製品保証シールは日本でどうだろう

連邦取引委員会、「開封すると保証無効シール」は違法として大手6社に是正勧告

突如の情報に驚き。
もちろんアメリカでの話なのだが、全世界展開の製品については対処方法を変えるかもしれない。
ただ、開封したかどうかの判断のために、例えばスマホの水没反応シールと同じように、メンテナンス時の診断情報として貼付は続ける可能性は充分ある。
今後の動向が気になる情報。

H.265はただただ凄い

基本的には動画はH.264なMP4形式でエンコードをしている。
そもそもエンコをする前、一番最初はTSファイルだったが、これだとすぐにHDDがいっぱいになってしまった。
それからTMPGEncを使うようになったわけだ。
もう何年も前の話。

ここ最近はH.265の記事も増えてきた。
iOS 11の写真/動画形式「HEIF」と「HEVC」。従来とは何が違う?

iPhoneでhigh profile の 4.1level が使えなかった。(当時。現在は調べてないので不明)
なのでわざわざmain か base の4.0以下に再エンコしていた。
まぁ、基本filebrowserを使うようになると、そんな面倒もなくなったわけで。

そんな折、いよいよ3TBのHDDの空容量がなくなり、HDDを圧縮整理したい衝動に。
iOSが標準で265対応なら、各種アプリでも使えるんじゃないか?という淡い期待もある。

TMPGEnc 6だと265対応なのだが、それだけのためだけにアップグレード費用を出すのも何だかなぁ。
HDD買えるしなぁ。
だいたい265はエンコに時間もかかるし。

Q1900のSQVを使ったエンコで毎度お世話になっているhandbrakeが265対応なので、これを試してみた。
するとどうだろう。
画質の劣化は見た目上見つけられなかった(ts→265ではなく、264→265)し、容量は264から1/3~1/5という低容量。
おそらくTSからの直接の変換だともっと綺麗なのかも知れないな。
エンコード時間もryzen1700 の16コアだと、30分番組相当のエンコに十分弱という早さ。
CPU負荷はほぼ90%前後で推移するものの、悪くないぞこれ。

そんなわけで絶賛フルパワーエンコ中。
今後は今より高画質化して264エンコし、保存する物はhandbrakeで265に再エンコという風にしようかと検討中。

幻だったノートPC

デル、AMD E2-9000搭載の2スピンドルノートを税別19,980円で販売
別に今も売っているし、幻ではないのだが…。
二万円という価格のノートが台数限定価格での販売が幻だったというオチ。
スペック的には特に気に入ってる点はなく、ただAMD採用のノートだったから、また価格が中古を買うより安いということ、この二点に尽きる。
かなり早い時期にアクセスしたつもりだが、すでに29900円となっていて、そこから15%オフのクーポンとなっていたので、おそらく限定台数は瞬殺だったのではないかと推測。
レビューを見てみると、ノートの肝となるバッテリ駆動時間が4時間程度とやや短いようで、そこは気になるもののやはり値段が値段なので。
新品バッテリーで、OSついて、光学ドライブついて、文句ないな、と。

衝動買いしなくて済んだと言えばそうなのだが、最近元気になってきたAMD搭載だっただけに、そこは残念。
次回があればその機会に掛けよう、かな。