CPUクーラーの変更

前件続きの常時起動PC。
名前が長くて面倒くさいからサーバPCにしておきたいが、WHS2011から変更したソフトのバックアップ用ストレージであるネットワークPCが別にあるので、これも紛らわしくて駄目だな。
データサーバPCにしておくか。

前置き長し。
さて、このデータPC、intel純正のCPUクーラーを付けていた。
お手軽だし、たくさん余ってるし、薄いし軽いし、こんな風に何かに付け便利な立ち位置なのだが、エンコードさせていると結構うるさい。
マザーの回転数制御に寄るのだが、回転の上げ下げが割と頻繁でその変化がやたら耳に付く。
気にならないPC設置場所ではあるが、気になりだすとうるさいものである。

CPUの温度チェックをソフトウェアcoretempから実行してみると、何と70℃近くまで上昇している。
i3ってこんなに熱かったっけ?
gen7と古いからかも知れないが、余っている静かなクーラーは他にもある。
前件で分解したついでに交換することにした。

サイズのカブトも静かで良いのだが、何しろでかい。(リンク先より古いリビジョンのやつ)
冷却能力ではクーラーマスターのサイドフローの方がよく冷えるのはいつかの比較で承知していたし、その方がファンが静かになるのも当然。
メモリーを交換するかも知れないことを考慮して、取り付け面積が相対で小さいクーラーマスターに決定。

かなり静かになった。
室温は同じ、エンコード負荷と同じ条件で、交換後最大で53℃止まりだった。
純正の熱伝導グリスが不均一だったのかと裏返して見てみたが、しっかりついている。
今回のクーラーがたまたまうるさくて放熱効果が良くなかった、のかもしれない。
社外クーラーばかり使ってきたせいで、そもそも複数在庫があるのでどれが本来のクーラーかもわからないので、事情は他者と比べて厳密ではない。

それでもやはり、かなり静かになったことはありがたい事実である。

ここからは参照情報
夏を乗り切るi5-8400最適CPUクーラーはコレ
形状はもとより、どうやら番号も同じだし、純正クーラーはこれと同じ様子。
検証中の80℃という数字からしてまだ純正でも冷却が効きそうではある。
が、五月蠅さはやはりネックのようで、一方のサイドフローは60℃中盤で推移。
今回のPCはi3の2コアなのでその辺は良く冷却できているということか。

kernel-power 41がやってきた

自作PC歴が長いとkernel-power 41は度々遭遇することかと思う。
得てしてPC更新時からしばらく付き合うことになるものだ。
そう、今回もそうだったのだ。

WHS2011を退役させて、新たに導入したPC。
余ったgen7 世代のi3を搭載させるために購入した激安マザーH110M-BTC、今見てみるとちょうど安い時に買ったんだな。
そんなありあわせのPC。
旧世代の部品を再利用するというのは、自作派なら良くあることと思う。

当初、動作は不安定ではなかった。
CPU、メモリーの負荷テストは軽く一時間程度行ったが完遂し、問題は見られなかった。
唯一、おかしい挙動があって、ネットワークドライブとして共有している(whs2011の代わり)わけだが、ネットワーク上にこのPCの名前が出てこない。
数週間の運用後でも、やはりネットワークには表示されなかった。
仕方なく、直接ドメイン名指定で共有していたのだが、毎回それだとどうにも面倒くさい。
その上、ファイルのコピーや移動が途中で止まることが度々。
果ては、コピーウインドウが固まって操作不能に陥るのである。
同名ファイルの移動が特に面倒で、度々操作を受け付けなくなり、こちらにあるような旧来のウインドウが表示されてしまう。
これ、ファイルの詳細が表示されないので、全く同じなのか、タイムスタンプは違うのか、比較検討できなくなるので不都合極まりないのである。
こんなものか、と諦めて再起動を繰り返し何とかごまかしてやってきた。
そんなこんながあって運用上面倒くさいとは思っていたが、PCハード由来によるものとはこの時微塵も思わなかったのだ。

そこへ、突然のPCの動作不安定。

(よく見れば過去にも挙動がおかしかったのね、気づかなかった)

これは明らかにおかしい。
常時起動PCなので、使い回しの古い電源だけは80plus品に変更しようと思っていたタイミングなので、筐体を分解することにした。
ついでに、純正CPUクーラーがうるさかったのでこれも変更するのだが、それらはまた別の話で。

まずはwindows10標準のメモリーテストを実行。
第一フェーズの40%あたりで動作ストップ。
いきなり原因にぶち当たった。
メモリーのようである。
何で今まで大丈夫だったのか、負荷テストもクリアできたのか、色々考えることがあったが原因切り分けのため、即メモリー交換。

時間が長たらしくなるので結果から言うと、メモリーとの相性だった。
テストも無事クリアし、その後の運用でもkernelpowerの表示も出なくなった。
しかも、ネットワークに表示されるようになり、バンバン止まっていたエンコソフトhandbrakeも止まらなくなった。
そして一番嬉しい、ファイル移動でハングすることがなくなったのだ。

メモリーが原因でここまで挙動がおかしくなるとは。
メモリー関係であるあるなパターンは、BIOS画面から先に遷移しない、ビープ音鳴りまくり、といったところだし起動したとしても、過去には負荷テストで判明するのが通常。
今回の件はかなりのイレギュラー。

