windows8でatok2009

他のatokでどうなのか知らないが、少なくともwindows8向けサポートがされないであろう旧バージョンは挙動がおかしくなる場面がごくまれにある。
通常ではごく普通、今まで通りなのであるが…。 😐

アプリ(ソフト)毎に日本語入力が切り替えられるのがwindows8の特徴だったと記憶する(どこかの記事で読んだが、自信なし)が、通常必要のないsmplayerでの動画視聴の際も普段はパレットを消しているのに日本語入力状態になっている。
GTX660の動作確認のために試しで入れたdirt2というゲームの稼働中も右下にパレットの形状の白枠が現れる。
とまぁ、本来必要のないソフトであってもなぜかatokが起動してしまう。
そしてその出現頻度に応じる形で入力方法が突如半角英字固定になってしまうという現象増加に見舞われ、都度パレットで切り替える必要に迫られる。
切り替わりのタイミングで某かのキーを押してしまっているのかも知れない。

Windows 8 RP でアプリごとにIMEを手動でオンにしたい

上記を参考に変更後、現在までのところ不具合はない。
とはいえ、不意のatok出現を抑えているだけなので根本の解消とは言えないだろうが…。 🙁

<2013.01.30追記>

FireFoxを常用しているので特に困ることは無かったのだが、windows8のIEでatok2009を使ってアドレスバーで入力検索しようとすると動作が止まる。
ジャストシステムHPでwindows8対応状況を確認すると、現状非対応のようだ。
なので、IEだけはIMEを使うことにしている。
「アプリウィンドウごとに異なる入力方式を設定する」をチェック。
atok_gengo

<2013.02.26追記>
さらにワードパッドでもatok2009だといつものように半角/全角ボタンで入力を切り替えようとすると強制終了することを確認。
その他のMSソフトでもそうなるのかも知れない。

displayportでモニター電源のオンオフ

3画面化してから数年経つが、今になってようやく気づいたことがある。
windows7のPCで、displayport接続している場合にモニターの電源の入り切りで認識が変わるようだ。
今まではどのモニターも主電源は入れっぱなしだったのでそのような現象を見ることはなかったが、多少は省電力だろうと今回初めてモニターの操作をしたわけだ。

どんな事例かと検索してみていろいろあったが、例えばこれ。
Windows7がDisplayPortを見失う場合の回避策

radeonでも起きる現象のよう。
displayportというのはそういう規格らしい。
よくわからんが…。 😐

試しにwindows8で主電源のオンオフを試してみたがずっと認識されたまま。
稼働中、スリープ中、ともに変化ない。

本題のwindows7の方である。
これは稼働中にオンオフすると、つられてOS上でもきちんと認識がオンオフとなる。
遷移中、他のモニター全てが一端ブラックアウト(2秒くらい)してから再表示となる。
おもしろい機能である。
モニターを立てて使っているので状態が初期化されると大変面倒であるが、再認識してもきちんと記憶していてくれるようだ。
だが、スリープ中に先にディスプレイの電源を入れて、それからパソコンをスリープから起こすと自動で表示とはならない。
「画面の解像度」で使えるように設定すると従前のように使えるのではあるが、少々不便。
スリープ中ではなく稼働中に電源操作すべきだろうな。

だがしかし、全ての環境で再現されるかは不明。
windows8のdisplayportはDell。
windows7のそれはBenQであり、モニターがそもそも違う。
両者ともnvidiaでドライババージョンはともに同じあるが、windows8はGTX660、windows7はGT640。

もし、かつてさんざん不具合となったGT440のdisplayport接続だと悪い症状が出そう。(あくまでイメージ)

<2012.11.29追記>

モニターが違うので結果保留だったが、どうやらwindows8でも同じようだ。
モニターの付け替えは少々面倒と思い躊躇していたが、モニターの電源ボタンでの入り切りだけではなく、電源アダプターから抜いてみることで同じ状況を作れると思いついた。
早速試した結果、BenQのモニターと同じ挙動がDellのモニターでも確認できた。
稼働中にアダプターを抜くと「画面の解像度」が現れて一枚少ない現況が表示された。
再度アダプターを入れるとモニターが認識された。
どうやらDellのモニターは電源ボタンで切っていても信号を出している様子。

windows8 ライセンス認証

itx-6100をvistaのスリープで常用していると、ハードが古いせいか、3週間くらい使い続けると動作が遅くなる。
ソフトの反応が遅くなる、最もわかりやすいのがスタートボタンを押してもスタートメニューが表示されるまで3秒くらいかかるようになるのだ。
そのようなわけで2週間くらいで再起動をかけるようにしてきた。

