丸洗いキーボード

キーボードはいろいろと使ってきた。
接続がps/2からUSBになったり、切替器の変更など、時代の流れにのって変わってきた。

そんななかで、人生で最も長く、そして今でも評価が高いのがIBMブランドのキーボード。
いわゆるカチャカチャ打鍵音は割と大きかったものの、キーボード自体の重量がかなりあり(計ってないが、多分1~2キロ)ずれにくく、キーピッチや配列も標準的で可能であればずっと使い続けたいものであった。
切替器の変遷の中で、ps/2接続は継続できなくなりやむなく引退。
ただそんな名機であっても、キーボード全体に言える難点、それはクリーニングの面倒くささ。

そこで最近まで使っていたのがこれ。
BSKBU12BK
丸洗いできるキーボードなので、清潔。
特にいろんな作業をするデスク上で場所を共有しながら使う物だから、余計に汚れやすい。
キーはやや柔らかめだったし、軽いのではあるものの、すぐになれるので問題なし。

そしていよいよ初めての丸洗いを先日実行。
弱い流水でざぁっと流して半日乾燥。
指が触れる部分のキーはシボが擦れて無くなりテカってしまっているが、それ以外はしっかり黒色が戻り清潔に。
さぁてと、Windowsのログインパスを入れて本格的にやってみようと…。

ん?
動かん。
123列、qwerty列、Fキー列、それにテンキーの4列と7列がまったく反応無し。
しばらくして様子を見ても、やっぱり反応無し。
唯一5と6だけが動くようになったが、使い物にならん…。

直せるような気がしないが一応分解。
半日乾燥させたが、内部はプラスチック製シートが筐体と接している場所にまだじっとりと水分が付着。
筐体の下部のくぼみ多数にも水がたまっていた。
乾燥は念入りに、できたらパッキンケースに除湿剤を入れてしばらく置いておく位しないとなかなか水が逃げないのではないだろうか?
だが、拭き取っても、動作不良は戻らない。
水洗いの前と後で使えなくなったので、その要因ははっきり関係していると思うのだが、キーボードのシートと基板の接続(水密された箇所)はしっかりと防水が保たれていたし。
分解したときに、ゴロッと落ちてきたハンダの大きな塊が出てきたので、もしかしたらそれが悪さをした可能性はある。

とにかく、これで一年持たずに廃棄である。
水洗い一回目で終了なので、これなら気に入ったものを買い換えるという選択肢も視野に入る、ムゥ。

こんなことになったのであるが、再び水洗いキーボードを試す。
ゲームはしないが、私のお気に入りのロジクール製品。

Washable Keyboard k310

値段はバッファロー製とあまり変わらず。
キーの構造上、異物侵入の可能性はないと言って良い。
打鍵感も悪くなく、IBMに似たようなしっかり感。(バッファローは柔らかめ)
掃除用の刷毛が本体裏に装着され、USB防水キャップがコードに取り付けられ、合理性はすばらしい。
何より素晴らしいのは、バッファローが半年の保証期間に対して、3年間も無償保証がある点。
これは信頼感が別格である。

若干エンターキー横のデリートキーの配置が近すぎる点はあるが、おおむね満足である。
次回の掃除が楽しみである。

メッシュwifiなのか?

しばらく前からメッシュwifiなる用語を聞くようになった。
聞いたことあるなぁ、って程度で、内容はその名前から想像するのみ。
wifiの網の目を細かくした、というニュアンス。

目にしたきっかけは、やはりグーグルか。
Google Wifi

asusからも出ているようで。
Lyra Mini

規格統一って話もあるそうで。
Wi-Fiのメッシュ規格が統一されるみたいでスゴく嬉しい

もうここまで来ると、話が突然すぎて理解不能。

ここ数年、マルチタスク、処理速度向上など、機械とそれを使う人間の天井が見えてきて、ムーアの法則も耳にしなくなってきた。
私事だが、近年intelばかりのPC構成になってしまって面白くなかったところで、ryzen携えたAMDの復調。
リビングPCをryzen 2400Gにしようかと検討しているのだが、おかげでようやくハードに関して情報収集するようになった程度の肌感覚。
そんな感じなので、これからメッシュwifiも調べてみようかと思う。

随分と前に、親機子機で同一SSID構成にしたことがある。
似たような構成は今でも実現可能なのだが、2段階までであること、また電波の強弱を判断して自動で切り替わるわけではなかった(うちだけか?)ことが最大のデメリットですぐに別SSID運用とした。
その方がわかりやすい。(もちろん自動で切り替わるのであれば最強)

IEEE802.11s無線LANメッシュネットワーク技術
こちらを流し見してみたが、なるほど、親子関係でなく、横関係でつなげるということね。

まだ一般家庭では黎明期っぽいので、今後の情報に注視。

BOSE ファームアップ

BOSE soundsportを愛用しているのだが、最近電池が古くなったからか、音楽再生中でもブチブチと途切れることが多くなった。
どうしたものかと思案していて、試しにファームウェアをアップデートしてみることにした。

購入してからしばらくはそんな症状はなかったので、多分違うだろうなぁと。
それにアプリBOSE connectからアップデートしようとすると、延々と「新しいファームを確認しています」でぐるぐる表示が収まらない。

最近特にブチブチ接続が途切れるので、ようやく本腰を入れてファームアップチャレンジ。
調べてみるとパソコンにUSB接続したら良いそうだ。

1.1.3から1.5.1へ。
全く更新が進行していないconnectと違い、5分くらいで完了。

しばらく使用してみる。
関係ない・・・、かと思いきや。
今だ一度もプチ切れもしない。
成功したみたい。
おすすめ。

面白記事を羅列

popIn Aladdin
関連記事
独自AIシステム対応の次世代LED照明「popIn Aladdin」量産スタート
面白そうな照明。
スピーカーとか清浄機能なんかはあったけど、この機能はあると楽しそう。

初音ミクと現実でおしゃべり! ARコミュニケーション
「ミク、写真を撮らせて」「やだよ」 初音ミクとスマートグラスでお話し KDDIが製品化目指しデモ公開
VR ZONE SHINJUKU
VR ZONE新作「ドラゴンクエストVR」を体験–魔物を斬る感覚や魔法を撃つ快感
VRってまだ試したことないけど、色々と始まっているんだなぁ。
ドラクエって、ちょっと気になる。