windows8.1アップデート

とりたてて期待していなかったのだが、ここはやはり入れとくかという感じでgo。 😎
ストアより
ストアから。

更新
とくにコメントも無し。

ダウンロード自体は30分くらいだったが、その後が長い。
約1時間くらいか。
トータルで1時間半。
うへぇ…。 😡

さらに、ちょっとしたことだが、個人設定を再設定させられて少々うざい。
使い勝手が向上した感じは無し。
特に8が良かったわけでもないが、8に対する8.1も良いと思わせる部分は少ない。
まぁ、今後の使用感では違うかもしれないが。

<2013.10.30追記>

更新して、正直うんざり…。
インストール済みソフトの再アクティベーションを求められたり、WHS2011で自動バックアップしても再度スリープに入らなかったり…。
スリープはたぶんハード設定に関わる事柄だと思うが、それ以外にも細かいことが多数ある。
そんなわけで、他のwindows8なPCを更新する気持ちは全くもって完璧に失せた。 😈

単独でwindows8.1をクリーンインストールする方が気持ちがすっきりする。

MapFan for Android 2013期間限定

MapFan for Android 2013が期間限定で100円から。
ウェブニュースで知ったが、時すでに遅し。
それでも200円だったので、まぁありがたいのだが…。 😉

使用機種はnexus7(2012)なのだが、オフラインで使える地図というのが、とても良いところ。
オンラインならgoogle mapで全く不都合ない、というかすこぶる便利なのだが、オフラインだとあらかじめ読ませてないところは使えなくなっているということ多々。
今後の活躍に期待!

ちなみに、使い勝手はこれからなので未だ持って不明。 🙂

切替器での一時断

マイクロソフトのマウスが使いにくくなったので、以前購入したバッファローのレーザーマウスBML1CWHに交換した。
マイクロソフトやロジクールに比べて、センターホイールの押し具合が硬いので若干使いにくく、またケーブル自体も明らかに短いので使い勝手が悪かった。
まぁ一時しのぎができればそれでいい。 😉

ところが、交換直後からどうも動きがおかしい。
クリックに反応しなかったり、カーソルが動かなかったり…。 😡
しかも割と短い時間サイクルで現出する。
使いづらぃ~。 😈

よくよく見れば、キーボードのステータスLEDが瞬間全点灯している。
これはCPU切替器で切り替えたときに良くみる動き。
どうやら切替器が悪いようだ。
だとしても、マウス交換ごときで何が悪いもないだろうし…。

KVM-KH
本来は以前使っていたPS/2タイプの切替器が一番良かったのだが、PS/2が一つしかないマザーが主流になってしまい、仕方なくUSBのものに替えた。
ところが、両方USBのものは切替でいちいちプラグイン、プラグアウトの音がする。
それがこのエレコムのものだと音がしないので、大変重宝していた。

が、説明書は読んだことがなかった。
見れば、マウスのリセットというのがあって、「scroll lock」二回押下の後に「M」を押せば良いそうで。

これで今のところ瞬断もなく使えている。
やはり説明書はちゃんと目を通しておくべきだな。 😉

<2013.10.15追記>

logicool m100r
これを購入したので早速試してみた。
久しくロジクールを使ってないので、やけにスクロールのノッチ感が柔らかく感じて違和感。 😐
一方、ホイールのクリック感は良い。

で、これを接続したが、認識しない。
動作しない。
再起動も関係なし。
とにかく動かない。 😥

切替器を介さないで、USB直差しだとちゃんと動くので、このマウスは対応していないのだろう。
今まで使えたマウスはPS/2変換アダプターが付属していて、今回は添付無し。
まぁ、ただの目安なので絶対の自信は無いし、もはやロジクールの他のマウスを眺めていてもPS/2対応というのが最近はもう無く、買って確認というのも無理。

なお、スリープ復帰で切替器の瞬断が再発したが、USB延長コードを外して再度マウスのリセットをしたら治まった。
しかし、コードが短いのは使いづらい…。 🙁

インターネットにつながらない

windows7 pro 64bitなPCが突如としてインターネットにつながらなくなった。
本当に突如、である。
それとて繋がらないのはスリープ復帰後の約1分程度なのだが…。
待てばいいと言えばそれまでだが、以前は即繋がっていたのだから気になってしょうがないし、待つ気もない。 😐