まぁ面倒くさいというほどのこともないのであったが、ついでだからwindows8に変更して様子を見てみようと考えた。
評価版の時の感想と違って、すっかりwindows8を気に入ってしまって、他のPCに触ると思わず画面隅を探ったり、画面上部をドラッグしようとしたり…。
で、これでとうとうvistaPCが全てwindows8に変更になった。

vistaからダウンロード版アップグレードを実行。
いままでアップグレードしたPCがSSD搭載だったからか、インストール自体に比較的時間がかかった。
また、速くなっているはずの起動時間だが、vistaとたいして変わらず、スリープ移行に至っては2~3秒ほど余計に時間がかかるようになってしまった。
vistaのときは3秒弱くらいでスリープになっていたので、倍近いわけか。
さらに、電源ランプが点滅してからスリープになるというおもしろい挙動を見せる。
同じハードなのに…。 🙄

アップグレードしてから1週間くらいか。
突如、ライセンス認証しなさいとの画面表示。
えぇ!?、確か「ライセンス認証されています」表示があったぞ。 ❓
なぜ?

オンラインでの認証が通らず、電話をかける羽目に…。
電話で入力する文字数が7桁になって、入力文字数が増えている。
電話でのライセンス認証がそもそも面倒なのに…。
オペレータと話すと、そもそもライセンス認証できていなかったのでは?と言われる。
あるいはハードウェア構成が更新された?とか。
ハードの変更は全くないのですが…。
そもそも初回なら電話認証にすらならないのでは…?
納得できる回答を得ることはできなかった。

すでに2台windows8proをアップグレードで導入しているのだが、これらではそんなことにはなっていない。
前2台との違いがあるとすれば、インストール時にDVD(ISO)を作ってから実行したのに対して、今回はそのままインストール。
そもそもプロダクトキーを入力した覚えがない、自動実行である。(もちろん再度インストールのためにキーは書き留めておいた)
だからこそ、ライセンス認証ができたのか「システム」で確認したのを覚えている。
それなのに電話認証させるとは…。 🙁

あと、構成が変わったとすれば、media centerを入れたことくらい。
でもハードじゃないし。
そういえば思い当たることが一つ。
vista時代に一度HDDを入れ替えている。
もしかしたらそれが引っかかっているのだろうか?
vistaでのライセンス認証時のハード構成が引用されているとか?
だとすればvistaでライセンスが引っかかりそうなものだが…。
原因は解明しそうにないが、ともかくライセンス認証がうざいのは変わっていない。

調べたが現在似たような記事は見かけないので、特殊案件なのかもしれない。

<2012.12.04追記>

別のPC1台も、久しぶりに起動したら電話認証を求めてきた。
全てがそうなるのかと思いきや、メインのPCだと認証うんぬんは無い。
起動時間(認証のタイミング)が関係あるかと思ったが、前回のPCは頻繁に立ち上げているからそうだとは考えにくい。
認証のタイミングとしては一律、media centerを入れた後なのでこれが関係しているのかも知れない。
だがしかし、メインPCにも入れているのに…。

windows8proダウンロード版アップグレードですべてvistaから。
エディションはばらばらで関係なさそう。
もう認証になるPCは無いので検証はできそうにないが、時間の浪費でうっとうしい電話認証は何とかして欲しい。

gtx660導入

intelで3画面モニターを実現しようとして失敗に終わったwindows8マシンであるが、好みのgeforceがでるまでdisplayport出力のあるradeon HD5450を使ってしのぐことにしたのはしばらく前。
使っていくうちに、何故だか5450のdisplayport出力のモニターだけちらつき(1秒くらいの信号ロス)が発生するようになり、嫌気が差してきた。
これはたぶん、あくまで勝手な推量であるが、microsoft標準のドライバーによるものだと思われ、AMD提供のドライバーを使用すれば治るのではないかと思う。
ただし、私の場合はgeforceにすることがすでに決まっているので余計な周辺ソフトを入れたくない。
昔はradeonでもグラフィックドライバーのみのダウンロードができていたような覚えがある(不確か)が、今はどうやらcatalystがすべてを包含するようなので導入しなかった。
選択すればドライバーだけ入れられるはずだが、確かinstall managerなるものも一緒にインストールされてしまうように記憶している。
失念で不正確。

イライラしながらgeforceを待っていたがもう待ちきれない。
本来はGTX650あるいはTiつきを選択したかったのだが、DVIx2でdisplayportが備わっているカードが存在しないので、しかたなくGTX660をチョイス。
ゲームなどしない人間にとっては全く持って無用の長物である。 🙁
だが、背に腹は代えられない。

