nexus7の音量ボタンが逆に

ま、タイトル通り。
nexus7を4.2.2にアップデートしたらなぜか音量の上げ下げが逆転してしまった。
😥

左にカメラ、右にUSBという持ち方で、ずーっと使ってきて、なぜ反転?
今のところ、人的設定変更ということで今までと上下逆にホールドするという方法でボタン反転を解消している。
むむ、使いにくい…。

<2013.07.31追記>

発表から間があって、ようやくうちにも4.3が落ちてきた。
しかし、現象は今も変わらず。 🙁

スリープ復帰で…

似たような案件ばかりで少々うんざり。
それでも今回は割とわかりやすかったので、調べた経緯を残しておく。

毎度おなじみのスリープ復帰後のBSOD。
但し、今回の患者は今まで問題なかったzotac 6100itxを使った録画PC。
以前はwindows7 32bit home premiumで使用しており、アップグレードでwindows8 proに変わった。
イベントログではkernel power 41である。

アップグレードなのに、キーボードの配列が違う(たぶん英語キーボード)ものを認識するというおかしなwindows8アップグレード。
アップグレードが関係していると思ったが、イベントログを見ると年初から週一回程度発生している。
windows8を入れて数ヶ月は問題なかったことははっきりしており、発生開始時期がはっきりしてもいる。

試しで、何かソフトをインストールして以降なのかも知れずとインストール済みをチェックしたら、PlayReady PC Runtime x86なるものが勝手にインストールされていた。
発生時期と重なる。 😐
自分で入れた記憶はないし、詳しく調べてないまま今書いているのだが、どうもmedia center でテレビを視聴するときに必要な感じである。
そういえば、家人が正月にテレビを見るためにごそごそしていたなぁとふと思い出す。

アンインストールして以来、2週間経つが今のところスリープ復帰後のBSODによる予期しないシャットダウンは無いようである。
要経過観察。

<2013.02.16追記>

お尻酢に入れているGA-MA78GM-S2H (rev. 1.1) の方の話。
本来なら続きの話なのでそちらを探して追記すべきだが、どうにも面倒くさい。 🙄
そんなわけで、スリープ復帰に関することだし、こちらに書いておく。

かつてメインで使っていたときには問題なかったこのマザー。
夏場にさんざん再起動があって調整後今のところ再発一切なし。
夏終わりで調整したからまだ夏を経ていないため断言できないものの、たぶん回復したのだろう。

PCIexのビデオカードではなくオンボードの780Gグラフィックを使っているのだが、これのメモリー割り当てを512MBから256MB以下に変更した。
それ以来イベントログにはkernel power 41の表記無し。
現在、約半年くらいはブルースクリーンは起きていない模様。
ということはつまり、メインで使っていたときもグラボを使っていたから発生しなかっただけで、内部メモリを使っていたら不具合があったということだろう。

<2013.02.26追記>

現状報告。
両者PCともにイベントログにはエラーは無い様子。
ログインしても「予期しないシャットダウン」表示も当然無し。

<2013.04.15追記>

久々に再起動。
イベントログによるとどうやら2回やっちゃった様子。
時間を見てみると、スリープ復帰直後にBSODになったようだ。
復帰直後であるならば、電圧電流の不足あるいは変動によるものか ❓
720BEなCPUなので、これまでのk10statによる低電圧設定を解除して、BIOSから3コアとも1.6GHzに固定。
さらに様子見。

lhr-egu3fの不思議な挙動

このケース、今ではサブに落ちぶれているのに未だ話題性に事欠かない…。

今回はHDDの転送速度の話。
壊れる前のLHR-EGU3FにはseagateのHDDを入れていた。
シーケンシャルで100MB/sは下らなかったと思うが、修理開け(交換)後のケースにWD10EARSを入れてcrystaldiskmarkを試すと、40MB/sしか出ない。
USB2.0程度の速度である。
wd10ears-1

これ、もしかしてHDDの方がおかしいのかと思い、一度フォーマットしてみたが変わらず。
HDDの入れ替えをしている最中なので、ならばと、このケースのHDDも替えてみた。
今までつけていたWD10EARSをeSATAでasus P8H77-M PROに接続して、転送速度を見る。
wd10ears-2

