J1900でQSV

tmpegenc vmw5ではAMDのFX8350を使っているのでQSVを使うことができない。
エンコを早くしたいからといってQSVのためにintel cpuを買うのももったいない。
それに保存用ならエンコードにQSVは使わない。
でも一時視聴用ならやっぱり速いQSVがいいなぁ。

そんなことも考えてQSVが使えるQ1900B-ITXを選んだ。
とはいえ、TMPGenc VMW5をもう一個買うのはちょっと違う気がするので、MediaEspresso7を試用してみた。

フルHD(1920か1440)をHD(1280*720)に、ビットレートは3Mとしている。
29.97fpsにして、他の細かい設定はデフォルト。
TS → mp4

早速QSVを使用してエンコ。
さすが速い。
放送時間1時間の番組が、8分弱で完了。
30分の番組が、4分弱で完了。
他にも数本試してみたが、エンコード設定が変わらないからか、大体7.5倍速でエンコードできる。
若干カクツキがあるように見受けられるが、問題なさそう。
mediaespresso
ファイルサイズは、1/2から1/3になる。
過去調べてきたQSVの特徴から予想できた通り。

80plus gold電源に交換してから、消費電力が一番高い結果になったのがQSVエンコードだった。
アイドルで20W程度なのだが、エンコード中は33W。
それでも電力効率で言えば、FX8350のTMPGencよりも良い。
エンコード対象を画質と圧縮率で選考すればTMPGencとmediaespressoを使い分けができそう。

Q1900B-ITXでインストール不具合

J1900搭載のQ1900B-ITXなのだが、いきなり動作がおかしい。

既述の通り、D525から載せ替えただけで動きはするものの、どうにもkernel power 41が頻発で使い物にならない。
当初てっきり載せ替えがまずかったのかと思い、クリーンインストールしてみた。
メモリーはD525の時と同じく2Gしかないのだが、さらには以前作ったwindows8.1のインストールディスクが64bitしかないということもあり、64bitをチョイス。
(付記:試しで以前の方法で32bitのインストールDVDを作ろうと思ったら、windowws8.1の実行ファイル名が異なっていて、以前と同じ方法ではできなかった。他に方法があるのだろうか?)

64bitをインストールしてまっさらな状態。
ここからinfファイルを当てるのだが、入れ終えて再起動の直前でBSODになる。 😥
その後は何ともなかったかのように各ドライバが当たっていくのだが、ドライバーインストール完了後も結局BSODが幾たび出てきて不安定。
イベントビューアではkernel power41 との表示。

クリーンインストールや「PCをリフレッシュ」を何度か試すも、やはり同じくinfファイルを当てるとほぼクリーン状態にも関わらずBSODが出る。
そこで今度はwindows8の32bitを入れて、アップグレードで8.1にすることにした。

32bitだと何の問題もなく各ドライバーを当てられる。
その後ストアから8.1へアップグレード、さらにMCEをインストール。
ここまで不具合なく進んできたのだが、常用していくとBSODが頻発。

実は64bitを何度か試す際、ハードウェアを若干変更。
BIOS画面でstateをc6、c7など選べるので、もしかしたらhaswellと同じように電源を選ぶのかと考えて、各電源を試してみたわけだ。
ところが所有する電源にhaswell対応のものは一つもないので、電源を交換すると同時に、BIOSでstateをdisableにする等、関係有りそうな省電力設定は無効にして各種試した。
だが、どうしても上述のようにうまくいかない。

残るはメモリーしかない。
当初D525のメモリーが動作しなかったことは既述だが、相性(交換)保証つきのメモリーを購入、変更しており、さらにはwindowsのメモリー診断、memtest等試したが不具合は見られなかったのだが…。 🙄
上述2枚のメモリーはノーブランドで2Gの一枚ものだが、今度は1Gの二枚差しに変更。