Palit Microsystems
GeForce GTX 660 OC(2048MB GDDR5)

大きさ比較。

micro-ATXに無理ない大きさで、5450の方が全体的にコンパクトにまとまっているが、これよりはるかに高性能なカードがこれに近いサイズで収まっているのはありがたい。
早速三画面。
displayport出力も問題なく、載せ替え後しばらく使っているが快調に使用中。(displayport x1 + DVI x2 = 3monitor)
まぁ、640で正常動作していたので不安感は無かったが、これでともかく一安心。 😉
もちろんnvidiaのドライバーを当てている。

これだけだとつまらないので、せめてWEIでも。
5450の時のもの。

GTX660の場合。

かなり向上しているようだが、ゲームしないのでどう違うのかわからない…。
仕方ないのでcinebench 11.5というやつを試してみた。
intel core i3 3225 & nvidia geforce GTX660

私にとって一番気になるのは消費電力。
*************
HD5450
アイドル 51W
GPU負荷 59W(by StressMyPC 2.01)
CPU&GPU負荷 76W(同上)
動画再生 53W
*************
GTX660
アイドル 52W
GPU負荷 130W(同上)
CPU&GPU負荷 90W(同上ただし全負荷になってない様子なので無効)
動画再生 55W
*************

660のテスト中もっとも消費電力が高かったのがWEIのDX10 geometry計測辺りで、180Wまで上昇。
ハード構成は
core i3 3225
メモリー 24G(8GB x2 + 4G x2)
SSD x1
HDD x2
DVD & BD x2
電源 80plus Gold ayakaze300(300W)

PC動作の多くの時間がアイドルであるような使い方であると、5450でも660でも大差ない。
さすがにiGPU(HD4000)の40Wにはかなわないが…。
いつかはインテルのiGPUで3画面を構築してみたい。

<2012.11.20追記>
ついでに4画面表示を試してみた。

いつもの3画面(displayport x1 & DVI x2)に加えて、HDMI出力をDVI変換して4枚目のモニターに接続。
左端のものが少し古い型で、16:10のモニター。(試験用)
右端が縦置きのモニター。

ram drive構築

メモリーが大容量でも安い昨今、ここ数年はハード更新の度にRAMドライブの容量アップがなされてきた。
扱う個々のファイルの容量もGB単位も珍しくなくなり、リードライトともに超高速なRAMdiskはとても重宝している。

atomは除いて、十年近くぶりくらいにintelマシンを使うことになったので、amdとintelでそれぞれcrystaldiskmarkをやってみた。

960T 6コア化
asrock 870 extreme3 R2.0
メモリー ddr3 1333 x4 (8GB + system 8GB)
windows7 64bit
asrock xFast RAM

core i3 3225
asus P8H77-M PRO
メモリー ddr3 1333 x4 (20GB + system 4GB + 無駄な8GB)
windows8 32bit
【フリーウェア】最大64GB対応・RAMDisk「RAMDA」

amdとintelでメモリコントローラの違いが結果に表れたか。
ソフト自体が違うので絶対の自信はないが…。 😐

使い慣れ親しんだasrockのramが使えなくなってしまったので、新しく物色していてramdaを発見。
まだ若いソフトのようだが、これは良い。
gavottoを過去に使ったことがあるが、こちらは日本語。
まぁ英語でも困ることは何もないのだが…。 🙄
また、他のメーカー製ソフトと比べて価格も割と良心的。
現在はキャンペーン価格らしいが、ずっとキャンペーン価格でやって欲しい。
本心は500円くらいがベストだがスタンダード版なら無料だし、文句をつける理由もない。
何せramディスクを前提でコストを考えればasrockを選択すれば良いことになってしまうからなぁ。
ともかく微力ながらramdaを応援したい。

マザー載せ替え

asus M4A88T-M LE

asrock 870 extreme3 R2.0

WEIをチェック。
cpuは同じ、設定も同じ、違うのは筐体くらい。
グラフィックは内蔵880Gだったが、オンボードGPUがない870に変更につきPCIe geforce210を搭載。


before


after

どうやらgeforce210の方が単純に性能が低いようだ。
最近のトレンドだと、エントリーレベルのGPUは性能面での需要は無い様子。
今回も画面出力をHDMIにしたかったため、そしてHDMI出力があるグラボがこれしか残っていなかったためだ。
マルチディスプレーに対処するため、低消費電力に期待する、用途としてはそれくらい。
ちなみに、プロセッサの値がわずかに変化があったのはたまたまだろうと思われる。

vistaでハード更新

メインマシンのOSをvistaからwindows8へ変更することにした。
ただ、その前にvistaのままハードを更新して、どのように変化するのか様子を見ようと考えた。
vistaの場合マザーをAMDとIntelのハードで交換の際、素直に移行できるのだろうか?

