ryzen3000に変える前に検証

もう二年前になるのか。
何かがどこかへの接触により、SSD、HDD、マザー、電源等の主要なパーツが吹っ飛んだ(非物理)事件により、丸ごと一式更新する羽目になったのは…。
その数日後に新調したintelマザーの更新と失敗(物理的)で、珍しくメインPCをintelで数年過ごすという希有な出来事はそこで終焉を見た。
立て続けに壊れるのは精神的にやられる…。

あれは確か、まだ出たばかりでご祝儀価格だったのだが、メインだけに背に腹は代えられず導入したryzen 1700とx370マザー。
それから2年。
私は、どうしてもAMDでないと駄目なようだ…。
そして、もう壊れるのはまっぴらだと、UEFIなどデフォルトで全く触らず、それどころか確認することもせずにこれまで過ごしてきた。

そんな折、最近のryzen3000シリーズが好評で好調。
メインを1700 → 3800Xに変更したいと考えるようになってきた。
最近のソフトならマルチスレッドがかなり結果に反映されるようになってきているが、それでもシングルでの演算のみというのも僅かばかりある。
そうなるとやはりintel有利か、と思いはするのだが、3800Xもかなり良さそうな雰囲気ではある。

だが、まだ少々お高い。
それなら1700で遊んでからでも悪くないか、と。
当時の情報。
「Ryzen 7 1700」は高コスパな8コアCPUとなりえるか?

早速OCして3.4GHzにしてみた。
そこここにあふれるOC記事通り、確かに簡単に動きはする。
1700がOCに使えるというのは事実らしい。
しかし、温度(発熱)がものすごい。
添付の純正CPUクーラーでは負荷がかかると10秒ちょっとで80℃越えしてしまう。
デフォルトクロックなら継続負荷でも70℃安定なのだが。

ここでかつてphenom世代に導入し、ほとんど使用しなかった水冷クーラーのことを思い出す。
当時、その評価としては、発熱に対してオーバースペックで、導入効果は排熱をケースの外に導くことぐらいだと理解したのを覚えている。
その時のコアが3~4コアだったのに対し、現在の1700は8コア(物理)。
これなら充分な効果が確認できると考えた。

のだが…。
当時のものは、AM4に対応していないらしい。

そこで将来的にも有用だろうと、新しい水冷を導入することにした。
Mercury120 RGB

エンコソフトhandbrakeでソフトウェア265を使用してエンコする私的ベンチ。
標準クロック3GHzなのをOCして、3.2GHz駆動。

これはUEFIを変更する前の、デフォルト状態でのスクショ。
3.2GHzのはずだが、core tempでは3GHz動作の表示。
どっちが正しいのか、不明。

18:32という変換時間。

次は水冷。

(この時、実は3.4にクロックアップを試し、再び設定上デフォルトに戻したのに、何故か3.4で回り続けていたので、何度かOCとデフォルトを繰り返して、その後3.2GHzで動作させている。それが何かしら、変化をもたらした可能性がある)

温度は明確に差が出て、20℃もの違いがあった。
純正クーラーでも3GHzなら70℃強だったことから、充分な冷却と言えそう。

それにしても、同じ映像を同じ設定で、なおかつ同じ周波数でエンコしているはずなのにこれだけ時間が違うというのは、やはり純正クーラーでも雰囲気温度によっては動作クロックは低く制御されていたという実証にならないだろうか。
つまりこれは「もしかしたら」の推測であるが、温度を指針として純正CPUクーラーだと断続的に3GHzに低下され、水冷だとOCの3.2GHzで、という監視を行っているのかもしれない。
もちろん、初回で全く検証していない状況なので正しい情報とは断言できないが、CPUクーラーの性能如何によっては目標の能力が見た目とは裏腹にこれまでは出ていなかった…、のかもしれない。

ともかく、これでryzen 3000を迎え入れる準備は整った。
さぁ、いつでも来い。
(なお、下調べが不十分で、3800Xに純正クーラーが付属しているかどうかの確認を怠っていた、というのが今回のそもそものオチ、なのである)

