KVMの入力遅延

最近はPS/2コネクターを装備するマザーが少なくなってきて、以前のCPU切替器が使えなくなってしまったためelecom KVM-KHを使っている。
接続が両方USBのものに比べてこれの良いところは、切替に伴っていちいち接続断にならないところ。
まぁ以前も書いたのでわざわざ書かない。
主題は遅延の話。

この切替器、windows8になって初めて遅延があることに気づいた。
随分と使ってきたのに気づかなかった…。 🙁
遅延があると困るというのは、やはりゲームに関してだろうか。
というのも、windows8に無料で入れられるアプリ pinball FX2というのを試していたときだ。
これ、まさにゲームである。

ctrlキーでフリッパーを動かせるのだが、どうもボタンを押下しても若干タイムラグがあるようだ。
そんなわけでしばらく試してみたのだが、その反応の遅さを考慮して遊ばないといけないわけだ。
これが普通なのかと思っていたが、USBキーボードをつけて試してみたらラグがない。
コンマ1~2秒かそこらだと思うのだが、ゲーマーの人には重要なポイントかも知れない。
私の場合は、入力したのに反応がないということがごくごくまれにあるのだが、遅延よりこっちの方がミスタッチとなるので重要なわけで…。
もしかしたらこれも切替器によるものかも知れない。(不確か)
ということは、以前asrockマザーで不具合と思っていたのは切替器が原因だったのかも知れない。

<2012.12.30追記>

よく考えてみたらキーボードが違うのだからそもそも同一条件ではなかった。
それでもまぁ、キー入力やマウス操作がごくごくまれに受け付けなくなるのだから、そのタイミングもキーの場所やマウス位置なども毎度違うことから、やはり切替器固有の挙動かも知れない。

プリンターのワットチェック

無線LAN接続で快適に動作中のプリンター。
前使用機種も同じくCANONだったが、共用するならプリンタサーバか無線LAN。
互換インクのせいなのか、前機種は確か2年くらいで逝った短い生涯であった。
まぁ、今も変わらず互換インクなのだが…。 😛

無線でもプロパティから電源オフができるMP560
この機能自体は前機種にもあったように思うが、無線でちょっと離れて置いているためその有用度は格段UPである。
一方電源オンは手動。
考えてみれば少々面倒でもある。
ならばスリープ状態で常用していたらどうだろうか、というのが今回の動機。

毎度のワットチェッカー登場。
まずは電源ボタンを押下して起動状態。
全インクをヒートして溶かしている(クリーニング)しているのか、消費電力のピークがこれである。
ピーク自体はごくわずかの、まさに瞬間である。
22~6W。

印刷時。
20W弱。

アイドル1。
5.3W。

アイドル1になってからたいして間もなくノズルクリーニング(?)。
9W前後。

上記が終わってアイドル2。
4.6W。

数分のアイドル状態で、プリンターの液晶表示がスリープ状態へと遷移。
2.3W。

…。
たぶん、きっと省電力なのだろう。
でもこの待機消費電力の数字を見てしまうと、やはり常時オンは無駄だとも思ってしまう。 🙄
ちなみに、電源オフ時は0.3Wである。
ワットチェッカー自体の消費電力が確か0.3Wなので、この表示の数値をどう理解すればよいかは未だに不明。
ワットチェッカーに何も接続しなければ0表示なので、たぶんそこは加味されているものと思われるが…。

<2012.12.25追記>

そういえば、最近は全く使うことの無くなった小型レーザー複合機、brother DCP-7010であるが、レーザーの場合の消費電力はどうなのか、調べてみた。

主電源(切)
0W

電源オンからの起動ウォームアップ
70~800W弱

入からの約15秒後の待機状態
6.4W

しばらく後の液晶バックライトオフ
5.9W

ちなみに直上二つの待機状態ともに、ヒート(たぶん)がたまに入る。
温度維持が目的なら使用環境によってヒート間隔は異なる、はず…。
700W程度

ファンが切れたロングアイドル状態(ヒート無し状態)
5.1W

やはりあまりアイドルさせておくのはもったいないくらいの電力である。

7inch タブレット nexus7

そろそろ使い慣れてきた初所有のタブレット nexus7。
今更なのでとりたててレビューする必要もないのだが、メディアプレーヤーと同じ使い方をする私なりのアプリを残しておく。
バックアップがアカウントと連動して自動で行われるそうなので、わざわざ記述する必要もないが…。