asrock 870 extreme3 R2.0
Athlon x3

asus P8H77-M pro
core i3 3225

さくっと載せ替え、その結果。
ちなみに、内蔵グラフィックHD4000で表示。
特にドライバーを当てる必要もなくすんなり移行できた。
ところが、どうしてもグラフィックドライバーだけが当たらない。
標準VGAグラフィックなんちゃらというやつのまま、低解像度で使い物にならない。

こうなるとドライバーを当てるしかないのだが、CDのオートランで読み込もうと思っても「このOSじゃだめ」的なことを言われ更新できない。
そんな馬鹿なとCDから直接更新するも当たらない。
よく見ると、なんとvista対象外。 ❗
xpにはドライバーがあるのに…。 🙁
何というvistaの不遇。
多少の不便はあるものの、比較的新しいハードなら充分使用に堪えられるのにかわいそうなOSである。
実際、asusのHPを見ても、確かにvistaのドライバーだけが存在しない。
むぅ。
そんなわけで、WEIのスクリーンショットくらいは欲しかったのだが、あれじゃぁ動作しないだろうし…。

とはいえ、それ以外はすんなりAMDからintelに移行できそうなので、他のマザーならできたのかも知れない。
本意ではxFast Ramが使えるasrockにしたかったのだが、displayport採用でmicroATXで等々の条件をクリアできるものが存在しなかったのでasusにしたわけだ。
このxFast Ramであるが、asusにハードを変更してからはデバイスドライバにエクスクラメーションマークチェックがついて動作しなかった。
やはりasrockマザーでないと素直に動かないようだ。

vistaと8でのFFCキューの挙動

firefilecopyのキューを利用してHDDに余計なシークが起きないようにファイルを一つ一つコピーしていた。
HDD間のファイルコピーだとこれ以上ないくらいに便利なソフト。

ただ、vistaだとなぜかキューを多く(7,8個くらい以上)登録するとコピーが終了し次のコピータスクウインドウが出るまでに数十秒、悪いときには数分もかかることがあった。
これがwindows8だと30個近いファイルコピーキューを登録しても正常にコピーを続けてくれる。
今までは一気にキュー登録できなかったのがつらかった。 👿
xpのときにどうだったのか、今となっては全く覚えていないが、少なくとも7では再現できないのでvista特有のものなのかも知れない。

しかも、vistaの時はwmpで音楽や動画を再生しながらキュー登録すると、通常HDDの転送速度(60~100MB/s程度)でコピーができるのだが、10数MB/s程度の転送速度まで落ちる。
これもvista特有のものなのかも知れない。
設定ファイルなどFFCの動作はいずれのOSでも共通(というかFFCフォルダ丸ごとコピー)なので、これが論拠。

windows8の理想的な使用法と希望

プレビュー版も含めてwindows8を使ってしばらく経つが、マルチモニターな現在の環境で実際に作業して初めてわかったことがある。
まぁ、まずは3画面のスクリーンショット。

windows UIなメイン画面があって、それ以外のモニターはデスクトップ画面が常時表示されている。
今までと決定的に違うのが、タスクバーだろう。
メイン画面もデスクトップ画面にすれば全てにタスクバーが現れる。
この辺りのことは従来のものでも同様のことができるのか、そもそもそんなこと思ったことがなかったので知りもしないが、少々目から鱗であった。
もし、デスクトップアイコンからではなくタスクバーに登録してからソフトを起動するなら、今までのようにメイン画面で操作しなければならないという制限がないのだ。
とはいえ、やはりスタートボタンがないのは少々戸惑うが…。 🙄

ここで、もしもの話であるが、それぞれのモニターにあるタスクバーからソフトを起動するとそれぞれのモニターでウインドウが開くのならとてもありがたい。
今現在まだタスクバーにソフトを登録していないのでどのような動作をするのかわからない。
だが、これが上記のように動くならモニターをcpu切替器で共用しているならばとても便利になる。
何せソフトのウインドウは閉じたところを記憶して同じところで再開されるので、たびたびモニターの入力を切り替えないといけないからだ。
ま、これは希望の話。
<追記>
試してみたが、ウインドウの起動場所はどのタスクバーからも原則メインウインドウになるようだ。
これじゃぁタスクバーが各所にあること自体がなんだかたいして意味無いように思えるのだが…。 😥

