tempのファイル削除

whs2011のtempフォルダが満杯で、容量を圧迫しているのは以前の件。
何か対策が出るのかと思いきや、あれ以来何のアクションもない…。
これは完全なる憶測であり検証していないことを強く強く強調しておくが、おそらくgpt対応fixを入れた辺りからではないかと。
一度、whsをクリーンインストールで入れ直しても、同じくtempフォルダがファイルでいっぱいになる現象に見舞われたからだ。

で、手動で定期的に削除していたのだが、面倒くさいなぁと。
そこで何か良い方法がないかと、調べてみた。

定期的にフォルダ内を削除する掃除バッチ

こちらはunix系かと思われるが、ウィンドウズでも似たようなもの。
流石にいきなりはバッチ試行でファイル削除は怖いので、del 行をdir /w とか、dir /pに置き換えて、対象ファイルかどうかをまずチェックした方がいいだろう。
バッチ処理は思いつかなかったので、これはありがたい。

windows mobileだけ…

むぅ
priori3 が意味不明の電源断&応答不能&操作不能という不具合に遭遇し、返品を実行中。
臨時でwindows mobile katanaにLINEのデータ引き継ぎしようと画策していたわけだが…。
いくらやってもfacebook認証が出てこない。

アカウント引き継ぎ
書いてあるじゃあないか…。
てか、windows phone ていろいろ流行ってないんじゃねえか。
もう不便。
LINEなんとかしてくれよ。

諦めてアンドロイドのyoga tablet 2 10 LTEに仮引越。

サポート終了

whs2011のサポートが終了してしまった。
そろそろだなぁ、と思っていたら、実はそれがもう一昨日だったりして、何のアクションもない過日となった。
これほどサポート期限のことを考えたOSは今まで無かったので、後継が出てこなかったのがとても残念ということの裏返しだろう。

Windows Home Server 2011のサポート切れ前に

参考までにリンクしておこう。
ただ、ただ、高すぎる…。

アップグレード後のスリープ復帰

windows7から10へのアップグレードで、今のところ問題ない。
ただ、勝手にスリープ復帰をしてしばらく起きたままということが多い。
7だとそんなことはなかったが…。

イベント管理で見てみると、windowwsログにスリープ復帰の情報があって…。
メディアセンターのアップデートスケジュール?
mcupdate_scheduledというのがあるぞ?
10では無くなったはず、だが?

mcupdate01

スタートアップメニューを見てもそれらしいのはないしなぁ。
とにかく無効にしとくか。

調べてみたら似たようなことがあるみたい。

アップグレードで無効になってしまったと言うことか。

7 →10 で良かった些細なこと

windows7 のエンコPCだとスリープ複数回でゲージが消滅していたCPUゲージ。
超ミニCPUメーター

エンコでCPUをフルに使うことが多いので使用率を見られるのは便利なのだが、どうも突然消えてしまう。
ま、無くなっても困ることは無いのだが…。

なのに、windows10になってからというもの、一度も消えて無くなることがなくなった。
スリープ常用の環境は同じなのに。

これまで3台をアップグレードしてみて、8や8.1より安定性、というか、互換性が向上している感じ。
7よりもいいかもしれない。
ただ、CS2のフォトショにファイルをドラッグ&ドロップできないことを除けば、良い感じ。