USB3.0のSSD

SSDをUSB3.0で使うと本来の速度がでないらしいが実際どうなのか。
使うSSDは「AS510S3-120GM-C」。


asrock 970 Extreme4(windows7 64)のフロントUSB3.0に接続した時のベンチ(上)。
なお、フロントとリアで速度の違いはなかった。


上記970にUSBではなく、eSATA(AHCI)で接続。


上記のQD32がやけに遅いのでBIOSチェック(IDE combineをオフ)。


asrock 870 Extreme3 R2.0でのベンチ。
USBのチップの違いはあれど、あまり速度に違いがない。
がっかりな転送速度である。


ASUS M4A88TM-LE (windows7 64)
エンコードマシンである上記に”SATA接続(AHCI)”でベンチ。


上記マザーに玄人志向USB3.0N4-PCIe(ルネサスエレクトロニクス社製μPD720200)をPCIex1に搭載し、USB3.0で接続。


今度は上記のスロットをPCIex16に変更して接続。
シーケンシャルリードの向上は見られるが、これはどう判断していいやら…。


最後。
Biostar TA785GE 128M にASMediaのチップを使ったインターフェイスボードをPCIex16に搭載し、接続。

結局本来の速度といえるような基準になる数字は出せなかった。
人のベンチだともっと速いようなのだが…。
AMDばかりで結果が偏っており、intelのマザーボードの場合だとどうなのか、またAMDでも統合チップセットだとどうなのかも気になるところだ。

参考:新インターフェース USB 3.0の実力は?

tmpgencの編集をSSDで快適に

表題通り、カット編集を快適にしてしまおうという話。

数年前にSSDをノートPCに乗せて以来、ようやく2台目を購入。
まだGB単価が高い…。

これを可搬性も考えてUSB3.0の外付けケースに導入し、ファイルの転送速度向上と併せて編集作業自体の効率化を狙う。
もっとも、SSDを使うからと行ってすべての作業が効率化するわけではなく、狙いはビットレートが大きくファイル自体も20GB前後になる映画に絞っている。
他のTSファイル(番組)なら、特にシリーズものだとサムネイルをまじまじと眺めなくても大まかな構成がわかるので必要性は感じないし、外付けHDDでも十分な表示速度だと思っている。
しかし、ビットレートの大きい映画ともなると、サムネイル表示が重くて作業時間の中で「待ち時間」というのが案外長いものとなる。
これを改善してジャンジャン編集しようということ。

SSD:ADATA AS510S3-120GM-C
HDD:WD10EADS

ともにUSB3.0接続。
HDDはACアダプタによる電源供給が必要で、SSDのケースはバスパワーにより電源不要タイプ。
ちなみにSSDをHDDのケースに乗せてみたが、ケース(電源供給の有無)による転送速度の変化はなかった。


CrystalDiskMarkでベンチ計測。 (上がSSD、下がHDD)

参考TSファイルをTMPGEncで開いて、フルHDで編集画面を表示する。
サムネイル表示をAlt2回押して60秒間隔に変更。
その際のサムネイル表示時間を計測。
フルHDでは左→右へ17コマ表示される。

SSD:約5秒
HDD:約14秒

かなりの時間短縮となった。
とても快適。 😉

これで映画はSSD、それ以外はHDDという住み分けができて、容量がしばらく持ちそうである。

google driveチャレンジ

google docsでスプレッドシートを使っている。
アドレスを伝えるだけで共有ができて、共同で編集して使うには大変便利。

ところが表自体が大きくなってきて、だんだんと動きが重たくなってきた。
マウスのホイールスクロールが追従しないし、セルの選択も遅延する。
そもそもクラウドなんだろうが、少々使いづらい。
この程度で動きが悪くなるのは困る。
そこでgoogle driveなるものを導入してみた。

結果から言えば、単純に同期ソフト。
ローカルのフォルダ&ファイルを自動で同期保存してくれるということだろう。(推測)
で、ローカルにファイルがうつったので動作が速くなるのかと思っていたわけだが、全く関係なし。
拡張子gsheetはブラウザ起動でのクラウド編集となり、そもそも表計算ソフトをインストールしたわけでもない。
そんなわけで、目論見ははずれたわけだ。

どうにかならんものかと、いろいろ試す。
ブラウザはfirefoxを常用しており、これの「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する」のチェックを外した。
これで動作がかなり軽くなった。 😉
何度も試してみたがやはりチェックを外すと軽くなるようだ。
そもそもIEよりもfirefoxはハードウェアアクセラレーションが弱いらしい(機能登場時でどこかでそのような記事を見た。そんなわけで出典不明)。
ちなみにIEではアクセラレーションはオンになったままだが、不快な遅さではない。