次は内部のSATAにつなぐ。
HDD1台の速度なので6Gか3Gかは気にしない。
wd10ears-3


やはりHDDケースに入れると遅いようだ。
今度は取り外したWD20EADSをLHR-EGU3Fに取り付け。
wd20eads-1

おや?
seagateの時は速かったのに…。
すっかりあきらめの境地。 🙁

<2013.3.16追記>

mal-3335sbku3をHD154UIの2台がけRAID0に変更したので、seagateが余った。
鎌蔵で使っているが、改めてLHR-EGU3Fで使ってみた。
するとどうだろう、見事に直った。
…、などということもなく、seagateすらcrystaldiskmarkで40MB/sしかでない。
どうやらWDをセッティング後、USB2.0の速度しか出なくなった模様。
修理出戻り品がわずかな期間でまた不調に…。 🙁
kakaku.comのレビューを見てみたら、不具合あるんだねぇって話。
TVで使うなら放送波のビットレートからしてUSB2.0でも充分なはずで、不具合報告はあるわけもなく。
このケース、とうとうTVに使う意外にメリットのないケースとなった。

<2013.05.22追記>

ものすごい気まぐれにメインPCであるインテルマシンのUSB3.0フロントコネクタにEGU3Fをつないでみて、これまた気まぐれにcrystaldiskmarkを動かしてみた。
するとどうだろう。 ❗
140MB/s程度の転送速度を示すではないか!!
これまた適当だったのだが、mal-3335sbku3のUSBケーブルを流用して接続したのだ。
数ヶ月ぶりの電源投入で、ものすごい偶然に元に戻った。
なぜ?
ケーブル不良?

しかし、その後に確認のため抜き差ししたら、以前と同じ、40MB/sに戻ってしまった。
幻かと思い、その後コネクタの抜き差しを繰り返したら、やはり幻だった様子…。
これの付属ケーブルとくろしことmalのUSB3.0ケーブルを試しに交換したが変化なし。
電源オンオフを繰り返し、EGU3Fがスタンバイになってからケーブル接続したり、ケーブルの接続を緩くしたり押さえたり…。
涙ぐましい努力(約40回)で、とうとう幻の140MB/sになった。

だがしかし、再現性がない。
これが一番駄目なパターン。
とりわけ転送速度低下に見舞われる回もたびたびあり、いいんだかわるいんだか…。 😡
EGU3F_crystaldiskmark

結局その後10回ほど試して安定を確認したものの、現在は40MB/sに逆戻り…。

インテルチップ統合のUSBだからというわけでなし、以前と同じくどこのチップメーカーでも変わらず。
USBケーブルの不良かどうかも、どのPCの、フロント&リアのコネクタでも変わらないことを考慮すれば、これも定かでなく。
以前のような電源投入のタイミングが要因なわけでもなく…。
「ファームを更新した直後に一度ACアダプターを抜いて電源オン、それからスタンバイを待ってケーブル接続」という魔法のような手順を経ると正常動作する可能性が比較的高いのだが、確実に戻るわけでないのでこれも決定打ではない。
もう意味がわからない…。
どのタイミングで元に戻るのかさえわかればまだ使いようもあるのだが…。
やっぱだめだめじゃんか。 👿

パーティションはドライブ交換と認識

WHS2011でバックアップを取っていたOS入りのHDD。
これ一台でパーティションC、Dを作って使っていた。
だが、容量確保のため、Dドライブ(パーティション)を拡張する必要に迫られた。
予約無しスペースがあるわけではなく、単純にCドライブが減るという状況。
そもそも当初はいずれどちらかのパーティションを新HDDに入れかえて、2台HDDを運用しようと目論んでいたためであり、バランスが悪かったのである。

で、いつものごとくeaseusである。
10分弱でパーティション容量変更完了。
ここまでは何ということもなかった。
起動後しばらくしてスタートパッドが赤く、アラートが「新しいドライブをバックアップ…」。
…。
本気ですか。 🙁

バックアップのカスタマイズでオフラインになったものと現状のものを入れ替える。
しかし、400GBくらいあるので再度バックアップを試したら99%表示まで約4時間。
しかも最後はバックアップ失敗になって終了になっていた…。
おかげでいまだにバックアップはとれていない。

<2013.02.26追記>
以降、やはり同様に大変時間はかかったものの、バックアップ成功。
以来、順調に自動バックアップをしてくれている模様。
ちなみに、ファイルの更新(ベリファイ?)のチェックに時間がかかるものの、バックアップファイル自体は大きくなってない様子。
バイナリで全てのファイルを比較しているのだろうか?
よくわからん…。
まぁ念のため追記、っと…。

asmediaとlhr-egu3f

asrock 970 extreme4を使っているのだが、LHR-EGU3Fを認識してくれない。
USB2.0だと問題なく認識してくれるのだが、USB3.0だと認識しない。
延々と何度もプラグインとプラグアウトの音を繰り返すのである。
まぁそんなわけでこの組み合わせだと使えないのではあるが、不便であるのも事実。

