蛍光管からLEDへ

ワットモニターのせいですっかり消費電力量チェックがおもしろくなってしまった。
PCばかりではなく、他にも省エネになるものがある。
照明がその一つ。

現在の蛍光管(28ワットx2)をNEC LIFELED’S HLDZB0809にリプレイス。
交換前は60W弱。
点灯直後の50W強から30分程度して上記消費電力まで上昇。
安定化するまで15分程度はかかる模様。
当然明るさも変化する。

これをLEDシーリングライトに置き換え。
直下だと以前より明るい。
広くない部屋で白の壁紙だと明るさに不満は覚えないだろう、と思うくらい明るい。
LED電球の配光具合と、有機ELに期待しているということもあり、LEDには期待してなかったがこれは良かった。

最大明度から順にワットモニターで計測。
52W(最大)↓
30W
17.7W
10.4W
3.9W(最小)↑
1W(保安球、常夜灯)

蛍光管の交換費用と明るさ、照度保証期間からして悪くない選択。
蛍光管の効率からして交換する切迫した理由はないのだが、明るさからして最大から2段、3段が常用であるので、消費電力は案外減るものだなぁと…。 😉

245e←→720

消費電力チェックをしていて、そういえば結構起動している時間の長い録画PCはどうなのかと気になった。
Phenom II X3 720 Black Editionをつけていて、kernel power 41で落ちるこのPC。
BIOSで倍率を下げてしばらく経つが、今のところクラッシュ無し。
電源の質を疑っていて、しかもBIOSでOC方向にしか振れないマザーなので、それなら低TDPなCPUに載せ替えてみようと。

ケース&電源 OSIRIS(オシリス)
GA-MA78GM-S2H (rev. 1.0)
メモリー2G x 2枚

720での消費電力チェック。
毎度ワットモニター。
録画しかしないPCなのでアイドル時間がほとんどを占める。
そんなわけでアイドルのみ計測。
アイドル(C1E on) 74W
アイドル(C1E off) 80W
起動時max 100W

今までC1Eの項目はenableにしたままでチェックしてなかったのだが、試しにオンオフしてみるとアイドルで若干変化があった。
ワットモニターの数値読みでの感じであるが、C1Eオンの場合、CPUがアイドルになった状態でしばらくしてさらに一段電力が下がる。
推測だが、CPU自体ではなくその周辺に関連するのだろう。
HTとか…。 ❓

で、現役のAthlon II X2 Dual-Core 245eと入れ替え。
アイドル(C1E on) 54W
prime95 104W

参考までに違うPCであるが、同じくTDP45Wのこれまた現役のBE-2300。
こちらはC1Eのオンオフ不明であるが…。
アイドル 46W
prime95 86W
起動時max 96W

6100-itxなマザーで、GA-MA78GM-S2Hと同じくグラフィックはオンボード出力なのだが、6100-itxの方が低消費電力な結果となった。
TDPだけでは計れない電力消費があると実感。 😐

<2013.05.01追記>

デュアルコアCPUの性能・機能を実感する C1Eステート、EIST
インテル、AMD関わらずBIOSに関連した電源管理がC1Eということか。
前回の有効無効テストで結構消費電力が違うというのはわかった。

AMDは世代が変わってもCPUのソケットは互換がある。
古いマザーに新世代のCPUを載せてみたらどうか、またその逆は?
ということで、245eをM4A88T-M LEに載せてみた。

上記のお尻酢に当初から変わらず載せているGA-MA78GM-S2H (rev. 1.0) だとアイドル54Wであったものが、M4A88TMだとアイドル47Wとなった。
同じオンボードグラフィックを使用しているが、グラフィックもCPUも世代が違うので何とも言えないが、基本的に性能を犠牲にすることなく省電力性能を主題に考えるならば、k10statで電圧を下げたところでここまで低減しないので、いくら互換性があるとはいえマザーも更新した方が省電力になるということか。

もう一つ旧式マザーをチェック。
TA785GE 128M Ver. 6.0
Athlon 5000+ BEなCPUが載っている。
アイドル 63W
prime95 126W

これに Athlon II X3 445を載せ替え(4コア化)。
アイドル 67W
prime95 161W

最後に、気になったついでにwindows2kなsocketAのPCも消費電力を調べてみた。
確か1.4か1.7だったと記憶している。
nvidia FX5700なAGPを差しているからだろうが、アイドルで90~100Wで推移。
結構な電力である。 😐

セキュリティ向上を画策(備忘録)

(備忘録)

WordPress不正ログイン対策にGoogleの「2 段階認証プロセス」を使用できる「Google Authenticator」の使い方

結構面倒くさいが、ここはやはり設定しておけば安心かと…。
これで現状三段階のセキュリティとなった。

カメラのQRコードを使わなかった(余計なアプリはインストールしたくなかっただけ…)のだが、手動入力でDescriptionとsecretをそれぞれandroidのgoogle認証システムで設定した。
なお、Google Authenticatorをactiveにしたら完全にはログアウトしない状態のまま、確実にログインできる、あるいは間違えたらログインできないことを確認すべきだろう。

ocによるvmw5での効率

mp4コンテナのH.264にエンコードするため、TMPGenc VMW5を使っている。
これ、自分だけが使っているのなら気にもならないが、友人のi7 3770Kなマシンの変換スピードを目の当たりにするとどうにもうらやましい。
同じ変換設定で同じファイルでもphenom 960T(6コア化)だと動画の実時間が1時間のものが1時間10分強の時間がかかるが、3770Kだと等速以下でいける。
そして、バッチエンコードでの処理数に至っては、960Tでは2ファイル同時くらいで頭打ちだが、3770Kだと3ファイル同時変換まで効率上昇が見込める。

