core i7 3770K & phenom x6 1090T

あー、いきなり表の間違いに気づいた…。
アイドル&prime95のワット数があべこべ。

で、ハードウェア構成。
従前がAMD。
———
phenom x6 1090T
メモリー 8GB (2GB x2)
geforce GTX460
HDD 2TB x2
光学ドライブ BD x1
CPUクーラー x1
ケースファン 12cm x3
80PLUS bronze電源

更新後intel。
———–
core i7 3770K
メモリー 8GB (4G x2)
HDD 2TB x2
CPUクーラー x1
ケースファン 12cm x2
80PLUS bronze電源

エンコマシンとして省電力化&スピードアップを目指したマシン。
ちなみに私所有のものではない。
QSVがどれほど速いのか、それにどれだけ消費電力を削減できるのか気になっていたので、いろいろと調べさせてもらったわけだ。

更新による結果。
DVD画質程度の低解像度の場合、x264ではなくQSVによる処理により数倍速い。
解像度が高くないので一般に言われるように「画の荒さ」にも気づきにくいようだ。
高精細を求めなければ、例えばモバイルなどで使うならQSVは相当に有用だといえる。
時間が短くなっているので当然電力消費もその分少なくなっている。
ただし、TS→mp4へのエンコードで、x264による処理後サイズに比べて容量は大きい。
品質ではなくビットレート数指定のみなので画質とサイズのバランスを取らねばならず、妥協せねばならないようだ。

一方のx264では、AMDだと2個同時並列処理で等速に近く処理していたようだが、intelだと3個同時並列処理で等速よりも少し速く処理していた。
つまりは高解像度にしろ、モバイル向けにしろ、3770Kはかなり良い。
消費電力の面でも優位である。
そもそもintelマシンにはGTX460がついてないので、それだけでも随分違うはずだ。
というか、アイドルだけで3倍の差があるというのが驚きだ。

D525MWの場合

前回に続いて、シュワルツバーグノーマル&ayakaze 300。

今回はIntel Atom D525MW。
WHS2011に使用していて24時間稼働状態にある。
現状80plus bronzeであるシュワルツバーグノーマルを使用しているし、丸一日稼働とはいえAtomでもあるので、ACアダプター仕様にでもしなければ一段の省電力化は計れないような気がする。
が、一日の電力消費も気になるので試してみた。

確実に消費電力が下がっているのは間違いないのだが、魅力に乏しい。
構成は以下。
Intel D525WM
メモリー 2G
HDD HD154UI(1.5TB) + ST3000DM001(3TB)
HDDマウントクーラー 80cmケースファン x1

ちなみにayakaze 300についてであるが、Atomに使うのなら問題になりそうにないが、普通のデスクトップに使うなら少々電源コネクターの数が少ない。
実際、ayakazeを870 extreme3 R2.0で使っているが、HDDと光学ドライブで計4つのSATA電源コネクタが必要であるが二つしか無く、変換ケーブルで間に合わせている。
もうちょっとコネクタ数はおごって欲しかったところだ。

Athlon II X3 Triple-Core 445

Athlon II X3 Triple-Core 445 (コアアンロック4コア化)
asrock 870 extreme3 R2.0
メモリー 3GB + 21GB(xFast RAM)
Leadtek GT640(三画面出力 displayport HDMI DVI)
HDD HD154UI(1.5TB) + WD20EADS(2TB)
ケースファン8cm x1
CPUクーラー kabuto
DVD x1
BD x1

vista home basic 32bitで運用中。
このPCで省電力化を図る。
電源の80 plus 対応度で、どう数値が変わるかをチェック。

サイズ core power3 400W(80plus無し)

サイズ シュワルツバーグノーマル 600W(80plus Bronze)

Huntkey Ayakaze 300(80plus Gold)

無印から順当に電力消費量が減少している。
300Wとはいえ、80plus Goldが4000円程度で購入できるのなら、古い電源は更新した方が良さそうだ。

で、さらにk10statでCPUのコア電圧を下げてみた。
最大負荷時を1.275Vにする。
prime95で検証。

RPSB-600 155W

ayakaze 300 143W

どうやらk10statの設定だけでも結構ワット数が下げられるようだ。
それぞれの電源で20W程度ピークが下がっている。
それでもやっぱりIntelの方が電力使用量対効果が良いようだ。 😐
それはまた別の記事で。

