WHSからデータ救出で一悶着

さて、前件から、問題なくリストアができて安心していた一方で、かつて事故で無くなったデータをWHSから復元していないのではないか、と焦りと共に思い出した。
幸いなことに、外したHDDはシステムと共にスレーブとしてネットワークPCに接続して、かつてのサーバフォルダ群をそのまま活用している。

各クライアントPCからコネクタソフトはアンインストールしてしまっているが、バックアップは削除せずにいる。
そこで再びコネクタソフトをインストールできる状況にしてやればレスキューできるのでは、と考えた。

当時の起動とデータのHDDをそのままネットワークPCに乗せていただけなので、現状のマスターストレージ(windows10)であるSSDとの起動順を入れ替えて、WHSを起動。
しかし、いくら待っても起動しない。
HDDアクセスランプは点灯し、たまに点滅しているのでアクセスはしている様子であるが、数時間そのままにしていても変化がない。
これはおかしい。
そこでセーフモードでスタートアップ修復できないかと目論むが、セーフモードで表示される読み込みで、classpnp.sysが表示されてから全く動く気配がない。
何度やっても同じ。
アクセスランプは似た動作なので、通常起動でもセーフモードでも同じところでこけている様子である。(推測)

この段階で止まってしまう現象はネット上にごろごろしている模様。
中の一つに(どこの情報か失念)classpnp.sysを削除すれば、再起動時にスタートアップ修復に移行するとの情報を発見。
早速試そうとするも、windows10からだとセキュリティの関係で簡単に削除できない。
アクセス許可などをして、削除ではなく名前変更にしてリスク回避。
.oldファイルにリネームしておいた。
しかし、それでもやっぱり起動できず。
お次はdisk.sysの段で止まってしまう。

こりゃわからん。
じゃぁ元に戻すのが最短ルートか。
そういやWHSの時に使っていたマザーは別のPCを組むのに使ってしまったなぁ。
仕方なく、かつて初期の頃にWHSを搭載していたatom525なマザーを拾い上げてくることにした。
もう使わないと思い、処分スペースに移動していたが、結果からしてデータもマザーも同時期の物は保存しておくのが一番の保険である。
ちなみに、そんなわけでslot1のころのものも一台ずつ確保してあるのは、余談。

するとあっけなくWHSが起動してくれた。
実はこの時点で管理コンソールが開けるのでデータの復元が可能になったと勘違いしていて、しかしてその実サーバからだとアクセスできないようになっている。
確か、別のクライアントからならいけたはず(薄く遠い記憶であるが)で、全PCからコネクタをアンインストールしたのでやる気が出ない。
どうせ復元するのはメインPCのデータなのだから、とメインPCにコネクタを入れてアクセス。

このようにセーフモードやハードの載せ替えなど、幾つもの困難を乗り越えながら、実はレスキューできたデータはなかったのである。
動画を入れていたHDDをまるごとバックアップ対象からはずしていたので、あの事件が起きたときにもう全ては消失していたことになる。

WHSの機能の良さ、そしてバックアップは大事だよなぁとつくづく思う。

バックアップは万全か?

WHS2011を退役させてしばし。
助かったことも多数あって、本当ならMS謹製なやつを導入、できれば後継を使いたかったが値段がねぇ。
てことでmacriumを使用しているのだが、運用を始めてから今回初めてリストアを実行した。

保存先はHDD。
復元ストレージはSSD。
ネットワークPCに保存専用のHDDを搭載し、各PCからそれぞれバックアップ。
起動時の決まった時間に自動でバックアップしくれるので、WHSの時のように楽ちん。
無料版では集中管理ができないが、特段問題は無いか。

今回の目的、それはソフトが異常終了するようになったので、そうなるまえの時点に戻す。

リストアの時間も充分に早くて満足。
ただ、ソフト以外は全く同じデータの状況なので差分がわからず、復元が正しいのかの判断はできていない。
が、とにかくバックアップ&リストアができるという状況が何よりの安心。(意味不明ではあるな)
以上。

なお、今後もバックアップに関することはWHSカテゴリに突っ込んでいこうと思う。

気付かなかったGoogleMap

めちゃやばい勢力の台風19号が気になる今日この頃。
そんなわけでちょくちょく気象情報をチェックしていたのだが、googlemapでズームアウトしたときに初めて気付く、あること。