以前、オーバークロックで処理スピードをあげて時間短縮を目指したが、電力効率がどんどん悪くなるので断念した。
発熱や消費電力を含めた効率で言えば、メーカーの想定した倍率近辺がよさそうな雰囲気であった。
結局、深夜電力を利用して毎夜変換するのが一番電力料金対効率が良いので、面倒ではあるがちょこちょこと夜間に行っている。
一方、OCを併用するとするならば、深夜電力時間帯になったらK10statで倍率アップという方法もありかと…。
以前と違って、ワットモニターがあるので正確な数字も期待できるし。

まず、どれだけスピードアップするのかチャレンジ。
CPU負荷を100%張り付きにしたかったので、2スレッド同時処理でテスト。
適当なサンプル動画二つ。
23分と16分。
クロック205MHzでノーマル倍率の3GHzの場合、30分と28分。
同じクロックで3.7GHzの場合、26分と25分。

もちろん等速にはほど遠いが、エンコード時間では1割、実時間に比しては2割近く短縮となった。
電力は190Wから260Wへ上昇。
温度はHWMonitorを使用してチェック、エンコード中は38度から53度へ上昇。
CPUクーラーはサイズのカブト(1000の方)。
ちなみに3.7GHzの時の電圧は1.35V。
ヒートパイプが直に接していないためかカブト自体が放熱効率に優れているわけではないようなので何とも言えないが、消費電力上昇分に相当な熱に逃げるエネルギーがあるようだ。

「AMD FX」の謎を探る基礎検証レポート。FXはなぜ「ゲーマー向けでない」のか
上記の〆で米田氏が述べているように、エンコード向けにCPUを設定してくれるとうれしい。

ちなみに、以前OCを試したときは問題なかったが、今回はやけにK10statでBSODが多発。
当初搭載メモリーの規格が変わったためと考えていたが、どうやらBIOSでturbo coreをdisableにすることで回避できた模様。
競合していたのだろうか?現在は安定動作。
ただし、費用対効果で考えると、急ぎの場合を除けばやはりOCでのメリットは少なく、ちょこちょこ深夜にやった方がいいだろうな。 😥

最後に、1.4V台まで電圧を上げてやれば3.9GHzまで行けた(prime95)ものの、消費電力は300Wオーバーとなったので、もはやこれ以上は無意味として終了したことを付記しておく。

<2013.4.19追記>

電力消費が無駄だと悟り(2度目 🙁 )、結局3.2GHzでけりをつけた。
もう他人のPCをうらやむことはするまい、たぶん…。

で、3.2Gのときの電圧をHWMonitor読みで1.26V → 1.18Vとしている。
これで215W → 209Wとなり、LED電球一個分の消費電力低減となった。
むぅう…。

メモリースロットの使用本数が増えたのと、バスパワーHDDをtemp用として増設、さらにPCシャットダウン時のバスパワー供給停止のためのPCIスロットへのUSBコネクタの増設と、結局以前とスペック的にも時間的にも変わらないのにも関わらず、20W強も無駄に電力消費が増えてしまった。 😥

さて、一方のタスクスケジューラによる深夜帯の利用。
batchencodetool
まず、タスクスケジューラで起動と同時(1分遅延)にvmw5batchを起動。
エンコード対象ファイルを編集してバッチに登録。
その後スリープにしておき、batchtask.exe startで指定時間のスリープ解除の後に実行。
こんな感じで現在稼働中。

<2013.04.25追記>

USB増設カードとバスパワーHDDを撤去。
アイドル時点で消費電力を計測して、差分を見る。
ポータブルHDDは2.5inchHDDのためか、1W以下。
USB増設カードをスロットから撤去して、アイドル時点で…(同上)…。
1~1.5Wの低減。

どうやらこの両者が消費電力増大に大きく関係しているわけではないようだ。
となるとメモリースロットだが、もしかしたら現状のK10STATによる3.2GHzと以前のasrock turbo UCCによる自動OCによる3.2GHzとの違いが大きいのかも知れない。

エンコード時の消費電力が200W強で、深夜電力換算で費用計算すると、1.5時間の映画のエンコードに約3円かかることになる。
実際、ワットモニターで深夜帯だけのエンコを計測し、一本当たりを換算するとほぼ同じ。
この数字を見ると、やはりエンコード向けの新CPUを調達するのが無駄に思える。
従量制料金ならivyの低消費なceleron CPUを使うという選択肢もあり得そうだ。 😉

<2013.05.10追記>

ちょうどハードウェア変更とwindows updateの時期が一緒のため断定できていないのだが、KB2823324のアンインストール以降ではBSODが一度も発生せず安定。
無題
低電圧設定に振ったk10statの設定(2,3度ほどBSODになっていた模様)は触っていないし、削除後では一切強制再起動になっていないので、たぶんこれが原因(断定できず…)。

<2013.05.20追記>

前言撤回。
仮想ドライブで入れているDVDfab virtual driveを久しぶりに有効(ドライブ数0から変更)にすると、数時間後に再起動。
直接DVDfabに原因があるのかどうか不明であるが、有効にしたとたんに現象発現、ドライブ数を0にしてから(上述のupdateの数日前)BSODが発生していない事実からして、この辺りに原因があるのか。
バージョン1.3.8(不確か)を1.4.1に更新してからは未発生であるが、要経過観察。