2700も気になったので、ついでに下記も参照。
“Precision Boost Overdrive”を最新BIOSから読み解いてみる

<追記>


3.6GHz(ベースクロックを103にOCして、後は倍率変更)で駆動状態。
水冷で温度は73℃で安定。


平均FPSが27-29-34と格段にアップしているし、時間も約15分。
実時間17分が元の動画なのでそれよりも若干速いということか。

USBメモリーの転送速度

たまたま手に入れたUSBメモリー。
RUF3-PWシリーズの16GBで、容量的にはやや控えめか。

選んで買ったわけではないので、手にしてから気付いたのだが、コネクタ部分の樹脂が青い。
USB3.0対応を示すカラーリング。
そのことにちょっとびっくり。
USBメモリーで対応する必要をあまり感じていないのだが、これも技術の進化&伝播のたまものか。

折角なので、転送速度をチェック。
まずは手持ちの2.0の物。

つづいて表題の3.0メモリー。

シーケンシャルが速いのは一目瞭然。
ただ、それ以外が振るわない。
あんま興味ないので2回ずつしかしなかったが、数字は大きくは違わなかった。

まぁ、これの一番の推しは、おそらく端子の自動リターン機能かな。
対象で選んだ2.0メモリーがスライド式で、PCに接続する際に表側から差す場合は問題なくとも、裏側だと指を掛けられず引っ込んでしまうタイプ。
これが強くストレス。
要は、それがないのが一番のメリットだと痛感している。
とはいえ、個人的にはスライド(収納)する必要はそもそもない気がするのだが??

この製品はバッファローだが、一方(?)のエレコムの記事を思い出したので、ついでに記しておくか。
エレコム、不断の高速開発 デジタル機器の4割で首位
信頼できるから選ばれる、そのようになって欲しいものだ…、各社。

thunderbirdの詐欺メール判定

メールソフトの定番ってなんだろう?
やはりwindowsなら標準のメールソフトなんだろうか。
無料メーラーを調べるとGmailが出てきた。
なるほど。
タブレットではGmailを利用しているし、PCでもweb版を利用していることを考えると、確かにその通りである。

が、昔から利用しているアカウントでは簡易的にではなく、thunderbirdをインストールして利用している。
サンダーバードより以前はEDmaxを使っていたような、薄い記憶が残っている。
text主体の方が何かしら問題のあるメールに対してはとても見やすいから。

以上のような考えから選んできたメールソフトであるが、thunderbirdに変更してからは、もうメールソフトに任せている。
そして今回、詐欺メールの判定でちょっと気になった。
今までもサーバ段階で迷惑メール対策をしてもなお、たまに詐欺メールが届くことがある。
今回の比較用の例として、
1.amazon

2.ゆうちょ銀行
の詐欺メールを出す。


1.
amazon「プライムの更新設定を解除うんぬん」の表題で、メール内で唯一のリンク「お支払い方法を変更」。


2.
ゆうちょ「送金の取扱内容うんぬん」の表題で、テキスト主体のメール内にあるリンクアドレス「jp-bank.japanpostうんぬん」。

thunderbirdではamazonの方はリモートコンテンツのブロックのみ。
他方のゆうちょの方は詐欺メールとして警告が出た。

リンク先を見ればすぐに詐欺メールだとわかるのだが、何より、どうしてこのような違いが生まれるのだろうかと、ふと気になった。

「このメッセージは詐欺メールの可能性があります」を防ぐ方法。
thunderbirdにある設定項目、「表示中のメッセージに詐欺メールの疑いがあるときに知らせる」を日本語で検索すると上記がでてきた。
オフィシャル解説はおそらく英文なのだろうが、めんどいのでこれで良し。

推測であるが、明確にURLが不一致の検出で警告を出し、表題とURLでは正誤の検討ができないからスルーされるって話。
だからまぁ、結局はそういう挙動なのだということを理解した上で、リンク先アドレスを見る癖をつける(自助努力)のが一番の対策なのだな。
Gmailならタブレットやスマホではリンクの長押しでリンク先が表示されるようなので、それ以外のアプリではどうなのか、自身で確認しておくのが次善の策か。