クロック別エンコード時間

画質の問題でhandbrakeでは満足行かない動画がある。
より良い画質にはより良いエンコードソフトということで調べていたところ、vectorに第17回Vectorプロレジ大賞というのがあって、そこにTMPGEnc Video Mastering Works 5と究極動画変換 7というのがあった。
試しにやってみると、究極動画変換7(以下究極)の方はTMPGEnc Video Mastering Works 5(以下TMPGE)と比べて、エンコード時間は早くて良いのだが、どうもコマが間引かれているような感じに見えてだめなのだ。
一方のTMPGEは画質がとても良いのだが、設定が初心者には複雑すぎてよくわからない。
ともに画質は良くても、コマを間引いているような印象の究極は、どうせシェアウェアであるなら選択しづらく、結果TMPGEを選ばざるを得ないのである。
携帯プレーヤーでの再生がメインで、TVやPCでは再生しないと割り切れるなら、金額、エンコード時間からして究極を選ぶのであるが…。
ま、そんなんならhandbrakeでいいじゃないか、という話もあるわけで。

ともかくTMPGEを使うことにした。
PCはメインから退いて久しいphenom x3 720BE。
寄せ集めで作ったリビングマシンが、まさかこんな形で使われることになるとは思わなかった。
そんなわけでオーバークロックがどうとか、そんなの関係なくエンコードをしていたのであるが、ふとこれの昔を思い出した。
コアアンロックなしの状態で、3.5GHz常用だったこのCPU。(倍率変更&電圧のみ変更で、ベースクロックはノーマル)
ならば、クロックアップした場合はエンコードにどれだけ影響があるのだろうか。

カレントクロックで2.8GHzの3コア。
23分の動画を変換。
もちろん条件はすべて同一。(TMPGEのプロジェクトとして登録)
クロックアップはマザーから変更。(倍率のみ)
***
1.デフォルトクロック 2.8GHz → 40分
2.クロックアップ後 3.4GHz → 46分
***

びっくりするほど早くなるわけではないが、エンコード対象が多ければその差は大きい。
きっと、HTTをメーカーpegasysが推奨しているので、びっくりするのはcore i7に変更した場合なのだろうな。
ちょうど現在はivy bridgeが出るだろう4月までわずかなので更新するつもりはないのだが、ivyの素性次第では候補になりそうだ。
もちろんそれならメインをi7にするのが順当だろうが…。 😉

なお、以前の常用クロックである3.5GHzではないのは、電圧変更が機能していないため。
マザーが廉価なものであるので、仕方のないところだ。
加えて電源はいつのものかもわからないほどに古い。
何せSATAコネクタが一つも存在していないうえ、ATXが20ピン。
たぶん10年くらい前のものだ。
エンコの時間短縮を至上命題とするなら、現状、電源とマザーは変えた方が良いだろうし、おごるなら編集の操作時のためにSSDも欲しいところだ。
メインマシンで編集作業時(別ソフト)はramが13GBあって大変快適なので、メモリーの安い現在、同じようにramで編集というのも選択肢に入りうる。

でもやっぱりエンコのためだけに何かを新調するというのは誤りだろうな。 😎

ちなみに余談であるが、コアアンロックするとprimeが通らないだけでなく、IEも起動できず、エンコードは変換後の動画にノイズが入る。
この720ははずれなのである。
windowsの起動は可能なのにソフトがだめというあたり、たぶんメモリ周りに欠陥があるためと思われる。
他に所有のCPUでアンロックができる物は通常通り使えることを考えると、コアアンロックが祭りを演出していた頃を思い出すにつけ、本当に使えないからx3として売られることになった石なのだと思われる。

<2012.02.26追記>
さて、肝心な情報が間違っていることに今気づいたので、追記情報とともに修正。
クロックアップしたのにエンコード時間が増えるなんておかしいだろう ❓

知人のAMD 6コア(型番失念だが、x4アンロックではない)が同じ設定で等速よりもほどほどに遅れる程度なので、たぶんそれならばコア数を稼いだ方が早いだろうと思い早速実験。

720BE → Athlon 2 x3 445

これは他マシンで4コア化できていたもので、たぶんこのマザーでもいけるだろうと、その実成功。
primeでのテストも問題なし。
そんなわけでエンコ環境は

3コア → 4コア

になった。
クロックはデフォルトの3.1GHz。
同じ条件で、

***
1.デフォルトクロック 2.8GHz → 46分
2.クロックアップ後 3.4GHz → 40分
以上3コア(720BE)

3.コアアンロック4コア化 3.1GHz → 38分
以上4コア(445)
***

ごくわずかに早くなった。
あまり変わらないが…。
やはり6コアにはかなわない。
しかしメインの6コアをおごるなんてとんでもない。

変わらないなら720BEでいいじゃないかって話だが、クロックアップすると電源の容量とその質が悪いらしく、kernelpowerエラーでブルースクリーンとなる。
電源買うのもなんだかばからしいし…。
結局また720BEは退役の憂き目にあうこととなったのである。

