけだが、故障によりHDDを入れ替えることにした。
所有する中で代替運用できそうなやつを探すが、テラバイトのHDDから下の容量というのが80GBからというとんでもない隙間状態。 😡
しかし、使えないというのははなはだ不便きわまりないので80GBでもよいから使うしかない。
早速交換。
ところがこちらもうんともすんとも言わない。

よーく観察するとHDDケース内の基盤にあるコンデンサがぐらついている。
片方の足がハンダ剪断によりぐらぐら動くのだ。

残念連発。
ほんとに今年はついてない…。

しようがないのでeSATA接続にしてHDD剥き出し運用とする。
これがまたいけなかった。
データ移動先で「いざ、転送」というときにうんともすんとも言わない。
どうやらやっちゃったようである。
スピンアップしない代わりに、HDD基板上からわずかなリレー音のようなものだけが聞こえる。
以前逝っちゃったWDとHGSTのHDDと同じ症状である。

たぶん静電気…。
ケースがこんなことにならなければ…。
WDがもうちょっともってくれていれば…。