バックアップ失敗

windows8.1 pro with media centerを32→64bitへ変更したのは前記事通り。
当初予定と異なりGPTになってしまい、ついにGPTなクライアントPCが初登場。
これが少々やっかいだった。

OSインストール直後にクライアントバックアップを取っておくと、あとあと不具合があっても時間短縮(細かい設定が面倒…)になり助かる。
そうはいってもリカバリーで助かるのは情報量がまだ少ない運用初期、だろうけど。 🙄
まぁ、やっていて損はない。

ところが、WHS2011のコネクタをインストールしてバックアップを試すも、1%表示のまま進行せず、随分と待たされたあげくに「失敗」となる。
fail
はて ❓

そう言えば、WHSのGPT関連の記事を昔読んだことがあるような気が…。
修正プログラムは、Windows Home Server 2011 を実行しているサーバーにバックアップを作成するには、UEFI ベースのコンピューターのバックアップのサポートを追加するのには(なんだこの自動翻訳…)
microsoft、ここじゃないな。
あ、そうそう、ここ。
WHS2011にGPT/UEFIクライアントのバックアップを可能にするHotFixが配信

fixをあててやる必要があるそうで。
microsoft(上の方のリンク先)の「修正プログラムのダウンロード」を実行して、メールを受け取る。
mail link
その先にある三つの内のどれかを選択して、サーバでhotfix適用。
リンクの数字の増え方からして、一番上の459525が最新かな。

で、クライアントではコネクタの更新がしばし後に行われ再起動。
バックアップは詰まることなく、今度は完了。
全てのクライアントのコネクタを更新し再起動が必要なのは少々うざいが、まぁ仕方ない。

ところがお次は、ダッシュボードが開かない。
コネクタを再インストールしても開かない。
いつものように画面が遷移せず、えんえんとスクロールしているのみ。
終わったら終わったで、何も始まらず…。
なにこれ。 😡

別のPCでもコネクタを更新してからダッシュボードに接続しようとすると、同じように画面が出てこない。
あっちもこっちも動作がおかしいと言うことは、サーバの方がおかしいのだろうと推測。

wusa.exe /uninstall /kb:2781272
microsoftのページで書かれているように、これで一度アンインストールし、再度適用。
今度は459470を適用してみたが、つまるところダウンロードしているであろうfixは同じものと思われ。

サーバ再起動後にダッシュボードに接続を試してみたら、ちゃんと動く。
うまく当てられなかったのだろうか。
何にせよ今はきちんと動作してくれるようだ。

面倒なインストール作業

windows8.1がスリープ嫌がるという件で、結局完治しなかった上、頓に調子を崩してきた。
「問題が発生したため、PCを再起動なんちゃら」というのを数回食らった。
今までのwindowsでもそうだったが、結局アップグレードだとその後間を開けずに調子が悪くなるのは共通の様子。(個人的に)
そうなった場合、いつもクリーンインストールをしてきれいさっぱり解消してきた。 🙂
ならば今回も、ということで下調べ。

まずはストア経由のアップグレードでディスクが存在しない。
再度ストアでやるにはやや不安が残る。
しかも今まで32bitで使い続けてきたがこれを機に64bitに移行したい。
さらに、media centerを入れてしまうとプロダクトキーがwmcのそれしか確認できず(Windows 8 Product Key Viewer 1.4.7d)、どれが再インストールするPCのプロダクトキーがわからない。(アップグレード版ダウンロード版が複数有ると整理つかない)

いろいろ不安があるが、やってみる。 😉
それもこれもWHS2011にバックアップがあるからな。 😎

Windows8.1 のISOをダウンロードしてみた
こちらに詳細あり。
感謝感謝。

他のwindows8.1は全部64bitなので、ディスク作成に問題はなかった。
なお、32bitでisoを作っておくのを忘れてしまったが、作っておけば良かった…。
ちなみにディスク作成途中ではプロダクトキーを入力させられるのでてっきり専用のディスクになるのかと思ったが、実際はインストール時にプロダクトキーを入力する必要があるので問題なかった。

