windows8を試す

起動するとログオン方法を選択することになるが、これが今までのOSと違う点。
メールアドレスを入力するとそれでログインできるようになり、それを他のPCでログイン時に使えば環境などを同期して、つまりは使い慣れたデスクトップで使えるそうだ。
なんせまだほかのPCで試したことはないので、どのように同期されるのか知らない。
セキュアブートといい、このログイン方法といい、共用の場合のセキュリティが合理的に考えられているように思う。
今回は従来のユーザーとパスワードを設定。

あとはなんだかんだと適当に設定してインストール完了。
起動が速くなっているらしいが、これまでのプレビュー版はかなりの年代物のHDDにインストールしたので速かったのかどうかがよくわからなかった。
試しに再起動をしてみると、POSTが出てから約15秒でwindows style UIが表示となる。
SSDだから速いという点を加味しても、これは相当に起動が速い。
これならタブレットにかなわないとしても、大きく引けを取らない快適さだろう。
私の場合はスリープメインなので恩恵はないのだが、これはすごくいい。 😉
vistaだとHDDからSSDに変えるだけでかなりのスピードアップになったのだが、これはそれとは別の次元の違う早さである。
ガジェットが含まれていたので対等な比較にはならないが、従前のvistaだとデスクトップが使えるようになるのにSSDでも1分30秒はかかっていた。
それがwindows8だと20秒弱。
もともとtrimに対応していないのでvistaから変更しようと考えていたのだが、それ以上にありがたい結果になった。
ちなみに、SSDなのにvistaの起動が遅いというのは性能の低いSSDを使用しているから。
それはまた別記事で。

一方で困るのはデスクトップ。
windows8だとデスクトップは一つのアプリとした扱い(みたい)。
タイルという独特のスタート画面、windows style UI。
二日ほど使ってみてようやく慣れてきた。
以前使ったClassic Shell は使わずになれることにしてみたのだが、やはり独特。
マウスにはあわないように思う。
マイクロソフトがそう願っていると思うのだが、アプリの種類が充実してきて選択肢が増えればこのUIでも使えるのではないかという気がしている。

今度はDVD再生。
現在無料&期間限定でWindows Media Center を Windows 8 Pro に追加できる。
指示通りでプロダクトキーを得たら、「システム」で「機能の追加」を選択してキーを入力したらダウンロード&インストールできる。
これでDVD再生ができるようになった。
しかもISOのマウントができるwindows8なので、純正でありながら大変快適。

<2012.11.04追記>

windows8 pro upgrade dl版を入れる

28日だとてっきり勘違いしていたwindows8の発売。
ニュースで知ってすぐにマイクロソフトのHPを見に行った。
情報が少なくて心配したが、日本でもちゃんとダウンロード版が発売されていた。
@3300円。
安い。
windows7であったようなファミリーパックを期待していたが、これなら充分安い。
もちろんこれまでのマイクロソフトのウィンドウズシリーズの中で、という意味。
パッケージ版を焦って買わなくて良かった。 🙂

レビュー版を二つ試したwindows8なので特に問題はないだろう。
と、思ったが、どうやらちょっとした違いが。
アップグレード版なのですでにインストール済みのOSがある前提なのだが、そのOSのbitによって購入できるバージョンが変わるようだ。
ほとんどが32bitだろうXPとvistaだと、流れとして自然と32bitとなりそうなのだ。
パッケージ版は32bitと64bitが入っているそうなので選択できるそうなのだが、ダウンロード版はそれができない。
ずぶの素人にもできるようにという配慮かもしれないが、選択できるようにして欲しいところだ。
今回はvista 32bitと7 64bitで試してみた。

なお、購入にはpaypalかクレジットカードが必要。
で、早速インストール。
念のため両bitでDVDインストールディスクを作った。
インストール途中で「そのままインストール」と「ISOファイル出力」「(もう一つ、失念…)」を選択できる。
ここでひとつ、失敗が。 😥
何度インストールを繰り返しても同じところでエラーとなる。
どうやらディスク書き込みに失敗していたようで、違うドライブでISOを書いたら正常にインストールできた。