以来BSODは一度も出現せず。 😉
イベントビューアで確認すると、以前は24時間で5回程度BSODになっていたようだが、交換後は240時間で0回と未発生。
見かけ上で動作していても、このように動作がおかしくなることがあるとは…。
これまではBIOSが起動しないなど致命的だったからわかりやすかったが、これだと困るな。
実際動作しちゃったから、メモリーの相性による交換保証の保証書自体を捨てちゃってるし。
また、64bitだとすぐに不具合が出るが、32bitだと当初出にくいなんて、動作が異なるとは思いもしなかった。
メモリーテストも信用できないなぁ。
つまりはこれが本当の相性問題なのだと。

ちなみに現在haswell未対応と思われる綾風300を使い、c7 stateを有効(ほぼデフォルト状態)にしているが問題ない様子。
haswellとは違い電源にシビアさは無い様子(たぶん)。

ワットモニターが故障

ワットチェッカーが有名な電力消費量モニター。
私はsanwa supplyから出ているワットモニターTAP-TST8を使っている。

買ってからまだ2年と経っていないはずだが、前件のQ1900B-ITXの電力計測で使用中、ワットモニターにプラグを差し込んだとたんにプラグ部分がスパークして液晶部分が表示しなくなった。 😥
直せる自信は全くないが、ともかく分解。
wattmonitor02

本体を止めている4本のねじを外すとこうなる。
トルクスネジなのだが、小さいヘックスレンチでも代用可能。
wattmonitor01

分解してわかったことが一つ。
ねじの受け部分、プラスチックなのだが、これが4本とも割れている。
そして、液晶部分への通電ライン(本体の裏表)を押すことで表示可能なことに気づいた。
さらに、ねじの長さがプラグ側と反対側で異なることにも気づく。
推測だが、ねじ受けプラスチックが割れた所為で接合がゆるくなり表示できなくなったものと推測。

プラグ反対側のねじをもっと長くしてやれば使えそうな雰囲気。
だが、今のところは増し締めして使えるようになっているので、次壊れるまではこれでいこうと思う。

chromecastの忘備録

chromecastそのものは所有しておらず知人のものなのだが、所有のtegranote7でも試したので記録しておく。

知人はiPadで操作し、chromecast(TVのHDMI)で、ローカル&ウェブ上の動画を視聴したい、という目標。
まずは、iPadにアプリ「chromecast」を入れてyoutubeを見る。
その分には遅延もないし、画質も大画面であってもとても綺麗。 😆
ただ、ブラウザ上での操作になるのでローカルにあるファイルには使えない(たぶん)。

そのために、試しでandroidであるtegranote7にchromecastをインストール。
レビューによると親和性はやはりandroid、nexus7に最適らしいから、たぶんtegranoteでもいけるだろうと…。
ESファイルエクスプローラで使えたらいいのだが、動画再生でchromecastのミラーリングアイコンが出てこない。
動画再生アプリが現時点では対応していない様子。(MX動画プレーヤーや動画プレーヤー)
ちなみにESのプレーヤーは試してない(アナウンスがないのでおそらく対応してないだろう、将来的にはわからないが)。

調べたらLocalCast (Media 2 Chromecast)がchromecast対応らしく、早速インストール。
sambaなので特段何も難しい設定も必要なくTVで再生できた。
シークバーも同調する。
これはいい。 😉
androidならこれでいける。

一方のiOSであるが、有料だがgoodplayerが良さげ。
共有の設定が良くなかったらしく、結局他のPCにあるローカルファイルを直接再生することはできなかった(DLNAとしては問題なし)ものの、おそらく希望通りのアプリだった様子。
ただ、iPadとchromecastでそれぞれ独立して動画を再生してしまうという謎仕様。

推測だが、今後chromecastがある程度浸透してくればもっと対応アプリが増えて、ブラッシュアップされそう。
最後に、ミラーリングのニュースも付記。
Chromecast、Androidからのミラーリングが可能に
しかし、これ、解像度はどうなるのやら ❓

atom退役

録画PC用に導入したatomなintel D525MW
一時はWHS用に使ってみたりといろいろ試したが、結局元の鞘に収まって三年あまり。
大きな不満はなかったが、リモートデスクトップで少々重たいのが一番しんどかった。
つまりはスタンドアローンなら録画PCとしてまだまだいけるわけだが…。