そういえば…。
どれが正解のプロダクトキーか解らなくても、間違えたとして別のプロダクトキーで試せる、はず。(ハードウェアは変更無しなわけだし)

さて、インストール。
従来通り、MBRなパーティションにフォーマットしてから入れようと考えていたが、どうせならUEFIのGPTにしてしまおうと画策。
ところが対象のHDDにインストールしようとするとエラー8004242Dと表示が…。
すっかり久しぶりなので忘れてしまっていたが、パーティションそのものを削除してからインストールしなければならなかった。
管理ツールからGPTディスクを見たことがあればすぐピンとくるのだが、GPTには回復パーティションなど細切れなパーティションが存在する。
ちょっとミス。
フォーマットではなく削除してから、再度選択、インストール。

あとはwindows8と同じ手順、だろうな。
プロダクトキーを入力して、設定して終了。
8.1
特段何もしてないのだが、ライセンス認証も通っているらしい。
32→64でも問題なしか。
ならば、「windowsの新しいエディションで機能を増やす」(機能の追加)から、media center適用。
with mc
あれま、結構簡単だな。

インストールディスクの作成過程がややこしいし、(今までのOSと相対して)そもそも情報自体が少ない。
貴重な情報に、重ねて感謝。

ハブの不調か?

もう一ヶ月くらい前か?
ネットワークが朝方から全く通じない。 😡
WHSの自動バックアップも全て失敗。
ということは深夜から動かないようになっていた、ということか。

解決方法はさておいて、翌日、また同じように接続不能に。
どうも発生する時間帯も同じ様子。
思い出すと二日ともkindle fire HDでyoutubeを見た後で、そしてWHSのバックアップ時間帯の前。
ならばkindleが原因なのか?と。

しかしさらっと結果を言えば、ハブが原因のようだ。
LSW4-GT-8EP/WHのアクセス表示が全ポートちかちか点滅している。
そして他のハブも同様に全ポート点滅。
高速点滅で、延々と、全ポートというのがおかしい。
pingで溢れているという感じか。

このハブをリセットしたら解決したわけだ。
延々とトラフィックが溢れていたため、DHCPにも到達できない。 🙁
どのPCもスタンドアローン状態。
二日ともハブのリセット(電源抜き差し)で解消。

このハブ、使用開始後1年くらいで1ポートだけ動作不良らしき挙動を見せた。
WoLが通らなかったり、そもそもネットアクセスそのものができないことがあったり。
ケーブル変えたり、コネクターの接続場所を変えたりして判明した。
結局そのポートは以来開けっ放しにしている。
接触不良なだけか、内部的に問題があるのかわからないが、不良ポートが増えてしまったのだろうか。

念のため「ループ検知」機能をオンにして様子見。(他の変更点は無し)
今のところ発生していない。

メモリーコントローラの違い

かなり前のスクリーンショットでほとんど内容を覚えていないのだが、記録として残しておこう。
athlon
phenom

メモリーのスペックは同じ、メーカーも同じで使用スロットが増えたのみ。
メモリーコントローラの違いかと思ったが、設定も周波数も違う、はず…。
ともかく、CPUの載せ替えだけでも数字の上ではこれだけ違う。
ただ、体感できるものではなかったというのははっきり覚えている、というオチ。 😛

sph-da05購入

sph-da05を購入してみた。
前回のネタからして、自然な流れか。 😳
それにこのアプリユニット、生産終了で在庫をはかせるためか、今なら1万ちょっとで購入可能だったので…。

早速PCの電源に接続して机上で動作確認。
front
購入前の想像ではbluetoothでA2DP接続できるものと思っていたが、tegranoteを接続してみたらあくまでHFP(たぶん)接続になるだけな様子。
tegranoteを接続できるmicroHDMIケーブルが無かったので、ビデオカメラをHDMIで接続してみた。
そしたらグレーアウトしていた「アプリ」ボタンが有効に。
どうやら入力があるとアプリ画面(HDMI)を表示できるようになるようだ。
しかしビデオの画面が表示されない…。 ❓
もしかしたらUSBにも接続しないとうつらないのかも。
この時、ノートパソコンを試しに接続してみたら良かったなぁ。(後の祭りだし、未だ未試行)

