期待とか色々

VESA,「USB Type-C」でDisplayPortの映像・音声を伝送可能にする「DisplayPort Alternate Mode」
もうこれが一般的に普及したら、というか普及して欲しい。
thunderboltに期待したのに今のところ盛り上がりに欠けているように思うし。
搭載機器が少なすぎる。

Microsoftの大きな転換点になる? 次期OS「Windows 9」
盛り上がりついでに言うと、おそらくwindows OSの新情報としてはかつてないほどに盛り上がっていない気がする。
OSのリリースを早めるというのが逆効果なのでは?
今までのようにSPで機能追加や改善を行うほうが良いのでは?
OSの死に筋を作ってしまうことは良くないと思うのだが。 🙁
windows vistaのように。
ちなみにvistaのサポート延長をぎりぎりでなくもっと早く公言してくれていれば、windows8ではなくまだvistaを使っていたかもしれない…。

セキュリティ啓蒙が大切

ネット不正送金 新種ウイルス2万件超 世界の8割が日本標的
結構数字が大きいな、と衝撃。
トレンドマイクロ社だそうでグローバルではあることはわかるが、シェアを見た場合全世界でトータルでのパーセンテージがどうなのか気になる。
ともかくかつてはマルチバイトな日本語はやや蚊帳の外的感覚だったが、日本でももう充分に犯罪ビジネスとして成立していることを証明している。
こうなると安全対策そのものの啓蒙が必要だろうな。

無線LANのメール丸見え 成田・関西・神戸の3空港
以前見たニュースだが、これもまぁ仕組みがわかる人ならすぐ理解できるだろうが、旅行先でwifiのついたスマホやタブレットを道具として使うだけでよく知らないひともたくさんいるはず。
デジタルデバイドというのか、仕組みまで理解しないといけないとは思わないが、兎にも角にもニュースとしての報道だけでなく最低限のことを啓蒙することは必要かと…。

ニュースを検索しているときに見つけて綺麗だったので、ついでに。 😛
飛行機が流星のよう 空港で撮影したタイムラプス動画が美しい

ipod 修理

ipod nano なのか?
ともかく壊れてもいいので直してくれと依頼が来たので修理を試す。
ホームボタン(大きなボタン)が押せなくなっていたのはiPhoneのときと同じ。

まずはiPhoneのときのようにカードを液晶の隅に差し込んで隙間を作る。
ホームボタン側の角を少し浮かせた。
開いてわかったが、ボリュームボタン側にはケーブルが繋がっているのでこちら側を開けるときは差し込みすぎないように注意。
写真-1
接着テープがしっかりくっついているので、接着テープを引き伸ばしながらデザインカッターで切りながら開けていく。
写真-3

バッテリーを取り出さないとスイッチにアクセスできない様子。
カードを差し込んで、接着面を少しずつはがしていく。
写真-4
いよいよスイッチ部分と対面。
写真-5

スイッチの構造はよく似ている様子。
写真-7
金色の丸部分にiPhoneなら黒くて丸くてすごく小さいゴム部品が乗っているのだが、これには見あたらない。
本体内を探ってみても見つけられなかったので、あきらめてその辺に転がっていたゴムを切り刻んで瞬間接着剤(ゼリー状)でくっつける。
これが結構くせ者で、大きく厚いと反発力が強すぎて押し心地が硬くなる。
ちょうどいい大きさにしておきたいがよくわからない。
iPhoneと同じくらいでいいのだろうと、目分量でサイズ確定した。

組み付けてボタンを押すと、きちんと押下できる。
写真-8
ただし少々堅め。
もっと薄く切れたら良かったが、とりあえずは押せない状態からは回復したので良しとしよう。