intel SSDのファームアップ

何故だかHDDが読み込めない。
ん?
何だかこんなことばかり最近書いている気がするが、まぁ気のせいだ。
うーん、ついてないなぁ。

実際にはHDDは読める。
ただとんでもなくアクセスに時間がかかる。
5分10分と。
再起動するだけでもそれ以上の時間を要する。
さらにはタスクマネージャにHDDが丸ごと全部表示されない。
一方、エクスプローラにはHDDは表示されるが、アクセスランプが点灯したままで、データには全くアクセスできない。
しかも、USB接続のHDDがアクセス中に認識したりしなくなったりするので、状態としてはとても悪い。
こういう状態の場合、あることを疑うのだが、何故かCDIで見かけたintel SSDのことが気になってしまった。

そういや一度もファームウェアのアップデートをしたことがないなぁ、と。
確か、見たときのファームのバージョンは100だった。
何故あやふやかというのも、昔からプリントスクリーンでキャプチャしてフォトショで編集というのを常套としていたのに、最近になって使い始めた「切り取り&スケッチ」を利用し、キャプチャをセーブしたはずなのにどこにもデータが残っていないので、おそらくは途中で忘れてセーブし損ねたらしく、しかしCDIで見た100という数字だけは覚えていたからである。
導入時、購入時初期のままかと思われる。
やった記憶もないし。

ファームウェアをintelからダウンロードして解凍してみると、何とisoである。
それをみて嫌な感じがしたが、果たして案の定である。
焼いたディスクがゴミになった。

それで見つけたのが、これ。
M.2 SSD(Intel 600p)のファームウェアアップデート パフォーマンスアップ!
今時USBでしょ、とは思っていたが、あるにはあったが私のしらないソフトウェアだった。
Rufus

あとは簡単にファームアップ完了。

何が変わったか。
…。
実はベンチも何にもやってない。
知っちゃったからやりたくなったっていう話であるだけ。

では、当初のHDDの症状は何だったのか?
そう、USBである。
USBのプラグを他の場所に差し替えて見て、安定する場所を探り出しただけ、というオチ。
実はちょっと前に、USB3.0ハブを使ったばかりだった。
長いことそこにあったのに、使わなかったモニター一体のハブ。
多分、そこに競合が起きて、USBハードディスクが不安定化していたのだろうと思われる。

windowsなんてない大昔、外付けドライブをパソコンに認識させるとき、増設メモリなど他と競合しないようにconfig.sysに手動で場所を書いて指定していた。
テクノロジが新しくなっても同じ原因で発生するものはするのだなぁ、多分。
なんか、終始ふわふわしてるな。

iPhoneのデータ移行でちょっとだけiTunesを利用

iPhoneのデータ移行はどうする? iOS 12.4以降なら簡単なワイヤレス移行方法も
上記の記事を見てもいまいちよくわからない。
というのもitunesを毎回必ず利用をしていたから。
上記のようになるのか試しでデータ移行をやってみた。

OSのバージョンが異なっていて、移行元が最新で、移行先が少し古いバージョン。
itunesでは移動の一手順としてOSバージョンアップが自動的な流れで組み入れてあったのだが、今回は全くitunesを利用しないつもりでいた。

のだが…。
iPhoneのデータ移行は記事にあったのと同じ新旧を手元に置いておけばwifi等の通信設定を自動でしてくれる。
ここまでは同じだったが、OSアップグレードは結局「itunesに繋ぎなよ」とのことで…。
今までと同じかぁと思っていたところ、itunesではあくまでOSの更新のみ。
あとはwifi経由(推測)で50GB程度のデータが20分前後。
驚くほど速かった。

OSが同じであれば、次回からこれで更に便利になるなぁ。

CDIの通知設定を使う

CrystalDiskInfo
HDDの保守で常駐しているCDI。
HDDの連続不具合で戦々恐々中なのである。
今回の件を振り返ってみれば、CDIを入れていれば安心、と言う感覚に陥ってしまったのが最大の問題かなぁ。
発見時に即対応しておけばデータは助かったかも知れないわけで。
ただ、現状ネットワークで常時稼働が2台、他に数台が通常稼働。
となると、もう一台一台見て回るなんて現実的でなく、管理しきれない。

そこでメール通知機能があれば、とようやくその機能に気付いたのである。
https://crystalmark.info/ja/software/crystaldiskinfo/crystaldiskinfo-alert-mail/

遠隔地のHDDを監視し異常を検知しメール通知する
参考にしたのは違うところだったが、似たような内容なので良しとしよう(忘れた…)。

しばらく様子を見てみたが、交換した7200rpmのHDDが常時50℃越え。
しょっちゅう通知が来て、これはオオカミ少年的内容に…。
ケース用ファンを設置して、現在40℃で安定動作。
これで更にしばらく様子を見る予定。