なので、今度はCD-HUV220を購入。
これがないとアプリユニットとUSB接続ができない。
USBとHDMIでtegranoteとアプリユニットを接続。
hyouji
やはりHDMI信号の入力があると反応有るようだ。

kido
「無視」を押下して次へ。

main
手前がtegranoteで、奥がアプリユニット。
tegranoteだとlinkwithモードで動作しないようで(動作確認一覧)、アプリユニット画面を触っても動作しない。
画面右上に”手に×印”の動きませんよマークが表示されるだけ。
それでもタブレット側で操作できるし、アプリユニットではそのクローン画面で表示されるし、音楽も動画も車載スピーカー(今は仮接続のスピーカーだが…)から聞こえる。
いいじゃん ❗
この値段で、バックカメラ&リバース検知がついて、ラジオも交通情報もOKならカーナビ必要ないんじゃないか?
もちろんジャイロもVicsもないと不便な都市部だとナビ部分が不満だろうけど。
あと、解像度がタブレットより劣るので地図が大変見えづらいが、おそらくダッシュボードに乗せて見るだろうから問題なし、かな。

おや?
何故だか充電になっていないのだが?
これだとナビは半日くらいしか持たないぞ。
接触不良かと何度か抜き差しするも変化無し。
何これこの仕様は…。
だったらUSBケーブル、いらなかったんじゃね 😥
スマホじゃなくてタブレットだけで使うなら、そもそも安いmicroHDMIケーブルとシガーUSB充電器で良かったってことか?
ぬぅ。 😐

さて、今度はアプリの同時使用に関して。
linkwithの「プレーヤー」から動画の再生は確認したが、ものは試し、MX動画プレーヤーで再生するとこれもOK。
これならバックグラウンド再生しながらmapfanが使える。
できればUSB接続でiPodを接続した方が同時使用には向いていそうだが、もうケーブル買うのもばかばかしい。
それにたこ足配線で車内が鬱陶しそうだし…。
まずはtegranoteで楽しもうじゃないか!
ちなみに、mapfanのナビ音声は単独だとtegranoteから聞こえるが、バックグラウンド再生中の動画プレーヤーと同時使用だとこれは車載スピーカーから聞こえる。

さて、しばらくはこれで楽しむか!
机上でね…。

検索結果見づらい

先日からどうもgoogleの検索結果が見づらい。
てっきりfirefoxの設定を図らずも変更してしまったと思っていたのだが…。
Google、検索結果ページの新デザインをテスト中―リンクの下線が消え、広告にラベルが付き、フォントも変更
Google検索結果ページに黄色い[広告]バッジなどのデザイン変更(テスト中)

Google、新しい検索結果デザインを正式発表

firefoxで字の拡大を試してみたが、そうか、googleの問題か。
しかし見づらい…。 😐

mapfan 2013を使ってみて

以前200円で購入したアプリMapFan for android 2013
通常価格からしたら破格なのは間違いない。
その上、なかなか使いやすいのでなおさらである。

ただ、基本的にカーナビとしてしか立ち上げないアプリであるため、使う頻度が高くない。
さらに、nexus7(2012)に入れていると、何故だかコンパスが90度確実にずれてしまい、背面スピーカーなので聞き取りにくいというハードウェア的にも満足できないものだった。 🙄
なお、nexus7の問題なのか、現在位置が固まってしまう致命的な事象も現れる。

ナビ音声を聞き取りにくかった欠点を、新たに仲間入りしたtegranoteは解消してくれるに違いない。
そう信じて、アプリをインストール。
これは両者がgoogleアカウントが同じであるので、アプリの引越に問題はなかった。

tegranote購入時、レビューでナビゲーション関連の評価が悪いのが気にはなっていた。
上記のtegranoteのレビューを確認するとわかる。
なのだが、その実、使ってみるとnexus7の時のようにコンパスのずれがない。
これは大いに意外。
nexus7にはコンパス修正用としてGPS Status & Toolboxを入れていたというのに…。

