yoga tablet 2 LTEの電源

LTE接続のタブレット、しかも10インチ以上クラスがずっと、ずぅーーーっと欲しかったのだが、バランスの良いものというのが今まで無かった。
それはまぁあくまで個人的スペックなので、他の人にとっては別の選択肢があろうが…。
前面スピーカーはどうしても外せないのだよ。
背面スピーカーを撲滅したいくらいである。
欲を言えばwindowsかiosにしたかったのだが、それはまぁ興味本位なのでこの際こだわらない。
YOGA Tablet 2-1050L 59434335 SIMフリー
とまぁそんなとき、上記がetrendに三万以下と格安で売りに出ていたので、早速購入。
後にレノボの三千円キャッシュバックの告知があって、ちょっとだけ悔しかったが、まぁ中国企業に個人情報を売り渡したくないという理由を付けて悔しくなんか無いと正当化するのである。

で、通常通りのタブレットとしての使用感などレビューはまぁどうでも良くて他に譲る。
これはもうノートパソコンとして使いたいと考えているのである。
カバーとキーボードが一体になった奴、おもしろそう。
文字入力を本気でするならやはりそれなりの画面サイズとキーボードは必須である。

docomoのnanoサイズのsimにアダプターを付けて、マイクロ化。
きちんと動作しているのは当然のこと、MVNO各社のAPNもはなから網羅されているではないか。
もう超重いノートPCは必要ないんじゃね?

ここから本題。
そんな妄想中、ある日、電源が入らない。
スリープ中ではない模様。
放って置いたからすねてしまったのかと、充電してみるがバッテリー切れではない模様。
というか、充電表示がないどころかLED点滅すらないとはどういうこと?

tegranote7でバッテリーが切れたことは何度かあって、そんなときは充電&長押しで起動なのだが、こいつはうんともすんとも言わぬ。
どうなってんの?
仕方なく電源ボタン&ボリューム下げボタンでメニュー表示。
メニュー
ボリュームボタンで選択、電源ボタンで決定。
リブート、ぽちっ。

あー、うざいレノボの画面が出た、とほっとする。
どうしちゃったの?と気になり調べてみたら、他にも居たのね、これ。
レビューとか全く見てなかった。
特に似たことが書いてあったので、ピックアップ。
電源が入らない
しかし、何でこんなことになるのか、一切不明。
というか、スルーです。

<2015.07.23追記>

すくしょ
YT2-1050L_USR_S000156_1501051822…(略

システムアップグレードを延々引き延ばしてやらなかったのだが、バックライトの自動調整が利かないこと、電源が相変わらず落ちること、この二点が改善されるかも知れないと期待して試してみた。
バックライトが明るさに合わせて光の強さが変わる機能で、しかし明るい屋外なのに極端に絞られることがままあった。
これはとても見づらくてかなわない。
アップグレード後は今のところそれが改善されたのか、再現されていない。
あと、期待していなかったが電源が勝手に落ちることもなくなった様子。
もちろんまだ期間が短いので絶対そうだとは言えないのだが…。
もうしばらく様子を見ておこう。

<2015.8.26追記>
更新以来約二ヶ月、一度も件の電源不具合が出ていない所を見ると、どうやらあのアップデートはこれの対策なのかもしれない。
購入して初期からOSアップデートをしていない機体はアップデート必須かと思われる。

ct256mx100ssd1換装

Giada D310を導入して久しい。
従来型のミニタワーを筐体としていた頃に比べて面積が断然小さくて助かっている。
スペック的には何の不満もないのだが、HDDだけは1TBの2.5HDDを使っていて、windows8.1とはいえ安定するまでの起動終了までに時間がちょーかかっていた。
これはスリープを使用しない運用なので、毎回起動することになるわけで我慢するほかしようがなかった。
だが、とうとう我慢できず、為替相場反転中に表題のSSDを購入した。
ct256mx100ssd1
もうちょい早く買っておけば良かったが、これは仕方ないな。
ちなみに、この話自体も結構前の話だし、購入もそれより前なので、時間的にずれがある。

で、実はこのSSDを新規で導入したのはメインPCの方。
あと10GB程度に減ってしまっていた空き容量のサムスンと入れ替え、浮いたそれをD310へ入れてやろうという算段。
ここまではたぶん以前に書いた(はず、もうすっかり忘れた…)
whs2011のクライアントリストアで復帰に四苦八苦したのは、このSSDに付属のacronis trueImageHDを使ってパーティションから全て丸ごとコピーした結果だった。
tihd01
パーティションがどういう訳か、300MBでないといけないのに、299MBになってしまうのだ。
tihd02
それにも関わらずWHSはほぼ終盤までリストアが通ってしまう。(上記画像でもやっぱ300MBだな)
結局最後の最後になって、不明なエラーで何回試しても同じくダメだった。
diskpartで解放後、正常リストアへ至った、というのが前回の話(だったよな?)
そんなわけで、リストアするならパーティション解放後が必須かと痛感した次第。
なお、trueImegeは良いソフトだと思う、とフォローはしておく。

今回はSSDの接続について。
換装してみて、確かに早くなった。
起動終了まで途中で息継ぎしてしまうのを除けば満足行くほどに早くなった。
息継ぎのせいでスポイルされてしまうのが玉に瑕。
クリーンインストールならもしかしたら他のPCのように早いのかも…。
試す気はないけど…、息継ぎのためだけになんて。
話がそれた…。

つまりは転送速度がどれほど違うかが気になったってことで。
samsung_cdm
これが以前メインPCに乗せていたサムスンの…、なんだっけ名前?840?

次がテストのためにメインPCにデータ空のままSATA2に接続してスピードテストしたMX100のもの。
mx100_cdm01

最後が、クローン後のSATA3接続のテスト。
MX100_cdm02

同じSATA3なら総じてパフォーマンスアップ、特に書き込みが速い結果となった。
宙に浮いた1TBのHDDもUSB3.1ケースが出てきたら活躍してもらう予定。
HDDもSSDももっと容量アップして、値段も下がって欲しいものだ。

衣替え

ニャンコが夏毛に変わろうとしている。
暑そうなので刈ってやろうと途中で気づく。
何これ。
猫のふけ
これまでは年に数回は必ず洗っていたので気づかなかったが、ふけがすごい。
そういや風呂は正月以来だと気づかされて、即入浴タイム。
おかげで毛刈りは途中で虎模様に…。