appleのバッテリー交換プログラム

【2018年末まで】iPhoneのバッテリー交換無料!条件と方法は?

apple careには入っていないし、入っていたとしても期限は過ぎている。
しかし、年内なら3200円でバッテリー交換してくれる。
2年程度であるが、最大容量は83%となっていた。
これは、iOS12では「バッテリー」→「バッテリーの状態」→「最大容量」で確認できる。

代替機を購入したので、店舗ではなくappleサービスへの送付で修理をオンライン依頼。
頼んだその日の夕方に宅急便が集荷に登場。
iPhoneを探すをオフ、iMessegeをオフ、iTunesでバックアップ&代替機にデータを復元等々を完了しておき、本体のみ、まさに裸一貫状態でお渡しした。

およそ5営業日かかるそうで、気長に待つ。
現況や経過をオンラインで見ることができるのだが、翌日にはサービスに到着したと宅急便の追跡ではなっているのに、appleの方では「発送用の箱をお送りしています(的な)」の表示。
それが4営業日続き、少々心配になる。
翌日、ようやく変化が。

ここまで来るとあとは早く、6営業日で到着した。
実際には10日程度かかっている。
なお、画面保護のフィルムを貼っていたのだが、これは剥がされていた。
フィルムが傷だらけだったから新品を買っておいたので困りはしなかったが、おそらく修理では必ず剥がされるものと思われる。

iPhoneバッテリー交換料金、2019年から7800円または5400円に値下げ 3200円の特別価格は年内まで

2018年末まで3200円だが、それ以降も若干値を下げて対応してくれるそうだ。
ただ、年末に向けて現時点であと数ヶ月、新型iPhoneの登場やそれにともなう中古の流通も考えるとこれからしばらくは混雑しそうな予感。

以上、備忘録兼ねた顛末。