バッテリーパック分解

HPのDV4だったか、バッテリーが終了してとても不便になり、純正が高価だったため互換バッテリーを購入した。
もう何年も前の話。
純正は数年持ったが、互換バッテリーは数ヶ月で終了。
もうええわ、とほったらかしだった。

久しぶりに使ってみるかと持ち出すものの、ノートパソコンなのに有線でないと動かないなんてデスクトップと変わらないじゃないかと憤る。
おそらく12V バッテリーで駆動できるに違いないと当て推量。
この互換バッテリーを単なるコネクタ代わりにしてしまおうと画策した。
先に結果を言ってしまうと、どれがどの端子なのかわからなかったため、タダのバッテリー分解案件となったわけだ。


分解できないように接着してあるようだ。


3.7Vのリチウムとして3セル、か。


接合面をぐるっと一周(コネクタ部分を除く)に切れ込みを入れるとこんな感じ。


電圧チェックすると、2.4Vと2.3Vとあまりばらつきは見られないものの、一番端の並列セルはは電圧が出ない。
配線をたどると、12Vと8Vと4Vと印刷されていて、きちんと充電はバランス化されているみたい。
まぁ、リチウムなんで当たり前か。
にも関わらず死んでいるということは、そもそもの素性の良くないバッテリーセルが使用されていたものと推測される。


温度センサーらしきものが付けられているし、IC基板はしっかり独立して作られている。
再生品なのかもしれないが、バッテリーセルはやはり純正の選別された物が結局は長持ちする、というのが経験則。

で、それはおいといて、問題の11.1V(12V)を印加する端子がわからない。
テスターを当ててみても、シルク印刷を眺めてみても、電圧が検知できるのは順当に両サイド2本ずつの計4端子。
とはいえ、それでも検出されるのが1V弱程度と、何故そうなるのかが推測できない。

せめて充電でもできれば良いのだろうが、完全に死んでいるセルがあって、充電できるとは思えない。
逆に、充電できてしまうのはもっと問題だが。
そんなわけで行き詰まった。

これはちょっと保留の案件にしておこうと思う。

顔認証も善し悪しということか

前件の流れで、面白そうな記事だったので。

パナマ文書をリークした不正調査ツール国家間での情報戦争でも活用

ビッグデータで個人をタグ付けできないようにして、逆にこちらはそれをあらゆる情報でタグ付け(紐付け)するという感じかな。
Nシステムなんか、こんな感じで、しかし捜査には有効な情報を抽出できる(のだろう)から、いわばサンプルビッグデータ同士の共通項を探し出し、リレーションシップできれば、例えばコンビニの防犯映像から容疑者の車両情報につなげることもこれに似ているはずである。

などと考えが至るのは自然の流れ。
メモ的内容。

脆弱性の喚起

脆弱性の喚起は大切。

Googleが発見した「CPUの脆弱性」とは何なのか。ゲーマーに捧ぐ「正しく恐れる」その方法まとめ

正しく恐れる、というキーワードは正しい。
知らなければ、何が危ないかを理解できない。
まずは興味を持つ、興味を向けるという啓蒙が大切。
何しろ昔のようにある程度の技術を持った人たちのツールではなくなり、一般的に普及したものであり、知識が浅くとも容易に動作させることを求めてきた結果、だから。

これは、容易に安価に集積できればハードを作れるというアンドロイド(ハードという面で)顕著。
上記記事にある「Variant1に向けた各社の対応」節の文末辺り、
一部抜粋「なので端末によっては,未来永劫,修正プログラムが配信されないという可能性もある」
のことから理解しやすい。

ユーザをカーネルの管理者としてどこまで許容するか、がOSのスタンスで大きく異なると思うのだが、その点でappleは比較的安心だった。
ところが、
詐欺アプリに注意「Onavo」が危険な件
によると、プロファイル設定で削除しないといけない。
アプリというアプローチではなく、わかりにくく、一般的(特にメジャーキャリア)だと認識する可能性の低い方法(VANだから当然と言えば当然)を取っているわけで、だったらどう防げば良いのかもはやわからなくなる。

上述4gamer記事の最終文末で、
「対策は「最新の修正プログラムを導入しつつ,怪しいプログラムは実行しない」ことに尽きる」
と書かれている。
まぁその通りで、しかし、まずは脆弱性とまでは言わないものの、セキュリティに関して自分が興味を持つということが第一歩かと思われる。
ネットが便利であるからこそ、データも流出する際は容易である、このことは理解しておくべき。

<2018/01/13追記>

うちはメインがryzen、及びサブのほとんどがAMDなので今回はスルー。
対処が必要なのはceleronなど、オンボードのCPUで、そもそもパワーがないものばかり。
少々スペックが落ちても気づかない、かも。

「CPUの脆弱性」に手元のゲームPCは対策できているのか。Windows環境で簡単にチェックできるツールを作ってみた

AMD,「CPUの脆弱性」に対策するマイクロコードのリリースを予告

iphoneバッテリー問題の進展

去年末に話題になっていた速度低下を意図的に起こしていた件。
バッテリーを交換してくれることで和解しようとするようである。
iPhone 6以降のバッテリー交換「希望者全員対象」で開始
金額的にいって良心的。
善し悪しのばらつきが激しい互換バッテリーより確実安心。

iPhoneバッテリー問題、何が問題なのか? 一問一答
アプローチが良くてなるほどと理解できる内容。

今年2018年12月まで上記の金額で対応してくれるようなので、重用している人は検討する価値も時間的余裕もありそう。

<2018/01/26追記>

Apple、iOS11.3を予告!バッテリー状態の確認機能、16のアニ文字追加など