そんなわけで全然関係のないgoogle driveの導入となった。
まぁ、ローカルとgoogle driveで保存しておけばどちらかのストレージがおかしくなってもある程度は安心といえそうなので、無駄なものとは言えない。
googleのサーバーに起因して情報喪失とは考えにくいが…。
ちなみに、私はセキュリティが心配なのでクラウドを完全に信頼しているわけではない。

最新の情報に更新(デスクトップ)

Windows7の話。
いつの頃からか、デスクトップに表示しているファイルやフォルダなどを移動や削除しても「最新の情報に更新」をしないと変化がないことに気づいた。

調べてみると案外xpからある事例のようで、知らなかった。
ファイルの一覧で、Windows エクスプ ローラーのフォルダーを作成、移動、またはファイルを削除した後に更新されません。
レジストリ変更。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
NoSimpleNetIDList → 1

<2012.05.17追記>

完全に解消したのかまだ自信が無く、というのもvistaでも似たようになったからだ。
同じくデスクトップの更新がなされず、サーバのフォルダに対しても同じように更新がされない。
サーバに関しては、上記のレジストリ変更後から現出したように思うが、これまた確証なし。
windows7ではひとまず更新されるのでひとまずは良しとしているが、似たような現象になっているのは多いみたいだ。

Windows7端末でのデスクトップ上のファイルの更新について

osiris改造

箱を捨てようと片付けをしたら、保証書だけだと思っていた紙片が説明書だった…。 🙁
もしかしたらセンチュリーのケースも同じように保証書兼説明書だったのかもしれないと今思う。

それはさておき、説明書を見て簡単にフロントパネルが外せるとわかった。
パネル下部にある切り欠きに手をかけて引っ張るだけ。
いとも簡単であった。

さて、騒音の元である電源を見てみる。
が、見ただけでは特段わかることも少ないので、分解してファンを見てみる。

レギュレータ類は良しとしてもコイル焼損は困るので、ファンの風を当てながら電源オン。
すると、高回転らしいモーター音をさせる割には静かである。
ファンが原因と言うだけでは少々物足りない感じ。

風切り音が問題だろう。

このフィンガード部分、たぶんこれがうるさい原因か。
まずはこれをとっぱらう。

このファンの風量に対して、電源内部の空間の少なさもあるのだが、何より排気の開口部分が吸気に比べて明らかに小さい。
プロペラファンでこの設置状態だと風量を上げたところで対効果は頭打ちで芳しくないはずだ。
そこで開口部分をスムーズに。

上記二つの対策をして電源オン。
これだけでかなり静かになる。
さらに、排気の風量もアップしている。
とはいえ、音量は通常の電源と同じくらいになったが、やはり少々高回転のモーターノイズが耳に残る。
随分マシだが、ケースに仮組したとたんに風切り音アップ。
今度はケースの空気穴がネックなようで、ここで騒音アップ。

ところで、話は戻るが、一番上の画像にあるように、ワッシャが2枚ある。
もともとはファンの対角に2カ所挟んであり、これはたぶん風切り音を少しでも減らそうとファン直上に空間を設けたかったがゆえのかさ上げではなかろうか。
もはや焼け石に水であろうが…。
そう考えると、フィンガードをワイヤーにして工数(当然コストも)が増えるのは対効果を考える上で無駄だと割り切ったのではないだろうか。
そもそも、ケース側面に密着して電源を設け、外見上はスタイリッシュにするという時点で無理があった、とも言える。

話を戻す。
同じようにかさ上げで風切り音を抑制しようと考えた。
ケースに対して電源をオフセットするのである。
そのために若干の長穴加工。

これでケースとファンが密着することはなくなったが、音の抑制にはほとんど効果はなかった。
仕方ないのでケースに穴を開けてやることにした。
(本当はやりたくない。全くもってうるさくて構わないのだが、一度やった以上、想定の結果が欲しいのである、困った性だ。) 🙁

以上の対処により、純正の回転数のままでかなりの音の抑制ができた。
それでも電源が前よりにあるが故に、万人が静かであるとは言えないと思う…。
風量アップでケース内部の冷却効果はかなりあがったに違いないと思っていたのだが…。

フロントパネル内を通った風は、上記のように開口部(フロントパネル→ケース内)の狭さに起因して、フロントパネル下部のあの切り欠き部分からサーサー流れ出ている。
おふぅっ。 😯

続く。

注意:メーカー純正の構造には何だかの理由があります。私はそこを汲んで改造しています(例えば上記では安全性を犠牲にしています)。当然改造は実行した当人の責任の範疇です。

<以下続き>
どうにも電源やそれにまつわるエアフローがいまいちな仕上がりであるが、値段に対する作りは良いように思う。
どうせここまでいじってしまったので、どうにか静かにしてやろうと画策。
他の人と同じ結末をたどり、電源ファンに抵抗を入れてやってそれで完成とした。
あっけない最後であった。