別件のUSB3.0ハブのこともあるので、試しにasmediaのチップをファームアップを試してみることにした。
チップ名抜粋>USB 3.0 ポート by Asmedia ASM1042, USB 1.0/2.0/3.0
station-drivers
上から順にトライ&エラーしてみたところの結果。
Version 110930 Pour Windows Xp/Vista/7 32/64bitsのFWUpg1130_v0253(www.station-drivers.com).exeというファイルに行き着く。
少々ややこしい。 😡

あとは実行するだけで、完了後再起動となる。
asmedia-1
110315_01_02_30→110930_00_02_53 となったようである。
ほんとにファームウェアを更新できているのか不安であったが、以後LHR-EGU3Fを認識するようになった。
ハブの件のF&Qで見たように、ファームのバージョンアップで対応できるというのを実感。 😳

windows8非対応?のハブ

友人から動作確認のために借り受けたUSB3.0ハブ。
エレコムということで、前件のハードディスクケースといい、すでに私とは個人的な相性問題(?)を抱えている雰囲気満載である。 😉

U3H-S410BBKというハブである。
以前はwindows7で使用してきて、windows8にアップグレード後に使えなくなったらしい。
友人が動作確認したPC全てがwindows8(64bit)のようであり、全てUSB2.0接続となってしまうそうだ。
7で良いのに8だとだめなんてそんな馬鹿な、という話なのだが、自分のPC(windows8 32bit)で試すもUSB3.0では動作せず、2.0のまま。
crystaldiskmarkで接続したHDDの転送速度を測ると30MB/s前後。
別のPC(64bit)でも同じ結果。

デバイスを確認すると、ハブ接続後に増えたのは一つ。
Superspeed USB Hub (Non Functional)となっている。
USB に関する FAQ: 初級レベル
>なぜ私の SuperSpeed USB デバイスは同等の高速 USB デバイスより速くないのですか。

上記がwindows8に対しても有効な解説であるのか不明であるが、ファームアップすれば使えるかも知れないようだ。
実際、windows7 64bitでは問題なく3.0接続で120MB/sオーバーの転送速度(HDD)をcrystaldiskmarkで確認した。
すでにxpなマシンがないのでわからないが、たぶん8だと駄目なのは間違いなさそうだ。

erecom-1
対応確認すると○となっている。
もしかしてタイミング悪く故障なのか? ❓

<2013.02.10追記>

サポートから返事をもらったようなので実践してみた。
通常windows7で使えていたのでwindows8でも問題なく使えるはず、とのことらしいが、まぁそれは私もハブの所有者も同意見である。
しかし、実際にはUSB3.0とは認識しない。
で、サポートが言うには、ルートハブの電源設定で省電力に関する項目をオフにチェックしてみてくれとのこと。

デバイスマネージャーから各USB root hubの「電源の管理」でチェックを外してみたが変化なし。
まぁ、私怨であるがLHR-EGU3Fでの件もあるし、これ以上は望むべくも無し。
ということで、サポートからの返事待ちの間に独自で調べていたファームアップを試すことに。

発売日以前からあるUSB3.0チップでハブに内蔵されている可能性のあるもので、かつファームウェアの更新が可能なチップを調べていた。
チップ名が公開されているわけで無し、手当たり次第で適合を調べる力業であるが、その最初であるVIA VL810をチェック。
Usb3HubFWUpgrade_Setup_V0.41_VL810_0960.zipなるものをインストールしてアップデートしてみたら、いきなり反応した。
試しに抜いた状態でデバイスを探したら「無い」ようだし、差せば「…/0810」と表示されるし。 😉

V/PID = 2109/0810 FW version = V7.37
usb3-1

これが、たぶん9.3?になった。
usb3-2

差し直したら、Non Functionalが無くなって、汎用superspeedUSBハブなるものが現出。
既出のHDDでUSB3.0ハブ経由で120MB/sオーバーを確認した。
usb3-3

これでwindows8でも使い続けられる。 😳
なお、U3H-S410BBK全てが同じ仕様である可能性はないなどその他事項も考えられるので、この記事に責任は持ちません。