<2012.03.03追記>
6コアの情報をいただいたので一緒に掲載。
OSがwindows7 64という以外はほぼ構成が違うので厳正な比較にはならないが、大まかにその傾向がわかると思う。

***
1.デフォルトクロック 2.8GHz → 46分
2.クロックアップ後 3.4GHz → 40分
以上3コア(720BE)

3.コアアンロック4コア化 3.1GHz → 38分
以上4コア(445)

4.1090T デフォルト3.2GHz → 36分
以上6コア
***
え 😐
どゆこと?
あまり時間が違わない…。

<2012.03.05追記>
1090TをOCして比較してくれたので、参考まで。

5.クロックアップ3.6GHz → 34分

変わらない…。
前提条件が確認できていないのだが、違うファイルを試したのかもしれない。
よって、一連の結果とは別に記載。
で、一番の違いに気がついたのだが、1090Tにはgeforce 460が乗っている。
そして、cuda有効。
一方のマイエンコマシンは880Gオンボードグラフィックであり、当然cudaは無い。
ここにオーバークロックによる時短効果の無効となる原因があるのではないだろうか?

<2012.03.09追記>
使用比率cuda75% cpu25%
今度はGPUをOC 700→875

***
4.1090T デフォルト3.2GHz → 36分
5.クロックアップ3.6GHz → 34分
6.CPU&GPUクロックアップ → 28分
以上6コア
***
以前時短に結びつかなかったのは、cuda設定に不備があったからだそうだ。
これで随分と等速に近づいた。
問題はこれで消費電力がどれほど増大したのかというところだが…。

今度はコアアンロック4コア化445の話。
電源を別に変えてOCチャレンジ。
バススピード(HT自動追従)217 にクロックアップで 3.36GHz。
電圧(メモリ、CPU、HT各々)を若干盛る。

***
1.デフォルトクロック 2.8GHz → 46分
2.クロックアップ後 3.4GHz → 40分
以上3コア(720BE)

3.コアアンロック4コア化 3.1GHz → 38分
7.コアアンロック4コア化 3.36GHz → 35分
以上4コア(445)
***

電源を新調してまでOCするほどに時短の意味はない、コストパフォーマンスの意味で。
結局はコアアンロック4コア化デフォルトクロックでのエンコに落ち着いた。
以上。 😉

<2012.05.16追記>

ソフトの使用(負荷)状況に合わせて、メインPCの960Tをエンコードマシンに移植した。
prime95が完走する6コア化CPUである。

エンコードが早くなることを期待してチェック。
いつものサンプル動画を試してみる。

***
8.デフォルトクロック6コア化 35分
***

どうやら時間としては変化がない。
ただし、CPU使用率(負荷率)はこれまでの70%前後から50%前後に減少。
であるならば、バッチ処理で二つのファイルを同時にエンコードすればトータルで処理速度アップだ。
このサンプル動画はデジタルでエフェクトも少ないアニメで、色数は多くなくシーン変化も少ない。
似たようなエンコード対象をバッチ処理(2バッチ)で試してみると、時間は38分で終了した。
これは対象が特殊なので最良の結果(約2倍)がでたが、特殊な条件とはいえ早くなったのは事実である。

一方、アナログや映画なども試してみた。
こちらはやはり100%の使用率で変化なし。
時間の方は1時間28分から1時間2分とかなりの時間短縮となった。(元ファイルは45分弱のドキュメンタリーもの)

以上の結果からすれば、CPU使用率を参考にバッチ(並列)処理を活用すれば効率的に時短を達成できる。
これまでは24時間稼働で電気代無視であったが、これなら夜間電力時間内で処理が完了できそうだ。
電力の上昇分(1.3A→1.6A)を加味しても6コア化の方が効率的と言える。
ちなみに、ワットチェッカーではなくクランプメーター(精度・分解能が低いもの)で計測しているので前回とアンペア数が違うが、大まかな上昇率はわかるので参考値として記載しておく。

真偽のほどは?