外したメモリーは現在メインPCに差しているが、問題なく動作しているし。
もしかしたら外れかかっていた、のかもしれない、万が一にも。
あんな軽量なものが少しずつ外れるというのも考えづらいが…。

フェイルセーフというか、テストも二重三重にも考慮しておくべきなのだな。
一回ごときのテストではどこが問題か切り分けるのが難しい、そうつくづく思った次第である。

BOSEの修理

一年中音楽にまみれている身としては必須となったイヤホン。
これまでも数々使ってきたのだが、BOSE soundsportをここ数年愛用している。
防水で、名前の通りにスポーツに使っても汗を流せる(のかな?)、低音もしっかり効いて、ただ耳へのフィットだけがやや不満。
要は、概ね好意的である。

アップルのbluetooshワイヤレスだけどワイヤーがない(ややこしい表現…)air podみたいなタイプは落下したときに困るし、外して首に掛けておけるというのは、逆にメリットとも言えそう。
もちろんワイヤがうざい人にはそれくらいのリスクなんて気にならないから良いだろうが、そんな私は選べない。

その愛機が数ヶ月前から防水機能を放棄した。

わかりやすくカッターで剥がれたラバー部分を抑えている。


ボリュームの上下部分だけでなく、真ん中の再生停止ボタンの両サイドもこのように剥がれてしまっている。

今まで大きく水洗いしたことはないし、雨にまみれたこともない。
きっとこれからもそうだろう。
気にしなければ良いと言えばそうなのだが…。
気になるな、やっぱ。

そこで、修理できるか調べてみた。
私の過去の悪行からすれば分解してくっつけたりする、となるのだろうが、今回はまずBOSEに修理可能か連絡した。
もし可能なら、iPhoneのようにバッテリー交換もして欲しかったから。
2年でかなりの頻度で使用したつもりだが、いまだに5,6時間は駆動するのであまり劣化している実感はないのだが。

いまいちBOSEのサポートの目的のページが見つけられなかったが、電話ORメールで問い合わせページに遭遇。
早速メールで問い合わせ、数日に及ぶやり取りで、「10800円で交換可能」「本体のみサポートに送って(元払い)」「修理代金は荷物受け取りの際に代金引換でね」「ゴールデンウィークで混んでるからしばらく時間ちょうだい」、といったことを承諾した。

サポートへ即発送。(受付番号を荷札に書くこと)
その後、全く音沙汰無しで10日弱ほどで突然着荷。

未開封でまっさらなsoundsportの箱が到着。
本体のみ送れって言うから本体のみ帰ってくるのかと思ったら、まさかの一式。
修理と言うより、イヤホン本体を返送条件での新品交換、である。
アクセサリーがまるまる余ってしまったが、まぁ良し。

つまりは気に入れば同じ機種が約半額で新品に交換できるのが、BOSEのサポート方法ということなのだろう。
うん、悪くない。

新品らしくボタンが硬くて押しづらいが、これとまたしばらくは付き合っていくことになる。
早く柔らかくなれ。

nexus7(2012)の電源入らない

nexus7(2012)のバッテリー交換してまだ年月といえるほど時間経過はない、はず。
それなのに、突然に全くの無反応。

とうとう壊れたのかもしれない。
ボタンを押しても反応無し。
充電ケーブルは刺さったままで、充電もされず。
とにかく何をしても反応無し。
あーぁ、壊れたのか…。
しかし、良く持ちこたえた方だ、アンドロイドのタブレットとしては。
他が全滅したのだから。

実は買ってしばらくは二段階認証のアプリを入れて、ワンタイムパスワードの鍵として使っていた。
それもここ数年はアンドロイドの信頼性の低下(個人的事象が原因)により、鍵としての関係は解消しておいた。
良かった、解除しておいて。
ホント。

ただ、なんとなくもったいない。
バッテリーが。
タブレットとしての使命は、鍵を解除した時点で終えたも同然だったのだから悔いは無い。
このバッテリー、正規品らしく、それらしい金額を支払ったのだ。
それがもう使えないというのは納得いかない。

いや、もしかしたらバッテリーがいつもの非正規品(運次第)だったのかもしれない。
ということで、分解。
不良バッテリーの場合、大概がほぼ電圧無し状態(こういう場合充電不良なのか、原因は不明)。
ところがこれは起動不良のこの時点で、3.367Vもある。
バッテリー表記は3.75V 4270mAの1セル(だよね?)なので、もちろん低下気味だが、まだこの電圧なら充電可能なはず。

そこでふと、何かを思い出した。
そう、充電中にケーブルを蹴っ飛ばしたことを。
考え至ったのだから、即実行。
分解したついでに、USBコネクター部分のネジを外し、フリーの状態にしてフレキシブル基板をぶらんぶらんに。
角度を変えて保持し様子を見ると…。

充電マークの表示が!
おおぉ、復活!!
これはラッキー。

うれしいぞ。
いやまて。
…。
というか、自分でケーブル引っかけたのがアンラッキーだったというオチ、ではある。

とにかく、しばらくは充電完了したら電源切り状態にして、そのまま様子を見てみることにする。
コネクタが正常ではないのだから。