マルチメディアコンセント配線失敗

壁面埋め込み型のLAN接続コンセント(LAN用モジュラージャック)がついたマルチメディアコンセント

型式はWTF1681Wかな、たぶん。
ここでの接続に不具合があって前述の10Mbps化&エラーとなっていた。
こんなところで接触不良になるとは微塵にも思わず。 😥
余計なところを調べまくっていた。

で、パナソニックにて施工説明書を確認してみた。
これによると、適用電線の指定があった。
AWG24~22(φ0.5~0.65)とのこと。
どうやらこれが問題だったようで、規定よりも細かったのが原因だったようだ。
ノギスで信号線の径をはかってみると、被覆の直径で0.7ミリ。
被覆を剥いて銅線の径をはかってみると0.2~0.3ミリ程度。
細いんだろう。

もともと安いケーブルを使ったから、というのが一つの要因だろうが、何よりも加工用のケーブルを使用せずに既存の接続用ケーブルをぶっちぎって使ったからというのが最大要因だろう。
かしめる工具なんて持ってないし、何回使うかわからないようなものを買うのも嫌だったし…。

ともかく換えのケーブルもないし、このケーブルを使い回しするしかない。
被覆を長めに剝いで銅線を折り返し、被覆とともにかしめる。
今のところこれで100Mbps→10Mbps化&エラーは出ていない。
信頼性に欠けるやり方であるが、仕方ない。 😡

M210

簡単レビュー。(LT-V200との相対レビュー)

M210
LT-V200よりも重くて堅くて、あちらがメディアプレーヤーぽいとすれば、こちらはまるでmini-itxなPC風情である。
V200の方はリモコンの受講範囲があきらかに狭いのだが、これは相対的に広め。
起動に関しては反応は早い。
処理そのものの時間(例えば起動時間)は大差ないので、使用感は似ている。

動画を再生しようとリストを表示させると動画のビットレートを読み込んで表示するのだが、少々鬱陶しい。(ネットワークスピードテストをしているらしい)
待ち時間を減らすために動画プレビューはV200にせよM210にせよ無効にしているのに…。
これに関してはV200の方がいい。

また、動画のリスト表示で文字数が少なくてスクロール待ちしないと動画を選択しづらいというのも鬱陶しい。
V200は設定で変更できるのだが、M210は変更できないようだ。
これもV200の方が良い。

my_shortcutに登録する、V200で言うところのマイフォルダーへの登録であるが、サーバーのアドレスは登録できるのだが、サーバー内のフォルダへ直接リンクできない。
何か設定があるのだろうか?
これもV200の方が良い点。

ただし、全体の使用感、操作感で言うと、M210の方がより良い。
なぜなら、V200のシステムはどうも良くない。
動画再生中に突如接続が切れるとか、同じく突然再起動になるなど、致命的な不具合がM210には無い。
全く同じ環境である(ただリプレースしただけ)にもかかわらず、V200のこの不安定なシステムはもっとも鬱陶しい。

<2012.09.10追記>

追記から数日後、M210でも接続不能状態となった。 🙄
ログインのためのユーザー名とパス入力画面が出てくるだけで、延々と入れないという現象。
M210の方が良い的なことを書いた後なのに…。

以前、ルーターのファームのせいで痛い目に遭ったので前回はルーター設定を重点的に調べていたのだが、再度調べてもどうにもおかしなところがない。
他からのコネクションでは接続切れはないのだから。
なので、今度は物理的な障害ではないだろうかと疑ってみた。
接続コネクターピンポイントで。
壁面に埋め込み型のジャックがあるのだが、マルチメディアコンセントと言うらしい。
ここにPCを接続してみた。
DHCPでIP取得がうまくできていない。
よく見ると、本来100Mbpsなのに10Mbpsとなっている。
これはどう考えてもおかしい。
コネクター部分を揺らしてみると接続が切れるようだし。

で、コンセント裏を調べる。
詳細は別記事とするが、どうも接触が悪くてエラーとなっているようである。

その後、数日経った今、不具合は見られない。
これでようやく両者の比較ができると言えそうだ。
原因は私にあるのだが…。 😡
で、使いやすさ、家電っぽさ、V200 > M210 という結果。
ただし、その分値段も違うので、トータルで見ると似たり寄ったりか。