もっと快適に行きたいので、思い切って更新することにした。
ケースがmini-ITXという都合上、発熱が少ないものがいい。
値段差が数千円なので、本当ならG1840がいいんだけど。
他人の評価、とりわけ似た環境であるATOMからのアップデートで評価が概ね高いJ1900コアを選んだ。
asrock Q1900B-ITX

USB3.0とか、クアッドコアとか、ATOMより少しずつスペックアップしているようだ。
ただ、SATAが二個なのは相変わらずか。
パラレルポートといい、ATOMと位置づけは変わらないと思われる。

で、今の構成のままマザーだけを入れ替えて使う。
しかし、交換したものの起動せず。
mini-ITXにはスピーカー端子、というよりスピーカーそのものが無いことが多いと思うのだが、このPCも同様。
おかげでエラービープ音がわからない。
移設してみて確認。
メモリーを外すとビープ音3回。
メモリーを乗せると無音だが、BIOS画面が出ない(キーボードの各LEDも反応無し)。
おそらく載せ替えただけのatomのメモリーが相性悪かった様子。

仕方ないのでSO-DIMMを新調。
1066から1333へ若干のグレードアップ。
できることならDDR3Lを試してみたかったが、在庫がなかったので…。
しかし、思えばSO-DIMMの購入がなぜだかノートではなくmini-ITX新調時になってしまうのは、なんとも毎回余計な出費である。 🙁

そんなわけで以下のデータは、マザーとメモリーが異なる。

wei
なお、intel→intelで簡単とはいえ、windowsインストール直後の初期画面(「デバイスを設定しています」)だけは出るようだ。
ついでに言うと、付属のドライバーを入れなくても動作はする。
しかし、全体的に性能が出ず、とりわけグラフィック能力がATOMよりも下がるという現象に遭遇した(WEIのグラフィックが2.0)ので、やはり付属DVDのドライバーは全て当てるべき。

起動や動作が若干早くなったが、劇的ではなかったのは残念。
それでも一番憂慮していたリモートデスクトップは随分反応良くなっている。
これなら充分な性能である。

消費電力はアイドリングとベンチ動作中の二例をワットモニターで観察。
D525 33W 38W
J1900 27W 33W
ついでにCPUのヒートシンクも放射温度計(初出)で計測。
CPUベンチを5分走らせての計測。
D525 38℃ 45℃
J1900 35℃ 43℃
熱容量や放熱量が異なるので参考程度だが、良好良好。 😛

最後に具体的な数字を参考程度に。(CrystalMark 2004R3 (0.9.126.452d))
比較のためにメインPCも掲載。
crystalmark01

追記
ATOM → J1900(添付のドライバ未適用) → J1900(適用後)
hikaku01
ドライバ当てないとスリープできない(ならない)ので、何にせよ必須。

<2014.7.19追記>

atomの系譜をしっかり感じてはいたのだが、やはりatomの名前を変えただけのようだ。
新型Atom系コアの「Celeronマザー」が初登場、BayTrail-D

別件の記事にする予定なのだが、消費電力は追記しとく。
上記ではmini-ITX付属の80plus無印電源を使っていたが、綾風300(80plus gold)を付けてみた。
もちろんケースには入りきらない。

消費電力はアイドリングとベンチ動作中の二例をワットモニターで観察。
J1900 19W 24W

ハードウェアは変わりないのに、電源だけでここまで変化があるとは…。 😯
パーセンテージで考えると、今までのPCとは違い効果が大きい。
たまたまなのか、ケース付属の電源の効率が悪すぎるのか、はっきりとした理由はわからん…。 ❓
ともかく、3.5inch HDDをSSDに、キーボードとマウスを外し、メモリーもDDR3Lにすれば、アイドルで15Wはもしかしたら切れるかもという雰囲気。

<2014.7.23追記>

PCの安定度を試すためにメモリ・CPU・GPUのストレステストが簡単に実行可能なフリーソフト「Heavyload」
熱量、別件記載のメモリー動作を調べるため上記を試した。
heavyload
室温26℃から上記ベンチをスタート。
約7分で59℃まで上昇。
image
電源を交換(外付け)した所為でケースの排気ファンがないので、結構な温度になる。
ケースが小さいからなおさら。

windows8.1ではWEIが出ないので、下記を使用。
Windows 8.1で廃止されたWindows エクスペリエンス インデックスを復活させるツール
score