基本的に私が使うのは、動画再生とIPサイマルラジオ受信の二つ。
まずは、動画。
無線LAN接続でWHS2011にあるmp4動画をどこでも再生できるメリット。
メディアプレーヤーだとテレビ前での再生に限られるが、これなら持ち運んでwifiが届く限り楽しめる。
これがすごくいい。
バッテリーのもちが良くて、即起動即使用可能で、本当に具合がいい。
アプリはESファイルエクスプローラ
特に設定の必要もなく、きわめて簡単。
むしろ初タッチスクリーン操作のために、nexus7自体をどうすれば操作できるのかが問題だった。 😳
テレビ向けにエンコした1440*1080 highprofile@4.1 H264のmp4を再生している。
このファイルはメディアプレーヤーでも再生しているのとおなじものなので、動画を共用できるのは大変便利。

もう一方はラジオ。
radikoでラジオ受信。
使い倒したコンポの放置から数年、すっかりラジオから離れてしまっていたが、また復活である。
何が良いって、ノイズがないクリアな受信環境であること。
現放送より数分遅れての放送(再送信なのかな?)であるが、まぁたいして不都合も無し。

今のところこの二つだけ。
スペックからすればたぶん私には長物。
安いタブレットも購入に際して検討したが、google play対応でないとradikoが聞けないのでボツ。

ちなみに、操作方法がわからないのは少々困った。
それでも大方の操作は一日くらいでわかったものの、どういう動きでどう動くのか、サンプルだけでも添付してくれるとうれしかった。
逆に、そういう固定観念はタッチ操作には諸刃の剣でもあるのかもしれないとも思ったが、それでもやはりわかりづらいことに違いはないわけで…。
ipadを数台所有している知人に話を聞けば、初見の子供にタブレットを渡したところで直感的に操作をマスターできるのだそうだ。
エルゴノミクス、というか行動学なのか、タッチ操作に関するモーションというのは自然な動きなのだろうな。
しばらくはこのままの使い方をする予定である。 😀

メディアプレーヤーの評価

以前から使っているbuffalo LT-V200、keian k-world M210の2台であるが、新たにplanex MZK-MP02HDを導入した。
何せ今は3000円で手に入るから、これまでのプレーヤーの中ではダントツに安い。
だから試してみようと考えたわけだ。

私の用途は、単純にWHSにためてある動画や写真、音楽の再生程度。
パソコンを立ち上げなくても良いので使い勝手は良いのだが、その用途の割に少々ハードの値段は高いと言わざるを得ない。
しかし、このプラネックス製品は@3000。
この値段から想起される使い勝手はみごとに裏切られた、良い意味で。
ISOファイル、highprofile@4.1(H264)mp4ファイルの再生などとても快適。
そもそも動作のレスポンスが良い。
M200よりもトータルで使いやすい。
LT-V200よりもちょっと良いくらい。
他2台はHDDが使えるはずだし、DVDも使えるはず(ともに未確認)なので値段が同じわけがないが…。
機能が少ない代わりにとても省スペースで、まるでスイッチングハブ程度の大きさ。

ただし、良くないところもある。
TSファイルはなぜか一癖有って、再生決定ボタンを押しても再生が始まらず、一旦停止してから再開しないと動かない。
それと、購入後いろいろ試しているとき、youtubeでいきなりハングアップ。
youtubeは著作がらみ(たぶん?)でアップデートがあったようで、初期バージョンの1.0ではだめな様子。
早速オンラインアップデートで、1.0.2。
なので上記評価は1.0.2でのもの。

あと、ブックマーク(マイフォルダーetc)設定がないようで、ネットワークからたどっていかないと行けないところが全く不便でしょうがない。
逆に言えば、ブックマーク設定さえあれば、さらにずっとこの値段なら(私にとって)最強のプレーヤーと思われる。

<2012.12.12追記>

M210とV200で本当にDVDが再生できるのか、改めて気になって試してみた。
USB接続のバスパワーポータブルDVDドライブを両者に取り付け。
V200では「保護されたコンテンツは再生できません」的なことを言われて再生できず。
ただし、認識はしているようである。
ならばと、コンテンツとして保護されていなさそうなもの(ローマの休日)を試してみたらこちらは再生できた。
つまりは通常のDVDプレーヤーとしては使えない、ということか。
データディスクとしてDVDが使えると言うことかも知れない。

一方のM210ではDVD全てだめ。
「中身無いよ」的にはねられるので、DVDは認識はしているようである。
こちらもデータディスクとしての位置づけなのかも知れない。

HPを見てみたがDVD再生、そもそもDVDドライブに関する既述が見あたらない(ぱっと見)。
バッファローの方には
※市販DVDなど著作権保護されたコンテンツは再生できません。
という既述があるので、確かにその通りではあったが…。 😐
惜しい造りである。

