vanxie rc-0801

以前改造したセンチュリーのケース。
ケースファンを増設して筐体内温度が以前より速く低下するようになった。

で、唯一在庫だったHDDが2.5インチHDDであり、ちょうどサイズがぴったりだったのでこれまで使っていたが、1TBのHDDが一個フリーになったので載せ替えることに。
しかし純正のHDD&光学マウントを設置するには現状のAMD純正CPUクーラーが邪魔。

高さ的に良さそうなvanxie rc-0801というのがちょうど発売になったので発注。
ところがこれが入荷2ヶ月待ち。
どういうこと、これ 🙄

2ヶ月後、ようやく到着したので装着。

バネ式ではなく、ネジで留めるタイプ。

ネジ止め式ではあるが、マザーのマウントを外さないといけないらしい。
これは6100-itx。
裏側からピンの中心を押し出すか、あるいはラジペンなどで表面からピンの中心を抜くか。

マイナスドライバーで裏側から押し出す方を選択。

CPUクーラー固定マウントを外したら、その開いた穴を利用して今度はクーラー止め。
基盤が曲がらないように裏のあて板は必要なのかと思いきや、間に挟むのは厚さ的に不可能。
そんなわけで慎重にネジを回す。
対角で順番に留めていく。
(ネジ長が均一であると仮定して)ネジの出具合がそろうように、かつきっちり装着されているか確認。
そして本体に装着。

ドライバーで長さを見てみる。

わかりにくいが、10mm弱の隙間がある。
これなら風量も確保できるかも知れない。

さて、装着での静音化期待であるが、どうやらあまり過度の期待はできないようだ。
以前のフルロード時の騒音(AMDクーラー)に比べるとはるかに静かであるが、うーん。
ハンディクリーナーの騒音がミドルレンジのGPUフルロード時程度に落ち着いた感じ。
まぁそれでもアイドルは結構静かなので、TDPの低いCPUであれば充分満足できるような気もする。 😉

最後に。
以前の6100-itxの不良であるが、今回マザーを外して気がついた。

電源コネクタ装着側は中心部分で1ミリ強の反りがある。
反対側はきれいにまっすぐ。
ハンダ付けの時の熱か、接着時の力がかかったままなのか、もしかしたら原因の一つかもしれない。

スリープ復帰失敗はグラボ?

さて、追記で書いておいた方が読みやすいと思うのだが、結論がはっきりしたようなので新規とする。

asrock 870 extreme3 R2.0 で頻発したスリープ復帰失敗。
二枚差しからGT640 一枚へ変更後は今のところ失敗、不具合無く快調である。

一方で、8600GTとGT210の二枚差し asrock 970 extreme4。
8600をextreme3 R2.0から外したGT440へ変更した。

そして今日。
今まで一度も不調に陥らなかったextreme4の方が全く動かない。
スリープに入ったまま、たぶんwhs2011の自動バックアップのために起動した際に固まったまま、動かなくなった。
電源ランプは点滅し、全ての入力を受け付けない。
リセットも。
エラーコードは00を表示したまま。

これでどうやら原因は絞られた。
extreme3 R2.0に問題があると思い込んでいた私にとって「青天の霹靂のごとく」である。
ビデオカード周りに問題があった。
全くの盲点であった。
正確にはDisplayport接続に問題があった。
なぜならDisplayportにケーブルを接続すると上記のように全く動かなくなる。
外せば動くからだ。

こちらとあちらではDisplayport接続のモニター自体、また接続ケーブルも違う。
であるならば、疑いはカード自体であることが濃厚。

一方で、腑に落ちないこともある。
なぜextreme4へのインストール初回、ならびにその後数回のスリープでは動いたのか。
なぜextreme3 R2.0では失敗したり、成功したりと結果に波があり、一様ではなかったのか。

あくまで推測であるが、これがいわゆる相性なのかもしれない。
一方ではインストールもスリープ復帰も致命的な問題はなく、また一方では操作一切を受け付けないという致命的問題を発現させたのだ。
グラボは同じで、二つの違う結果。
Displayport自体が黎明期、あるいはthunderboltにより終息するかもしれず。
立ち位置微妙で今後この辺りの問題がクリアされるか、少々心配である。

一方、ふうえんさんち では… DisplayPortの不具合(含む追記)
GT430とのことで、全く同じではないが、zotacのグラボ。
しかもdisplayport。
この世代のgeforceだとdisplayport使用は少々鬼門かもしれず。 😥

いやまて、以前のzotac 6100-itxの件もある。
あれも一様ではない結果をもたらした。
実はそっちの方が個人的な相性なのか??

<2012.07.18追記>
失敗するときは徹底的にそうなっていたasrock 870 extreme3 R2.0であるが、スリープ復帰失敗を全くしなくなった。
同じくGT440換装後に全く復帰しなくなったasrock 970 extreme4であるが、これもまた不具合無くなった。
どうやらzotac GT440のDisplayport を使わないことが正常動作の条件のようだ。

DELL U2711 Displayport再び
GeForce GTX670購入一週間
こちらと同じく、型は違うもののうちもDELLのディスプレイを使用している。
また同じく、Kepler世代のDisplayport接続では問題ない。

上記のように、BENQディスプレイだとGT440のdisplayport接続だとおかしいがそれ以外の接続なら問題ないし、犯人はDisplayport接続である可能性が極めて高い。
今後発売になるであろう、GTX660か、GTS650のdisplayport搭載ボードに載せ替えるつもりなので、それでわかる(かも知れない)。