10/09

現在の状況が合成されるのね。
NOAAの記載もあるし。
知らなかった。


10/10

Google Earthに気象情報レイヤー登場――「雲」や「気象レーダー」も
もうずっと前から実装済みなのね。
ここまでズームアウトした使い方はほとんどしないから気付かないのも無理ないか。
それにしてもはっきりとした目。
何もないことを祈るばかり。

ryzen3000へ交換

予定通り、ryzen1700から3000シリーズへ変更した。
これまた予定通り、マザーは交換せず、cpuのみの交換。

asrock Fatal1ty X370 Gaming K4
BIOSを当時の最新、5.40pにしてからの載せ替え。
買った当時のままのBIOSのバージョンで、3.1だったか、3.0だったか。
アップする順に上げていったのだが、ドライバーを当てる必要あり。
結構面倒くさい。
できればマザーを買い換えたいところである。
純正のクーラーは使用せず、前回搭載した簡易水冷cpuクーラーをそのまま使用。

予定と違うところは、予定していた3800Xではなく、3700Xとしたところ。
そして、一番困った予定外が、というか、想定外。

マザーが起動しない事案。
asrockのマザー上にあるエラーコード表示が作動する前にリセットがかかり、コレ一番基本的に駄目なやつ。
原因はメモリーだろうなと、3枚差しての計40GBを取り外し、一枚ずつ試す。
どれか、どこかに合うだろうとたかをくくっていたのに、どういう組み合わせでも起動しない。
焦る、ずんずん焦る。
マザーの買い換えが頭をよぎる。
やな感じ。
と、十数回試行錯誤を繰り返して、ようやくエラーコードが表示されてから止まる場所とメモリー本体の組み合わせを見つけ出す。
とはいえ、相変わらずのリセット作動。
ただ、しばらくその様子を見ていると、3回目くらいだろうか、リセット後にクーラーの回転数が最高に回り、それまでの挙動と異なる動作をし始めた。
数回ほど、1700Xに戻してBIOSの設定を変えて試してもいたが、結局はいずれも失敗で、失敗の場合は2回目以降初期設定になって回り始める(フェイルセーフになる)はずだが。
違うのか?
とにかく動作の予想が立たない。
そんなことはさておき、予想外な場面で、とうとう、やっとのことで、postが通りwindowsまで到着できたのだ。

小一時間近く消費したろうか、近年の換装作業では一番大変だった。
しかしまぁ、現在問題なく3700Xを回せているので良しとしよう。

ただ、重大な予想外が…。
メモリーが一枚差しなのである。
2枚以上だとどうやっても起動してくれない。
そんなわけで、DSな16GBを2枚と8GBを一枚の中から、16GBを一枚のみ使用している。
まさかそんなにメモリーを弾かれるとは予想外。

更に、BIOSでAUTO設定にしていると常時4.2GHzでcpuが回る。
消費電力と発熱がものすごいのだが…。

ともに、BIOS更新でなんとかならないだろうか。

<2019/10/11追記>

Ryzen 7 3700Xをレビュー:i7どころか格上のi9すら追い込む
こちらを参考に、電力消費をどこまで下げられるかチャレンジ。

4.2GHzで1.288Vとあるので試してみるものの、そこまで細かくは刻めないので1.275でチェック。
動作はするが、動画エンコード中に強制リセット。
アイドルが100W程度なのに対し、97Wと気持ちだけ下がる。

1.3Vならエンコもベンチも問題なし。
100Wちょいのアイドルで、ベンチでは170W程度で若干ピークも下がる。

しかしこれ、ほぼ誤差の範囲では??
まぁそれでも標準の1.4V台の時よりも消費が少ないのは間違いないので、現在はこれで動作中。

また、メモリスロットにより起動しない件。
メモリ1枚でないと起動しない

まさにこれと同一案件。
ただ、組み合わせは全種類やったので間違いないと思うが、2枚以上はうちでは無理だった。
マザーが違うので、そりゃね。

20190910 apple のイベントをリアルタイムで

すごい今更感…。
すっかり忘れていた。

たまたまその時間に起きていたので、たまたま見てみるか、と。
冒頭の辺りは見逃して、watchだったかゲームだったかのあたりから見始めた。
視聴人数は約150万人から160万人あたり。
そして11。

それまで160~170万人くらいだったのが一気に180万台へ。


ここも多くて、200万まで行くかなぁと予想したけどそこまでではない様子。


結局なんとなく英語の聞き取りしながら最後まで眺めてしまっていた。
そして思う。
いい加減小さいやつを出してよ、と。