ドライバーをあてる必要もなく、淡々と終了。
次に、起動を試す。

ハード&ソフトが年末に向かって盛り上がり

もうじきでwindows8の発売。
今日はあと1時間後にiPad mini(たぶん)にまつわる発表。
nexus 7の記憶容量アップ版が出るとかでないとかも気になっている。

どうも今年は年末商戦に向けて興味深い動きが多い。
そのいずれか、あるいは全てにおいて導入予定であるのでしばらく楽しめそうな雰囲気。

で、まずは確実に入手するであろうwindows8の話。
おもしろそうな記事があったのでリンク。
3分でわかる Windows8の新機能15

個人的に気になる部分。

【その5】コピーや移動の一時停止が可能
これはまぁタスク順にコピーできるFFCがあるので至急必要であるわけではないが、FFCを入れていないPCの場合はたいていコピータスクを手動でキャンセルするなどのマニュアル作業が必要となるので便利だと言える。
さらに…、

【その6】ファイル名競合時にサムネイルで確認できる
これは!
コピー作業で大変便利。
PC作業でファイルコピー作業は結構な部分を占めているという調査報告があるので、きっと役立つ人も多いのではないかと思う。

【その7】ISOファイルのマウントをサポート
これはとてもうれしいのだが、10月以降リッピング自体が違法行為となる日本国内において、どうにも微妙。
規制でがんじがらめが好きな日本より、海外の方が幸せなような気がする。
リッピングしたからと言って実際に罰則があるわけではないようだが、コピー10といい、日本とは変な国である。
損害があった場合に訴訟で決着というアメリカのスタイルの方がとても理にかなっていると思うのだが…。(金額には驚くけれども…)

【その8】USB3.0を正式サポート
ESETのNOD32をインストール時やOSインストール時など自分の認識外で不都合があって、まぁ要はそんなところに伏兵がっ的なことなわけで、解決に至るのに時間がかかっていた。
速度も向上するなんてうれしい話である。

【その15】GPUを使って2D表示が高速化
最後がこれである。
実際にどれだけ変化があるのかわからないが、ちょっとだけ楽しみである。

WHSといいwindows8といい、PCがスマートなまま使えない状況の日本にうんざりなわけだが、それでもwindows8には期待している。
ただし、startボタンがないのは最大にして最強の不便さである。
従来のスタイルを一発で再現できるボタンが欲しい…。 🙄
あと、ダウンロード版に関する情報がほとんど無いのが気になるのだが、販売方法はどうなるのだろうか。

karnel power 41の現状

以前の使用機では全く不具合の無かったGA-MA78GM-S2Hであるが、ケースを入れ替えてからというものkarnel powerエラーに悩まされていた。
それでもマザーの電源コネクタがごくわずか浮いているという初歩的ミスから回復してから快調だったのだが、やはり完調ではないようである。

しばらく全くエラーがなかったので安心していたので確認しなかったのだが、過去のエラーをよくよくチェックしてみるとどうも夏場にエラーが集中しているようである。
ケースをお尻酢に変えてから、なわけであるからここがキーポイントなのかも知れない。
ただ、メモリーも正常稼働時と状況が同じかどうか定かではないので、あるいはここも注意しておく必要がありそうだ。

まるごと他の基盤に交換してしまうと言うのも手なのだが、もうしばらくこのまま様子を見てみる予定。 😥

韓国→日本の国際郵便

今までアメリカとシンガポール、中国は郵便を利用してやりとりしたことがあるのだが、韓国はなかった。
訪韓者から「安くてうまくて楽しい」という感想を聞いていたので、初めてだがちょいと部品を頼んで試してみるかと思いやってみた。
今後の参考のためにその所要日数を残しておく。

これまでのもの全てEMSではなく普通の郵便だったと記憶しているが、距離に応ぜずアメリカが一番到着が速かった気がする。
いろんな意味で遅かったのが中国だが、まぁシンガポールとも一週間程度の差しかなかったのだから、たいした違いも感じない。
対して韓国は近いだけ有って他より速い。
一週間前後だと踏んでいたので予想よりも遅いのだが、それでも郵便で10日なら良いのかも。