<2012.08.06追記>
絶好調のGT640であるが、一方移設したzotac GT440を搭載した970 extreme4 は設定がたびたびリセットされるようになった。
現在とこれまでも、3画面のディスプレイのうち一枚は立てて使っている。
これがスリープ復帰してみると水平方向(デフォルト)に戻っている。
以前の870 extreme3 R2.0 でも同じことがあった。
共通するのはGT440が載っているという状態。
結局はGT440を使うのをやめて、8600GTを使っている。
2画面という少々使いづらい環境になってしまったが、おかしくなるよりマシ。 😥

<2012.08.15追記>
相変わらず調子がよい。
というよりこれが正常なのだな。
不具合長いと正常動作が輝いて見える。

さて、GT440を外すことで全ての問題が解消したのだが、ついでに気づきを。
GT440をディスプレイポート接続で使っていた頃の870 extremeの方では、よく使うソフトの設定が吹っ飛んでしまう現象にぶち当たった。
ユーザー設定がまるごと無くなるのである。
その頻度はまちまちで、多いときは数日で、少ないときは一ヶ月に一回くらい。
設定ファイル自体がなくなるので修復のしようがなく、大変困った。
ただ、WHS2011のバックアップがあるので、少し前のソフトをまるごと復元すると元に戻せた。

こんな困った症状が今ではすっかり無くなった。

それに加えて970 extremeでは画面設定のリセットも無くなった。
これは前回の追記と重なるが、GT440を使っているときはディスプレイの配列もリセットされていた。
識別番号で言えば、2→1となっていたものが1→2という風に勝手になってしまっていた。
これも現在ではなくなった。
こう考えると、ATiだろうがnVidiaだろうが、「だめなときはだめ」ということであって、オンボードだろうがPCIeだろうが、「だめなもんはだめ」ということなのだな、きっと。 🙄

GT640へ変更

ここ最近はスリープ復帰失敗が二回に一度と頻発するasrock 870 extreme3 R2.0であるが、BIOSを最新へ書き換え、ウィンドウズアップデートを適用し、NOD32を新バージョンに更新したりしたついでに、nvidia geforce GT640へ換装した。
(古くは)HDMIの音声オンチップ対応や多画面出力でハードウェア的にはradeonに毎回周回遅れしていた感のあったgeforceだが、これでようやく追いついたようだ。
むしろDisplayportの多用を強いるradeonよりも使い勝手は良いように思う。
WinFast GT640 2GB

さて、9600GT(リファレンスデザイン)とGT440の二枚差しで3画面を構成していたものを、今はGT640一枚で構成できるようになった。
fermiの消費電力が嫌だったのだが、そのあたりでもkeplerではきちんと乗り越えてきた。
GT440よりも若干低い消費電力であるならば、9600GT一枚分は最低でも電力低減できる計算。
4gamer

現在D-subは使わない形で3画面出力している。
発熱が少ないからか、ファンの冷却ノイズの面でも確実に静かだ。
まぁ、いままでの1スロットの9600GTがうるさかったせいでもある。

今のところ、スリープ復帰失敗は一度も無い。
しかしこればかりは様子を見ないと断定できない。
CPU切替器が失敗の一因であった過去があるから。

あと、何故だかGT640付属のドライバを適用できなかった。
さらに、physx更新で動作が止まる。
オーディオドライバだけが適用できない、などなど。
nVidia のドライバで全て解決したわけだが、winfox 3.0というのが導入できなかったことも付記しておくか。
まぁ、必要ないのではあるが。

bios update

Asrock 870 extreme3 R2.0。
これが今も昔もスリープ復帰に失敗する唯一のPCマザー。
これまでの経緯からして、どうにもBIOSが怪しいのである、という結露(推測)に至ったわけだ。
そこで改めてアップデートしてみることにした。

発売後しばらくは頻繁にBIOSアップデートがアップされて、こちらとしてもスリープ復帰障害をなんとかしたかったこともあり、かつて数回このマザーで更新をしてきた。
だが、それすらも一筋縄ではいかなかった。
現在最新が1.80のようだが、小数点以下が奇数番のバージョンに更新するとおかしな動作になった。
BIOSではマウスも動作するのだが、それがなぜかマウスが動かない、動いても垂直方向しか移動しない、という事象におちいった。
今考えればマウスを使わなければ良いだけの話と言えるのだが、バージョンアップしたつもりがなんだか機能低下したようで嫌いだった。
だからこれまでは安定版(自己認識)である最新の1.60を使ってきたわけだ。

これを1.80へ。
ところが、UEFIからinstant flashを実行しても、更新ファイルを入れたUSBメモリを認識せず no supported device と表示されて動かない。
当然電源投入時のF6キーでの更新も動作せず。 😡
フロッピードライブもディスクも持っているが、いかんせんこのマザーにはI/Oポートがない。
XPの起動ディスクCD版を以前作っていたのでこれを利用してCDを作って起動してみようとか、USBブートはどうだろうかなど、さんざん試行したが手間暇かかってできるのはBIOS更新だけで「メリットデメリットのバランス悪し」だと悟り中断。

試しで、CMOS clearしてみると、あっけなくUSBメモリを認識してくれた。
USBハブを外したり、切替器のUSBを外したりしたことが無駄だった…。
とにもかくにもバージョン1.80にはなったものの、スリープ復帰がうまくいくのか今はまだ不明。
本気でIvyに乗り換えようかと考えている今日この頃。