ドックコネクタの破損

iPhoneやiPodの充電に使うドックコネクタ。
これが壊れた。
ケーブル部分をぐねぐねすると充電したりしなかったり…。

どうせ捨てるのだからと、毎度の分解。
形状から推測して両端に爪が隠されているだろうことは容易に想像できたのだが、デザインナイフをつっこんでもびくともしない。
結局割った。
iPhone、ライン出力用、ドックコネクタの作り方!
後から知ったが、こちらによるとケーブルを押し込めば良かったらしい。

dockconnector
04

爪も撮影しとこうと思ったが、うまく撮れない…。 🙄
01
02

コンセントに差すプラグもそうだが、このドックコネクタもコードを引っ張って抜いてはいけない。
上記画像のように被覆が抜けて銅線が剥き出しになるとショートする。
なので、通常抜け防止がされているものだが、これには一見見あたらない。
唯一無事に見える白線も10mm下あたりで被覆が千切れ、幾本か銅線が千切れていた。

今は百均のリール収納タイプのドックコネクタを使用している。
収納スペース、というか便利さから言って、百均バンザイ、である。 😎

久々のRCネタ

長い間全く更新の無かったRC関連のネタであるが、実際は結構な量の内容がある。
しかし、決定的にないものがあるため何も書かなかった、というか書けなかった
それは、写真&動画。 😉
やはり文だけだとおもしろくないしね。

今回はちゃんと撮影したので掲載。
主役はカタリナ。
DYNAM PBY Catalina グレイ PNP完成機
catalina
前回一度初飛行させたものの、一度もうまく着水できなかったため、片方のエンジンナセルを紛失。
ノーズの小さなキャノピーもどこかへ…。
そんなわけで二度目の飛行なのにすでに、スケール機なのにスケール感喪失状態の機体である。 🙁

初飛行は別の所で、狭く木々に囲まれた場所で、しかも水面を見下ろす俯瞰だった。
失敗から得た教訓は三つ。
木々のある低空と吹きっさらしの上空では風の向きが違い、しかもその端境では風が読めないことを知るべし。
バルサ機よりも軽い昨今のスチロールの機体ではパワーを絞ると失速が早くやってくるので、中スロ弱くらいのパワーが必要。
そして、着陸面が俯瞰見下ろしの経験がないので、なるべく水面に近くで操縦しないと高度がつかみにくい。
上記三つはまぁこの機体特有という意味ではなく、水上機経験がなく、最近スチロール機を使い始めた自分だけの問題なので、参考にはならないかと…。

catalina

この機体、風向きをシビアに読まないと向きを変えづらい。
操縦性の良い機体からこれを操作するとおそらく難しい。
スケールらしく、エルロンだけでなくラダーを併用することが肝要。
catalina
catalina
catalina

ここは周りに遮るものがないので快適に操縦できた。
着水も水面が広く、水辺から見られたので条件良し。 😆
5分程度で降ろす。
アプローチ。
catalina
catalina

一度目は、納得できない着水だったものの、破損することなく着水できたのでよしとしよう。

二度目はバランスが悪かったらしく…。
catalina
はい、フロート無いね…。 🙄

なお、前回翼の付け根のサポート四本が飛行して戻る度に外れた。
これは衝撃を受けすぎるとはずれるように、大破を防ぐためわざと設計しているものと推測するが、やたらめったらはずれるので二度と外れないものを代わりに装着。
おかげでサポートは外れなかったが、翼端フロートがはずれた。

大きなカーゴスペースのある車でないと難しいのが、この機体の最大の欠点かな。
付け根からばらせばいいけど、コネクターが集中しているし、サポートも付けないと行けないし、いろいろ面倒くさい。
もしかしてサポートステーが外れやすいのは、ばらすことを考えてだろうか?
こういうスケール機はバランスが難しいなぁ。

最後に…。
おそらく写真はこれで最後。
次があるなら空撮か。