Windows 7, Vistaのサポート期間が延長された・・・?

vista ultimate を使っていて、2012年4月サポートが終了するというので半年くらい前ずいぶん悩んだ。
windows8が出てくればちょうど入れ替われると思っていたものの、今現在8の発売は12年後半か13年ということらしい。
正確な時期は流動的だろうが、少なくともvistaのサポート終了後の話になりそうである。

そうなればアップグレードというのは不可能。
というのも、ネット接続や外部とのファイルの交換がなければ、つまりは完全なスタンドアローンであるなら8が出るまで我慢できたろうがそんな使い方は期待できない。

そんなわけで延長サポートが保証されているbusinessに入れ替えたわけだ。
ultimateからbusinessへ入れ替えるのが簡単であれば恨みはないのだが、もし上記の記事が本当であれば…。
何がしたいんだ、MS。 😡
せめて半年前に多少の示唆はくれよ。
まぁ、それとて記事が事実ならね、って話。

<2012.02.20追記>
【速報】米MSが個人向けVistaのサポート打ち切りを撤回、2017年まで延長
さて、真偽のほどはいかに、ってことなのだが。
プロダクト サポート ライフサイクル – 製品一覧
昨今のハード的にvistaで重すぎるということも無くなったわけで、ビジネスだけを延長サポートで残すのならいっそ、ってことだろうか?
OSを強制的に更新させるのではなく、ソフトの対応も考えて好きなバージョンを選んで使ってくださいってことか?
歓迎であるが、それは終了予定2ヶ月前に言うことではないぞ。MS。 😈

dvd decrypter

DVDもBDもそうだが、どうにもディスクのままだとソフトの使い勝手が良くないのである。
マウスホイールボタンでのシークは慣れてしまうと、その機能が無い場合どうしようもなく不便である。
そんなわけでもっぱらsmplayerなのである。
その結果が前回の話題、BDに対するmakeMKVなのだ。

今回はDVDの方。
こちらは表題のソフトをもう延々と使い続けてきた。
といってもそう出番のあるわけでもなし、一連のWHS関連によりクリーンなOSとなってしまったXPでいざ使おうと思うと、完璧に使い方を忘れてしまって…。
正確には「使い方」ではなく、「設定」であるが。

DVD Decrypterを使ったDVDのコピー
>オプションを変更
>OptionのFile Splittingをの選択をNoneにします。
>これでファイルのコピー時に、ファイルを一つにまとめてくれます。
上記引用。
ファイルを一つにまとめてくれる方法を完全に忘れてしまっていた。
この設定でfileモードの際に、以前と同じようになった。
そして一つになったVOBファイルをHandBrakeでmkvファイルに変換すれば大変快適な生活を享受できるわけである。

まぁ忘れんぼ対策記事、ですな。 😉

BDリッピング

テレビ放送のコピー制限もそうだが、BDの再生も制限があって本当にうっとうしい。
購入したものであっても制限があるなんて、使いづらいというのはなんとかならんですか。

再生ソフトの使いづらさ。
smplayerを常用しているとpowerDVDでの再生が重くて、シークが不便で、もういやなわけですよ。
かといってpowerDVD以外でBDを再生する方法と手段を持たないし。
困った。
で、リッピングできればsmplayerでも便利に使えるはず。

調べてみると現在いくらかソフトが存在するようだ。
ブルーレイをリッピングできる無料ツール:MakeMKV beta
makeMKV。
早速使ってみるとリッピング&MKV変換ができた。
で、さらに試してみると確かにsmplayerで再生できたのだが、できたファイルのサイズが10Gオーバーと大きすぎるためか、画面がカクついて、シークも引っかかりがあってどうにも不便である。
生ファイルのままではシークを伴う再生が不都合で、エンコードでファイルを小さくするという対処をする必要がある。
ただ垂れ流してみる分には問題ないし、そもそもそれならBDのまま見ればよいわけだし…。
ここまでしてようやく不満なくみられるようになる。(逆に言えば、エンコなしで快適なシーク&再生は難しい)
ということはつまり、BDの情報量に対して読み込み時間というのがついてきていないというのが、シークの際の不便であり最大のネックなのだろう。
正直BDというのは不便で仕方ない。
😐

次に本題。
著作権保護といえば何でも許されるのか?という気がしてならないが、ともかくこれでようやく制限であるBDのプリントスクリーンが実行可能となる。
スナップショットがほしいだけなのに、BDを購入しているのにも関わらず不満を強いられるというのは納得がいかない。
色を拾いたいだけなのにこんなにしなければならないなんて、BDは買いたいとは思わせない仕組みだ。

なお、makeMKVは30日の試用制限があるらしい。
更新のためのキーがあるそうで、下記チェック。
五十六億七千万の夜