smplayerとようつべ

普段youtubeを見ることはあまりないのだが、レンタルDVDにも収録されていない過去の作品群を見るには案外役に立つことを最近実感。
おかげで、ここ最近頻繁にようつべをよく見るのだが、smplayerに慣れているとどうもようつべが使いづらい。
そこで気になっていた機能、smtubeを試してみることにした。
SMTube – SMPlayer の YouTube ブラウザー

ポータブル版にも対応しているので、USBメモリーに入れて出先で使うことも可能かと。
メニューバーからワンボタンで起動できるし、何よりシークもリピートも自在になって、これは良い。
最近は使っていないが、A-Bジャンプ機能を使えばMVからCM部分を除いてリピート再生することも可能だな。

CS2の日本語入力

起動後すぐに強制終了となってしまうadobe CS2。
以前日本語入力をIMEからATOKに変更すれば起動していた。

ところが、ATOK2016を入れてからは以前と同じく強制終了となり動かなくなってしまった。

ならば、と入力方法を共存していた古いATOK(2009)に変更。
これだと動く。
ウィンドウズのバージョンも、ATOKのバージョンもCS2に影響を与えるとは…。

スタンドアローンでネットから隔離し、かつデータの出力のみ(USBメモリ等からの入力はウイルス混入の可能性有り)ならバーチャルPC(リアルでも良いが、ドライバ等で新しいハードだと対応できないかも)でXPあたりを作っておくのが一番良いのかもしれないな。

MSには是が非でもレガシーソフトウェア群に対する互換性を大切にしてもらいたい。

itunes同期不能

前回のiTunesのアップデートとタイミングを同じくして同期ができなくなった。
iPhoneだけでなく、iPodも、である。

そんなわけでおそらくはiTunesの不具合かと思っていたので、「修復」や再インストールを何度か試してみた。
が、何をしても認識してくれない。
別のiPhoneだと認識できるし、USB接続で内部メモリにアクセスもできるのに…。
このウィンドウズPCのiTunesがおかしいのだろう。
何度再インストールしてもダメだったので、急がないしアップデートを待っていたのだが、iOSの方のアップデートが先に来る始末。

音楽の同期ができないのが一番辛いので、重い腰を上げもう一度対策を。
アンインストールする対象をiTunesだけでなく「apple inc」関連を全てに広げた。
bonjourとかmobile なんとかやら、とにかく全て。
綺麗さっぱりソフトをアンインストールしてから、改めてiTunesをインストール。
今までもそうだったが、ミュージックライブラリやバックアップなども以前の状態のままで削除されることがないことは注記しておこう。(みんながみんなそうだとは言わないが)

だが、しかし今度は違って正しく同期することができた。
これで一安心。
念のためバックアップを取った上で、再インストールを試してみることをおすすめする。(みんながみんなそうだとは言わないが。再び)

BDよ、お前もか…

ショートさせたパソコンの話、その続きである。
タイトル通り、残念ながらブルーレイディスクドライブもどうやら逝ってしまったようである。
読み込もうとするとブルーレイどころか、DVDすら認識してくれない。
初期駆動はするんだが…。

これで、ショートにより生き残ったのはDVDドライブとCPUのみということになった。
厳密に言えば、CPUクーラーと筐体も生き残っているが、まぁこれはあまり関係ないな。
それはともかく、とんでもない壊れっぷりである。(涙

教訓:古くなったケーブルの被覆状態には気を配るべし。