D525→G1610T

WHS2011のハードウェアをatom D525からceleron G1610Tへ変更。
HDDのスリープ設定を見直してD525時代よりも若干下回る消費電力を達成できたのは既述の通り。
で、今度はスペックアップの結果。

一番期待したのは転送速度の向上。
まずはD525のcrystaldiskmark。
D525_cdm3

次はG1610Tの結果。
g1610t

ともに同時実行の結果であるが、やはり転送速度が向上している。
これはまぁ、以前atomとBE-2300で比較したときと同じような傾向だろうことは容易に想像できたので、なんにも言うことはない結果であった。

上記はWHS2011上でのテスト結果。
今度はクライアントとしてメインPCからWHS2011のHDDをネットワークドライブとして計測。
まずはD525から。
D525MW_Q

次はG1610T。
G1610Tnetdrive

この結果もまぁ似たようなもので想像通り。
次期デスクトップ向けatomはceleron、pentiumのブランドに統合されるらしいし、スペック的にも興味あるので、消費電力次第では楽しみな存在である。

tmpgenc vmw5でintel vs amd

知人のintel core i7 3770Kと今回導入したAMD FX-8350をTMPGenc VMW5で比較。
同一のTSファイルを同じ設定でベンチ。
わかりやすいように6分ジャストにカット編集してチャレンジ。 😛
両者ほぼCPU負荷100%。

i7 3770K
4:40
180W

FX-8350
4:52
260W

hikaku

ハード構成
i7 3770K
geforce GTX 660Ti
3.5HDD x2(たしか…)
80plus Bronze電源

FX-8350
geforce 210
3.5HDD x1
SSD x1
無印電源

結構肉薄している。
消費電力を見ると、無印電源であるのを勘案しても妥協できる。
経験上、無印を500W前後の80plus bronze電源に変更したら240W前後までいけるんじゃないかと。

いつもエンコでフル稼働しているなら比較するまでもなくintelの方が電力効率が良いので充分選択肢になるが、ほどほどの使用率なら出費からしてAMDでも良さそう。
AMDのマザーでスペックアップを狙うなら、intelに移行の夢を見る前に、i7より安いFXにしてその浮いた分を80plus Goldに回してしまうというのも現実的でありだろうと思った次第。

ちなみに、メインPCのスペック
i3 3225
geforce GTX 660(4画面出力)
SSD x1
2.5HDD x1
80plus Gold電源

i7 + 660Ti のアイドルが73Wくらいまで下がる(ディスプレイオフではない)ので、i3とi7(こちらは2画面出力)はほとんどアイドルでは違いがない。 🙂

960T→8350

メインPCで消費電力を下げるために短い期間で退役させた960T、結局TMPGenc VMW5でエンコにしか使ってこなかった。
エンコはそれで満足だったが、アンロックして6コア化していたものの、それでもintelの3770Kとは一段も二段も格下だった。
十年近くAMDのCPUばかり使ってきたのに、最近は急激にintelに傾倒。
でもエンコPCまでintelにするためにのマザーから一新するのももったいないし、そもそも3770Kや4770KだったらメインPCで使いたい。
ならここは一つ、エンコは深夜電力帯だし、あえてAMDを試してみようと画策。

FX-9000の5GHzな超ハイエンドCPU搭載PCがリリース発表されたものの、高値なのは間違いない。
で、現状手ごろな価格で且つスペックの良いもので更に手に入るCPUになると、興味も加味して、自然FX-8350となる。

で、エンコでベンチ。
10分のTSファイルをいつも行っているエンコ設定でベンチ比較。
CPUは100%でほぼ張り付き。
出力先は、速度の違いが出ないようにRAMディスク上に設定。
8350

phenom 960T BE(6コア)
11:00

FX-8350
7:46

ワットモニターで消費電力もチェック。
phenom 960T BE(6コア)
195W

FX-8350
260W

これを実時間と処理時間、消費電力量で計算すると、
phenom 960T BE(6コア)
実時間+10%
214W/本

FX-8350
実時間-25.4%
186W/本

効率は順当に向上している様子。 🙂
実際のエンコに関しては解像度などの設定によっては、バッチ処理で2~3同時処理とした方が良い場面に遭遇。
960Tだと2個同時がmaxだったのに…。
intel core i7 3770Kのようで、ニンマリ、である。 😛

google reader 終了

google reader を使ってきて、7月1日の終了に向けてたびたびgoogleから警告があった。
しかし、もしかしたら継続されるかも期待していたら、あっけなく終了。
現在はデータの抽出のみ可能な様子。

で、急遽代役探し。
firefoxで使っていたGoogle Reader Watcherのような使いやすいものはないか。
アドオン検索から3個ほど試してみるものの、どうもしっくりこない。
長い間にすっかりgoogle readerとgoogle reader watcherになれてしまったようだ。 😐
止めないでよ、google。

人気のあるものは避けていたが、Bamboo Feed Readerはwatcherに似ている感じ。
まだ、善し悪しはわからない…。 🙄
しばらくはこれを使っていこうと思う。

HDDのスリープ(複数台)

WHS2011をアトムから変更したので、簡単にSATAを増設できるようになった。
そして早速、一時保存用にHDDを導入してみた。

既述の通り、システムディスクはcrystaldiskinfoの自動更新でスリープ回避、データディスクは15分程度でスリープに入るようにした。
これで
31W(データディスクスリープ中)
の消費電力まで下がったわけだ。

