chromecastでmp4をキャスト

動画はwmvかmp4で保存している。
とはいえエンコするのは圧倒的にmp4の方が多く、サーバーに入れているのもやはり全量mp4である。

以前導入したnexus playerは従来のメディアプレーヤーを引退させるに充分な快適性を有していて、もっぱらnexus playerしか使わなくなった。
そこで、今度はchrome cast(2nd)である。
当然期待値は高い。

iphoneからキャストさせるのもこの頃では当たり前のようで、対応しているアプリも多い。
ところが、実際に保存済みのmp4を再生させると、
cast
こんなことになる。
画面がテレビ上部1/3に圧縮表示され、下側は画像引き延ばしでクロップされているような感じ。
あくまでmp4動画がそのようになるだけで、再生や停止、シークバーなどコンソール表示は画面いっぱいにきちんと表示される。

goodplayer videoexplorer filebrowser そのどれも圧縮表示になる。

アンドロイドではどうなのかと試してみたが、こちらはどうもキャスト自体がうまくいかないので今回は検証はパス。
友人のchromecast(2nd)でも同じ症状らしいので、おそらくどの2G chromecastでも同じ症状が発現すると思われ。
しかしネット上ではそんな不具合が出てこない。
思ったよりもchromecastは売れてない??

友人の報告によるとhandbrakeのQSVでエンコした方はうまく表示されるらしく、また1st chromecastではどのmp4も正常表示されるらしい。
2nd限定の動作かと思われる。

エンコ設定により変化があるのだろうと当たりを付け、試しにmp4のプロファイルを変更。
常用しているhigh profileだとダメ。
main profileもダメ。
baselineはOK。
baselineはごく普通に、当たり前に動画が表示されるではないか。
原因はわかった。
しかし、1Gでは再生されるのに2Gではダメというのは、機能的には対応可能だろうからソフトウェアアップデートを待つ他方法がなさそうである。
googleに電話してD氏が対応してくれたのだが、必ず情報を上げてくれると確約をもらったので今後に期待。
何せこれまでの全ての動画をbaselineに変更してエンコし直すなんて現実的ではないからなぁ。
そんなわけで、しばらくは全く使い物にならないことが確定。

それにしてもchromecastは本体熱くなるなぁ。

w10 調子悪いなぁ

windows7、8.1からアップグレードしたPC群。
今までの経験則からして調子悪くなってもおかしくないのに、なぜだか調子よい。(?
でも、一台だけ調子が悪い。
それがしかもメインPCと来ている。

どんな具合かというと、スリープ復帰後のデスクトップ崩壊が顕著である。
4台のマルチディスプレイなのだが、そのうちのデスクトップアイコンの並んだメインディスプレイに限って、画面の1/4がブラックアウトしてしまう。
そもそもアイコン少なければ問題もないのだろうし、いつもいつも、という程の頻度ではないのだが、二日おきくらいに発症するのでやはり頻繁と言えそう。

再起動で解消するしか方法がないわけで、作業途中のウインドウなんかあれば調子狂うので本当に困る。

ついでと言えば、何故だかadobe cs2が動かなくなったのも併記しておく。
hardware error だかなんだかのポップアップ(スクショとるの忘れた)が出て、動作ストップして起動してくれない。
別のPCでは問題なく現在も起動できるのに、なんでかなぁ。

もうこうなったら定番のクリーンインストールしかないかと決意したものの、別の方法も試してみたくなった。
「回復」からの再インストールである。
なにせ、データが大量で面倒な移動操作をしたくなかったから。
人生初の回復コマンド、である。

操作は簡単、個人ファイルを残しての再インストールを選択。
(具体的操作は割愛)
メディアをPCに入れる必要もなく、時間も30分程(SSDである)で完了。
設定はリセットされるのかと思いきや、背景(壁紙)設定は以前と同じで、しかし再設定の必要な場面
も多々みられ、一体どっちなんだかよくわからん。
アプリ関係も環境ファイルが残っているからか、ものによっては以前と同じであったり、そうでなかったり。

現在様子見であるが、あの不具合は出ていない。
回復する前の暗号化(windows標準)したファイル群も鍵のインポートやエクスポートの必要もなく、きちんと読み書きできているし。
良いではないか、これ。

CS2はどうせ再インストールで、うまくいくだろうと高をくくっていたのだが、これは動かない。
何故?

Windows8.1/10 Adobe Photoshop CS2を起動する方法
windows8の時は上記と同じく、「管理者として実行」で動いていた。(ファイルをクリックしての起動だと動かなかったが)
今回もそうかと、試してみたものの、あれれ、動かない…。
記事を読み進めてみると、IME関連だと書いてある。
なるほど、もう一台のPCにはATOKが入れてあって、そこの違いに気がつかなかった。
メインにもATOKを入れてみたら、確かに動くじやあないかあ。

はなから調べておけ、というのが教訓か。

WHS2011、どうなった

さて、使い続けているWHS2011であるが、そういやアップデートはどうなってるのだろうかと、気になって久しぶりにアクセス。

whsupdate

server 2008 R2関係のやつはどうやら相変わらず更新されているようである。
だからなんだ、という話ではある。
公式にサポート切れは発表されているわけだから。

(ちなみにこれ、別件で気になったからなのだが、それはまた別記事にて。)

古い手口

「スマホがウイルスに感染して、バッテリーが破損しています。」
その処理が時間制限付きで表示されている。
googleのロゴマークがなんか安心感を与えているな。

てか、なんだこれ。
ウェブ閲覧中のミスタッチが原因かと思われるが、あからさまな詐欺じゃね。
記事にするのも馬鹿馬鹿しく、スクショを取ってないので伝えづらいが、似たように惑わされている人がいるようだ。
(mobilielaで検索してみて。)

これ、明るくない人にはどうしたらよいかわからないかと。
大体googleロゴが使用されているのに、HTTPアドレスがmobiliela.comから始まっているとかおかしいでしょ。

Googleに似せた嘘のウイルスのお知らせ?「GO Security,アンチウイルス アプリロック」
これ、画像もあってわかりやすい。

昔からPCでこんなのありましたが…。
手口変わらず、なのね。