UEFI更新

intel PCで連続して不幸が続き、タイミング良くでたAMD ryzen へ変更したメインPC。
第二世代ryzenが出て、現状に不満は無いがそれらがちょっと気になる今日この頃。

fatali1ty X370 Gameing K4
そういえばBIOS更新したことないし、様子を見ておくかとasrockのサイト訪問。
新CPUに対応したものがアップされているでわないか。
もしかしたら新しいのに変更するかも知れないと、更新をしてみることにした。

BIOS(UEFI)にそれらしい項目が全くどこにも見当たらない。
説明書を引っ張り出してみても、どこにも記載が見られない。

…。

うそ…。

いきなり手詰まり…。

どうにもならないマザーなんてもしかして初めてでは?
さすがのasrockである。

HPを見ても解決せず。
どうにもならない状況に至ったことを悟り、静かにキーボードを弾く。
BIOS更新 ASRock FATAL1TY X370 Gaming K4

うちのは1.6だったが、似た状況である。
DOSからexeファイルを実行しないといけないそうで、今更そんな方法わからんよ。
ME とか2K とかまでなら良くあることだったが。

DOS起動用のUSBメモリを作る(DOS-on-USB編)
こちらを利用してUSBを起動ディスク化。
exeとDOS対応版であるBIOS3.1を入れて実行。
ただ、8キャラ以上のファイル名が打てないので(参考先をよく見てないのばばれた)短くしてから再実行。

再起動で自動更新、これで問題なく終了。

黄色枠内の表示がこれまでなかったので手の打ちようがなかったが、これでようやく普通の最近のマザーと同じになった。

あとはアップしていくだけなのだが、これ以降はwindows版を使用して更新。
同じくpostから更新にいたり、自動で完了。

初期のマザーを買った人で、dosなどのcuiに触れたことのない人には難易度が少々高いか。
さすが変態である、この一言で今回の件を締めたいと思う。

windows10 1803へ更新

今回のアップデートはこれまでの物と比べて全てのPCに早い時期にまとめてやってくるというスピーディーさだった。

Windows 10 配信の最適化②~Ver.1803での機能改善ポイント編~
うちでは全てがPROであり、当初より無効にしているので、そもそも関係性は薄いと思う(実際は不明)のだが…。
とにかく、降って湧いたのだから折角なので更新しようではないか。

で、今回も特段問題なく更新終了。
何が変わったのか、誠に不明である。
Windows 10大型アップデート「April 2018 Update」は何が新しくなったのか (1/3)

それにしても毎回思うのだが、メジャーよりマイナーアップデートはありがたいと思う。
が、しかし、都度デスクトップの壁紙(マルチモニタごとに設定)がリセットになるのは勘弁願いたい。
複数ウィンドウ併走用、表計算用の16:10など、それぞれが目的を持っているだけに統一感がないわけだ。
「識別」を使って、(忘れた頃にやってくる)年に一回の変更手続き、必要ある?