気になる新商品

tegra K1搭載のnexus9は気になる存在であるが、どうも9インチという画面サイズとスペック、価格からするとゲーム用途を想定しているのではないかと。
iPadのようなサイズは持ち歩かない。
重たい処理を何個もタブレットで行うわけがない、少なくともマルチモニターに慣れた私なら使わない。
というか使えなくなっている、か。

で、日本では未発売というnexus playerの方が圧倒的に気になる。
これ、サンプルでもいいから触ってみたい。
誰かの洋物レビューを待つしかなさそうだ。

リモートデスクトップ動かず

おそらく一時的なもの(と思いたいが…)だろうが、windows7 proに昨日のアップデートを適用してからというものリモートデスクトップ接続できない。
いつものように接続しようとするとダイアログが一瞬出て、すぐ落ちる。
ウインドウすらでない。
別のPCからも接続を試みるも同じく。

これは困った。 😡
話にならん。
アップデートからなので、その中からRDP関連を疑う。
KB2984972 と KB2984976の二つ。
試しで前者を削除してみた。

接続できる。
…。
念のためもう一度KB2984972を入れてみると、またまた接続不可に。
どうやらこれの模様。
「ホストで有効にすると…」て書いてあるので設定でどうにかなるのか?

とりあえず今はアンインストールしている。

<2014.10.17追記>

思い出したが、proではなくhome premiumだったな。
これはrdpのパッチを当てて使っているもので、どうやらこれに関連有りそう。

micro → nano

ios8にアップしたiPhone4sが日本語変換が遅く使いづらくなり、そのうえsimの接触部分がおかしいのか、simを認識したりしなかったり…。 🙁
代わりに昔のandroid(ver.2)を引っ張り出して使っていたがこれはこれでタッチが鈍い。
イライラが重なり衝動的に新しいiPhoneを入手。

が、しかし!!、最近はnano simが当たり前なようで…。 😥

一時たりとも待てないので、micro simを即加工。
どうせ失敗しても、あるいは加工せずそのままにせよ、結局は交換することになるわけだし。

ネット上に情報が落ちてないか調べてみたが、どうもニーズがないのか情報量が少ない。
そりゃそうだろうな。 🙄
ちなみに今回の対象はdocomoのsim。

iPhone5用のnanoSIMを作る & microSIMからのカット方法(14)
この加工自体が結構前の話なのでうろ覚えだが、参照したのは上記ではないような気がするが…、まぁいいや。
で、配線パターンが合致するものが一切無かったので、情報を全て勘案してやってみた。

光にさらすという方法はどこにも書いてなかったが、もしかしたら透けるかもと試してやってみたら…。
micro sim
見えやすいように厚紙で遮光して光にかざしたら、何か見える。
もしかしたらこれがチップの境界かも。
黒線はチップの境界を想定したもの。

カッターと定規でカット。
sim カット

そこへiPhoneのsimトレイからnanoシムの型を起こして、スプレーだかマジックだかでsimに墨を付け、カット。
角をはさみで丸く切り…。
早速iPhoneに入れて試してみたら、一発OK。 😆

カット後
使用中につき、すでにカット後の写真しかないが…。
カットはこんな感じ。

おそらくこんなことをする人は皆無だろうが、情報だけは残しておこう。

番組表は必要か?

デジタル放送によりTVで番組表が見られるこのご時世、独立した番組表は必要なのか?
番組表サービス終了のご案内
いや、やっぱ必要だ。
確実に以前よりテレビを見る時間は少なくなったものの、たまに見たいものもある。
それを探すのはやはり紙媒体のような手軽で便利に使える番組表。
以前から終了アナウンスはあったものの本当になるとは。 🙁
他を探すか…。