これが、データディスクがもう一台増えた状態で、アイドル
41W(システム&データ2台アイドル中)
となり、スペック上、そのままなわけ。
至極当然。

で、ここからよくわからん。
当然データ2台とも15分アクセスがないとアイドルになるのだが、上述と同じ31W程度なのだが、なぜかスリープ中にデータディスク1にアクセスするとデータディスク2も起動してしまう。
何度試しても、試しにアンドロイドから試してみても、どうしても両方立ち上がる。
物理的に監視できているわけではもちろん無く、消費電力からそれを監視しているわけであるが、たぶん間違いないだろう。
そのままデータディスク1にアクセスしたまま15分経つと、データディスク2が止まり、36W程度に下がるのだから…。 😥

このまま一日稼働させて、crystaldiskinfoでスタート/ストップ回数の生の値をカウントすると、
データディスク1
8回
データディスク2
21回
となっている。
(十進数換算でいいんだよな、たぶん…)

確か昔のHDD(scsiだったかも)は、HDDにLEDつなげばアクセスが見られたと思うのだが、今もできるのだろうか?
計測方法からすると、もっとたくさんのHDDをつけてワットモニターを眺める、という方が正しい気がする。

3.5inch→2.5inch HDD

70W台のメインPCの消費電力を下げるべく、またHDDのストックを予備として持っておくため、2.5inchHDDを購入。
東芝のMQ01ABD100

1TBあるので、必要充分。
これでメインPCのアイドル時で、
73W(3.5inch)

69W(2.5inch)
となり、約4W程度の低減。 😉

ちなみに、ディスプレイ出力オフ時(アイドル時)だと、46Wくらいまで下がった。
基本使わないときはスリープなので気づかなかったが、keplerいいね。
なお、46Wの時は2.5inchHDDはデータ引越による書き込み状態だったので、完全なるアイドルだと46Wよりわずかに下がる、はず。

G1610Tの消費電力

WHS2011なPCをD525MWからceleron G1610Tへ変更して、拡張性が向上したのは歓迎であるのだが、消費電力も増大したのならがっかりである。
G1610T_cpu
で、実際に丸一日ワットモニターで電力をモニタリングしておけば普段使いでどれほどの違いがあるか一目瞭然。

ハード構成
HDD 2台
電源 シュワルツバーグノーマル(80plus bronze)

HDD電源オンオフ(スリープ)はHDDに良くないだろうという判断であるので、常時稼働。
もちろんWHS2011自体、常時稼働であるのでPCも常にオン。

shouhidenryokusa

atom D525MW
24時間 0.85kW

G1610T
24時間 0.88kW

アトムの時よりも0.03kW電力消費が増えた。
仮に、1ヶ月最も高い料金で使ったとして計算すると、約30円/月増えることになる。
これなら誤差の範囲である。 😉

ちなみに、テレビに内蔵のHDD(確かサムスンの3.5inch-500GB)はもう5年くらい使い続けているが、視聴に問題はでていない。
日に何回もオンオフを繰り返して使う、ハードな使い方をしているにも関わらずである。
そんなわけで、HDD2台の内1台を20分でスリープになるようにしてみた。
データドライブ(NAS的)なら使うときだけでいい。
電源オプションでHDD休止を設定し、データディスクの方だけCrystalDiskInfoで自動更新対象からはずしておく。

G1610T & HDD sleep
24時間 0.83kW

HDD常時オンなアトムよりも消費電力量を抑えられた。 🙂
これならさらに動画保存用にHDD接続を増やしても、つまりはNASのように使っても消費電力を抑えられそうである。
システムディスクの方は、クライアントバックアップとTV録画データを集めるtemp倉庫にしているのだが、録画データの方が24時間頻繁に不定期でアクセスするのでオフには設定しない予定。

あと、ついでに性能向上でどこまでトランスコードができるようになったか試してみたが、相変わらず大きなサイズのmp4はREGZAで視聴不可だった。
ただし、小さいmp4(クオーターHDで1.5Mbps程度)は大変絵が汚いものの見ることはできた。
ビットレートは相当に落とされているものと思われる。
まぁ、それでもアトムの時よりはパワーは上がっているようだ。
やはりきれいな絵を望むならcore i7クラスが必要なのかも知れない。

ローパワーCPUの反応

取り外したATOM D525MWでwindows8.1 previewを動かしている。
そして、WHS2011のサーバーマシンではG1610Tが動いている。

pentium 3からこれまでintelではなくAMDばかり使い続けてきて、ようやく気づいたこと。
D525にしろG1610Tにしろ、反応が若干遅い。
タイムラグがある感じ。
CPUのレビューなんかで反応の遅さに関する記事は見かけたことが多々あるが、AMDでは全くないことなので想像も難しかった。
なるほどこういうことか。
G1610やi3 3225では感じないもたつき感がある。
E-350などAMDでもロースペックだと現れるのだろうか?

で、D525でyouutubeの視聴。
フルHDを再生しようとすると、紙芝居のようにかくつく。
それはもう、カクカクである。
たまにエラーにもなる。
1~2秒で画面が更新されるくらいに遅い。
720pだとたまにかくつくが、ちゃんと再生できる。
チップセットが動画再生支援なハードではないそうなので、まぁ仕方ないか。
しかしこれだと余った部品でリビングPCとはいかないなぁ。 😐

録画PCとして、次にサーバーとして使ってきて、力不足感は特になかったが、これだとメインは無理だな。
ちょこっとした調べ物程度だともっぱらタブレットの出番だし、これは使いようがない。
d525mw
OCCTでGPUを試してみたら、ほぼ1FPS。
🙄