どうも繋がらないのはインターネットのみで、他のPCは認識しているようでファイルの送受信も可能。
推測だが、DHCPだろうなぁ。
そこで、IPを見失っている「識別中」の時間に、試しにipconfig /allでチェック。
ip1

169.254.…という知らないIPが振られている。
インターネット接続できるようになってから改めてipconfigで調べたら、今度は192.168.…に戻っていた。
他のPCだと見られない現象なので、このパソコンのみ決め打ちで個別設定。
これで問題なく即繋がるようになった。

ただ、気になったので調べてみたら、結構似たような現象があるのだなぁと…。 🙁
今回はしばらくしたら繋がるので、全く同じというわけではないが。
例えばこちら。
IPアドレスが169.254.XXX.XXXになってネット接続できなくなった時の対応策!
なるほどAPIPAというものが、169.254.…を一時的に示しているのか。

今度ケーブルを交換してみよう。

<2013.10.11追記>

IPの競合がなんちゃら、と表示。
どうやら決め打ちでぶつかった様子。
IPの重複を調査する

コマンドで「tracert」とIPアドレスでPCのあたりを付ける。
以前からあるPCが表示された。
確かMACアドレスで以前のIPを優先的に割り振るはず。 ❓
何故突如として?

seagateの外付けHDD

seagateの3TBなHDDが逝ってしまわれて、たったの一台なのに容量的には無視できない損失。 😥
一方、Seagate FreeAgent GoFlex STAA1500201 1.5TBを導入した。
2.5inchポータブルでUSB3.0対応なので、電源不要。
やはり電源が必要ないのは大変使いやすい。

新デバイス導入となれば、またまた転送速度が気になったので、crystaldiskmarkでチェック。
STAA1500201_1

まぁ、新しいHDDと比べるとやや遅めか。
前回のPQiの方が速いな。

もはや…雑記

HDD(samsung 40GB)が一つ余ったので、LHR-EGU3Fに入れてみた。
そう古い訳ではないが、最近のHDDのように転送速度が速いわけではない。
RAID0前提で、シーケンシャル以外の性能向上を狙って2台同時購入したものの片割れ。

それをUSB3.0につないだら、と試してみた。
シーケンシャルが速いわけではない(はずな)ので、あからさまな速度の違いが望めない可能性が高く、今回初めてデバイスマネージャから接続環境を確認しておいた。

40GB
USB3.0 extensible host controller配下に連なっているが、やはり速度はUSB2.0程度。

念のため他の2TBのHDDをつないでみた。
2TB
USB3.0配下だが、シーケンシャルが明らかにおかしい。

今度はUSB2.0につないでみた。
usb2
usb2_2
シーケンシャルのみが頭を抑えられている感じ。 😕

まぁ、ただの雑記。
なにこれ 😐

マウスホイールの擦れ

1年くらい前に購入したマイクロソフト ベーシックオプティカルマウス
その前に使っていたロジクールのマウスのさわり心地に似ていたし、手近な店舗で手に入れやすいという理由で決定。
しかし最近、たまにスクロールホイールが右クリックボタンに擦れて使いづらい。
突如抵抗感が増大してびっくりする。 🙄

まだ保証期間内と思われるが、ロジクールが10年近く使えたのにこんなに早期に使いづらくなるなら交換しても無駄。
そこで内部を見てみた。

今まで2~3個くらい使えなくなったマウスを分解したことがあるが、このマウスの場合、ホイールの支持が片持ち。
いわば踏切の遮断機のようになっており、左側にある回転センサーを中心軸に右側が上下する。
動きからして右側に寄りやすい構造なわけで、簡単に調整してみたがすぐに元に戻る。
とはいえ1年くらいは適正に動作していたことを踏まえるに、センサー部に抜け防止の何かがあったのかも知れず。

でもまぁ、やっぱりマウスはロジクールが好みだと再認識。 😉
HIDは手になじむものが宝物だな。