で、話は戻ってwindows UI。
ビデオやミュージック、ピクチャなどは基本的にタイルにあるアプリで再生されるようだ。
これだと従来のマウス&キーボードだと使いづらいので、昔からのmedia playerスタイルやフォトビューアなどの方が良い。
プロパティで指定のプログラムを変更すれば昔ながらのデスクトップ向けアプリが使える。

また、これまでのwindows向けソフトはデスクトップ画面が呼び出されて実行されるので、従来スタイルになれている人間にしたらとまどいはないだろう。

ここまでくるとやはりwindows UIにメリットを見いだしづらい。
何のためのこのスタイルなのか ❓

ここで一つ希望の話として考えられるのが、デスクトップ環境を他のPCでも再現可能なログイン方法、メールアドレスでエントリーする方法だ。
これを使うことで、データの実行マシンを携帯することができそう。
例えばタイル表示なメイン画面を10インチ前後のタッチディスプレイ、可能かどうかはわからないがマイクロソフト サーフェスというのもありえそうだ。
タイルはやはりタッチ操作向けだろうし、デスク前の大きなモニターがタッチパネルである必要もない。(距離的に使いづらそう)
もしデータの同期が自動でできるのならば、はずせば即タブレットとして携行して使えたら便利だろう。
メールアドレスでログオンし、似たような画面サイズであれば違和感なくタブレットを使えそうなので、ハードの制限さえなければ魅力的。
こうなるとデスクトップを別画面とする理由はそういうところによるのではないかと思う。
具体的なメリットを示せば、デスク前で操作する際、簡単なアプリならPCに接続した10インチ程度のスレートPC(あるいはタッチモニター)を手に持ってタッチ操作で使い、従来ソフトならカーソルを複数ディスプレイの方に持って行きタスクバーから起動してしまえば即使える。
つまり、windows8はマルチモニターであることにこそメリットを享受できそうな雰囲気。
逆にノートなどはタッチでないと、あるいはショートカットを重用しないと使い勝手が悪そうでもある。

話はそれるが、ここまで考えてみるとマイクロソフトが「windows95以来」というのもわかる気がする。
何せアップグレードで期間限定とはいえ3300円という(microsofotにしては)安価でOSの更新ができるところ。
従来のソフトはデスクトップで使えるままに、アプリという存在を介入させたところ。
これらはやはりOSすなわちインフラとしての危機感の現れだろう。
スマホのアプリはすでに40万程度あるそうだ(日経より、日付失念)。
appleもgoogleもそれぞれにアプリがあるし、市場として魅力が増している。
アプリの効果を享受するユーザーはもちろん、ターゲットが多ければ開発者としての参加意欲が増してアプリも増えて、なおより開発者もメリットがある。
無料から数百円程度のアプリがそろってバラエティに富んでいれば、OSとして価値も増す。
そして何より、デスクトップを残しておけば従来のソフト(遺産)も活用できるのだ。
ワンコイン程度のアプリから数十、数百万円もするソフトまでこのOSで使えるのである。
やっていることは今も昔も先行者の真似のようであるが、ユーザーとして便利になるのは諸手を挙げて歓迎できることである。 🙂
価格といい、スタイル変更といい、トレンドを逃さず掌握したいという意気込みを感じる。

SSD考察

core i3 3225を載せているP8H77-M PRO
これにsamsungのSSD 840 MZ-7TD120B/ITを載せてみた。

このインテルPCにAMDPCで使っているSSDを載せてみた。
ADATA S510シリーズ AS510S3-120GM-C。

上記SSDをもともとのAMDのasrock 870 extreme3 R2.0で走らせると下の数字。

AMDとインテルで多少違いがある様子。
とくれば、AMDなvistaのPCで使用中のライトが遅いsiliconpowerのSP064GBSS2T10S25。
これをインテルPCで。

今度はAMDなwindows8のPCであるM4A88T-M LEに搭載。

上記はwindows8インストール直後のcrystaldiskmark。
今度はしばらく使った後のライトが伸び悩む本来(?)の速度。

で、今度はOSを「やっぱtrim非対応なvistaからwindows8に変更しないとだめなのか」と思わせる数字をたたき出すAMD(biostar TA785GE 128M)でvistaなPCに搭載してあったときの写真。

ちなみに、870 extreme3 R2.0はエンコードPCであり、ADATAはTMPGencでの編集を快適にするためのものであり、メインのシステムディスクはその辺に落ちていた古いがあまり使っていないsamsung 40GB HDD。

シーケンシャルライトに関しては大きな差がない…。 😥