さらに追記。
02HDに同じくDVDプレーヤーを接続して試してみた。
こちらもM210と同じく反応なし。
単純にHDDと同じ感覚(データディスク)ということか。

<2012.12.30追記>

私の使用用途だとyoutube再生などのネット閲覧は範疇外だったので、テスト程度にしか使ってこなかった。
が、youtubeを使っての感想など…。
MZK-MP02HDの初期ファームでは確かにyoutubeでハングした。
現在の最新である2012/10/02 ver.1.0.3で改めて試すと問題なく動いた。
当時は問題なく動いたのだが、最近いろいろと検索して閲覧するといろいろと不具合が現れた。
軽度だと検索結果から動画リンクを開くとブラックアウト、重度だと読み込みステータスのままハングとなり、結果電源を抜くしか方法がない。
XLという方がいいのかも知れないがこれは未だ試していない。
ともかく現状XLではないyoutubeをTV画面で見ようという向きには、このプレーヤーは少々難ありかと。
もちろん、使用用途がメディアプレーヤーとしてであれば、上記のような低価格なら全く良い製品である。

<2013.01.15追記>

02HDが値段の割に良い感じだったのだが、今は値段相応という感じに…。 😡
一度ハングすると電源を抜いても何度か繰り返す。
電源を抜いてしばらく置いてから再接続&起動。
ちょっと安定性に問題がある。
今のところ動画再生中に電源ボタンを押すと確実にハングするのは間違いない様子。

ところで、私はNASに動画を入れてメディアプレーヤーで再生しているわけではなく、WHS2011のサーバフォルダに入れている。
ゲストであるメディアプレーヤーは読み取りのみ可能としている。
M210とV200はIPアドレス決め打ちでサーバフォルダの動画が再生できるが、02HDはワークグループからCIFS(SMB)でたどる。
M210とV200はそれぞれブックマーク、マイフォルダでIPアドレスで行けるのだが、02HDはたまにserverを見失う。
調べてみたらマスタブラウザというのが関係しているそうで、常時稼働中のWHS2011があるのになぜ?と…。
Windows Server 2008/2008R2はデフォルトでマスターブラウザ無効
マスタブラウザについて
NASの場合はどうなのだろう?

なるほど。
ワークグループが見つからないのはクライアントの全てがオフラインの状態にあるためか。
WHSのサービスから、Computer Browserを無効から自動に変えて、レジストリのIsDomainMasterをtrueで再起動。
現在これでいつでもserverの動画が再生できている模様。

<2013.02.26追記>

まだタイミングがはかりかねているのだが、これまで2度ほどworkgroupを見失う現象に遭遇。
serverから見てみるとserverのマスターブラウザはそのままで、その他全ての機器がworkgroupを認識できなくなるというもの。
前投稿からして2週間に一度くらいの頻度、ということになるだろうか。
基礎から学ぶWindowsネットワーク 第23回

前回はIsDomainMasterのみだったが、今回はmaintainserverlistをAuto→Yesに変更。
これでまた様子見。

cuda エンコードを試す

私の場合、virtuというソフトが良いのか、必要なのか、よくわからないでいる。
唯一意味を持てるものがハードウェアエンコーダであるQSVを利用したエンコードである。
だが、QSVはエンコスピードが速いというのがメリットに思うのだが、エンコ後のサイズがいまいち小さくできないためにHDD容量退避には使えてもメインでは使えない。
メインはやはりH264で、画質、容量で文句なしだが、エンコ時間が長い。

メインでなくても容量圧縮においては有用。
なら、もう一方のcudaだとどうなのだろうか。
完全に猫に小判のようなGTX660を導入したのだし、cudaを試してみよう。
それなら、virtu(QSV)を使わずにエンコードできるし。
それならそもそもvirtuを入れなくていいし。 🙄

free cuda video converter 6.1.6
Freemake Video Converter 3.1.2

30分12秒のTSファイル。
約3GB。

*************
free cuda 
CPU使用率 30%前後
GPU使用率 30%前後
エンコ時間 10分
*************

*************
freemake
CPU使用率 60%前後
GPU使用率 60%前後
エンコ時間 7分
*************

両方ともエンコ後のサイズは700MB強。
見た目の細かいことはわからないが、眺めていると全く同じような画質に見える。
free cuda よりもfreemakeの方が使用率が高くて処理時間が早い。
freemakeはエンコ時間は1/4、ファイルサイズも1/4。
わかりやすいのでしばらくfreemakeを使ってみようと思う。