🙄
というのではつまらないので、一応良さそうな対策を考えてみた。
まずはファンの交換。

w8015hz12sesaという型番のファン。
ファンのサイズなんて調べたことはないが、型番の数字からしてたぶん80mmファンで厚みは15mm、12v動作だろう。


これを静音ファンに変えてみるというのがありかもしれない。
もう一つは抵抗での回転数制御で、ケース代からするとどうしてもこれが選択肢になってしまいそうだが…。 😕

最後にトップスピードでやっちゃったものの結局後悔した丸穴加工を掲載。

<2012.07.30追記>
夏になって、どうやら熱による再起動やハングが頻発。
最近は一日一回の頻度で発生するようになり、とうとう重い腰を上げなければならないようだ。

前回の改造はあくまで電源ファンの効率化&静音化であり、筐体内の循環は筐体標準装備のケースファン一個による排気。
現在CPUは phenom 720BE X3 がついている。
CPUファンは静かなサードパーティ製(メーカー不明)。
TDPは対応の範囲内だが、どうやら筐体内の雰囲気が高くなりすぎていて、結果暴走しているみたい。

ファンの追加がやはり常道と思うが、CPUパワーは必要ないのでここはひとつK10STATで低電圧&倍率下げを実行。
HWmonitorで目視。
デフォルトだと2分で雰囲気+18℃になるが、1.8GHz&1.125Vでは2分で+8℃。
パワーの必要のないマシンなら発熱を抑える手段の方が間違いない。
そもそもこのケース、高いTDP向けというわけではないだろうし…。 😐

osiris導入

いい加減古くなった電源をこれまた古くさい筐体と一緒に交換してしまおうとサイズのOSIRISに変更した。
電源付きなのに安いという、どっかに不具合有るんじゃないの?と疑いたくなるPCケース。

だがしかし、実際に商品を見てから驚いた。

随分と作りがよい。
薄型だし、サービス性も良いので、前回のセンチュリーのケースよりもメンテナンスには重宝しそうだ。

この手回しネジというのが好印象。 😉
ただ、kakaku.comのレビューで多く指摘されている電源ユニットはフロントパネル(あるいはスライドするパネルの反対側:ともに推測)を外さないと全体が見えない構造のようだ。
電源ファンのうるささというのも楽しみであるので、早速部品を載せ替えてみた。


ネジ2本を外せばHDDと光学ドライブのラックを跳ね上げられ、そこには案外と広いスペースがあってケーブルも這わせやすい。
ちなみに、電源ユニットのおかげでマザーのサイズと割とタイトになっており、後部出力パネルのバネ部分が接触してしまうので、リアパネルはマザーにはめた状態で同時に乗せると良いだろう。


HDDを載せて裏からネジで固定。
この下から留めるというのは初体験。
発熱の多いHDDだとマウントとの接触面の少なさからして、ラックによる放熱効果はあまり期待できそうにないが、そもそもこの小型ケースにハイパフォーマンスな部品はつけないだろうから問題になりそうもない。

すべて取り付けて早速起動。
予想に反してファンが静かだ。
対策がされたのだろうか?
電源ユニットのファンは得てして外排気の風向きだが、これは内向きである。
ケースファンは反対に外排気。
しばらくしてみると、確かに電源ファンは結構なうるささに…。 🙁
初期プレステ2のうるささに一回り輪をかけたくらいの大きさだ。
これはホームシアターやらのリビングPCとしてはうるさい部類だろう。
そうでなくとも、いわば業務用の音量である。
確かに音対策は必要かも知れない。

だが、ケースの構造を見るにつけ、エアフローというか、風の経路を考えてみるとなかなかよく考えられたものだと言えそうだ。
前提として電源ファンの排気口がケース内(全面パネル側:未目視)であるならば、電源から加圧された空気は、ラックをなでながらマウント裏を通り、マザーの下方から(ケースファンのある)マザー上方へ抜ける仕組みである。
経路はまるで初期プレステ2の内部構造のように合理的だといえそうだ。
騒音のもとであるあの風量がそもそも必要なのか?というと、マージンを加えても少しオーバーなような気もするが、高性能なCPUでエンコードをしまくるような人もいるかも知れず、安全を考慮したということかもしれない。
電源自体の効率も良くない可能性もあるにはあるが、たぶん安全のためだろう。
ファン回転を制御する改造を施すなら、使用するパーツと目的に合わせた風量の検討が必要だろう。

ちなみに私はうるさくても一向にかまわない場所に置いているので改造なし。
ただ、もし改造するなら、電源ファンの回転数制御あるいは交換、さらに光学ドライブマウント下の空間部分(ケース)に吸気口を開口しファンを新設する。

もっとも、リビングPCにするならば、スマートにITXでまとめるというのが一番賢い方法かも知れないな。

サイズよ、これは良い製品だ。
応援しているぞ。