HDDがまた…

何故か不具合って重なってしまうようで、前件の直後の出来事。
WHS引退で新しく立てたサーバ、それで使っていたHDDが不良クラスタ大量生産で一切のI/Oができなくなった。
完全なる破損である。
HDDの発熱がものすごかったので、もしかしたら物理的な接触が内部で起きていた可能性がある。

このHDD、USBのHDDケースに入れて動画保存用にしていた。
なので希にしか動かすことのないものだった。
それを今回、半年くらい前にサーバに抜擢。
この時点ですでに6年前のHDD。

サーバには他に、WHSでずっっと使ってきたHDDが一緒に乗っていて、それが五万時間。(crystal disk infoのよる)
今回のHDDは五千時間と、1/10。
運用時間と故障率の相関関係は相似ではないというのは本当のようだ。(どっかで聞いた)

さて、今回のHDDは完全沈黙の約三日前からcrystaldiskinfoにて不良セクタ増加「注意」を目にしていた。
WHSで使っていたHDDにも不良クラスタはあるが、生の値で8。
それとは比較にならないほど(千の位まであった希ガス)の不良を生んでいた。
そしてそれは二日目にさらに大量に増加、置き換え不良も乗じて大量増加。
三日目にようやくデータのレスキューを試みたが時すでに遅し。
とうとうドライブレターの表示のみを残し、容量表示など、その他プロパティを開くこともできなくなった。

どのPCも基本的にcrystal disk infoを入れて常駐している。
それはこういう事態に際してデータをレスキューできるようにするためである。
にもかかわらず失敗してしまったのは完全に自分の落ち度。
あー、役に立たないですなぁ、痛い経験。
大量ストックの音楽データが丸ごと消えた、あーぁ。

で、代わりに新しくHDDを入れたわけだが、これもまた同じくUSBなHDDで使ってきたもの。
しかも一年先輩である。
回転数が7600なので、転送速度は確実に速くなっている。
だがしかし…。

思い起こしてみれば、これまでの経験では3.5inchより2.5inchの方が故障が少ない。
所有する絶対数が少ないので確信しているわけではないがまぁいい。
次回新調するときは2.5にしよう。

HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2018年版、故障率が最も高かったのは?

東芝製HDDの故障率はゼロ、2019年第1四半期Backblaze調査

<2016/10/02追記>
5400rpmだったとばかり思っていたが、どうやら新旧両方7200rpmだった。
転送速度の違いは使用済みデータ容量による外内周の違いと思われる。


故障前のCDI。
この数字を見た時点で、いの一番スクショを取るんじゃなくてバックアップを取っておく、これが教訓。

外付けHDDの不具合

さぁーてと、H265の動画データを整理するか、と。
以前の消失を例として内蔵HDDだと損害が大きいので、外付けHDDにデータを移動してある。
もちろん、それだって万全の行為ではなく、ミラーリング、あるいはさらなるバックアップで冗長性を付与しておくのが最善とは思う。
だがしかし、容量が大きすぎで物量の関係でそれもなかなかに難しい。
いや、HDDを一個買えば済む話だし、H264から再エンコしたおかげでミラーリング可能な外付けHDDが一台空いたのだから可能だが、要はバランス。
無くなっても良いという覚悟で運用していた。

そのように想定していたのだが…。
実際にアクセスが不能となったときは本気で焦った。

USBコネクタに接続し、最初の数分は内部データにアクセスできた。
ところが、ポートの変更をしたそのタイミングで、以降「フォーマットしますか?」なんて聞かれる。
推測でしかないが、アクセス中にプラグアウトしたのが原因だったろうか。
OSで遮断してからプラグアウトする、それをしなかったのである。(ハードウェアの安全な取り外し)

まぁ原因はともかく、こうなった以上なんとかしてサルベージできないか検討するほかない。
or Not なのだ。

しかし、アクセスそのものができない。
よって、ドライブからの「プロパティ」→「ツール」→「ドライブのエラーチェック」ができない。
どのPCでも同じ、あるいはと思い、windows7なPCでも試したが結果は同じ。
延々とディスクアクセスができず、HDDアクセスランプが点滅したまま。

ならばと、HDDを取り出してマザボのSATAで接続し、PCを起動。
次には、起動途中のchkdsk(たぶん)でエラーが修復された。
これ、もしかしたらUSB接続のままでもいけたのかもしれない。
ツールの使用はできなかったが、ドライブレターは割り振られていたし、それならコマンドラインからなら、ntfsの修正ができていたのかも知れない。

もうそれを試すことができないが、もし万が一にも同じ状況になったときのために記しておくか。
そうならないことを願いつつ…。