そもそもナビとして大きく不満のあるソフトではなかったので、前面スピーカーのtegranoteはnexus7より聞き取りやすいというメリットがあり、もはやnexus7を使う意義は無くなった。
両者とも車の進行により約50m程度遅れて表示されるのは、さすがに専門ナビ(カーナビ本体)にはかなわない。
実用上問題ないが…。
高速走行だとさらにずれる(未確認)かもしれず、気になるのかもしれない。

で、ナビテストを一旦終了して、しばらくのちにアプリ再起動。
そしたら正常だったtegranoteもコンパス表示が90度くらいずれる。 🙁
これはおかしい。
前回異常なかったのだから。(ちなみにnexus7のときはアプリインストール時からずれていた)
向きを変えるなどいろいろ試しているうちに気がついた。
タブレットを同一方向にぐるっと一周、経度緯度というのが感覚的にわかりやすいか、そうするとコンパスが元通りに!
試しにnexus7のコンパス修正アプリを外して起動すること何度目か、コンパスがずれた。
同じようにぐるりぐるりとやってみたら、あれま、正常じゃん。 ❗
他にも事例があるかと調べたら、案外あるのね。
スマホのコンパス機能が正常な方位を指さない時の改善策: 正しい「8の字」キャリブレーション方法
上記と違って本体自体を回転させるので、イメージが違うのだが…。
しばらく様子見だな。

ついでに、便利そうな記事があったので参考に。
タブレットでカーナビならGoogleマップよりMapFan!?

何を画像に埋め込み?

ちょっと気になったので。

「セクシー画像」にコマンドを隠す、新たなウイルスが出現
最初見たのは確かmsnだったはずだが、どこのページだったか解らなくなってしまったので上記を代わりに…。 🙄
セクシーだろうが無かろうが、画像に何か細工があるのならどんな画像でも問題だろう?

で、動作がよくわからないのだが、Stegano-Zeusというのは画像に埋め込まれたコマンドを実行するということか。
ならばバックグラウンドでブラウザ(あるいはビューワ?)上でzeusが動作していないといけないということか?
オンラインで情報をやりとりするならやはりブラウザなのかな。
いや、全くわからん…。

全文を読むと、おそらく現在危険と思われていることは符号化されたコマンドではなく、画像自体をウイルス(コード)検索対象としていないことと言いたいのだろうと推測。

kindleにfirefox

所有のkindleがこれまでkindle fire かと思っていたが、kindle fire HD 16GB(2012?)だった。 😐
nexus7もそうだが、モデルチェンジしたらわかりやすい型番でも付けて欲しいものだ…。

で、そのkindle。
快調に使えていたchromeブラウザ。
silkより使用頻度が圧倒的に多くなって、メインとして使っていた。
これが「新しいバージョンがある」と以前から表示されていて、多少気になっていた。
今思えばお知らせ機能をオフにして無視しておけば良かったわけだが…。

他のタブレットから持ってきたapkで新しいバージョンに更新。
ところが、実際使ってみるとウェブ閲覧中、サイトの中心部分で表示崩れが発生する。
すげー見にくい…。 😡
本来ならここでchromeの設定を見返すのが筋だと思うが、以前から気になっていたfirefoxのandroid版を試してみたくなった。

これまたapkでインストール。
使用感はchromeと大して変わらないが、flashが関連づけられてないからか、動画視聴ができない。
慣れたせいか、chromeの方がわかりやすい。
たとえyoutubeが視聴できたとしても、やはりchromeの方がいいかも。

まぁそれでも調べ物だけならfirefoxでいいかってことで、私だけが使用している。 🙄
で、しばらく使ってきたのだが、少し漢字の表示がおかしい。
いわゆる中華フォントってやつが気になり出した。
読めるのは読めるんだけどね。

そこで早速他力に頼る。
Kindle Fire HDにFirefoxをインストールした
これの3から書かれているabout:configの文字設定を変更。

おかげで違和感なく文章を読める。
感謝感謝。 😉